Riders-Diary

群雄割拠のMTBストリートシーン

この土日は冷たい雨が降ったり、自分的には会社の仕事があったりして、珍しく家で大人しくしていました。くっそー、自転車にたくさん乗りたかったなぁ!わずかに雨の上がった日曜夜に、近所でホンのちょっと地味練しましたけど…

 

それはそうと、昨年末に新進MTBストリートブランドのBTL Bikesが出てきたり、
BTL Bikes

Blrkmrktの最新ジオメトリの新フレーム EDIT1が発表されたり、
Blkmrkt EDIT1

世界的にDARTMOORが大躍進していたりと、
DARTMOOR

昨年半ばくらいから、何やらMTBストリートの周囲が賑やかになっていると感じます。

BTL BikesやBlkmrktのEDIT1、DARTMOORのフレームは安くて内容も結構良さそうなので、本音を言うと「こりゃあMOZUの売り上げ落ちるなー」って内心ビビっているのはもちろんなのですが、反面嬉しかったりします。いや、ホントですよ。

その理由として、一時期、ありえないくらいMOZUのオーダーがあって嬉しかったものの、他のブランドのフレームやバイクがたくさん売れている話を聞かなくて(実際は売れていたのかも知れませんが、自分の耳にはあまり届いていなかった)、逆に怖かったのです。

だって、MOZUっていわゆるオーダーフレームで、マニアックなフレームの頂点みたいな存在なので、決して安くないですし、買っていただける人も一通りあらゆるブランドのフレームを試して行き着いたマニアックor手練なライダーばかりです。
そんなMOZUがたくさん売れて他が売れている話をあまり聞かないということは、それってつまり、他の選択肢が無い & 新規の人が入ってきていない、ということなので…

でも、最近になって技のし易い安価なMTBストリートフレームが増えたことにより、ユーザーの選択肢も増え、かつ初期投資額が少なく完成車を揃えることができます!

これなら、今までは興味があっても高価で手を出せなかった人でも比較的簡単にMTBストリートを始められるようになる!

技がし易いジオメトリのフレームやバイクなのでライダーの上達が早い!

上手いライダーが増えてMTBストリートシーンが活性化する!!

こういった状況を自分は望んでいたのでした!!
別にMOZUをたくさん売りたいがためにTUBAGRAやっている訳じゃないですし。コレはマジ。

ということで、今後のMTBストリートシーンが楽しみでなりません。

 

4月に開催予定のMTBストリートの大会では、たくさんのライダー達の参加を願っています。ビギナークラス、ミドルクラス、プロクラスと3つにクラス分けするので、あらゆるレベルのライダーが気兼ねなく自分のライディングを披露することができるかと!

 

ちなみに、自分達のフォローって訳じゃないですが、MOZUは常にTUBAGRAライダー間で試行錯誤を繰り返しジオメトリやチュービングを進化させ、そしてライディングやコンテスト等で結果を出し続けているので、決して新進ブランドや新しいフレームに内容で負けているとはこれっぽっちも思っていません。値段以上の価値があると自信を持って言えます。
MOZUバイク

 

奥さんがメールで送ってきた野田首相のおもしろ画像。分かりやすいコラですけど。
野田首相のおもしろ画像
自分は既に2chまとめサイトで見ていましたが、面白すぎるのでアップ。

 

あと、以前NIFTY動画にアップしていた自分のスケートボード動画がNIFTY動画のサービス終了と共に無くなっていたので、実際に必要無いけど再アップ。もう3年半前の動画ですね。久しぶりに乗ったので超下手くそになっています。
YouTube Preview Image
その時の言い訳↓

雨で靴底が濡れてデッキとの擦れが悪く、とにかくオーリーが上手くいきませんでした。それでも昔を思い出すように一連の流れはやってみたんですけどね。動画の流れは以下の通り。

オーリー

フェイキーオーリー

オーリー

オーリー180

スイッチスタンスオーリー

ノーリー

ノーリーtoフロントショービット(名前が分からない)

ヒールフリップ

ノーリーキックフリップ・・・(名前が分からない)メイクならず

ヒールフリップとか酷かった。バリバリやっていた頃は横コーンを飛び越して、板は空中キャッチだったのに、今では地を這うようにしか板が回ってくれません。
どうやって高く回していたか、完全に忘れちゃった(涙)

他にも動画を見てくれれば分かると思いますが、後半は雨が再び降ってきて乗るどころではなくなり退散しました。わずか15分しか乗れなかった・・・。

しかし、つくづくスケートボードは難しいと思います。懲りずに8年やってたけど。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*