SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo どうやらアバラをやってしまったようです…1週間前に

昨日まで梅雨らしい雨降りの日々でしたが、今日は朝からカラッと晴れ上がっていますね。
ですので、お昼から近所の城南島スケートパークに乗りに行きました。

梅雨の合間の城南島スケートパーク

準備運動して乗り始め、ハンドレールに数回トライして異変に気が付きました。脇腹が痛い…

先週、世田谷公園スケートパークで転倒した際にハンドルを刺した箇所がどうやら痛い?
でも、怪我した瞬間から今まで全然痛くなかったのに、何故に今頃?あれから何回も新横や朝練で乗っているのに。

もう謎だらけなんですけど、せっかくパークに来たばかりなので、無理して乗り続けることに。
っても、どんどん痛みは増し、ペダリングするのも辛いくらいになってしまいました。

でも乗ります!

バンクにかかるハンドレールのダブルペググラインドも、普通にバニーホップしてやるには余裕になってしまったので、スピードを上げてバニーホップで多めに飛び、バックサイドを狙ってかけてみました。(最近の自分のブーム!)

サモダブルペググラインド
samo Double Peg Grind

3回目くらいのトライでリアペグまでキッチリバックサイドに行きました。大きく飛んでかける割に、バックサイドまで届くとかけた衝撃は少なく、スーッと自然にグラインドしていくのが快感です。
万が一、ビビってレールの足にペグを引っ掛けちゃたら…なんて考えると怖いトリックですね、これは。無事に成功して良かったです。

そして、ファーサイドからのハングオーバートゥースハンガー!と思ったらスミスグラインドになっちゃった。
というか、何回トライしても確実にスミスグラインドになってしまうので、じゃあファーサイド・スミスグラインドでいいや、ということに。

サモハンドレールファーサイドスミスグラインド

今度、新横スケートパークのバンクレールでも試してみよう。あそこで安定メイクできたら本物だ。

と、ここで脇腹の痛みが頂点に達し、脇腹を押さえてさっさと帰宅しました。クルマの運転もマジでキツかったです。本当にこの痛みは何なんだろう?

 

時系列は逆転していますが、朝一番でMAZDA AXELA(アクセラ)の半年点検でディーラーに行って来ました。
そして、次期AXELA(アクセラ)の情報もたっぷり聞かせていただきました。通常エンジン版の他に、ハイブリッドとディーゼルが出るのですか…。こりゃあまた悩ましいことを…。

ちなみに「次期AXELA(アクセラ)ってこんなデザインになるんですか?」と、以前TUBAGRAでも紹介した世界の誰かが作った予想画像をディーラーの人に見せたところ…

次期 アクセラ AXELA

うわぁ!これ良く出来ていますね。ATENZAやCX-5の特徴を上手く盛り込んでいるから、これに近い感じになるんじゃないでしょうか?私達も知らないので何とも言えないですねぇ。というか、この画像も初めて見ました!」というお返事でした。

そして、以前から気になっていたCX-5のディーゼル車に試乗させてもらったのですが…

MAZDA CX-5

何これ!超楽しいんですけど!!

土曜日午前中の目黒通り→山下通り→駒沢通り→環七という、結構渋滞気味のルートを15分程走っただけですが、ディーゼルエンジン特有(?)のトルク太くて加速がメチャ良いし、あきらかにアクセラよりも車重があるのに燃費も驚く数値だし(エンジンの感じを掴むために意図的にアクセル踏み込み加速を繰り返しても平均燃費13.5km/L!あり得ない!!)、目線が高くて視界も良好だし、ハンドリングやブレーキ、アクセルの感覚もMAZDA車ならではのカチッとしてるし、かなり心を持っていかれてしまいました。

あ、気になった点も少々。

1)メーター類の見た目(デザイン)が薄っぺらくてガッカリ
というかアクセラが格好良すぎるのかな?

2)現状、格好良いカスタムパーツがあまりない
というか、基本のデザインがしっかりし過ぎているので、あまり見た目を変えられない?せっかく買うならアクセラみたくガラッと雰囲気変えたいです。

ディーゼル特有のカラカラしたエンジン音が縲怩ニか言う方も多いみたいですが、自分はまったく気にならなかったです。

何はともあれ、CX-5が未だに売れ続けている訳が分かりました!ボディの大きなSUVにも関わらず、下手な小型車よりも燃費良くて(ディーゼル=軽油だから燃料代も安い)デザインも悪くなく、運転して楽しいとくれば、こりゃあ売れますわな。本当に良いクルマですよ!!

