Riders-Diary

BUNNY HOP CAMPを振り返ってみて

BUNNY HOP CAMP(以下BHCと記載)、当初はこじんまりとしたMTBストリートだけのコンテストイベントにする予定でした。
ですが、途中からバンド演奏も加えるという話になり、規模が大幅に拡大したことから、「これはMTBだけのイベントにするのは勿体ない!」と思うようになりました。

そんな折に神戸で「ENJOY BMX CONTEST」が開催され、BMXのコンテストなのにMTBやFGFSもエントリーできることを知り(賞のカテゴリで◯◯部門と分けられていたが)、コンテストの動画を見てとても良い雰囲気だったので、BHCも「BMX部門・FGFS部門を設けたコンテストにしよう!」という考えに。

さらに続いて、四国でFGFSのコンテスト「SHIOKAZE’12」が行われ(規模の大きいイベント運営方法に関して4cog様から多大なご教授をいただいました。ありがとうございます!)、そのコンテスト動画を見させていただき「レベル高い!これならBMXやMTBと完全に同じ土俵で行けるじゃん」と判断。

開催日直前ギリギリに、ストリートバイクのジャンル分けの部門は一切撤廃した、すべてを平等にジャッジをする、完全オールジャンルのストリートトリックコンテストにしたのでした。(関係者のみなさま私の独断ですみません)

 

と、思い切ってはみたものの、セクションはカーブ(グラインド)ボックス主体で、「グラインドが得意なBMX勢の独壇場になっちゃうんじゃないの?」的な危惧は抜けず、正直、終わってみてからライダー達から不満続出だったらどうしよう?とビクビクしていたのも事実です。いや、もうマジで超プレッシャーでした。

そんな状況で臨んだBHC当日、コースセクションを設営し、試走が始まった時点で1つ安心しました。
なんだ、みんなジャンル関係無く乗れてんじゃん!」と。

そして、MTBやBMX、FGFS、TRIALと完全に全てのジャンルが揃っているミドルクラスの予選を見た段階で、「むしろオールジャンルにして良かった!」という考えに変わったんですね。

 

なんて言って良いのか、各ライダーとも、自分の乗っているストリートバイクに誇りを持っていて、もちろん「自分の持ち味を出してやる!」という気合いでライディングしているのは分かるのですが、さらに「自分の好きなこのバイクのジャンルの威信をかけても頑張る」的な部分も多大に伝わってきたのです。
それでいて、それぞれセクションにアタックするライダーを、同じ組合わせのライダー達も観客のみんなも、テクニックの種類は違えどカッコ良いライディングをしたら、別け隔てなく賞賛するんですね。

つまり、他のジャンルに対して排他的でなく、お互いのバイクのジャンルを尊重した良いカタチでのジャンル同士の戦いにもなっていて、その上で「カッコ良いライディングしたら誰だってクール!」という空気で会場が包まれていて、とにかく最高でした。

 

決勝進出ライダーの顔ぶれも面白くて、自分達ジャッジにしても「全ジャンルが漏れなく残るように平等にジャッジしよう」なんて微塵も思わなかったです。いや、思おうとしても、あの詰まったスケジュールではそんな余裕はありませんでした。

そして、予選のジャッジ3人の採点を合計したら、ホントに自然にミドルクラス、ハイクラス共に、MTB、BMX、FGFS、TRIAL全てが含まれた決勝の組み合わせになったのです。これは今考えても面白いなーって思いました。

 

BHCが終わってあと数日で1週間経ちますが、自分の中でBHCをやる前と後で大きく変わったことがありました。

それは、自分が乗っているMTB以外のストリートライダーやバイク、BMX、FGFS、TRIALに対しても、さらに愛情が出たというか、理解を深めることができた、ということです。

ストリートバイクに乗っている理由が「好きな自転車に乗ってストリートでカッコ良いライディングをしたい」という根底の部分はみんな一緒、ということを強く実感できたからなのかも知れません。

 

BHCは、開催まで本当にやることがいっぱいで、普通に会社で働きながらの準備作業は常に家に帰った後でずーっと睡眠不足だったし、その結果乗りたい自転車にもあまり乗れず、責任や重圧で投げ出したくなる時も多々ありましたけど、今となってはそれも良い想い出です。BHCにはとても大きな物をいただきました。正直、まだその大きな物の全貌が見えていない状態ですが…。

そして、仲間たちやサポートしていただいている方達にもたくさんのエネルギーをいただきました。彼ら無しでは絶対にこの規模のイベントは成し遂げられませんでしたね。本当に感謝しています。ありがとうございました!

今回の主役であるエントリーライダー達にはたくさん楽しんでいただけたのでしょうか?もし、楽しんでいただけて、次も出たい!と思っていただけたのなら、それはとても光栄です。
もちろん、悔しい想いをされた方も多々いらっしゃるかと思いますが、もしよろしければ、次も参加していただき、その悔しさを晴らしていただければ、と思います。

それと、この規模のコンテストイベントは初めてのことで問題点・改善点もたくさん見つかったので(BHCが終わってから猛省しまくりです)、それを次には1つでもクリアーして臨みたいです。

 

これも会社の昼休みの僅かな時間に、猛烈な勢いで書いていて、誤字脱字や文法的に変な箇所も多々あるかと思いますけど、これが今の自分の気持ちです。BHCは次回も必ず開催しますので、ぜひ、またご一緒していただけると幸いです。

本当にありがとうございました!

 

BHCも終わり、朝練して爽やかにホッと一息ついている自分。

サモ朝練

じゃなくて、実は、寝起きバニー180したら凡ミスで左足首グリちょして呆然としてる自分…でした(泣

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*