Riders-Diary

割と本気でポータブルジャンプランプをオススメ

スマイルバイクパーク小田原フォレストバイクなどMTBパークに来て間違ったフォームでジャンプを飛んでいる人が結構いらっしゃいます。

下の動画の中で紹介する「間違ったフォームのジャンプ」になっている方(フロントが抜ける瞬間にリアも一緒にホップしてしまう)は、この形が癖になっていると矯正がかなり大変だったり。

正しいフォームに矯正するにはお金(MTBパークの入場料やそこまでの交通費・ガソリン代など)と膨大な回数を飛ぶだけの時間と労力が必要で、それをいちいちMTBパークで行うのはすっごいロスです。

せっかくMTBパークに行くなら、もっとコースを活かしたライディングを楽しまれた方が絶対にお得。

 

そんな方には、真剣にポータブルジャンプランプをオススメします。

携帯ジャンプランプ Portable Jump Ramp

ポータブルジャンプランプなら持ち運びやすいので近所のジャンプができるスペースに持ち込み、自分のペースで何百回〜何千回と反復練習することができます。

 

今ではMTBインストラクターとなった私も、MTBを始めた頃は全然ジャンプなんてできませんでした。ジャンプランプを買ったらすぐにできるようになる?と思いきや、近所の河原でトライした最初の50回くらいは全然飛べなかった記憶があります。

それでも100回くらい試行錯誤を繰り返しながら飛ぶと、何発か気持ちよく飛べるようになってきました。

それを動画で自撮りしフォームチェックを繰り返し、さらに数え切れない程の反復練習をし続けたことで、今の自分の安定したジャンプテクニックを身に着けました。

 

これらの練習をMTBパークで行ったら、他の利用者との順番待ちなどがあって一発一発飛ぶのに時間がかかるしで、正直かなり非効率です。こっそりしっかり上達したい方にこそ、このポータブルジャンプランプをオススメします。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*