Riders-Diary

ふじてんライドとウォール180への道

今日はMTBストリートライダーのシャラ君ヅテに知り合った関西のMTBライダーたちと一緒に午前中ふじてんライド!

ふじてんダウンヒル

気温も暑すぎず寒すぎずでちょうど良く、自分は朝から殆ど休まずコースを8本程走りましたが、全く汗をかくことはありませんでした。

 

タムラさんは昨日は富士見パノラマを走り込んで疲れも残っていそうですが、そんなのお構いなしにハードテイルバイクで果敢に攻めのライディング。

ふじてんダウンヒル タムラさんのライディング

ふじてんダウンヒル タムラさんのライディング

ふじてんダウンヒル タムラさんのライディング

「2000年代のパーツで組みました」というこだわりの激重ハードテイルで華麗なライディングを見せてくれました。

 

一方、自分はというと…

ふじてんダウンヒル KONA PROCESS 153 AL サモのライディング

ふじてんダウンヒル KONA PROCESS 153 AL サモのライディング

ふじてんダウンヒル KONA PROCESS 153 AL サモのライディング

先日ふじてんで乗ってからそれほど日が経っていなくコースを覚えてきているので、だいぶスムースに飛び走れるようになってきました。そうなると最高に楽しいですね!!

 

ふじてんダウンヒル KONA PROCESS 153 AL サモのライディング

コース中にある比較的素直に飛べるジャンプで刺しエアー。実は上の写真の直前、刺しエアーをしたらサドルの先端が鼻を直撃し激痛。それ以降、再びそれをやる恐怖で腕をピンと伸ばした刺しができなくなりました。

 

しっかし、そろそろ29フルサスバイクのKONA PROCESS 153 ALで走るの楽なんだけど飽きてきたような…。圧倒的・自由自在に高く飛び走れるcroMOZU275に早く乗りたいです。

 

 

ふじてん帰り間際にコースプロデューサーの高橋大喜さんと久しぶりにお会いしたっぷり会話。

ふじてんダウンヒル 高橋大喜さんと記念撮影

そこで驚愕の事実が。大喜さんやふじてんのスタッフの方と共通の知り合いがまさかの自分の幼馴染であることが判明したのです。北海道在住のコアなMTBフリーライダーとのこと。

小学校の卒業アルバムを確認したところ、当時、家のメチャ近所に住んでたM君じゃないか!毎日一緒に遊んでたよ。世間は狭すぎる!

 

 

ちなみに昨日の朝活BIKEは大師河原公園スケートパークでウォール180練習をしました。

大師河原公園スケートパーク SHAKA24 MAZDA CX-5

ウォール180は今まで全くトライしたことがなく、いきなり「壁」ではできる自信が全く無いため、まずは立ち気味のバンクでトライ。

最初は失敗しまくりなものの、トライし続けたら何とか出来るようになり、さらに立ったバンク(というか壁)でやったら着地でリアタイヤがパンクして泣く泣く帰宅。

次も懲りずに練習して完全に立ったウォールでできるようになるぞ!

 

 

朝活BIKE&FISHも懲りずにやっていて、昨日釣れたのはまたもやノゴイ。

多摩川 BIKE&FISH 釣れたノゴイ50cm

サイズはまぁまぁの50cmでナイスファイトでした。やっぱり今の時期はノゴイが釣れやすいのかな?

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*