Riders-Diary

一眼レフデジタルカメラNikon D600をGETしました

昨日公開したThe Rise – Walter Mayerhofer インタビューは読み応えがあって面白かったな。改めてインタビューをしてくれて、TUBAGRAでの公開を希望してくれたKazy君に感謝です。

 

今朝も寒かったですね。もう3月だと言うのに、いつになったら春らしい暖かい朝をコンスタントに迎えることができるのでしょうか?そして、釣りはいつになったらできるのか?

ボチボチ釣りをしている人を見かけるようになりましたけど、釣れていそうな感じはないんだよな。

 

という訳で、まだまだBIKEオンリーの朝活は続きます。croMOZU275大活躍。

多摩川サイクリングロード croMOZU275

最近は土手を利用したフェイキーにハマっています。

土手の中腹まで走って上って行き、上の方でジャックナイフかアブバカをし、雑草で凸凹の土手を高速フェイキーで降りてくる、というシンプルな物ですが、なんか馬鹿っぽくて楽しくて繰り返してしまうんですよね。

そして、なかなかメイクできなくて悔しいです。

コンスタントにメイクできるようになったら動画で公開したいと思います。

多摩川サイクリングロード croMOZU275

croMOZU275は27.5インチ(650B)ホイールで走破性が高いし、テクニックさえあれば地形を活用して縦横無尽に楽しめる河原は最高に楽しい空間です。

 

昨年、朝活FISHの最中に多摩川河原に落っことし、水深1mの川底に1分間沈めて完全に水没させてしまった愛用の一眼デジ、Nikon D610ですが、1週間自然乾燥させたら何と完全復活!

水没したNikon D610の水分を飛ばしているところ

それから2ヶ月間、水没Nikon D610は仕事に趣味に問題無く使えていましたが、目を離した瞬間に息子に3階の階段の上から下まで投げ落とされ、その衝撃で光学ファインダーがまったく使えなくなりました。(逆に言えばソコしか壊れなかったこのカメラ凄い)

それ以後、一眼デジなのにコンパクトデジカメの様に背面液晶を見ながらしか撮影できなくなり、非常に使いづらくて苦痛でした。

 

そんな時、会社の同僚がNikon D610の1つ前の機体であるD600を放出するという話を聞き(リコールのあったシャッター部分はすでに取り換え修理済み)、この度、格安で譲っていただくことができました。ああ〜、本当に嬉しい☆

Nikon D600

今までの愛機D610と、今回GETしたD600は操作類はほぼ変わりがないため、マニュアルは一切見ずに使いこなすことができます。

Nikon D600

早速、軽く触ってみましたが、光学ファインダーがちゃんと機能し、一眼デジらしくファインダーを覗いて撮影できることが本当に嬉しく思いました。

このカメラを使って趣味に仕事に良い写真をたくさん撮っていきます!

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*