Riders-Diary

BMXプロライダーshoe-gさんが本を出しました

先日紹介したNORAさんに続き、またkdMOZUを購入してくれたお客様から組みあがったバイク画像を送っていただけたので、紹介したいと思います。それにしても、最近ホントにkdMOZUが人気ですね!
お客様のkdMOZUバイク
乗った感想もいただいたので、紹介させていただきます。
========================
先ほど組み上げ、ちょい乗りしてきましたがとても乗りやすいです!特に回転系が。
今回あえてサスをつけてみましたが、フロントアップがとても楽で、このままでも良いかなって思ってます。
ちなみにストロークは60mmです。

========================

パッと見、BBの位置がとても高いですね。自分が今度乗るバイクはbrMOZUですが、こうkdMOZUのカッコイイ写真を見ると「kdMOZUにしておけば良かったかな…」って思ってしまいます(苦笑)

いや、brMOZUだって十分イケてるハズ!!自分は乗るの初めてだし!!

 

日本のBMXシーンを作り広め、自身も日本一のプロBMXライダーとして身体をはって君臨し続けたshoe-gさんが電子出版というカタチで本を出しました。

自転車チャンピオンが学んだビジネスに役立つ45のコツ」 ¥500
自転車チャンピオンが学んだビジネスに役立つ45のコツ

早速、親父にプレゼントしたiPad2を使って読みたいと思います。なにげにこれが電子出版初購入かな?

試し読みもできるので、是非このリンクから見て行ってください。

 

過去に何度かTUBAGRAで紹介していますが、自分とshoe-gさんは「俺たち☆モテないと」というYouTubeを使った恋愛相談番組を一緒にやっている、とういう仲です。2人で渋谷109の前で超大勢の人達を前にモテないとのライブもやりました。

でも、最初、自分はただの1ファンだったんですね。

自分がマウンテンバイク(MTB)に乗り始めた10年以上前は、まだマウンテンバイク(MTB)でストリートトリックをする、という行為が一般的じゃありませんでした。なので、技の練習をするにも参考にするのはBMXのビデオ(当時はまだDVDすら普及していなかった)を観るしかなく、そこで自転車屋さんに行った時に目にして即購入したのが、shoe-gさんが立ち上げたビデオレーベルJUICY VISIONの「JUICY RIDE」というshoe-gさんが乗って撮影して編集したBMXトリックのHow to ビデオでした。それが自分とshoe-gさんとの(一方的な)出会いでしたね。

その後、shoe-gさんはBSでBMXのTV番組を始め、イベントでは大活躍し、大会に出ては優勝をしまくっていました。(当時はペルージャカップクラスのBMXの大会が国内で頻繁に開催されていた)自分はそれを1ファンとして、憧れて見ていただけでしたね。
それにしても、あの頃のBMXのブームは凄かったですよ。TVのCMにも普通にBMXは登場してたくらいですし。個人的に、あのブームはshoe-gさんが作ったものだと思っています。

そういったshoe-gさんの活躍を見て、何故か自分は強く「マウンテンバイク(MTB)で頑張ろう!」と決意したものでした。自分がやりたいと思っていたことを既にBMXで成し遂げている人がいることが分かったから、なのかな?

それから数年後、アメージングスクエア(現:Maps東京)でshoe-gさんとクォーターパイプの上で出会いました。当時、自分はエアターンの練習をしていて、そこにshoe-gさんが現われたのです。もう、めっちゃ緊張しましたよ。

そこで直接shoe-gさんからアドバイスをいただき、エアターンでリップから飛び出すことができるようになりました。いや、もう本当に嬉しかったです。

あと、その時のshoe-gさんからもらった言葉が自分のMTB人生に大きな影響を与えてくれたんですね。
その当時、MTBがスケートパークにいることは異端も異端。大勢のBMXライダーの人から「どうしてパークでMTBに乗ってるの?」「BMXに乗り換えなよ」と言われたものでした。ですが、shoe-gさんだけは違ったんですね!

「マウンテンバイクはホイールが大きいし、たくさんスピードが出てぶっ飛べて派手でカッコ良いじゃん!」

それまで自分は超ヘタレだったのですが、この言葉を聞いてから突っ込みの勢いが確実に変わりましたね。万が一技を失敗してもホイールやフレームがデカイ分、衝撃は吸収してくれるし、転んで地面に接触するまでに若干時間を稼げるので対応できてリスクが減る。だからたくさん勢い付けて突っ込める!そして何より技をすれば大きく見えて派手でカッコイイ!!

こんなshoe-gさんの言葉は今でもライディングで怖いアタックをする際、いつも頭の中に響いて、自分に勇気を与えてくれています。

 

その後、お互いIT系の会社に務めていたこともあり、寒空の下、身体がガチガチに冷え固まるまで仕事の話で盛り上がったのでした。
そこからですかね、自分が一眼レフカメラやストロボを使った撮影のレクチャーをさせてもらい、「俺たち☆モテないと」まで関係が進展して行ったのは。

 

そんなshoe-gさんが、今回のように書籍の出版まで行うまでになりました。本当に日々、常に向上心を持って勉強し、進化し続ける凄い人だな、って心の底から思います。全く追いつける気がしない(笑)ライダーというだけでなく、人間として本当に尊敬しています。

 
 

この人、ランプでのバースピンとフットジャムを駆使した複合技が凄いです。服装とかちょっと変えればもっとかっこ良くなる気がするんだけどなぁ…

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*