Riders-Diary

親子でスマイルバイクパークを楽しんでいます

たいてい私の土日の過ごし方は、朝から夕方までスマイルバイクパーク小田原フォレストバイクでMTBインストラクター業をしている場合が殆どです。

比率で言うと月1〜2回レッスンがある小田原フォレストバイクより、スマイルバイクパークの方にいる率が高いですね。

レッスンであまり疲れなかった場合、その後に残って自分の練習をすることが多いです。

スマイルバイクパーク SBP croMOZU275

スラローム上半分はスピード殺さずとにかく寝かせようと意識し…

 

スマイルバイクパーク SBP croMOZU275

下半分はノーブレーキで曲がり切るようにします(何度かぶっ飛びかけた)。

たいてい、自分が練習する時間帯はクローズギリギリで、他に人がいない・少ないので、ひたすら反復練習。これでどうやったら転ぶか、上手くバイクを倒して格好良く曲がれるかを検証し、自分を上達させると共に、そこで得た知見をレッスンに活かしていますね。

 

そして我が家が奥さんは土日仕事である場合が多いので、殆ど息子もスマイルバイクパークやフォレストバイクに連れてきています。

スマイルバイクパーク SBP koMOZU 叶大

息子はたいてい、フィールドに乗りに来ている年が近いキッズライダーと一緒に遊び走っていて、結果的にジワジワと上達しています。

スマイルバイクパーク SBP

近頃ご一緒することが多いガクホ君はバニーホップがしっかりできるので、スラロームコース下の小さなコブで格好いいハイエアー!

 

スマイルバイクパーク SBP koMOZU 叶大

まだバニーホップがしっかりできないウチの息子は勢いで飛んでいるので高さが出ていません…(汗)

 

スマイルバイクパーク SBP koMOZU 叶大 ワンフット

それでも得意技のワンフットのメイク率、技の格好良さはどんどん上昇中。

 

スマイルバイクパーク SBP koMOZU 叶大 シーソー

スマイルバイクパークで最近人気の山頂スキルパークでシーソーも。

 

スマイルバイクパーク SBP croMOZU275 シーソー

自分もトライ。ガクホ君が撮ってくれたので、全力カメラ目線でやってみました。

 

 

先日、息子と一緒に東京湾でナンバー1の人気と言われているボートシーバス(スズキ専門の釣り船)「GLORY」に乗ってきました。既に2022年の予約が全て埋まっているという超・超・超人気ボートシーバスです。

東京湾ボートシーバス GLORY

どうしてこの船に乗れることになったかと言うと(普通ならいくらお金を積んでも乗れない)、以前スマイルバイクパークでレッスンしたお子さんのお父様がガチなシーバスアングラーで、その後輩さんがGLORYの船長さんで、急遽、私を招待してくれたのでした。

そして前日、他に乗船される方が1名キャンセルとなり「ならばウチの息子を乗せることは可能でしょうか?」と聞いたところ、快くOK!ということで、急遽ウチの息子もこの贅沢過ぎる体験をできることに!

 

真冬の夜の東京湾、湾奥からスタートし、神奈川の沿岸から千葉の沿岸まで高速ボートで行ったり来たり。極寒の東京湾を縦断する移動はとても寒く辛いものでしたが、スポットに到着すると辛さが吹っ飛ぶのは釣り人だからでしょうか?

東京湾ボートシーバス GLORY 叶大

早速、息子がGLORYの最年少記録を更新!わずか8歳にして、一人でルアーをポイントに投げ、リールを巻き、魚をかけファイトし、ランディングまでしっかり行った、という点で周囲の大人たちを驚かせていました。しかもこの日、一番大きなサイズのシーバスをかけていましたし。

 

東京湾ボートシーバス GLORY

自分は今回バラしが非常に多かったのですが、知人のオリジナルジョイントミノーを使ったら4キャスト4キャッチと、人生初めて入れ食いモードを体験!船としては今日はトータル80匹を釣り大満足で終えることができました。

息子と共にスゴイ体験をさせていただき、本当に感謝しています!

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*