SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo 師走ってます

もう、先週くらいから仕事が修羅ってて、ホント時間に余裕がありません。おかげでTUBAGRA日記も更新がままなりません。

会社の仕事も良い感じに詰まっていますけど、大変なのがプライベートで来る仕事。撮影仕事からWebページ制作、年賀状デザイン縲怦・d事まで、なんかもう何でもあり。おかげで睡眠時間を削ることになり、常時寝不足で朝練することがなかなかできません…。

それでも今朝は久しぶりに朝練してきました!!たった10分ですが… フットジャムしかしてないよ!(泣

サモフットジャム

フットジャムとハンドレールグラインドって、セルフタイマーを使った自分撮りにタイミングを合わせやすいのです。それがフットジャムを選んだ理由。

本音を言うと、個人で請ける仕事は断りたいのです。というか、基本的に断る姿勢でいるのですが、それでも依頼されるから、それはそれでとてもありがたいんですけどねー あー

 

先日は、10年以上前に6年間勤めていた会社の忘年会がありました。自分をコテンパンに叩きのめして育ててくれた会社です。
かつて苦楽を共にした同僚達との再会は、いやはや楽しかったです!

2つ前の会社の同僚たちと忘年会

中には本当に久しぶりに会った元同僚もいて、懐かしい話に花が咲きました!

バリバリにITの第一線で活躍している連中もいれば(それがほとんど)、完全に別の業種に移って働いている人もいて、進む道が人それぞれで、興味深い話がたくさん聞けましたね。

2つ前の会社の同僚たちと忘年会

ただ、ガッカリだったのは、ドタキャンの多さ。何人か直前になって来られなくなり、予約した人数分の食事が余りまくり。

それでも、みんなで何とか残さないよう食べて頑張りましたが… せっかくの新鮮な魚介類がいっぱいの美味しい鍋も、みんなお腹いっぱい過ぎて十分に食べることができず、完全に煮詰まってます。

2つ前の会社の同僚たちと忘年会

余った食べ物で持ち帰れるものはできる限り持ち帰ったものの、せっかく楽しい忘年会に、ちょっぴりガッカリ感があったのも事実。

ドタキャンしたメンツとは、たぶん二度と会うことは無いんだろうけど、ホント、いい歳して(35歳以上)仕事はちゃんとやれているんだろうか?なんて思ってしまいました。

 

それはそれとして、まだまだ年内、修羅は続きます。何とかこの土日で決着を付けたいぜ!!

あ、次の日曜日のフラワートレイルは大規模な整備があります。天気予報だと前日雨かも知れないので十分に乗れない可能性がありますが、その分整備に集中できて良いのかも?自分は髭坊主さんと一緒に行く予定です!!

レオンバイク今回の作業

どうもレオンです。

今回のお客さんはDSB.loのOtacoさん!

ニューバイクのNS BIKES CARITAL24を最近組み始めてそのホイールを頼まれました。

 

 

ハブ:Profile MINI

リム:ALEXLIM DM22

このパーツを持ち込んでもらい、スポーク長計って組みました。

プロファイルのラチェット音は良い音ですね~完成が楽しみです!

こういったホイール組んでいる時はなんだか夢中になれて楽しいですw

 

最近は研究室終わったらすぐバイト行って、帰ってきたら飯食って11時には寝る生活でした…

今年もあと1週間ちょっと研究室を頑張ればゆっくりできる休みが取れるので、最近鬱でしたが頑張って乗り切りますw

stem* 堂島孝平さんのMVメイキング、他。

皆さんこんばんは。STEM*です。

街はなんだかクリスマスモードですね^^ そんなのはお構いなしに僕は研究室に毎日缶詰めになってます・・・。

どうやら今年の運は大学院入試やらTUBAGRAの仕事やらで全部使い果たしてしまったんだな、結局彼女できずに年越しだーw

 

さて、そのたくさん使った運のひとつが、前々からレポートさせてもらってますアーティスト堂島孝平さんのニューシングル「シンクロナイズド・モーニング」のMVへのスタントとしての参加でした。

堂島さんのマネージャーさんから写真の使用許可をいただいたので、当日の撮影風景と共に公開です。

また、こちらでもメイキング映像が公開されていて、最後に僕のコメントも載ってるんですが、ひどい・・・。

撮影が終わって疲れ果てて気を抜いていたー!!! (画像クリックでリンクします)

こうやって見ると、衣装の違いはあからさまになってしまいますが、堂島さんとは背格好が似ていて、ライトウェイさんからお借りしたヘルメットを被るとなかなか面白い画になってますね。

写真はすべて僕の相棒(大学の同期で良くショーのときカメラマンやってくれます)が撮影、SILKYPIXで編集してくれました。

実は彼もSILKYPIXを提供していただいてまして、2人とも重宝に使わせていただいてます。

また、ラップトップでも使わせていただいてます。ありがとうございます!

