Riders-Diary

MTBストリート動画リレーVol.21 -by Taro

第21夜。
GW初日の今晩は、昨日ご紹介した映像にも出演していた関西のTaroくんに紹介してもらいます。
彼もKenyaくんと同様、直接一緒に乗ったことはないもののSNS等でその活躍を目にしていたライダーの一人。
西のほうは勢いのあるMTBストリートのライダーが多くて盛り上がっていますね。

 

そんなTaroくんに紹介してもらうのは、The Riseの“Unexpected Thursday 36”。
今回もコメントと一緒にお届け。

僕のイチオシはTHE RISEの動画です。
ベタな動画かもしれませんがストリートMTBを始めるきっかけになった動画なので思い入れがあります。

初めて見たときには、服装や自転車、ライダー、編集など動画内の全てにインパクトを受けました。
全員が同じフレームに乗ってる現在とは違い自転車自体にも個性が出ていてとにかくカッコいい。
少しでも彼らに近づこうとNSbikesのsuburbanを必死で探しました笑

次はマッキーさんお願いします!

 

意外なことにRISEの映像はこの企画では初出。
そして僕の言いたいことは既にTaroくんのコメントの中にすべて書いてありました。
PartyMasterの発売前なので、ILLbikeとかNSとか色々なブランドのフレームが登場しています。
パーツチョイスやカラーコーディネート等、ライディング以外にも見どころが多い作品。

 

それにしてもこれ、結構最近のエディットのつもりでしたけど6年前だったとは…
Louis Lhomelがまだリジットだし、Michel Plonkaがバリバリ乗ってるので、言われてみれば結構前なんですね。
PlonkaはDobermannの頃とILLの頃のどっちが好きかは好みが分かれるところですが、個人的にはILLの頃のスマートな乗り方とすっきりとした組み方のバイクがホント好き。
かなり影響を受けて、当時代理店のなかったILLのpeanut26フレームを個人輸入して、いろいろと練習したのを覚えています。
まぁThe日本人体型の僕は手足があんなに長くないので、イメージ通りにはなりませんでしたが…

 

StayHomeな今年のGWは、最新のPartymaster tourの映像だけではなく、歴代のUnexpected Thursdayシリーズを通して観るのもいいかもしれませんね。

それでは、また!

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*