ああ、しばらくは、次に乗るクルマが次期アクセラか、CX-5か真剣に悩むことになりそうです。うーむ…

 

この時期、たまーに聴きたくなるこの曲をどうぞ。6年以上前の曲です。素人の方がX-JAPAN風にアニソンを歌い、X-JAPANの映像を被せて、あたかもX-JAPANが演奏したみたいになっています。これがまた良いんですよ!
YouTube Preview Image
YouTube Preview Image

samo beruf baggage MOUNTAIN BACKPACK(jinken PACK)に入れてみた

会社帰り、SR SUNTOUR DUROを某所に打ち合わせで持って行く用事ができたので、beruf baggage MOUNTAIN BACKPACK(通称:jinken PACK)に入れて出勤することになりました。

beruf baggage MOUNTAIN BACKPACK(jinken PACK)にSR SUNTOUR DUROを入れる

コラムが多少はみ出るものの、余裕ですっぽり入りますね。これで東横線渋谷駅までの混雑車両も安心です。
ちなみに、この他に一眼デジ、外部ストロボ、弁当箱などが入りますが、バッグの形状に型崩れなど無しで、見た目スマートなのが嬉しいところ。

beruf baggage MOUNTAIN BACKPACK(jinken PACK)にSR SUNTOUR DUROを入れた

背負うと多少はズッシリ重たいですけど、大して苦もありません。

(その後、その打ち合わせが急遽後日に延期になり、サスフォークを持って出勤した意味が無くなったのでした… うわぁぁぁぁん!!号泣)

 

そういえば、全然雨が降らないと嘆いていた空梅雨はどこへやら。最近、梅雨らしいバッチリ雨降りの日々ですね。そんな状況でも、自分は会社帰り、新横浜スケートパークに行って乗りまくってます。

この日は天気予報で「ヤバイくらいの大雨が降る!!」と言われていたためか、フラッと新横に行ったら数人のスケートボーダーしかいなくてガラガラ。でも実際に雨はそれ程は降らず、比較的良いコンディションで乗れたのはラッキーでした。

だったのですが、パーク内に誰もいなさ過ぎ→たっぷり乗れ過ぎて発汗と疲労がハンパ無かったです。

1人新横汗だくライド

やっぱり程よく賑わっているパークの方がモチベーションも上がるし面白いことを実感しました。

ちなみに、誰もいなかったので新しいラインのルーティンやトリックの練習をしてみたのですが…

なんの成果も!得られませんでした!!

上手くいかなかったです… どれも中途半端で終わってしまいました。まぁ、初めてだから仕方ないよね。次回に繋げたいと思います。

 

そうそう。奥さんのお母様から以下の物が送られてきました。シャワー後に身体に塗って冷やす効果のあるローションです。
「朝練後の出勤で汗がひかずに困っている」という日記かTwitterをチェックされてのお気遣いです。ありがとうございます!!

爽快バブシャワー

早速、朝練後に使ってみたのですが…1日目は塗った量が少なすぎて殆ど涼しくなく、出勤時にはいつも通り汗だく地獄。
2日目、前回より多めに塗ってみたものの、足りなかったみたいで大して涼しくなく、電車の中で半汗だく状態。
3日目、「これでどうじゃ!」とたっぷり塗って、ようやく想像していた効果になりました。

色々と難しいですねぇ…

stem* STEM*MOZUを公開!

みなさんこんにちは。STEM*です。

久々の更新になってしまいました、ごめんなさい。

僕は相変わらず忙しくやっておりますが、気付けばいつの間にか森田さんが結婚されてたり、子サモが誕生してたり、TUBAGRAで彼女がいないのは僕だけになってたり…。

TUBAGRAにも色んな変化がありますね。

さて、先日サモさんが軽く紹介してくださっていましたが、このたびOPENERにもちょっとした変化がありました。(写真は塗装・仕上げ作業済みのものです。)

僕はTUBAGRAに参加させてもらってから約2年半、ずっと現行のOPENERに乗らせてもらってきましたが、今回初めてフレームを作っていただけることになり、Openerをベースに自分のアレンジを加え、初のシグネイチャーフレームのプロトタイプが完成しました。