あとそうだ、

シューズを提供していただいてるTevaの展示会でいただいたステッカー(3種類)が大量にあります!欲しい人はサモさんまで!

いよいよ師走も半ばですが、何事も最後まで張り切っていきたいと思います!

寒いのでご自愛ください!

ではまた次週。

samo (自分が思う)かっこ良いプロライダーの条件 序

新横浜スケートパーク行って来ました。寒かったです。パークが閉まるまでの1時間、延々ハンドレール練習してました…

TUBAGRA MOZUバイクとMAZDA AXELA AutoExe

長距離アイスピックグラインドやりたいんだけど、未だに50cmくらいしか続きません。
バニーホップ180からのフェイキークリスクロスグラインドも安定しません。

練習しまくるしかないよねー

とか何とか言いながら、いつの間にかAXELAの走行距離が40,000kmに達しました。まだ乗って2年経ってないのですが。

AXELA 40000kmオーバー

 

それはそうと、タイトルにある「(自分が思う)かっこ良いプロライダーの条件」について書こうと思います。

まー「プロライダー」っても、日本で、特にMTBストリートでは、ライディングだけで生計を立てている人はいないので、「プロライダー」=「ライディングをすることでPR効果だったり多少とも金銭が関係してくるトップレベルのテクニックを持つライダー」という認識で書かせていただきます。

それで、以下の10の条件だったりする訳ですが… このままだと誤解されそうだなぁ。(6)とか。

 

1)ライディングが上手い

 

2)向上心があり、練習熱心である

 

3)人柄が良い

 

4)バイクがカッコイイ

 

5)ファッションがカッコイイ

 

6)顔もカッコイイ

 

7)人の期待に確実に応えることができる

 

8)情報発信を忘れない

 

9)ファンやサポート企業に対して感謝を忘れない

 

10)自分の身の周りだけでなくシーン全体にも気を配ることができる

 

それぞれの説明も一緒に書くつもりが仕事が詰まっていて時間がなくて無理でした。

という事で、この続きは近日中に。この詰まりまくりの仕事を早く片づけなくては縲怐i号泣)

samo 次の自分のMOZUバイクとmomi君の動画、フラワートレイルについて

ロシアの初めて見るライダーの動画です。MITSUBISHIのEvo(?)乗ってるし若くはない?とにかく上手くてびっくりです。こんな凄いライダーがまだいるなんて、ロシアのMTBストリートの層の厚さを改めて思い知らされますね。

YouTube Preview Image

ちなみに、このライダーが乗っているのは24インチホイールのNS Capitalとのこと。(ke-taさん情報)

最近、話題のILLBIKEPrideStreetも24用フレームをラインナップしていますし、ヨーロッパやロシアでは結構乗っているライダーは多いです。

TUBAGRAでは過去にtrMOZU乗りのjinkenさんやSTEM*君以外で、24MTBストリートライダーがいましたけど(国内24MTBストリートのパイオニアfukaちゃん)、今は1人もいません。あ、自分も過去にcroMOZUを24インチで乗っていましたね。

TUBAGRA croMOZU 24

うわー。この仕様、懐かしいな縲怐B26インチ用のcroMOZUに24インチホイールを入れているので、24インチにしてはリアセンター(チェーンステー長)が360mm近くあってかなり長めですが、最高にバニーホップ系トリック(180やバースピンなど)もジャンプ系トリックもし易かったです。
※実際の24インチ用MOZUだとリアセンター(チェーンステー長)は26インチより20mm短い335mmになります。

 

そこで考えちゃうのが、次に自分が乗るMOZU。ぶっちゃけ、自分が今乗っているbrMOZUは問題など無く、まだまだ十分乗れるのですが、ILLBIKEなどのブランドでも取り扱っている24インチのMTBストリートに再び興味が出てきているのも事実…

それに、driveの存在もかなり大きいです。あのとてつもないバニーホップのしやすさ、乗り味は本当に衝撃でした。

drive

かと言って、TUBAGRAのメンバーでもある自分はdriveに乗る訳にはいかず(まぁ、こだわらなければ構わないのですが…)、そして、自分のポリシーからサスフォークを装着するのは絶対なので、やはりMOZUにこだわりたいのです。

