Riders-Diary

SHINCHI PUMPTRACK FESTIVAL 2022

どうもKaiです。

さて、今回は同じ福島県、そして僕が関わる新地町のしんちパンプトラックのイベントのお話。
昨年大盛況となったパンプトラックフェスティバルを今年も開催することになりました。
日程は今月の海の日の三連休の16日(土)、17日(日)の2日間
tb_sptf_flyer
ざっくり言うとみんなでパンプトラックに親しみましょうというイベントでございます。
コチラ一部ですが、昨年の様子。
tb_20210606_Shinchi_PT_Day2-149
tb_20210606_Shinchi_PT_Day2-306
tb_20210606_Shinchi_PT_Day2-367
Photo by Naoki Gaman
昨年同様イベント運営チームは最高のユルさでBMXのカルチャー面の素晴らしさを発信しつづけるSAGAE BMX JAMの運営メンバーが多数いることもあって、ゴリゴリの競技色からは一歩距離を置いたハッピーでピースフルなイベントとなること間違いなし。
一応パンプトラックでのイベントなのでタイムを測ったりはしますが、それよりなによりみんなで夏空の下ワイワイ汗をかくって最高じゃないですか?

 

で、今回の目玉というか、東北の自転車イベントあるあるなんですが、
パンプトラックの真横の芝生の広場に無料の特設キャンプサイトを設置します。
家族キャンプ キャンピングヒルズ鴨川 MAZDA CX-5 eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon koMOZU
Photo by Samo ※イメージ図
つまりですよ、昼間は自転車をみんなで乗って、夜は浜風を感じながらのキャンプで美味いビールを乾杯…
いやもうこれ自分でいうのもなんですが、最高じゃないですか?(二度目)

 

さらに…!イベント開催日はパンプトラックの目の前(自転車で1分以内)の海水浴場が海開きをするとのことで海水浴も楽しめます。
tb_sptf_seaside
Photo by GeSND*S
当然水着ギャ…おっとっと危ない、空いた時間に海や砂浜で遊べるって最高じゃないですか?(三度目)
ちなみに徒歩圏内に温泉もありますし、隣には水遊びもできる素敵な公園が…もうね、最高is最高じゃないですか?(カウント疲れた)

 

そしてこんなゆるふわなイベントですが、
趣旨に賛同していただいて多くの代理店様・メーカー様・ショップ様より協賛をいただいております。
tb_SPTF2022_sns_3
本当に有難い限りです。この場を借りて、厚く御礼申し上げます。

 

 

先日の「さるなしJAM」でもそうでしたが、結構イベントやジャムにでることに抵抗があるというかハードルが高く感じてらっしゃる方が多いと思います。
一方で大勢のライダーで集まってのジャムやイベントは、こういうジャンルの自転車の醍醐味の一つなわけです。
tb_20210606_Shinchi_PT_Day2-818
tb_20210606_Shinchi_PT_Day2-840
Photo by Naoki Gaman
みんなでセッションをすることは、日々のローカル内だけのライディングとは異なり、様々な刺激を受けることが出来ますし、会場や参加者の熱にあてられて普段以上のパフォーマンスができたり、そこで得られる経験も段違い。
始めたばかりでも、自分のスキルに自信がなくても、それを笑ったりバカにするようなやつはこの界隈には存在しません。
互いをリスペクトしあうのが僕らの遊びの真骨頂なんですから。

だからこそ、恥ずかしがらずに、そして尻込みもせずにどんどん飛び込んできて欲しいなぁというのが主催者側の素直な気持ちです。

 

まぁだらだらと書き綴りましたけど、結局言いたいことは新地にみんなで集合しようってこと。
エントリーはこちらから
イベントの詳細もエントリーフォームに記載しています!

みんな待ってるよ!!

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*