Riders-Diary

プラネットパークでディスクブレーキ装着MTBが使用禁止に

八王子市にあるスケートパーク「プラネットパーク」がディスクブレーキの付いたMTBの走行を禁止し、樹脂カバーを付ければ大丈夫、という告知を出しました。

プラネットパークのWebサイト

ディスクブレーキが剥き出しだと、路面や施設(カーブなど)を破損してしまう、というのが理由です。

プラネットパークは当初、グラインドペグの使用もNGで、下手すればBMXのライディングもNG?みたいな空気すらありましたが、BMXライダーの方達の 熱心な交渉と、現地での検証から、バイクの突起部分が樹脂製(樹脂製エンドキャップ、プラペグ、プラペダル)ならOK、というカタチで落ち着いた経緯があ ります。

自分はスケートボード出身ですので(8年間乗ってた)、過去に路面やセクションがBMXのハンドルやペダル、ペグで欠けたり、ランプに穴が開いたりして、 スケートボードの小さいホイールが引っかかって転倒する事態も見てきているので、そういった対処が妥当ということも十分理解できます。

中には自転車系のライディングを完全に禁止するパークだってあるくらいですし。

それでも、昨今のBMX縲廴TBパーツの進化・発展から樹脂製のパーツが増えたおかげで、路面やセクションの破損を防ぐことができ、だいぶそのようなケースは減ったように思えますが。

やっぱり、スケートパークのメインユーザー(数に置いて)はスケートボーダーです。スケートボーダー達の働きがメインになってこういった公営パークが作られ、彼らが快適に乗れる環境であることが大前提なのも理解すべきかと思います。
スケートボーダーの目線になって見て、路面やカーブ(縁石)などに影響は無いか?ということですね。

特にプラネットパークは、日々スタッフの方達が驚くほどに丁寧にメンテナンスを繰り返して快適な環境を創りだしているので、そこは敬意を表する部分だと思います。

 

そして、MTBのディスクブレーキの話をします。

まずバイクを横にすると、ディスクブレーキ自体は路面と接触することはなく、バーエンドやペダル、タイヤが接点になるハズです。(実際バイクを横にして ディスクブレーキが地面と接触するようならすぐに壊れて話しにならない)ということで、ディスクブレーキが路面を傷つける、という可能性はほぼ無くなりま す。

ただし、カーブ(縁石など)はどうか?と考えると、意図的に狙えばディスク部分が接触する可能性はあります。
ただ、これをやると路面が欠けるより先にディスクが曲がるでしょう。ディスクローター自体はそれほど強くできていないので。また、接触したらMTBのホイールは回らなくなるので、それを意図的にやる人はまずいないと思います。

まぁ、こんな話を突き詰めると、スケートボードのトリックでフリップさせたりして失敗すると、ボードが横になってトラック部分のナットが地面にヒットし、路面が欠ける事だってあり得ますしねぇ…。

 

あと、ちょっと話は逸れますが、他のスケートパークは金属ペグでも使用OKという部分を強調し、この様な決め事自体の撤回を要求する意見もありますけれ ど、それはそのスケートパークの管理者達の考え方次第で、そのパークの設立の意図から経緯、設立するまでの関係者達の苦労など、色々な要因が絡んでいる場 合があるので、そこは今、安易に言及すべきではないと思います。

 

ということで、プラネットパーク側の決定に非難などをすべきでなく(スケートパークを良くしようという考えのもとで決定されたルールなので尊重はすべ き)、ちゃんとした話し合いの場を設け、必要ならディスクブレーキ付きのMTBを現場に持ち込んで検証するなどし、ベストな落とし所に持っていくべきかと 思います。

念のため、先程、八王子市の生涯学習スポーツ部スポーツ振興課には「話を詳しく聞かせていただけないでしょうか?」と「必要でしたら検証する機会を設けてもらえないないでしょうか?」という問い合わせのメールをさせていただきました。あくまで丁寧に、紳士に、という姿勢です。

 

ちなみに、いつも良く一緒に乗っている水野君も、過去にプラネットパークでリアディレイラーを注意されたことがありました。水野君は後日、ボディが樹脂製のリアディレイラーを購入し取り付け、管理の方に許可していただき、今は普通に乗れています。

 

分かりやすい解決策で言うと、樹脂製のディスクブレーキローターが商品化されれば問題無いんでしょう。が、そんな需要はるのかな?そして、それでちゃんと止まるのか…

プラネットパークのサイトにあるディスクブレーキカバーだとデカいし、こんな商品を売っているの見たことないですし。
カーブ類が接触する可能性のあるディスクブレーキ下部だけを覆う必要最小限の樹脂製ガードを作れば良いのかな?っても、そんなに需要無いだろうな縲怐Bパークで乗るMTBライダー自体がかなり少ないですし。

何か現存するモノ(簡単に手に入る!)で代用できるのが一番なんですけどね!

 

あと、自分はグラインドをメインとするMTBライダーで、最初のMTBから今の今までディスクブレーキは付けたことがなく、今でもVブレーキを愛用していて本件には該当しないため、殆ど影響はありません。

なので、どこまで自分が出しゃばって良いのかちょっと疑問が残るところですが、頻繁にプラネットパークを利用するMTBライダーとして、必要ならば話し合いの場に出ますし、自分が知るかぎりで話に進展があるようであれば報告させていただきます。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

One Response to “プラネットパークでディスクブレーキ装着MTBが使用禁止に”

この記事に樹脂製のリアディレイラーを買って取り付けたとあります。
私もこの公園に行って走りたいと思っているのですがリアディレイラーのボディが金属製のため走れません。
しかし、インターネットで”樹脂製 リアディレイラー”と調べても金属製のものしか出て来ないのですが、どこのメーカーが出しているのでしょうか?

コメントをどうぞ

*