そこで白羽の矢が当たったのが、brMOZUの24インチ!下の画像は過去にフラワートレイルローカルのSUさんが24インチ専用brMOZUを乗っていた頃のものです。80mmストロークのサスフォークでもBBはかなり高め。

SUZUさんの24brMOZUバイク

自分が過去に乗ったMOZUシリーズの中で、driveとは別の感覚でバニーホップが最もしやすかったバイクです。

自分の中で、ですが、driveはBMXサイドからのバニーホップのしやすさ、MOZU24はMTBサイドからのバニーホップのしやすさを追求した感があるのです。BBハイトやヘッドアングルの影響も結構あると思います。driveの方が圧倒的にBBは高いし、ヘッドアングルも立っていてBMXに近いですし。

 

それで今回、自分はbrMOZU24をBMXエンド、スパニッシュBBで組もうか考え中です。当然サスフォークはSR SUNTOUR DURO AIR(ストロークは60mmにするか80mmにするか迷ってる…!)ですし、これまた当然4ペグ仕様です。うーん、どうしようかな縲怐B本当に迷うわー

ちょっと、早急に答えを出したいと思っています…!

 

ちなみに、もし、24インチホイールのMTBストリートに興味があって、近所に相談できるショップが無い方は、着実に24インチホイールの取り扱いや組み上げで実績を上げてきているTUBAGRAライダーjinkenさんのオンラインショップ「JBP」にお問い合わせしてみてください!

 

よく一緒に乗っているtrMOZUライダーmomi君の動画を紹介します!彼は元FGFSライダーで、数年前にストリートトライアルにスイッチしました。そして、ここのところ、彼のストリートやスケートパークでの上達っぷりが凄いです。

YouTube Preview Image
良い感じでjinkenさんやMASSANなどの影響も見てとれるのが面白いですね。今後、彼はさらに上達して、どんなライダーになっていくのか、非常に楽しみです!

 

昨日はフラワートレイルに行って来ました。(写真はちょっと前の)風が強くて寒かったですけど、時折顔を出す太陽が暖かかった…!けんぷっぷさん親子、SUさん、岡本さん、bonoryさんと一緒に乗れて楽しかったです。

フラワートレイル

今回、自分はワンメイクジャンプでバースピンにトライしてみました。携帯ジャンプランプでハンドル半回転はできるんだから、もっと飛べるワンメイクジャンプなら1回転も余裕だろう!と。

ハイ、大間違いでした。というか、時期尚早だったのかな?何とか半回転はできたものの、着地面がバックサイドで当然下り斜面。着地と同時にバイクは倒れて自分はバイクに絡まるカタチで前転するパターンが頻発。そしてハンドルが回れば回る程にその前転っぷりがひどくなり、自分なりにテンション上げて頑張ったのですが、プロテクターで固めていたにも関わらず身体の色々な場所にダメージを受けて一旦この練習を止めることにしました。やっぱりバイクに絡まると痛いわ…

うーん、やっぱりバニーホップバースピンから練習した方が良いのかな縲怐@攻めの気持ちを根本からへし折られた感じです。

 

※フラワートレイルに関して告知です。
来週日曜日、パンプトラック(親父パック)と3連ライン、レギュラーラインの一部を大改修します!よろしければご協力ください!!

・パンプトラック→初心者でも分かりやすくプッシュプルができ、安全にジャンプの練習ができるコブの構成にします(一部既に完成)
・3連ライン→3個目のコブをランプから土に戻し4連化への準備へ
・レギュラーライン→3個目のジャンプを近づけてリズミカルにしバックサイドも巨大化

レギュラーラインの方はその1日では完成できないかも知れませんが、目処は付けたいと思っています。
よろしくお願いします!!

samo 進撃の巨人アニメ化

自転車ネタ以外ですみません。夫婦でいつも読んでいる漫画「進撃の巨人」に9巻が発売されました。

いやー、もうこの作者、上手いですねぇ。新たな衝撃の事実と合わせて過去の伏線も良い感じに回収してくるし。読んでいて本当にワクワクします。早く続きが読みたい。

進撃の巨人9巻

そして、さらに嬉しいことに、「進撃の巨人」がアニメ化されるんですね!2013年の3月に放映されるとか!!楽しみ過ぎる!!
このトレーラーとか、観るとメチャ期待できます。熱い、超熱いですよ!!立体機動装置の動きとかヤベェ…!

