Riders-Diary

今年で5回目!保育園でMTB&トライアルショー

昨日は毎年恒例の千葉県は南房総市にある「白鳩保育園」でMTB&トライアルショーをしてきました。何と今年で5回目!毎回お呼びいただいて本当にありがとうございます!

ショーをしたライダーは、去年に続いて出場3回目のTUBAGRAライダーのYAMATO君と、今回初出演のTUBAGRAライダー大地君の2名です。MCは自分が行いました。ちなみにYAMATO君、初出演の時は高校生でしたが、今やもう二十歳になってしまいました。時の流れを感じますね!

今年は地方紙にショーの告知が載り、保育園の子供たちだけでなく近くにお住まいの大人たちも来ていて、さらに観戦人数が増えていました。
毎度のことですが、MCを行うと常にマイクを握っているので、殆ど写真撮影はできません。様子を伝える写真は数少ないのですが、どうぞ御覧ください。

白鳩保育園でショーをする太一君

いつもは子供たちが乗って遊んでいる平均台を3本繋げて渡っていく太一君。ほぼ初見でクリアーする素晴らしいバイクコントロール。

 

白鳩保育園でショーをするYAMATO君

バニーホップ計測バー30cmを余裕たっぷりのバニーホップバースピンで飛び越すYAMATO君。

 

白鳩保育園でショーをするYAMATO君

毎年ショーをやっていて気をつけているのが、去年と同じことをせず、必ず新しい要素を追加すること。今回は色んなイベントに登場しているストリートバンクを持ち込みました。バンクバニーホップをするYAMATO君です。

 

白鳩保育園でショーをするYAMATO君

バー高140cmをバンクバニーホップで飛び越す太一君。子供たちも大きな声援で太一君やYAMATO君を応援してくれました。

 

 

ショーの様子を太一君のお母様が動画で撮影してくれていました。この動画を見ればだいたい全体の様子が収録されています。どうぞ御覧ください。

 

ショーはおよそ45分行いました。最後まで大きな歓声をいただき、大盛り上がりの中で終えることができて良かった!

トライアルとMTBストリートの「静」と「動」の2つの要素があると、観客を飽きさせることなく1時間くらいまで楽しんでいただくことができます。

 

ショーが終わった後はお馴染み保育園の子供たちと交流会。TUBAGRAライダーたちのバイクをみんな我先にと乗って楽しみます。ランバイクやウチの息子のヨツバサイクルも持ち込んでいて大人気でした。

そんなこんなで、今年もお誘いいただきありがとうございました!来年もまたよろしくお願いします!!

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*