Riders-Diary

croMOZU275のリアタイヤを新品に交換しました

先日、愛車のcroMOZU275のリアタイヤ TERRENE CHUNK 27.5×2.3 LIGHTがスローパンクを繰り返すようになりました。よーくタイヤをチェックすると、ブロックの一部が裂けてそこからしっかりエアー漏れを確認。

TERRENE CHUNK 27.5×2.3 LIGHTを装着して2年以上経っているcroMOZU275は朝活BIKE&FISHで毎日もれなく10〜20km程走っていて、頻繁にトレイルやMTBパークを走行しているので、これはもう寿命と言ってもおかしくないでしょう。

 

TERRENE CHUNK 27.5x2.3 LIGHT

そのことをTERRENE TIREの国内代理店であるAlternative Bicyclesの北澤さんに連絡すると、すぐに新しいTERRENE CHUNK 27.5×2.3 LIGHTをすぐに送ってくださいました。本当にありがとうございます!

BLUBのチェーンオイル、Miles Wideのウェットシールも一緒に入っていて、感謝しかありません!近々使わせていただきます。

 

タイヤを受け取ったその日にいつもお世話になっている小川輪業商会へ行き、早速TERRENE CHUNK 27.5×2.3 LIGHTを装着してもらいました。

小川輪業商会 TERRENE CHUNK 27.5x2.3 LIGHT

その際に破損していたニップルやスポークもいくつか交換していただきました(※世界一魚を乗せていて魚臭いMTBホイールです)本当にありがとうございます!

 

そしてすぐにcroMOZU275に装着。

多摩川河原 croMOZU275

嬉しくて近所の多摩川河原に行きバイクの写真を撮影。

リアタイヤを組み上げる際にリアセンターも10mm詰めてみました。

croMOZU275 6th リプレイサブルエンド
フレームの写真を見ると良く分かる通り、croMOZU275はリプレイサブルエンドを採用しており、リアセンターを詰めたり伸ばしたりすることができます。今まで最短値(リアセンター:380mm)から15mm伸ばして(395mm)使っていましたが、10mm詰めたことで385mmに。

リアセンターが10mm違うとバニーホップの軽さがハッキリと分かります。

 

すぐに河原でバニーホップを少しトライ。

うん、明らかにフロントアップが軽く楽になりました。

バニーホップが楽チンになると異様にテンションが上がります。今度しっかりバニーホップして刺し切った瞬間を写真撮ろうと思います。

 

 

先日、奥さんが久しぶりに仕事が休みだったので、2人でクルマでラゾーナ川崎のへ行き、Eggs’n Thingsのパンケーキを食べてきました。

Eggs 'n Things エッグスンシングス ラゾーナ川崎

とっても甘くて美味しかったのですが… 正直2品とも甘いパンケーキを選択したのは失敗でした。2人して最後の方はかなり気持ち悪くなり…(汗)

 

 

夕方、仕事がひと段落し、息子のスイミングスクールまで少し時間があったので毛針でオイカワ釣りをしました。

多摩川 朝活BIKE&FISH オイカワ 毛鉤 毛針

多摩川 朝活BIKE&FISH オイカワ 毛鉤 毛針

40分で20匹ほど釣った頃、明らかに他とは違うアタリ、ファイトで姿を見せたのは婚姻色が色濃く出たオスのオイカワ。ついに釣ったぞー!!!メッチャ嬉しい!!

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*