Riders-Diary

台湾からオリジナル23Tスプロケットのサンプルが届きました

台湾からTUBAGRAオリジナル 23Tスプロケットのサンプルが届きました。シルバーが2枚、ブラックが1枚の合計3枚です。

デザインしてからカタチになるまで1ヶ月半というところでしょうか。このスピード感が良いですね!

TUBAGRAオリジナル23Tスプロケット 四文銭

表面。仕上げはとても美しく、見ていてうっとりする程。(耐久テストでボロボロにするのが勿体無い…)

TUBAGRAオリジナル23Tスプロケット 四文銭

裏面はこのような感じ。重量を計ると59gでした。

シルバーをTUBAGRAライダーのKai君とYAMATO君が自身のSHAKA26に装着し、ブラックを自分がSHAKA24に装着して耐久テストを行います。

 

ちなみに、このスプロケットのデザインの元ネタがこちら。

四文銭 貨幣
日本の古い貨幣である四文銭(しもんせん)の裏面の重波(しきなみ)をモチーフにしています。TUBAGRAライダーKai君の発案で、それを自分がスプロケットのデザインに落とし込みました。

 

 

早速、自分のSHAKA24に装着してみました。

TUBAGRAオリジナル23Tスプロケット 四文銭 SHAKA24 多摩川河原

TUBAGRAオリジナル23Tスプロケット 四文銭 SHAKA24 多摩川河原

TUBAGRAオリジナル23Tスプロケット 四文銭 SHAKA24 多摩川河原

このスプロケットを装着したことで、何となくオリエンタルなイメージのバイクになったような気がします。

今まで付いていたスプロケも23Tだったのでペダリングの重さに変化はありません。

6年目のボロボロな愛車で恥ずかしいのですが、これからスプロケをレールにガンガンぶつける前提の耐久テストを行うので、まぁ、すぐにバイクに馴染む見た目になるでしょう。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*