YouTube Preview Image

 

現在放映中の「ジョジョの奇妙な冒険」のアニメも面白すぎるし(放映前は「どうせつまらない内容になるんだろ。作画も良くないし」とか思っていてサーセン!!作り手に原作への愛があるから最高でした!)、なんか色々とアニメから目が離せない昨今です。夫婦で毎夜楽しく観ています!

samo 平日夜の新横浜スケートパークライド

今週は月から金の5日間、会社帰りに新横浜スケートパークに通ってしまいました。
「そんなに新横パークが好きなの?」と言われちゃうところですが、雨でも乗れるし、家からクルマで20分で行けちゃうしで、便利だから仕方がありません。

昨夜はウチの奥さんが仕事が休みで、「ライディングを撮影してくれる」というので、途中に水野君もピックアップし一緒に行きました。

まずは自分のバニーホップ180からのフェイキー・クリスクロスグラインドです。

新横で180フェイキークリスクロスグラインド

まだまだきれいにメイクできないので、たくさん練習しないといけません。

新横ローカルで一番スゴイ(?)BMXライダーのヒロキ君です。最近の数々のコンテストで上位入賞していますね!

ヒロキ君のファーサイドからのハングオーバートゥースハンガー

この写真は、たしかファーサイドからのハングオーバートゥースハンガーグラインドです。

鵠沼ローカルのダイチ君のワンフットアンターンダウン。彼はバースピンがとても上手いです。

ダイチ君のワンフットアンターンダウン

他にも奥さん撮っていましたが、殆どがピンボケで使えませんでした。水野君、ゴメンナサイ!

まぁ、望遠レンズを使用してのパークセクション外からの動く被写体の撮影自体、難易度が高いですし、それが暗い夜間になるとさらに難易度が爆上げなので仕方ないですね。

新横でたたずむサモとFGFSライダー

あと、その時スケートしていたプロスケートボーダーの松尾裕幸(Volcom NikeSB)さんが上手すぎて格好良すぎて衝撃でした。高くて超キレイな空中キャッチのキックフリップに、バリエーション豊かなハンドレールグラインドの数々は見ていてワクワクしました。

YouTube Preview Image

 

奥さんが作ってくれた、豆腐がツナギのヘルシーな手作りハンバーグが最高に美味しかったです!しかもビッグサイズで、かなりの食べごたえがありましたね。

奥さん手作りのヘルシー豆腐ハンバーグ

これからもたくさん作って欲しいなー

 

今日は家で仕事をしていたのですが、ちょっとだけ近所の河原で携帯ジャンプランプを使ったジャンプ練習をしました。相変わらずのバースピン練習なのですが、なかなかハンドル1回転ができません。

携帯ジャンプランプでバースピン練習

180度回したくらいでバイク(そしてハンドル)が落ちて、これ以上ハンドルを回せないんですよね。もっと大きなジャンプでやるしかないのかなー

明日、フラワートレイルのワンメイクジャンプで試してみるか。

samo 何気に進化しているMTBストリートの機材

ずっと撮りたいと思っていた構図の写真です。思っていたよりも格好良くなかった(泣)

TUBAGRA MOZU & MAZDA AXELA

昨夜は新横浜スケートパークの上にある日産スタジアムで夜遅くまで大きなイベントがあったようで、駐車場の出口で激しい渋滞になっていました。なので、渋滞が解消されるのを待ちながら、撮ったのが上の写真です。ただ、絵的に格好良くなくてガッカリでした…

なかなか上手くいかないもんですねー

 

自分のTUBAGRA MOZUバイクは、フレーム換え、パーツを新調して乗り始めてから1年が経ちました。

TUBAGRA MOZU

何だかんだ週に5縲鰀6日はスケートパーク、ストリート、ジャンプトレイルで乗っていて(新横スケートパークのおかげで雨天でも乗れるのがありがたい)、自分が乗っている姿を見たことがある方はご存知かと思いますが、決してバイクに優しく乗っていません。
トリックに失敗してバイクを空中で投げたり、ハンドレールに絡まって転倒など数知れないです。

それでも、フレームも含め各パーツが壊れることもなく、ノーメンテで乗り続けることができるのですから、最近のMTBは大したモノだなーと思ってしまいます。
たまーに自分のグラインドテクが下手過ぎてチェーンが切れたりしているものの、すぐに直るので、それが原因でしばらく乗れなくなる、という事態には陥らないですね。

