Riders-Diary

台湾ライディングトリップ前日

最近やってなくて、さらにBMXフラットランド用ショートステムを導入してポジションが変わり、超スランプに陥っていたインバート(テーブルトップ)のコソ練をしました。近所の河原にジャンプランプを持ち込んでの朝練です。

サモテーブルトップ練習

マジでヘボくなっていて驚きました。この角度ならバイクの裏側が見えるの当たり前だったのに…
台湾前の最後のコソ練がこんな程度になるなんてー(泣

 

ついに明日から4月1日(日)まで台湾の台北(たいぺい)にMTBでストリートやパークライドしに行ってきます。TUBAGRAライダーの工藤君、レオン君、アシ君らストリート勢と一緒に。

そもそも、どうして台湾に行こうと思ったのか説明したいと思います。

TUBAGRAのWebサイトをやっていて、数多くの海外のライダーから見られていることは分かっていました。
そして、動画を作ってアップしたら海外のblogで紹介されたり、色んな国の方からコメントをいただくこともありました。

完全に自分の主観ですが、他のストリートスポーツと比較して、マウンテンバイク、さらにMTBストリートというシーンにおいては、非常に世界が近く感じます。みんな同じくらいから歴史がスタートして、一緒に進化している感じが特に。

ということから、海外で乗っているライダーと交流したい!一緒に乗りたい!という想いが強く芽生えました。それは去年くらいからでしょうか。

そして今年の1月、台湾から来たMTBライダー達と一緒に乗ったことでその想いはさらに強まり、彼らに「次は僕達が行くよ!」と伝えると「ぜひ来てくれ!色々紹介するよ!!」という言葉をいただけたので、今回のことになったのでした。

ちなみに、今回の台湾ライディングトリップで得られた情報は(旅のコツなど)、余すことなくTUBAGRAのWebサイトで紹介しようと思います。それを読んだ自分達以外のライダー達も気軽に行けるよう、海外のライダー達と積極的に交流できるようなったらイイな、という期待を込めて。

 

覚書で、今回の自分の台湾に持っていく荷物を羅列します。

・パスポート
・チケット(空港で受付に見せるプリントなんですが)
・ホテルの地図(プリントアウト)
・現金(空港で両替するか)
・クレジットカード
・iPhone(データーローミングOFF「3Gを有効にする」をOFFに)
・着替え(ジーンズ1本・Tシャツ数枚)

・一眼デジカメ
・ストロボ2灯
・ビデオカメラ

・ヘルメット(パークによっては必要そうだし)
・プロテクター一式

・輪行袋(森田君より借りた)
・MOZUバイク(前後輪バラし・ペダル外し・タイヤとサスの空気を抜く)
・工具(バイクをバラし組み上げるのに最低限必要な物一式)
・替えのチューブ(2本くらい?)
・携帯エアーポンプ
・エアサス用エアーポンプ

・現地のライダーへのお土産のTUBAGRA Tシャツ5枚くらい

他に足りない物ありますかね?

あと、メンバー全員、海外旅行保険に加入しておきました。万が一、向こうで事故や大怪我したら、多額の請求されて人生終わる可能性すらありますからね…

 

動画をいくつか紹介をします。

ロシアの超上手いストリート・パークライダーの動画。

 

ヨーロッパのストリートライダー(?)がニューヨークのパークで乗っている動画。身長が高いライダーはかっこいいですね。

 

映像がキレイだし編集も素晴らしいし、ライディングも上手いしの、完成度高い動画。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*