岡安さんからOpenerの図面をいただき、CADで編集しながら図面を仕上げていきました。

Openerからの変更点は挙げるとおおまかに次の3つになります。

・トップチューブを20mm詰めてフロントセンターを短くすることで、よりバイクの旋回・回転性能の向上させた。

・エンドプレートをFGFS固定ハブ対応(14mmアクスル・120mmエンド幅)にすることで、フロントフリークランクを使用しながらリアペクの装着が可能になった。

・シートチューブとチェーンステーのチュービングを変更し、現行のOpenerから合計170g軽量化した。

 

まず1つ目のフロントセンターの変更ですが、これはかなり実験要素が多いです。Openerはトライアルフレームで跳躍系の縦方向の動きが重視なので、driveやSHAKAに比べると当然トップチューブは長いので、他のMOZUに比べると曲がりにくいバイクです。そこで、トライアル的なトリックはストリートバイクでもできるだろうと仮定して、よりストリートフレームに近いトライアルフレームにしたいという思いから、思い切ってトップを20mm詰めてみました。トライアルフレームでトップ514mmはちょっとやり過ぎな感じもしますが、ひとまずこれでテストしていきます。現行のOpenerとの比較画像を載せておきます。見た目的にもかなりコンパクトになりました。

次に、2つ目のエンドプレートについてです。今回、エンドプレートをFGFS固定ハブ対応(14mmアクスル・120mmエンド幅)にしたのは、トライアルバイクでどうしてもグラインドを多様するライディングがしたいからです。サモさんに出会ってからグラインドを始めたのですが、トライアル系のライディングでは味わえないグラインド特有の魅力あったのと、グラインドを多用しているストリートトライアラーは世界的に見てほとんどいない現状があり、自分が挑戦してみたいのです。そのためにはどうしてもリアペグが欲しいし、トライアラーとしてフロントフリークランクを使って組みたい!という欲求から、固定でグラインド対応しているFGFSの固定ハブが入れられる120mmエンド幅を採用しました。

ブレーキはグラインドすることを考慮してVブレーキを採用し、シートステイとチェーンステイの間の補強プレートも排除しました。そのためリア周りもかなりスッキリしたのではないかと思います。

最後に、3つ目のチュービングの変更ですが、こちらは図面を書いていた段階では何も考えていなかったのですが、実際に岡安製作所でパイプのカット作業をお手伝いしていたときに、岡安さんが「こんなのあるよ!」と見せてくださったのが今回変更したシートチューブとチェーンステイでした。現行のMOZUと何が違うのかというと、パイプの内径です。すなわち、従来MOZUに使用されているシートチューブとチェーンステイのパイプの肉厚が薄いものを使っています。ご覧のとおり(画像↓)、シートチューブの肉厚はかなり薄いです。シートチューブだけで100gの軽量化(従来の半分)ができました。また、シートチューブも従来のものより70g軽量化されています。

シートチューブとチェーンステーを薄いパイプに変更しても、それほど乗り味に変化はないだろうと予測していますが、このチュービングの変更によって実際に乗り味がどれくらい変わるのかもテストしてみたいと思います。

 

ということで、新しいフレームのご紹介はざっとこんな感じですが、実際にバイクを組んで色々な乗り方を試してみないと総合的な評価はできません。今パーツを調達中ですが、早く組んで乗りたいです。また追ってレポートしていきたいと思います。

今回は僕にとって初めてのシグネイチャーフレームの製作になったわけですが、岡安さんやサモさん、水野さんのアドバイスをいただきながら実際に自分も手を動かして製作に参加しながらつくりあげていったので、完成したフレームを手にしたときは感動もひとしおでした。このような機会を与えてくださって、本当にありがとうございます!

最後に、紹介しきれなかったフレーム細部の画像は「read more」からご覧いただけます。

それではまた!

(さらに…)

samo WEBマガジン|HOUYHNHNM(フイナム)にTUBAGRA工藤君とアシ君のインタビュー

宣言していた通り、昨日から会社帰りに英会話学校に通うことになりました。今後半年あまりは、火曜日の夜は英会話の日となります。学費とか、決して安くなかったので、その分、「絶対に元はとってやる!」と気合いが入ります。

それにしても、最初の授業はコテンパンでした。フリートークの時は、テンパッて言いたいことが全然言えなかった…。事前に話したい内容を英語にしてメモに書いて準備していたにも関わらず。本当にこんな調子で大丈夫なんだろうか?

