Riders-Diary

ついに多摩川河原縛りから開放された1日

本日より、晴れて個人事業主への道を歩むことになった訳です。今までなら多摩川河原をMTBで飛び走るところですが、今日は息子と奥さんを送り出した後に浦安市運動公園スケートボード場(通称:舞浜スケートパーク)に行ってきました。

舞浜スケートパーク SHAKA24

舞浜スケートパークは今年にリニューアルされ、ステアーやレッジ、レールが連なる立体的なスケートパークに生まれ変わっていて、まさにグラインド好きの自分にはたまらない環境なのです。

それにしても、平日の午前中だと言うのに意外とスケートボーダーが多くてビックリしました。

 

結局、ステアーにかかるレール近辺しか空いていなく(ここのステアーレールは高くてスケートボーダーにとってはハード)、そこを重点的に攻めることに。

舞浜スケートパーク SHAKA24でダブルペググラインド

レールの抜ける部分の高さが結構あり、ちょっとでもフロント着地になるとMTBでも簡単に前転。自分は何回も地面に転がりました。

あと、普段なら絶対に失敗しない高さのレールにも関わらず、ステアー特有の恐怖心でバニーホップをミスり、レールに絡まりクラッシュすることも何度か。

おかげで身体のあちこちが痛い…(泣)

 

そんなこんなで1時間半ほどグラインド中心に遊んでお昼前に帰宅。これ以上攻め続けたら明日予定されているトレイルライドを、確実に怪我でキャンセルすることになってしまいますし。

 

家に帰ってお昼を食べた後は、延々細かい仕事や諸々準備に費やしました。うん、良い時間の使い方だ!

 

beruf baggage brf-GR04 GIBBON 30 BLACK

新たに手に入れたカメラストラップ。あのberuf baggageが作った「GIBBON 30」は、フックを利用して素早く長さを変更できる点と、10カラーのバリエーションが特徴です。

使用方法を紹介する動画がこちら。

このカメラストラップ「GIBBON 30」を使ってトレイルライドの様子を撮影したいと思います。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*