Riders-Diary

BIKE&FISHで指を負傷した話と息子と河原でスノーライド

昨日の早朝4時、BIKE&FISHの最中に釣り場で滑って転んだ際、左手中指が変な方向に曲がりました。すぐにクルマで行ける3件の救急病院をネットで探し電話をかけるも「今は整形外科の医者はいない」と断られ。

仕方無しに指が変な方向に曲がったまま帰宅し、近所の整形外科が開く時間に行くことにして、痛みを我慢して就寝。すっごい悪夢で目覚めると、指の痛みはかなり悪化していました。

近所の整形外科はご老人が多いので、開店20分前に行き受付を済ますも(それでも3番目。ご老人は早い)診察受けるまでに1時間かかる始末。

左手中指を怪我して整形外科で応急処置

その上、レントゲンが故障していて結局左手中指の骨の状態は依然として分からず。(待合室で1時間待った後にレントゲンの故障を知らされても…)とりあえず応急処置してもらって帰宅。こんなに待って応急処置だけ…

※上の画像は決してこの病院に中指立てている訳ではありませんよ。そのように指を固定されてしまっているので…(汗)

 

帰宅して、急いでプライベートレッスンがあるスマイルバイクパークへ。こんな状況でも仕事なので仕方がありません。

スマイルバイクパーク SBP 指を怪我したままジャンプ croMOZU275

スマイルバイクパーク SBP 指を怪我したままスラローム croMOZU275

ちゃんとレッスンができるか不安でしたが、左手中指が固定され包帯グルグル巻でも意外とレッスン、ジャンプやスラローム、パンプトラック走行は可能なことが判明しました。

 

そしてスマイルより帰宅後、近所の整形外科を片っ端から調べ電話するも、「整形外科は午前中に終了しました」ばかりで依然として正式な治療を受けられていません。

このご時世、東京23区内で指1本診てもらうのにこんなに苦労するとは夢にも思いませんでした。

 

そして今朝。朝活BIKE&FISHは左手中指が固定されていても釣りになるかの実証テスト。

朝活BIKE&FISH シャッドで釣れたクロダイ 指負傷中

特に問題なく釣れました!小さかったけど…。解けてきた包帯がルアーに絡まって煩わしいことが何度かあったくらいでしょうか。

 

そしてお昼過ぎ、朝イチで予約をとった総合病院の整形外科の診察で、ようやくレントゲンを撮ってもらうことができました。ようやく…(泣)

左手中指を怪我して整形外科でレントゲン撮影 脱臼

撮れた写真を見てお医者さんや看護師さんたちもビックリ!何と左手中指の骨はキレイに脱臼していたのでした。

そりゃあずーっと痛いし指が曲がらなかった訳ですね。

お医者さんも「今でもこの状態は珍しい。痛いのよく我慢してましたね」と。その場で骨をパキッと入れてもらい、すぐ指は動くように。さすがに1日半、あんなに大胆に関節が外れていて、腫れや内出血も酷いので、まだまだ動かすと痛いですが。

 

病院の待合室で会計待ちをしている最中も、ジワジワと痛みが軽くなっていくのが快感でした。それまで本当にずーっと痛くてストレスだったので。

 

病院を出ると外の世界は一面雪でいっぱいの銀世界になっていました。

多摩川河原 スノーライド koMOZU 叶大

我が家の家訓で「雪が降ったらMTBに乗れ」というものがありまして、帰宅と同時に息子と近所の河原にMTBで出撃してきました。

多摩川河原 スノーライド croMOZU275

結局のところMTBは少しにして、ほとんどの時間を雪合戦に費やす始末。

多摩川河原 スノーライド koMOZU 叶大

今回の雪は水分を多く含んでいるのか、雪だるま制作途中にグローブに水が染み込んでビチョビチョになり、指先が冷たさで激痛となり急いで撤収。雪だるま、ちゃんと作りたかったなぁ…。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*