でも、教科書を使うパートはバッチリ予習しておいたので完璧でした。とりあえず、この調子で頑張っていきます。久しぶりに自分の学習意欲が高まっています!

ちなみに、自分が選択したクラスのクラスメイトは15歳の女子高生でした。軽く驚きました。

 

ファッション&ライフスタイル系のWEBマガジン|HOUYHNHNM(フイナム)にTUBAGRAライダーの工藤君とアシ君のインタビューが掲載されたので紹介します。掲載されたの2週間くらい前なのに、うっかり紹介し忘れていました…。

HOUYHNHNM(フイナム)のWebサイト

下の画像をクリックすると、インタビューページを見ることができます。クリックしてすぐはTeva Slopestye 2013に出場したMTB(マウンテンバイク)フリーライダー高橋大喜さんのインタビューがあり、それを読み進むと、工藤君とアシ君のインタビューが読めるようになっています。

HOUYHNHNM(フイナム)のWebサイトに掲載された工藤君とアシ君

直接、彼らのインタビューを読みたい方は、こちらをクリックしてください。

 

ダニー・マカスキルさんのRed Bullのスゴイ動画です。これはエンターテイメントとしても最高にレベルの高い作品になっていますね!これを見てトライアル(MTBでアクションライディング)を始めようとする子供(大人も?)は絶対に増える気がする。
YouTube Preview Image

samo SHAKA(Ashi MOZU)発売します

TUBAGRAライダーアシ君が設計した、彼のシグネチャーモデルであるSHAKA(Ashi MOZU)ですが、アシ君本人が26インチホイールで乗り、自分が24インチホイールで乗って、既に2ヶ月が過ぎようとしています。

従来のMOZUシリーズと比較してもかなり攻めたジオメトリを採用しているため、トリックのし易さなど乗り味が気になるところでしたが、アシ君も自分も特に問題無し。むしろ数々のトリックがしやすくて、「これはアリだ!」という結論に至っています。

そうこうしている内に、「SHAKAを発売しないのですか?」という問い合わせを複数いただくようになり、検討した結果、本数限定で発売することにしました。

TUBAGRA SHAKA(Ashi MOZU)

SHAKA SPEC

価格:90,000円(税込・送料別)
素材:カイセイ製クロモリパイプ(MOZUシリーズ特注ダブルバテットチューブ使用)
重量:2.3kg
ヘッド:インテグラルヘッド(カンパ・ヒドゥンセット)
BB:スパニッシュBB
シートポスト:25.4mm(BMXの標準的なサイズです)
シートクランプ:28.6mm(BMXの標準的なサイズです)
ブレーキ:キャリパーブレーキ装着可/プラス¥5,000でVブレーキ台座も取り付け可能(上向きで装着)

ヘッドアングル:74度(肩下420mmリジッドフォークインストール時:MOZU・DOPEは71度)
シートアングル:75度
BBハイト:20mm上がり(MOZUは5mm上がり、DOPEは15mm上がり)
フロントセンター:610mm(肩下420mmリジッドフォークインストール時)
リアセンター:26インチホイール専用仕様の場合最短355mm、24インチホイール専用仕様の場合最短335mm

エンド規格:BMX用リアハブ対応(110mm/14mm)

フレームカラー:下の9色よりお選びいただけます マットブラックとマットクリアー以外は特色扱いとなり+3,000円かかります

MOZUのカラーバリエーション

 

26インチホイール仕様のSHAKAバイク(TUBAGRAライダーアシのバイク)

SHAKA 26inch Wheel

 

24インチホイール仕様のSHAKAバイク(TUBAGRAライダーサモのバイク)

SHAKA 24inch Wheel

共にハンドルバーは2インチライズ、サスフォークのストロークは60mmにしてあります。

購入を希望される方は、本数限定ということで、お早めにオーダーをいただけると幸いです。
というか、まだ発表前にも関わらず、既にオーダーを多数いただいておりまして、第一ロットは完売しています。
第二ロットは9縲鰀10月には納品できる見込みですので、お早めにご連絡ください。

