Riders-Diary

MTB Street no Susume

お久しぶりです、
子どもでもないのにプール熱くらってバッドな今日この頃なカイです。

 

さて、本日は学問のすゝめならぬ、
MTBストリートのすすめのお話を。

ikstreet

でも、その前にまずMTBストリートってなんぞやと。
人によって様々な定義があるでしょう。
で、僕個人の定義としては「MTBを使ってストリートで技をすること」
そうです、ストリートって名乗るからにはやはり街とは不可分であるべきです。

 

翻って、僕を含めて現在の国内シーンは?
MTB公園?
MTB広場?
MTB駐車場?
MTB河川敷?
責任ある立場にある大人のライダーが多いMTBストリート界隈、
道交法等の自転車を取り巻く様々な問題、
これらを考えれば乗るフィールドが固定化されるのも仕方ないのかもしれません。
それに公園も駐車場も広義ではストリートの範疇かもしれませんが…

 

更にここ数年常々思っていることが。
kaibwhip
我がTUBAGRAを含め国内の多くのmtbストリートライダーが平面で乗りすぎじゃありませんか?
バニーホップは僕らを3次元のラインに誘う様々な使い方・遊び方があるのに、
身体やバイクへダメージを与えるばかりの刺しバニーにのみ傾倒してしまったり…

いつもと同じで変化のない所で乗るばかりでは、応用力は培われません。
いざ別の場所でトリックを決めようとしても路面のグリップが違って出来ない、
なんて冗談のようなことが起きてしまうかもしれません…

 

さて、ここでMTBストリートのすすめへと話を戻します。
街路で乗る事を勧めること自体が非難される昨今ですが、
批判を恐れず敢えて言いたいと思います。
街でも乗ろう。と。
僕らは再びMTBストリートの本質に立ち返ってみるべきです。

ioriwalk
最初は技はしなくても大丈夫です。
でも想像力を働かせて、
あそこならこう乗れるなとか、
こういうライン取り面白そうだなとか、
そういったことを考えて街の中を走るだけで楽しく乗れると思います。

 

kaimanual
少し慣れてきたら、近所に買い物に行くついでにストリートしましょう。
ちょっとした段差をバニーホップで上り下りしたり、
白線の上だけバランスを取りながら走ったり、
アスファルトの色の違うところだけマニュアルで流してみたり。
つまりバニーホップとマニュアルさえできれば、ストリートは楽しめるのです。
そしてストリートを流す上で、バニーホップは高さなんかよりも精度が大事です。
こうした動きが山などでのライディングへも良い影響をもたらすはずです。

 

kaibbar
180やバースピンなどのトリックはこうした動きがある程度出来て、
自転車のコントロールについてある程度理解した上で練習し始めるといいのではと。
そうすれば身体もバイクも必要以上に壊さず、且つスムーズにトリックを会得できると思います。
勿論、他のスポーツと違って、好きな順序で好きなことをやっていいのがこのジャンルの醍醐味ですから、
「なにがなんでもまずバースピンだけやりたいんだ!!!!」って人はこの限りではありませんけど。

 

フリースタイルと呼ばれるこのジャンル、様々な楽しみ方があっていいと思います。
だから前述のように仲間とどこかで集まって乗ることも楽しみ方の一つだと思いますし、
僕はそういったノリが大好きです。
でも、それだけでは気づけないリアルな技術や楽しみがきっとたくさんあります。
ジャンルとしてストリートの名を冠するからには、クローズド空間でバースピンや180を練習するだけではなく、
BMXライダー達のようにそれをどうストリートで活かせるか考えることも大事なのでは?

たまにはみんなで夕涼みがてら街中を流してみてはいかかでしょう?

では!

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

One Response to “MTB Street no Susume”

それでいいんでしょうか?
そういった考えかたが、ストリートMTBの遊び場をなくすと思います。
サッカーが大好きだから、うまくなりたいから買い物に行く途中にドリブルして行く。
それをやらない一般人にとってはただの迷惑行為です。
街中で逸脱して走行しているライダーの行為が目立つことによって、やっと場所を見つけてクローズド空間で必死に練習しているライダー達も一般人からは同じ嫌な目で見られることになると思います。
あなたは15歳の少年ですか?大人であれば考えかたがあまりにも幼稚だと思います。
tubagraというスポンサーを受けているライダーが、不特定多数の人が見るホームページ
でこのようなストリートMTBのすすめを堂々と書き連ねるのはいかがなものでしょうか。
公にすることではないと思います。ピストブームもそういったことで自転車に関わる道交法まで変わってしまいました。
あなたの考えはMTB全ての種目、bmx全ての種目またスケートボードなどにまで世間一般から忌み嫌われることになる元凶です。
そして楽しみたい人、これからやりたいと思う人たち迷惑です。
批判を恐れずに書きました。とありますが、批判されて当然のことをストリートMTBをもっとみんなにやってもらいたいと思っているtubagraという団体の一員として書き連ねるのは恥ずかしいことではないですか。
批判ばかりで申し訳ないが、私もMTB、bmxに乗る人間です。だからこそ楽しみを奪わないでください。プロライダーがそういったことだとプロではない私みたいな一般ライダーが悲しい現実にぶち当てられます。必死に働いてパーツを買い、休みを利用して思いっきり楽しみたい。スポンサーを受けるほどうまくなれなくともたくさん技を練習したい。子どもと一緒にMTB、bmxで遊びたい。
そんな人達の場所や空間をプロライダーが奪わないでください。
あなたの考えはストリートMTBが好きだからといってあまりに勝手な考えです。そして一人の成熟した大人の考えではありません。
いろいろ書きましたが、同じように楽しみたいライダーがいることを忘れないでください。そしてどんな場所であれ、やる人とやらない人がいて皆それぞれに思うことがある。でもお互いに共存しないといけないのが社会ではないんでしょうか。
tubagraの代表者さん、ライダーのみなさんがmtbにこれからもさらなる貢献を期待して書かせていただきました。

コメントをどうぞ

*