Riders-Diary

充実していた日曜日

先日のTUBAGRAライダー太一君のシグネチャーフレーム「TONE」でのショートEDITです。どうぞご覧ください!

(※明らかに違う内容の動画が表示されている場合はブラウザの再読込を行ってください。正しい動画が表示されます)

 

24" Street Trial Frame TONE バイク

太一君のシグネチャーフレーム「TONE」で組み上げたストリートトライアルバイク。太一君の高いポテンシャルを最大限に引き出すジオメトリと、粘りのあるカイセイクロモリチューブを採用しています。

 

日曜日は早朝からSHAKA24に乗るご近所MTBストリートライダー松平さんと近所の河原で朝練をしました。最近の早朝朝練はスケートパークばかりだったので、河原で行うのは数カ月ぶりです。懐かしいなぁ!

多摩川河原 croMOZU275 バニーホップ

自分は松平さんが発見したわずかな土の出っ張りをキッカケにしたファイアークラッカーを。小さい出っ張りなのでドカーンと飛べる訳ではありませんが、テニス肘で平地バニーホップが激痛でまったくできない自分にとっては本当にありがたいシチュエーションです。

 

松平さんは長らく練習しているバニーホップバースピンを。

多摩川河原 松平さん バニーホップバースピン練習

どうしてもハンドルが180度しか回らない、と言うので動画を撮ってフォームをコマ送りで検証し、問題点を見つけたので少しアドバイスをさせていただくと、回転に余裕が出てきて270度まで回るようになりました。メイクまでかなり惜しいところまで来ています!

 

続いてこれまた久しぶりの携帯ジャンプランプを使ったジャンプ練習。

多摩川河原 松平さん テーブルトップ インバート練習

松平さんは過去に覚えたものの、すっかり忘れてしまっていたテーブルトップ(インバート)練習に再トライ。何とか以前の状態には戻したので良かったのではないでしょうか。

自分は携帯ジャンプランプを使ったバニーホップ180を少し。フェイキーからのハーフキャブ戻りでテニス肘の左肘に激痛が走るので困ります。

 

 

朝練を終了して家に戻ると、息子が奥さんと一緒にショートケーキを作ってくれていました。

叶大の手作りショートケーキ

これがもう激美味で、家族3人で一気にペロリ。いやー、午前中の段階でかなりの充実度です。

 

 

昼間は家族で近所の自由が丘に買い物に行き、夕方は息子のヨツバサイクル練習タイム!

土手のスロープでバイクを押し上げる叶大

急な斜面の河原の土手をお仕上げていく息子。その様子はダートジャンプなどのスタートヒルへ向かう未来の姿を彷彿させるのでした。

そしてペダリングから加速して斜面に進入。過去にランバイクで何度もトライしていましたが、補助輪付きのヨツバサイクルでは初トライです。

土手のスロープを下る叶大

奇声を発しながら下っては上り、下っては上りを繰り返し、自分はその様子を最初の方こそ冷や冷やして眺めていたものの、10回目くらいからはもう安心して見ていられるまでに。かれこれ20回ほどトライし満足したみたいで帰りました。

 

 

夜は聖蹟桜ヶ丘駅近くのモツ鍋・焼肉屋さんで、日本のストリートトライアルやMTBストリートの黎明期(18年くらい前)に多大な影響を与えたWebサイト「公園トライアル」の管理人ミナミさんと、そのミナミさんにこれまた多大な影響を与えて日本のMTBストリートトライアルの礎を築いた水野君と一緒に飲み会をしてきました!

ミナミさん 水野 ハルオ君 サモで飲み会

2000年上旬のトライアルシーンやMTBシーン、機材の話、懐かしいライダー達の話から現在の話まで、3時間みっちり堪能できて楽しかったです!

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*