お問い合わせはこちらからお願いいたします。

 

一方、SHAKAdriveなど、攻めたジオメトリのフレームを矢継ぎ早にリリースしている中で、最近オーダーが増えているフレームがあります。それは現状のMOZUシリーズの中でもっともベーシックなフレームであるMOZU(brMOZU)です。

MOZU(brMOZU)フレーム

MOZUシリーズの中で一般的なMTBの乗り味に一番近く(っても相当攻めている内容ではありますが)、かと言って、そこは「MOZU」ですので、バニーホップ系トリックの数々やダートジャンプのし易さは半端じゃないと自信を持って言えます。

エンドもディスクブレーキ対応のMTBエンドから、グラインドペグ装着可能なBMXエンド、BBは一般的なユーロとスパニッシュのどちらかを、対応ホイールも24インチと26インチから選べる幅の広さも人気の秘密なのかも知れません。このMOZUの納期も今なら2縲鰀3ヶ月なので、興味のある方はご連絡ください。

 

もし、この機会にMOZUシリーズの購入を希望されていて、ホイール組みや完成車に仕上げてくれるショップが近くにない方は、TUBAGRAライダーjinkenさんが営んでいるWebショップ「JBP」にご連絡ください。

driveライダーAKIRA君のバイクの殆どのパーツはJBPで組まれています。

AKIRA's drive Bike

パーツチョイスの相談から、既に数々のMOZUシリーズの完成車を手がけた経験と実績がありますので、JBPに安心して任せることができます。

 

そう言えば今日は朝5時半くらいから朝練バンクで乗って来ました。

これだけ朝早ければ、端から見たら不審者全開の「一眼デジ+三脚+外部ストロボ」という組み合わせでの自撮りをしても、人がいないから問題あるまい!と思って臨んだのですが…

朝練バンク

ランニングしている人、多過ぎて駄目だー!!
つーか、むしろいつもの時間よりも人が多いんじゃないか?いや、確実に多い!

うわぁぁぁぁ、みんな「何してんのこいつ?」って感じの目しながら走りすぎて行くよー!!(オジサンランナーばかりで多少は救われている。若い女性のランナーがたくさんいたらとっくに通報されてる)

みんなこんな早朝からランニングしちゃってヘルシー過ぎだろ…

ダブルペグストール

つーことで、トリック仕掛ける前の、かるーい身体慣らしのストール数回で自撮りは断念しました。

あーん、せっかく早起きしたのに縲怐I!(号泣)

samo 雨の日曜日とZOZOTOWN

今日は朝から雨降りでしたが、お馴染み水野君と一緒に、雨が降っても乗れる新横浜スケートパークで乗って来ました。
っても、雨が降っても乗れるとは言え、ランプや敷地の半分は雨が吹き込み濡れて利用できず、だいぶやれることが制限されるのですが。まー、雨が降ってても乗れるだけマシなのですが。

自分は雨で濡れてない(数少ない)セクションを用いて、細かいトリックを盛り込んだルーティンの練習をしていました。

サモスミスグラインド

あと水野君がボーナスでNikon 1 V2を購入し持ってきていたので、たくさん試し撮りをしていました。
Nikon 1 V2
アクション・スポーツを撮影するには面白い機能がたくさんあったので、今度水野君に格好いいライディング写真をたくさん撮ってもらおっと。

 

最近、ZOZOTOWNを良く利用します。ZOZOTOWNとは多くの有名アパレルブランド/ショップが参入している(取り扱いブランド数1,600)日本最大のファッション通販サイトです。

自分は過去、平日は朝から終電まで会社勤めで、土日は自転車三昧の生活が長かったため、服などを購入するのは殆どオンラインショッピングが中心になっていました。そんな経緯で、ユニクロ縲怺y天系のあらゆるオンラインショップを色々試し、その中でも、ZOZOTOWNはかなり良いと思いました。

ZOZOTOWN

何と言っても服のバリエーションが凄まじく多くて素晴らしいです。凝ったデザインやシルエットの服がたくさんあります。
ユニクロみたいに「あ、前を歩いている人、自分と同じ服だ…」なんてことが殆どありません。

送料や配送スピードもamazon並です。注文したら驚くくらいにすぐ商品が届きます。(個人的には送料取っても良いと思ってる)

