Riders-Diary

a la carte !!!

 

こんにちは。捨無です・・・。

遅ればせながら、宮城遠征のレポートを。

といっても、ほとんどサモさんが写真付きでしっかりレポートしてくださったので、僕は特に印象に残った被災地の写真を載せます。

今回で宮城は2回目なのですが、被災地を訪れたのは初めてでした。

写真↑はよくテレビなどでも取り上げられている津波の被害に遭い、鉄骨だけが残った防災対策庁舎です。

建物の入り口付近にはたくさんの花が手向けられていました。

今回の目的地である南三陸町は、住民の多くが「地震の後には津波」との意識が高かった地域でありながら900人近くもの犠牲者が出てしまった地域であり、中でもこの庁舎では職員の方が「最期」まで防災無線で非難を呼びかけていたまさにその場所です。

こちら写真↓は防災対策庁舎のすぐわきに見える公立志津川病院です。こちらでも多くの方が犠牲になられたそうです。

被災地では瓦礫は片づけられているものの、このような被災した建物が多く見受けられ、本当に胸の痛くなる思いでした。

今回、実際に被災地に出向き、自分の眼でこのような光景を見たことで、いつ起こるかも判らない天災に対する備えの意識を身をもって感じさせられました。

被災地の一日も早い復興をお祈りするばかりです。

 

さて、話は変わり、宮城行きの際にサモさんから受け取った眞砂の革貼りのiphoneケースです。

渋味のある素敵な色合いと、この革特有の質感が最高にオシャレです。

持ったときの質感、感触はとても良いですし、手につく匂いは当然 革そのものの匂いがして、革の製品を使ってるなぁという実感がしますね。

自分が頂いたケースの色もとても気に入っています。これから長く使って、革のエイジングも楽しみたいと思います!

眞砂さん、本当にありがとうございます!大切に使わせていただきます。

 

あ、そうだ。

この間TUBAGRA勢で行った仙台の牛タンのお店での一枚ですが、お店のおじさんが帰り際に見せてくれた僕たちが食べた牛タンの写真です。

こんなに分厚いのに柔らかくて、味はとても濃厚でした。

仙台行ったらまた食べたい!今度は是非ビールといっしょに・・・。

 

今回はなんだかアラカルト的な内容になってしまった・・・。

極めつけはコレ。↓

ノーブレトライアルのオートバイ版。

 

ではまた次回!

捨無でした*

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*