Riders-Diary

SHAKA 24 マットクリアー即納可

ストリート指向のTUBAGRAライダー(Kai、AKIRA、YAMATO、サモ)が乗るSHAKAフレームの24インチホイールバージョン、フレームカラーはマットクリアー(特色)を即納することができます。

Shaka 24

重量2.3kg、24インチホイール対応。
エンド形状はBMX規格(110mm/14mm)のみ。
スパニッシュBB採用、リアセンターは24対応で335mm。
価格:98,000円(税抜)

ご興味のある方はお問い合わせよりご連絡ください!

 

24、マットクリアーでの組み上げ例はこちらです。

お客様のTUBAGRA SHAKA 24バイク

キャリパーブレーキはデフォルトで装着可能。

Shaka Bike

国産ですのでフレーム価格は決して安くは無いですが、構成パーツが比較的少なくて済むため、パーツチョイス次第で25万円程度で収めることもできます。その辺のパーツに詳しくない方も組み上げサポートも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

ここ数日の朝活BIKEで目撃する月。

朝活BIKEで見た月

武蔵小杉の建設中のビル群に並んで幻想的です。

 

先週痛めた右手首は相変わらず痛むので、あまり酷使しないように携帯ジャンプランプを使った斜め刺しバニーホップ練習。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 携帯ジャンプランプでの斜め刺しバニーホップ練習

だいぶカタチになってきてはいますが、自分としては入り具合が浅いのと、安定感がまだまだでヤキモキします。もっとも、数ヶ月で完全にモノにできるとは思っていないので、地道に頑張って行きますよ!

 

朝活をご一緒したご近所MTBストリートライダーのMさん、携帯ジャンプランプを使ったバニーホップ180がこれだけ上達しています。

朝活BIKEでSHAKAで携帯ジャンプランプを使って180をするMさん

だいぶ距離と回転角が増していて、回りきって着地しフェイキーがスムースになりさえすればOKという状態に。

 

朝活BIKEでSHAKAで携帯ジャンプランプを使って刺しエアーをするMさん

締めの差しエアーの安定感もだいぶ増してきました。

 

 

土曜日は終日育児DAY。奥さんは夜遅くまで帰らないので、甘えん坊な息子が常にベッタリ。

午前中は息子のランバイク練習。本当に自由自在に乗れるようになり、積極的に段差や斜面を降りるようになってきました。

ランバイクCOMMENCAL RAMONES 12に乗る叶大

まだ気が早いのかも知れないですけど、そろそろペダル付きを…なんて頭がよぎる今日この頃。

 

午後は息子と多摩川河原の竹林探検。

トンネル迷路を進んで行くのですが、土地柄(?)あまり深く行くとホームレスの方のお住いにたどり着いてしまう可能性もあるので、ほどほど感が重要。

多摩川河原の竹林のトンネルを進む叶大

そんなことお構いなしに、すっごく狭くて暗い竹林をドンドン進んでいく息子がとても楽しそうで何よりでした。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*