TUBAGRA MOZU

特に長年MTBストリートの鬼門であったグラインド系トリックでも本当にパーツが壊れなくなりました。
MTBストリートでパーツが壊れる原因の高順位にあるグラインドペグ周りに関しても、BMX用ハブの活用とそれに対応したフレームを利用することで、ほぼトラブルは聞かなくなったし。

さらに、長年のMTBストリートの理想の1つとされていた(?)サスフォークへのペグ装着に関しても、TUBAGRAで提唱しているSR SUNTOUR DUROシリーズと、TUBAGRA特性20mmハブシャフトとの組み合わせで、こちらもトラブル皆無で実現しています。(TUBAGRAライダーのアシとサモが実証)

 

こんなことで、改めてMTBストリートの機材の進化を感じてしまったのでした。便利な世の中になったもんだなぁ。
いや、ホント10年前は酷かったんだから!!3ヶ月縲恃シ年で重要なパーツのどこかが壊れる、というレベルでしたしねぇ縲怐iしみじみ)

※このページの3画像はすべてRAWで撮影し、SILKYPIXを使って現像縲恊F調補正をして仕上げています。

samo 自分なりのberuf baggage MOUNTAIN BACKPACK(jinken PACK)の使い方

今年の秋は「梅雨かよ!」ってくらい雨ばかり降っていますね。おかげでフラワートレイルでは全然乗れないわ(例年ならこの時期はカリカリなドライ路面)、朝練も路面ビッチョリが多くてまともに乗れないわで、散々でした。

なので、自分はひたすら屋根のある新横スケートパークで平日夜の仕事後に乗りまくっている訳です。おかげで多少なりともパークテクは上達したし、挨拶できるBMXライダーやスケートボーダー達も増えたのは良かったのかも知れません。

 

あと、先日TUBAGRAで行ったアンケート結果から「TUBAGRAに講習会を開催して欲しい」という要望が強いことも分かったので、今後、以下の講習会を開催したいと考えています。

1)初心者向けバニーホップ縲怎Xトリートトリック講習会(年始年末のどこかでやりたい)
2)初心者向けダートジャンプ講習会(年始年末のどこかでやりたい)
3)初心者向けストリートトライアルテクニック講習会(来年1月中旬以降?)

如何でしょうか?参加してみたい講習会はありますか?

 

それはそうと、通勤など普段はberuf baggageSTROLL BODYPACK(ショルダーバッグ)が大活躍している訳ですが、ここにきて撮影仕事などではberuf baggage MOUNTAIN BACKPACK(通称「jinken Pack」)の出番が増えています。

beruf baggage “MOUNTAIN BACKPACK”

一眼デジ1台(状況次第でもう1台)、望遠ズームレンズなど交換レンズ複数、外部ストロボ2基、ストロボ用三脚、一脚、ついでに動画撮影用のビデオカメラなど、必要最低限の装備だと、今まではカメラ用バッグTENBAのショルダーバッグでいっぱいいっぱいだったのが、MOUNTAIN BACKPACKだと超余裕で全てを持ち運べます。

beruf baggage “MOUNTAIN BACKPACK”

上記の量だと大してかさ張らないので、バックパックのシルエットがスリムなのも、見た目がスッキリしててクールなイメージを醸し出してて良いです。さらに余裕があるので、泊まりなどの着替え2日分くらいならバッチリ入ると思われます。

バックパックの側面にストロボ用の三脚や一脚、折り畳み傘などを差し込んでいます。背負ったまま何度か全力疾走していますが(会社に遅刻しそうで)、落ちそうな心配は殆ど無いですね。

beruf baggage “MOUNTAIN BACKPACK”

そして、荷物がいっぱいになっても、上部の入り口を伸ばせば、さらに収納が増えるという優れもの。(メッセンジャーバッグでは一般的な機能ですが)

beruf baggage “MOUNTAIN BACKPACK”

ちなみに、上部の入り口を伸ばした(間違った)使用例を紹介します。

早稲田祭でのMTBショーのビデオ撮影の際、人混みの中を1kmくらい移動することがあって、ただでさえ重たい撮影機材に加え、さらにとても重たくゴツイビデオ用三脚を持ち歩くのが嫌でこんな風にしてみました。(撮影してくれたのはSILKYPIX横山さん)

beruf baggage “MOUNTAIN BACKPACK”

