Riders-Diary

croMOZU275生産再開とフォレストバイクでバニーホップ・ジャンプ基礎講習

特定のパイプの調達が困難となっていて制作が止まっていたcroMOZU275ですが、フレームを制作してくれている岡安製作所の努力により、パイプの調達の目処がつきまして、晴れて制作を再開することになりました。

croMOZU275

croMOZU275 6th

そんな訳で、ご興味のある方はお気軽にオーダー・お問い合わせしてください。納期は2〜3ヶ月となりますので、お問い合わせをいただければメールにて購入の段取りを連絡いたします。

 

 

日曜日は小田原フォレストバイクでMTBインストラクター業を行ってきました。

午前中にバニーホップ基礎講習、午後はジャンプ基礎講習です。

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

バニーホップ基礎講習では、最初にバニーホップをするのに最適なバイクのセッティングからバニーホップの論理的な説明。そしてフロントアップから、平地でバニーホップができるノウハウを伝授。

 

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

平地バニーホップができるようになったら倒木などの障害物を使い、バニーホップの応用テクであるファイアークラッカーの伝授を。

 

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

色んなサイズ、形状の障害物でファイアークラッカーを行っていただきます。

 

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

そして最後はフォレストバイクのコース内にある凹凸を利用しファイアークラッカーで飛んでもらい、実際にトレイルなどで飛び走るための実践練習を行い終了。

 

お昼休みを挟んで午後はジャンプ基礎講習。

小田原フォレストバイク ジャンプ基礎講習

最初にジャンプでどうしてMTBが飛ぶかの論理的な説明を行い、実際にワンメイクジャンプで飛んでいただきます。その際、失敗して転倒しないような注意点・コツもしっかり伝授。

 

小田原フォレストバイク ジャンプ基礎講習

ワンメイクジャンプを安定して飛べるようになったら3連ジャンプのコブで安定して踏み切れるようにしてもらい、徐々に助走スピードを高めてフロントをバックサイドに届くようにしてもらいます。

 

小田原フォレストバイク ジャンプ基礎講習

フロントがバックサイドに安定して届くようになったら、次はノーズダイブのコツを伝授し、3連をクリアーしていただきます。

そんな流れで今回も殆どすべての方がバニーホップとジャンプをマスター!皆様、とても興奮していて楽しまれていました。

 

小田原フォレストバイクでのバニーホップやジャンプの基礎講習は月に1〜2回行われていまして、フォレストバイクのFacebookでご確認〜ご予約が可能です。是非チェックしてみてください。

日本ではまだ数少ないeMTB講習も行っています。

 

 

小田原フォレストバイクでのレッスンの合間にある昼休み休憩で、30分で撮影〜編集した動画をご覧ください。

 

 

ここ1週間くらい、多摩川はバチ抜けシーズンとなっていまして、毎日シーバスを釣っています。

多摩川 バチ抜けシーバス エリア10 エリテン

ただ今年は例年よりも難しく、いつもなら連発するハズがかろうじて1匹のみ釣れている状況。まぁ、釣れているだけ嬉しいことなのですが。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*