あと、最初は「ZOZOTOWNで扱う商品ってどれも全部高いんじゃないの?」なんて思って敬遠していたクチですが、探すと意外と安い服が多いのに驚かされます。だって、自分の好きなポロシャツやカットソーの購入額は1,000縲鰀3,000円台が殆どですし。

ここ最近購入したポロシャツ。

ZOZOTOWNで購入したポロシャツ

凝ったデザインの服も多くて、ついついたくさんページを見てしまいます。

ZOZOTOWNで購入したポロシャツ

先日、長年大事にしていた赤いVネックのカットソーを転倒し破いてしまったので(このスポーツをやっている手前、転倒で破いて駄目にするケースが多い)、赤系統の服を新たに買いたいと思っています。

samo 梅雨の合間の

今年の梅雨は雨が全然降らないなーと思っていたらようやく降りだして「やっぱ梅雨だね」と思っていた時の晴れ間に、水野君と一緒に恒例の土曜日午前中の世田谷公園スケートパークライドに行って来ました。

自分は最近ハマっているバンクtoバンクのバックサイド着地を狙ったスミスグラインドです。

サモバンク飛び越しスミスグラインドサモバンク飛び越しスミスグラインド
サモバンク飛び越しスミスグラインド

グラインドとは言え、バックサイドまで飛んでペグをかけるので、着地の衝撃は少なく、スーっと加速していくのが気持ち良いです。

下の画像(水野君撮影)をご覧ください。調子に乗って画面の左側のRから飛び出し、中央のモヒカンを飛んで右側にスミスグラインドをしようとしたら、中途半端にフロントが抜け前転。

サモスミスグラインド失敗

ハンドルバーが腹から胸にかけて刺さり、お気に入りのシャツが破けてしまいました。ついでに顔着もしています。ちょうど唇の下辺りが赤くなっていますね。歯をやらなくて良かった… (画像は水野君撮影)

サモバンク失敗胸刺し

ちなみに、ハンドルがお腹に刺さった痕は現在青くなってきています。エグい…

 

一方の水野君。Rを飛ぶと見せかけて、意図的にコーピングにフロントを被せ、そこからの180。

水野変形180
水野変形180
水野変形180

かなり難しそうで何度もトライしては失敗を繰り返していましたが、最後の方でコンスタントに決まるようになっていました。

 

夕方はTUBAGRAライダーのSTEM*君をピックアップして岡安製作所に行き、MOZUの仕上げ作業をしてきました。STEM*君にはだいぶ作業を手伝ってもらいましたね。本当にありがとう!!

STEM*君と岡安製作所

自分専用のOPENER(trMOZU)改フレームを手にするSTEM*君。とても嬉しそう!
やっぱり自分のシグネチャーフレームを手にするのは格別の様ですね!!

samo 子サモ誕生

自転車ネタと全く関係無くてすみません。実は、奥さんが妊娠しました!
ずっと黙っていましたが、奥さんが自身のblogでバリバリ公開しまくっているので、そろそろイイかな縲怩ニ。

2週間前の子サモ

上の写真は2週間くらい前の胎内。まだ赤ちゃんが育つ袋の胎嚢(たいのう)ができたばかりの頃です。

実は結構前には分かっていたのですが、妊娠したばかりは流産の危険性も高く(今もですが…)、どうなるか分からないので、嬉しさ半分、不安半分って感じで黙っていたんですね。いや、むしろ不安の方が大きかったかも。

なんですが、本日の検査で無事に育っていることが判明!
しかも、もう心臓も動いてるー!!

ちなみに名前は「子サモ」です。
いや、ホントの名前じゃないですよ。ちょっとしたDQNネームになっちゃうし。
「名前をつけるのはまだ早いけど、何か呼び名が欲しいね」ということもあり、それじゃあと「子サモ」と呼ぶようになりました。

いやー、何でしょう?何にもしてなくても顔がにやけちゃうこの嬉しさは。

新しいフレームを乗せ替えた時とも違う、練習していたトリックをようやくメイクした時とも違う、この心の底からジワジワ湧き出てくる嬉しい感覚は!

