Riders-Diary

春一番が吹き荒れる朝活BIKE

今朝、外に出ると笑っちゃうくらい暖かかった!そして、風がハンパなく強い…。ニュースを見ると、どうやらこの強風は「春一番」みたいですね。

とりあえずcroMOZU275に乗って多摩川河原に行くと、この暖かさの影響で路面は超ウェットでビショビショ。この段階で回転系はタイヤが滑ってしまうので封印です。

仕方ないので、久しぶりに斜め飛び出しの盛土を使ってFORMOSAのカーボンハンドルバーF30の耐久テストをしてきました。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 草バンク 刺しバニーホップ

この盛土、高さは40cmくらいなのですが、真っ直ぐ飛ぶとちょうど上の写真を撮っているカメラを直撃してしまうので、斜めに飛び出さないといけません。正直、それが難しくてチャレンジし甲斐があって楽しいです。(※結構、強風で横に流される)

適当にバニーホップしても軽く150cmくらい飛んじゃって、着地は見ての通り全衝撃がライダーに返ってくるフラット着地。空気圧高めで120mmストロークのSR SUNTOUR EPIXONが余裕でフルボトムしちゃう衝撃がライダーを襲いますが、それも含めて快感になっているから慣れって面白い。

 

FORMOSAハンドルバーF30をcroMOZU275に装着しました

ハイ。そんなこんなで今回もFORMOSAのカーボンハンドルバーF30はまったく危なげなく使うことができました。

それよりも痛めている右手首の方が耐えられなくて辛かったです。

 

 

あとですね。来週頭にオーダー開始しようと予定しているcroMOZU275 4thですが、第一ロット分は既に完売しました。ありがとうございます。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*