Riders-Diary

ターンダウン練習をもう一度

BMXでは定番ジャンプトリックの1つであるターンダウン。MTBではハンドルライズの影響から入れるのがとても困難で、かつて自分も1年半かけて慣れ親しんだポジションも捨ててまで練習・研究し続けたものの結局できずに泣く泣く諦める、という経緯を辿ったほど、自分にとってはちょっとしたトラウマ・トリックの1つとなっていました。

そんなターンダウンを、先日開催したストリートトライアルジャムで、トライアルライダーのタクマ君がOPENERに乗り、平地バニーホップから披露。

バニーホップターンダウンをするタクマ君

さすがにド平地からのターンダウンは完全には入りませんでしたが(ハンドルが180度以上切れてようやくメイクとなる)それでもMTBと同様に入れづらいハズのストリートトライアルバイクで、バニーホップからここまで入れるなんて流石としか言いようがありません。

動画も一緒にご覧ください。どのような動きで入れるか良く分かるかと思います。

これを見て、また自分もターンダウンを練習したくなってきました。

以前は2インチライズのハンドルバーでトライして断念しましたが、次は少しは入れやすいであろう3インチライズのハンドルバーでトライしてみます!もうすぐ完成するであろう、TUBAGRAのオリジナルハンドルバーで!!

 

TUBAGRAオリジナルハンドルバー

 

 

今日の朝活BIKE&FISHは近所の多摩川でルアーを使って今が旬のマルタウグイを釣りました。

朝活BIKE&FISHで多摩川丸子橋付近でマルタウグイを釣りました

使用ルアーはスピナーやスプーンなどの光り物。軽すぎて遠投できないのでワームシンカー付けて。すると、2〜3投したら1ヒットするほどの爆釣で、出社前のわずか30分で40〜55cmを4本GETして大満足。

朝活BIKE&FISHで多摩川丸子橋付近でマルタウグイを釣りました

ラインが2号(8lb)と細く、あまり強引に引くと簡単に切れてしまうので、丁寧にファイトに対応して1匹あたり5分以上かけて釣り上げました。

いやー、楽しかった!!この爆釣ぶりは堰が開くまでだな。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*