Riders-Diary

人それぞれの斜め刺しバニーホップ導入の理由

SHAKA 24に乗るご近所MTBストリートライダーの松平さん。今まで通常の刺しバニーホップに取り組んでいましたが、この度、斜め刺しバニーホップ(リアホイールをお尻の横にズラして高さを稼ぐスタイル)の導入に至りました。

松平さんのSHAKA24 多摩川河原サイクリングコース 斜め刺しバニーホップ

その理由なのですが、本人の許可をいただいているので公表すると、「通常の刺しバニーホップ(お尻の下にリアホイールが当たる)を繰り返していたところ、それが原因で痔になってしまい痛くてできなくなったため」。

今までの松平さんの刺しバニーホップ(↓)

松平さんのSHAKA24 多摩川河原サイクリングコース 携帯ジャンプランプでの刺しバニーホップ練習

確かにお尻にリアホイールがガッツリ刺さっていますね…

 

そんな理由から、斜め刺しバニーホップにスイッチした松平さん。

松平さんのSHAKA24 多摩川河原サイクリングコース 斜め刺しバニーホップ

まだちょっと慣れていませんが、基礎ができているため、既に良いカタチを作れています。

後は色んなシーンで活用できるように動きを身体に染み付けることでしょうか。頑張ってください!!

 

 

息子と一緒に釣りをしたところ、またしても例の魚が釣れました。

ウナギを釣った叶大

最初のフッキングと途中までのファイトは自分が行い、それ以後の取り込みは息子に任せました。

本当はナマズを狙っていたのになぁ… さすがに水際リリース。大きくなって子孫を増やしてね!!

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*