Riders-Diary

太一君の新シグネチャーフレーム TONE ver.2が組み上がりました

TUBAGRAライダー太一君の新シグネチャー24ストリートトライアルフレーム「TONE ver.2」が(一応)組み上がりました。

太一君 新シグネチャー24ストリートトライアルフレーム TONE ver.2

太一君 新シグネチャー24ストリートトライアルフレーム TONE ver.2

パーツがリファインされたら再度しっかり撮り直しますが、見た目がストリート寄りになり、うん、良い感じ!

パーツ構成などを紹介するバイクチェックも、次にちゃんと取り直した際に行います。

 

太一君 新シグネチャー24ストリートトライアルフレーム TONE ver.2 斜め刺しバニーホップ

組み上がってすぐの太一君の高いバニーホップを撮影成功!

基本ジオメトリは過去のTONEと同じなので、本人としては安心感のある乗り味とのことです。

 

 

ちなみに初代TONEもマットクリアーが1本在庫してありまして、即納が可能です。

24" Street Trial Frame TONE バイク

Ver.2がリリースされた今、少しディスカウントして販売したいと思いますので、ご興味ある方はお問い合わせよりご連絡ください。基本的なジオメトリはVer.2と同じです。

 

 

ここ最近の朝の体操は家から3分の河原の僅かなバンク地形で鬼コギ進入からの斜め刺しバニーホップ。

多摩川河原 croMOZU275 斜め刺しバニーホップ

朝からほど良い浮遊感と着地の衝撃で身体がリフレッシュされます。

 

そして最近は息子も携帯ジャンプランプで飛ぶことに慣れてきたので、ちょっと時間ができたら近所の河原に持ち込んで息子と一緒にジャンプセッション。動画をご覧ください。

前回良い感じだった息子のジャンプテクがどこかに行ってしまいましたね…(汗)

 

 

それよりも、ブランコが大好きなものの、1人で漕ぐことができなかった息子がいつの間にかできるようになっていました。今までは自分が押していて、結構手間だったんですよね。

多摩川河原 ブランコ 息子 叶大

うん、良いプッシュプルだ。

それにしても15分くらいノンストップでブランコをし続ける体力はどこから出てくるのやら。自分は5分続けたら腕が悲鳴をあげます。

 

 

ここ1週間、家からMTBで1分の場所で、シーバス(スズキ)がルアーで毎日釣れていました。

朝活BIKE&FISHで釣れたシーバス スズキ 50cm メタルバイブ

周囲は全く釣れていない中で、何故か自分だけがコンスタントに釣れていたのです。

このことが逆にプレッシャーになってしまい、「いつか自分も釣れなくなるのでは?」という恐怖にさいなまれるようになって、いつしか釣れても嬉しくなく、安心するようになったのです。

この状況良くないな〜と思いつつ、やっぱり釣りは好きなので止められない自分がいるので、本当に厄介だな〜と思うのでした。

 

そして息子も…

保育園から少し早めに帰ってきた息子が「釣りに行きたい!」と言うので近所にBIKE&FISH。完全に釣りキチ道まっしぐら。

夕活BIKE&FISHで釣れたスモールマウスバス 叶大

そしてワームで15cmのスモールマウスバスをGET!5歳児にしては頑張った!

※まぁ、自分が手取り足取り教えている訳ですが…

初の顎持ちに緊張して笑顔がこわばってます。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*