Riders-Diary

Young Gunsはエモい

前回の続き!
最近ホットなトピックスの二つ目です。

いつの世にも勢いのあるストリートライダー達がいるホットスポットが日本各地に出現します。

僕が若手と呼ばれた時代も(今だって全然若手のつもりですが)、
関西、行田、長野、そしてマイホームタウン仙台が
そんなホットスポットとして数えられていたように感じます。

時は巡って2019年。
ついにまた宮城にもそんなホットなエリアが生まれていたようです。
ただ今回は僕や伊織が拠点とする仙台ではなく、宮城県の県北のほう。
先日ようやく一緒に乗れたのでご紹介。

emo001
今回一緒に乗ったのはShinyaくんとKouyaくんの高校生コンビ。
どうやら仲間が他にもいるみたいなので、
最初期のSND*Sみたいな感じなんでしょうか。
なんともエモみが深い

 

そんな2人のバイクがこちら。
emo002
Shinyaくんの乗るバイクはblkmrktのMalice(!!)。
いやーエモ散らかってますね!最高です。
ハンドルはAtomLAB、ステムもブラマケという素晴らしさ。勉強熱心でよいと思います。

 

emo003
Kouya君の乗るバイクはNS BikesのMajesty。
海外ライダーの自転車みたいなまとまりのある雰囲気。
ハンドルはDeityだったかな、こちらもエモ。
我らがTUBAGRAのENMA Forkもインストールしてくれてます。
ありがとうございます!

2人ともFGFSのパーツもうまくアッセンブルしてあるのもポイント。
MTBブランドよりもストリートトリック向けの部品が多いのと、
何年か前の流行りもあって現在まで流通している玉数も多いですし。

 

ライディングの写真も少しだけ。
僕も乗ってたのでほぼ撮ってなかったんです…
emo004
Shinyaくんのスライダー。
2人とも基本的に180とかフルキャブとかのスピン系のトリックは大体できてました。
老婆心でパークとかダートも是非ともやってほしいなと思ってしまいます。

emo005
手足の長いKouyaくんの刺しバニー。
正統派の真っ直ぐ刺すタイプ。もちろん高く飛べるようになるためにはこれが最適解。
斜め刺しなんてもんは90cm以上跳べるようになってからやりましょう。

それにしてもこの2人、スタイルやバイクのセットアップなんかが
僕と伊織のように対照的なところがあるので、
そういう意味でも昔の自分たちを見ているようで感慨深いものがあります。
あーエモい。

 

これからが楽しみなライダーが身近にいるというのは、
こんなにもワクワクするものなんですね。
僕も大人の階段を順調に上っている気がします。

是非2人には僕や伊織を超えるライダーになってもらいたいものです。

今日はオチはありませんよ、感傷に浸っているので!
では!

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*