Riders-Diary

SR SUNTOUR20mmアウターレッグ専用ペグ対応シャフトの改良版の開発

最近、このグラインドトリックを練習し始めました。レールに対してバニーホップ180から入るフェイキーダブルペググラインドです。
まだ動きに慣れるために低速進入で、レールにかかっても数十センチしか後ろに進まないのですが、もうちょい慣れてきたらクラッシュ覚悟でスピード出していきます。こういう時に、城南島スケートパークの低めのハンドレールは安全で良いですね。ハッキリ言ってレールに180してかけるの超怖いですが、この低さならビビらず思い切りいけます。

ただし、これをやるには自分の場合、わざわざフロントペグを反対側に付け替えないといけないんですが、なんかもう面倒くさいので、次のバイクを組むまでに、両サイドにペグが付くシャフトを開発しちゃおうと思いました。

ペルージャカップ観てきてグラインド熱が高まっているので、こうなったら徹底的にバイクをそっち方面に仕上げたいと思います。

そんな感じで、次に作ろうと思うSR SUNTOUR20mmアウターレッグ専用ペグ対応シャフトの構造はこんな感じで両サイドにペグを付けられる構造なんですが、コストや技術的にできないところもあるので、岡安製作所の岡安さんに相談し、詳細に内容を詰めていきたいです。

最終的には、なるべくシンプルな構造で、加工部分も少なくコストを下げていきたいですね。そして、グラインドするMTBライダーを増やしていきたいです。

============================

昨夜はまたしてもお気に入りのうどん屋さん「つるとんたん」の六本木店に行って来ました。今回は奥さんと、奥さんの職場の方達と一緒に、です。ウチの奥さんが上司になるので、あまり変なことは言わないよう大人しくしていましたけど…

今回食べたのはイベリコ豚ときのこチーズクリームのおうどんという、濃厚こってりの汁なしうどんでした。いやー、メチャ美味いです!が、やっぱり汁はあった方が自分は好きですね!!次は再び汁のあるうどんにチャレンジします。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*