Riders-Diary

croMOZU275で楽しむ河原ライフ

以前、TUBAGRAオリジナル・ポータブルジャンプランプを土手に斜めに置いてヒップ気味に飛び、テーブルトップを入れることに凝っていると紹介しましたが、依然として継続しています。

多摩川河原 croMOZU275  携帯ジャンプランプ

だいぶ慣れてバイクは傾くようになったものの、まだ80度で水平まで10度足りません。その10度が難しいという…

今後も継続して行きます!バイクが水平を当たり前にできるまで!

 

携帯ジャンプランプ ポータブルジャンプランプ

そんなことでTUBAGRAオリジナル・ポータブルジャンプランプ。ジャンプ練習に最適ですので是非ご検討ください!近場のちょっとしたスペースで、自分のペースで体力が続く限り反復練習することができます。

 

また、風が強すぎたり、ポータブルジャンプランプを持ち出す余裕がない場合は、トレイルライディングのトレーニングでこんな練習もよく行います。

多摩川河原 croMOZU275

河原の土手にある階段横のスロープを助走無しのゼロスタートでしっかり登り切ること。これを10本くらい繰り返すと程よく身体が温まって寒い冬のちょっとした時間の有効活用に最適なのです。

 

そんな遊びが近所でできる、最新のMTBパーツを装着できる27.5インチホイール用アクションライディングフレーム、croMOZU275オススメ!
croMOZU275 6th
croMOZU275 FORMOSAアルミクランク

かれこれ4年間、雨の中でも構わず毎日乗りまくりフレームには錆が出てきていますが(ちゃんと手入れしていればこんなに錆びません)、依然として最高の相棒だったり。

 

 

新500円硬貨。初めて手にした時は手の込んだ造形にテンション上がっていましたけど…

新500円硬貨

コンビニが近くにないコインパーキングに車を停めた際、財布に新500円硬貨と万札しかないと精算できなくて詰みます。

なので新500円硬貨を手にしたら、コンビニやスーパーなどで積極的に使って100円硬貨にくずすように。

 

 

多摩川、春の風物詩(とはいえまだまだ完全に冬…寒い)バチ抜けパターンで釣れたシーバス。

BIKE&FISH エリテン エリア10で釣れたバチ抜けシーバス

BIKE&FISH エリテン エリア10で釣れたバチ抜けシーバス

80cm以上のランカーや、70cm後半が気軽にバカスカ釣れるからとてもテンション上がります。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*