Riders-Diary

連休最終日は体調崩した息子の看病でした

昨日の3連休最終日は1日中息子の世話でしたが、天気も良かったので息子を連れて自転車でどこかに行く予定だったものの、朝食を取ってから1時間後にすべて嘔吐。まさか?と思って熱を測ったら39度近くあり、急遽、休日診療の小児科に自転車で息子を連れて行くことに。

診察が終わり、家に戻ってきたらさすがにぐったりして眠る息子。これで今日1日は家で安静に過ごすことに決まりました。そうと決まった時に太陽が出てきて暖かくなる始末。くー(泣)

 

夜になり、息子と奥さんが寝た後、この日まったくMTBに乗れていなかった自分は漆黒の闇となった多摩川河原をcroMOZU275に乗って散策しました。

多摩川河原のまだ咲いていない桜の前でcroMOZU275を撮影

折しも昨日、東京は桜の開花宣言があったので、河原の近所で一番大きな桜の木(ソメイヨシノ)の前にcroMOZU275を起き記念撮影をしました。っても、まだ一分咲きにも達していないくらい、まだまだな状況でしたね。満開になるのは1週間後くらいかな?

 

あと、漆黒の闇とはいえ、そこは東京都大田区田園調布の住宅街のすぐ近く。河原に降りて少しでも暗さに目が慣れると、無数の街灯やマンションの光が漏れて相当明るく感じます。日中とあまり変わらないレベルで路面状況も分かるので、バニーホップを織り交ぜて快適に飛び走れるレベルです。

たまーに春休み中の中高生?が河原の公園に溜まっていまして、彼らに近づくと多摩川の対岸で起きた川崎市中1男子生徒殺害事件の不安を多少とも感じますが、MTBで飛び走りながら僕が近づくと、逆に彼らが退散してしまうので、客観的に見て「不審者は僕の方なんだな」という事実を思い知るのでした。

まー、何だかんだ言って、深夜の多摩川河原の治安はかなり良いと思います。

 

ミーハーでアレですけど、家から300mくらいの距離にある、福山雅治の有名な曲「桜坂」があるので、今年は満開の桜を背景に、croMOZU275の撮影をしようと狙っています。

ただ困ったことに、ウチの近辺は夜中の2時過ぎでも人やクルマの往来が結構あるので、地元の強みを活かして、本当に人の往来が途絶える夜中と早朝の間(3〜4時)に決行しようと考えていますね。うーむ、起きられるだろうか?

 

 

新しいiPhoneである、iPhone SEが発売されました。

Apple iPhone SE

ボディサイズが大きくなったiPhone6以降のモデルに反して、前々モデルであるiPhone 5Sシリーズと同じサイズ、筐体デザインとなっていて(内部は最新になっていて性能は向上している)、最近の大きすぎるスマートフォンのサイズに抵抗感のある人の買い替え需要を狙うようです。

自分も現在、iPhone SEと同サイズであるiPhone5Sをいまだに使っているので、サイズ感に馴染みがあり、何よりデザインが気に入っているiPhone SEに飛びつきたいところですけど、今後の仕事を考えると(スマートフォンでblogの表示チェックなど)、自分が次に買い換えるならiPhone6以降の大きな画面サイズが望ましいんだよな〜

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*