これでかなり快適に1kmの道のりを移動することができました。もちろん、三脚が落ちる心配はまったくありませんでした。

そんな使い勝手が最高なMOUNTAIN BACKPACKは、長らく売り切れ状態でしたが、何と今、2ndロットが完成したということで手に入れることができます!もし欲しい方がいらっしゃいましたら、berufへ直接問い合わせるか、お近くのberuf取扱のショップに走ってください。たぶん2ndロットもすぐに売り切れると思います。

 

LMCに間に合わなくて残念でしたが、blkmrktのセイマ君の新しい動画を紹介します。上手いです!
YouTube Preview Image

stem* 高峰MTBワールドで初DHとberuf STROLL BODYBAGの使用例。

こんばんは。STEM*です。

先週の土曜日は大学のサイクリング部のOBの方々のお誘いで、僕としては初となるダウンヒルに行ってきました。

今回連れて行っていただいたのは高峰MTBワールドというところで、ダウンヒルのみならずダートコースもあるようです。

先輩方は皆社会人で、自転車だけでなくオートバイやクルマにも凝ってる人が多くて、各々のクルマに多種多様な自転車が乗っかってる光景が面白かったです。

こうやって見るとtrMOZUもさらに映えますね!(下のクルマがカッコイイからというのもありますがw)

そして当日は天気予報が見事にはずれ、朝からあいにくの雨で午後には吹雪になる始末・・・。

凍え死にそうなくらい寒かったのですが、それ以上に自転車で悪路を下るときの興奮の方が上回っていて、終始ダウンヒルを満喫することが出来ました。

ここのコースはそこまで難易度が高いわけではないということですが、当日の雨とみぞれ交じりの超マディでスリッピーなコンディションは、ダウンヒル初体験の自分にはなかなかハードでした。

一緒に行った先輩たちとは別に、現地で新たなライダーさんとの出会いもあり、興味深いお話をたくさんしてくださいました。

写真下、左から中村さん、和田さん、そして右側の方がここの管理をされている須藤さんです。

やはりダウンヒルにおいても、基本的なバイクのコントロール(スタンディングやバニーホップ)はとても重要だとおっしゃっていました。その点、トライアルやストリートの経験のあるライダーにとってはエントリーしやすい競技ではないでしょうか。

ライダーのお二方は今年ダウンヒルを始められたばかりで、バニーホップ講習会等、トリック系の講習があれば是非参加したい!ということでした。

先日のTUBAGRAのアンケート結果を見ても分かるように、トリック講習会開催の要望が多いのも、多くの自転車競技において基本的なバイクコントロールテクニックを身に付けておけばその分メリットが多い、と感じている人がいらっしゃるからでしょうね。

今後、有意義な講習会が出来るよう頑張りたいと思います。

 

また、ゆっくりお話はできなかったのですが、TUBAGRAを見てくださってるという方から声をかけていただきました。

普段自分が行かないようなフィールドにも足を運び、あらゆる機会を捉えてお話を聞くのはとても大切だと感じました。自分たちの姿が客観的に見え、今後の課題も見つかったりしますからね。

しかし、、、ダウンヒルに完璧ハマりました。 来年引っ越しが終わったらダウンヒルバイクの購入を検討しよう・・・・・笑

 

さて、長くなって申し訳ありませんが、あともう一つご紹介。

 

先日、ラップトップを新調しました。

13インチのMacBook Pro(2.9GHzデュアルコアIntel Core i7、8GBメモリ)です。定価より4万円くらい安く買えてラッキー!という話ではなくてですね・・・

コイツがberufさんより提供していただいてるSTROLL BODYBAG(ショルダーバッグ)に楽勝で入り、毎日持ち運んでます!

そもそも元ネタはサモさんのツイートで、15インチのMacBook Proが入るという情報からやってみたんですが、僕の持ってる13インチのタイプだと楽々入って、バッテリーとペンケース、クッション材を入れるとちょうど良い具合に収まるんです。

スルッと入れてクルクルして背負ってベルト引っ張ればこの通り。とにかく手軽で見た目も使い勝手も良くて、ほんと気に入って使わせてもらってます!

また、これらの写真のすべてはサポートしていただいてるSILKYPIXで色調補正、現像しています。

SILKYPIXはMacでも使いたいなぁ。。。 手軽に加工できて、写真撮るのが楽しくなりますよ!

 

ということで、ちょっとしたご紹介でした。

長くなってすみません。

 

では、また来週!

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2020 by Street MTB Team TUBAGRA