Riders-Diary

ウィルバイシクル店長の大崎さんとトレイルライド

今日は神奈川県相模原市のMTBプロショップ「ウィルバイシクル」の店長 大崎さんオススメのトレイルをアテンドしていただきました。

例に漏れずこの時期は落ち葉サクサクの極上トレイルです。

ウィルバイシクル店長大崎さんとトレイルライド

今回も含め過去行ったトレイル4箇所のウチ、もっとも家から近く、もっとも少ない高低差とコースの短さではありましたが、上りも下りもS字コーナーも木の根っこもバッチリ揃っていますし、気になった箇所があればすぐに戻っての反復練習をすることができるので、ものすごく気に入ってしまいました。今の自分に足りないトレイル走行の技術を効率よく補えると思うのです。平日は殆ど人がいない、という点も安心です。

 

自分のトレイルライディングに必須となっているテクニック「木の根っこをキッカケにバニーホップで飛ぶ」をcroMOZU275に乗って大崎さんの前で実演してみました。

ウィルバイシクル店長大崎さんとトレイルライド croMOZU275でバニーホップするサモ

ここは緩い上りが続いた直後に飛ぶシチュエーションで、失速しちゃって思ったよりも飛べなかったのが失敗でした。やっぱり下りコースで飛びたかったですね。

 

ウィルバイシクル店長大崎さんとトレイルライド S字コーナーを攻める大崎さん

S字コーナーをバイクを傾けて華麗に走っていく大崎さん。

 

ウィルバイシクル店長大崎さんとトレイルライド S字コーナーをcroMOZU275で攻めるサモ

自分は一眼デジをブラ下げながら、替えのレンズ、三脚その他をショルダーバックに無理やり詰め込んでのドタバタS字コーナリング!ハチャメチャだけど、何度も反復できるから楽しいです!

 

ウィルバイシクル店長大崎さんとトレイルライド 下り斜面でバニーホップする大崎さん

そして、普通じゃ絶対にフロントが上がらないような下り斜面で倒木を利用したバニーホップも!今回初体験の大崎さんもちょっとのレクチャーですぐにマスターされていました。

 

ウィルバイシクル店長大崎さんとトレイルライド 下り斜面でcroMOZU275でバニーホップするサモ

自分もちょっとトライ。本当はもっとあーしたりこーしたかったりしたかったものの、この後、奥さんと食事の約束をしていて、すぐに戻らないといけなくてタイムオーバー!中途半端なバニーホップしかできなくてすみません…(泣)

 

そんなこんなで、今回はとても素晴らしいトレイルに連れて行ってくださった「ウィルバイシクル」店長 大崎さん、本当にありがとうございました!またぜひご一緒させてください!というか、近日中に通わせていただきます。

 

 

ウィルバイシクル」では26インチのakaMOZUバイクを数多く組み上げて販売されています。

ウィルバイシクルが組んだakaMOZUバイク サドル低くした修正版

坂本さんのakaMOZUバイク

神奈川県から遠く離れた県外からのお客様へもご納車実績が多数ありますので、もしご興味がありましたら「ウィルバイシクル」へお問い合わせください。

 

ドロッパーポスト BIKEYOKE REVIVEをインストールした小川輪業でドロッパーポスト BIKEYOKE REVIVEをインストールしたcroMOZU275

実はTUBAGRAの考える里山アクションライディングフレームcroMOZU275もウィルバイシクルに依頼して組み上げてもらうことができます。

※ご要望があれば小川輪業など多くのショップでも組んでいただけますが…

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*