Riders-Diary

OYA-Z BMX JAM 2015 DAY1

どうもKaiです。
一昨日、昨日と二日間にわたって開催されたOYA-Z BMX JAM 2015は無事に終了しました。
ライディング時だけではなく、たくさんのライダーとの温泉・飲み会などでの交流は本当に楽しかったです。
JAMで精神を針のように集中させて乗る瞬間も大好きですが、やはりみんなで乗るとき以外でもワイワイ騒げるイベントって最高です。

大会二日目のJAMに関してはサモさんが素敵な写真たちとともに綴って下さるだろうと思うので(笑)、
僕は初日のフリーランについて書かせて頂きます。

今回のオヤジジャムは先日のイベント紹介のポストでも説明させていただいたように、「しっかりと練習したい」「ゆったりとセクションを堪能したい」という多くのライダーの要望に応える形で、イベントの初日DAY1もパークを貸し切りにしてありました。
sagaeeeee
翌日のジャムに備えて黙々と練習をしたり、プロライダーにコーチングしてもらっていたり、仲間内でジャムセッションを行っていたりとパークの至る所でライダーたちが思い思いにライディングを楽しんでいたように見えました。
もちろん昼間から乾杯をしているオヤジの方々も見受けられましたが笑

主催者の873さんからやりたいことをやっていいと言われていたので、幼馴染&元TUBAGRAライダーの伊織とどっちが高く飛べるか決着をつけるため、急遽SND*Sプレゼンツバニーホップコンテストをひっそりと開催する予定でした。
banikon3
が、蓋を開けてみればありがたいことにキッズからオヤジまで数十名のライダーが参加する大々的なものになってしまいました…
しかし当初のスタンスを崩さず、制限回数なし、パスありというゆるい感じでスタート。
キッズやガールズ、オヤジの皆さんと楽しみながら徐々に高さをあげていき、なんとか伊織との頂上決戦までこぎつけ…
banikon1
banikon2
1mまで全て180でこなした伊織に105cmで敗退…しかし多くのライダーと楽しめたので良しとしましょう。

そんなこんなで温泉にはいり、長い長い夜の飲み会(翌日かなり辛かったけどこれはこれでとても楽しかった)を経て、翌日のJAMへと向かいました。

ここからはサモさんにバトンタッチですね。
よろしくお願いします。
では!

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*