Riders-Diary

高機能サングラス「ENETREE airora」にメガネに装着できる「airora clip」が登場

スマイルバイクパーク スラロームコース croMOZU275

私が現在サポートされている高機能スポーツサングラス「ENETREE airora」。

ENETREE エネツリー サングラス airora アイロラ

液晶フィルムを搭載したレンズによる「瞬間自動調光」という機能を有し、バッテリーいらずで周囲の明るさに合わせてレンズの明度が0.1秒という素早さで自動で変化し、最適な視界を常に保持してくれます。

 

スポーツサングラスはスポーツやアウトドアアクティビティなどでアクティブに動き回る人が利用するには最適ですが、よほどのモデルでない限り「度」が入らないので、視力が低くメガネを手放せない人はコンタクトレンズを使わないと利用できないのが困りものでした。

ENETREE airora」も例外でなく、普段メガネをされている人は利用できない状況だったんですね。

ENETREE airora clip
そんなメガネ利用者の需要を考慮してか、「ENETREE airora」を販売するENETREEが、今回新しいタイプのサングラス「airora clip」を発表しました。

 

ENETREE airora clip

airora clip」は元々ある眼鏡にクリップで「瞬間自動調光」機能を持つレンズ部分を装着して使用するユニークなサングラスです。

ENETREE airora clip

ユーザーの眼鏡には上の画像のクリップで簡単に装着できます。かと言って簡単に外れたりはしないのでご安心を。

クリップはあらゆるタイプの眼鏡に対応しています。

ENETREE airora clip
装着するとこんな感じ。「airora clip」のレンズは上の画像では少し薄暗い程度で透けていますが、野外で使用すると「瞬間自動調光」機能が働いてレンズの色は濃くなりほぼ「サングラス状態」となり目は隠れます。

 

ENETREE airora clip
クリップ部分は可動して、上の画像のように眼鏡をかけた状態で「airora clip」を跳ね上げ、通常の視界でものを見ることも可能。

 

ENETREE airora clip croMOZU275 多摩川サイクリングロード

私も「airora clip」を貸していただき、MTBに乗って近所の多摩川河原を散策してみました。

ちなみに自分は元々は酷い近視でしたが(両目0.01)、10年以上前にレーシック手術をしており、それ以降は裸眼で生活していますが、今回は伊達メガネをかけ、その上に「airora clip」を装着して使用しています。

airora clip」は重量が10gしかないので、メガネと一緒に装着していても違和感はほとんど無し。つまり、普通にサングラスをしているのと何ら変わりのない装着感です。

 

 

ENETREE airora clip BIKE&FISH

趣味の釣りをしてみても、基本は偏光レンズでもあるので水中もハッキリ見え、夕陽が反射してキラキラ眩しい水面も「瞬間自動調光」機能のおかげで快適な視界を保持してくれていました。

 

ENETREE airora clip BIKE&FISH オイカワ 毛鉤

キレイな色のオイカワが毛鉤でたくさん釣れて満足!

 

 

airora clip」のイメージ動画をご覧ください。メガネへの装着の仕方から跳ね上げ式の機構などをチェックすることができます。

 

 

airora clip」は現在クラウドファンディング中で、今すぐに入手できませんが(11月末にデリバリー予定)発表から2日目には目標金額の30万円を遥かに超え200万円を突破。2020年9月15日現在で500万円に迫る勢いとなっていて、確実に製品化し、入手することができます。

ENETREE airora clip

airora clip」の詳細情報や購入の仕方はクラウドファンディングサイトをご覧ください。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*