Riders-Diary

ShinMOZUマットクリアーとeMTBのSPECIALIZED Turbo Levoで朝活BIKE&FISH

TUBAGRAの国産26インチホイール対応ストリート・ダートジャンプ用MTBフレーム「ShinMOZU」特色マットクリアー即納できます。

shinMOZU

圧倒的なフロントアップ〜バニーホップのしやすさ。気軽にできる回転系トリック。エアートリックの決めやすさが特徴です。

 

shinMOZU

実はヘッドチューブが今回より新デザインとなりました。

 

shinMOZU

近々TUBAGRAのフレームラインナップを一部リニューアルする予定なので、この価格で買えるのはこれが最後になります。

ご興味のある方は是非ご検討ください。こちらからご購入できます。

在庫は写真のこのフレーム1本のみで、他はケーブルガイド付き(マットクリアー)が板橋区のプロショップ「Sportsbikeshop Biking(スポーツバイクショップ バイキング)」にあるのみとなっています。

 

 

サスフォークをオーバーホール中で乗れなくなったcroMOZU275のかわりに、もう1台の愛車であるeMTBのSPECIALIZED Turbo Levoで日課である朝活BIKE&FISHをしてきました。

雨ザーザーの中、朝3時半に多摩川河原に出撃!eMTBだけあり移動が楽なものの、打つスポット打つスポット全然出ない。

朝活ZBIKE&FISH eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon 多摩川河原

そうなると、何が何でも釣るために一番ハードな藪こぎスポットを奥まで奥まで行くことに。そこは背丈程ある藪が生い茂り、この雨で増水していて辺りは水浸しです。

このすぐ横に水鳥が死んでプカーとなっていたので鳥の出汁付きとなりました。

 

朝活ZBIKE&FISH eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon 多摩川河原 エリテンで釣れたシーバス

強い雨に打たれながら、考えられるポイントにルアーを打っていくと、まさかの足元からシーバスが飛び出てきてルアーを喰った!

絶対にバラさないように対応しランディングしたシーバスはゴン太の60cm。決して大きくはないけれどナイスファイターでした。

ここまで来るのにすっごく大変だったので、全てが報われたようで本当に嬉しかったです。

 

このLevoは今までできるだけキレイに乗っていて、今回釣った魚もホイールに乗せないつもりでしたが、この段階で「もういいや」と。

 

本当の地獄は帰りのルートでした。

朝活BIKE&FISH eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon 多摩川河原

川岸から河原ダートまでを18kgのLevoを押し上げなくてはいけなく(eMTBとしては激軽な部類だが)、とにかく深い藪がそれを拒み、開けた場所まで到達する労力はこれまた半端ないものに。

 

朝活BIKE&FISH eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon 多摩川河原

相当頑張って引き剥がしたけれど、まだこんなに絡みついています…(汗)

 

朝活BIKE&FISH eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon 多摩川河原

最後のこいつらがなかなか取れなくて苦労しました。

 

流石にぐったりと疲れたので自宅までの帰り道はご褒美のTURBOモードで。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*