っても、奥さんの悪阻(つわり)は結構ひどく、いきなり深夜に「うぎゃああああああ」ってお腹を押さえて何時間も胃痛で苦しんだり、焼きたてパンの香ばしい香りに吐きそうになったり、レモン風味の炭酸水を好むようになったりと、かなり大変そうで、心配することが多いです。

それでも奥さんはバリバリ働いてるからスゴイ!というか、新店舗OPENで休むどころじゃないそうです。

何はともあれ、早く安定期になって欲しいですね。

本人曰く「まだ早いんだけど…」と言いつつ、電車移動で悪阻(つわり)が苦しい時は付けてしまうそう。

赤ちゃんがいます

そんなことで、時折、このTUBAGRA日記に子サモ情報を掲載していきますので、生暖かく見守っていてください縲鰀

samo STEM* MOZU

TUBAGRAライダーは往々にして、過去に無いフレームジオメトリのテストをすることがあります。
全く新しいジオメトリを試すこともあれば(最近ではSHAKA:Ashi MOZUなど)、今まで安定していたフレームジオメトリの一部を変更することで、果たしてどんな効果があるのか?などを探ることも。

そして、今回のロットでは彼の意見を反映したフレームを試してもらうことに。

STEM* MOZU

そう。BB下のシリアルナンバーを見てもらえば分かる通り、STEM*君です。

彼はかれこれ2年以上、OPENER(trMOZU)に乗っていて、元々はオーソドックスなトライアルベースの乗り方に、ここ数年でグラインドなどストリートトリックを多分に取り入れた独自スタイルに進化させていました。
そして、彼自身、「OPENERのジオメトリがもっとこうだったらな、こんな仕様だったらな」という考えも固まってきた頃に、新しいフレームを作る話が出てきたので、そんな彼の要望を余すことなく取り入れてみたのです。

それが以下のフレームになります。

STEM* MOZU

細かい変更点は後日、直接STEM*君に述べてもらいますが、大雑把に言うと

・フロントセンターが短くなった
・エンドが14mmのFGFS(トリックピストバイク)ハブ対応になった
・チュービングを変更し100g以上軽くなった

とまぁ、こんな感じです。

エンドのデザインも彼が担当しました。(実際の図面制作では岡安さんに相当お世話になったみたいですが…)

名前は今のところOPENER改ですが、アシ君のSHAKAみたく、新しい名前を付けちゃっても良いですね。

ちなみに、これが現在乗っている彼のOPENERバイクです。(写真は2年前の物ですが…)

STEM*s OPENER

これとは劇的にパーツ構成が変わってくるハズなので、完成が非常に楽しみですね!

そういえば今回、STEM*君のフレームが完成すると、TUBAGRAライダー全員独自の(シグネチャー)フレーム化することになりますね。そうじゃないのは自分だけだな… ハハハハハハ

 

関係無いですけど、やっぱり自分のクルマ(MAZDA AXELA)カッコイイなぁ!!給油の際に撮影しちゃいました。

MAZDA AXELA

ローダウンさせたいけど、これ以上落としたらバンパー下グラインドしまくりでまともに走れなくなるから我慢。(現状でも擦りまくり!)狙うはホイールのインチアップか?近々半年点検でディーラーに行くので、その際に色々と検討してみよう。

 

 

ニコニコ動画で発見した、ロシアのガールズバンド Powder を紹介します。
何と美空ひばりの名曲「川の流れのように」「真赤な太陽」を日本語でカバーしているのですが…演奏とか下手可愛くて、なーんか何度も聴いちゃってクセになるのです。よろしければ、みなさまも聴いてみてください!

美空ひばり「川の流れのように」ロシアガールズバンド Powder (pudra) 自己紹介付き
YouTube Preview Image

 

美空ひばり「真赤な太陽」ロシアガールズバンド Powder (pudra)
YouTube Preview Image

メンバーはゲーリャ-15歳(bass/vo)、ラーシャ14歳(guiter/vo)、サーシャ13歳(-keyboard)、ベラ14歳(Drum)とのこと。つーか、若すぎるだろ!

samo beruf baggageのイメージビデオ

先日、日本を代表する24インチホイールMTBストリートライダー髭坊主さん(03Bikes)に撮影、編集していただいた動画が完成しました。TUBAGRAをサポートしていただいているberuf baggageを、TUBAGRAライダー工藤君のライディングを通してフィーチャーした内容となっています。「雰囲気動画」です。

髭さんが撮影した映像のクオリティが爆裂しています!編集も程よくてとても良い感じです。

バックに流れる音楽は、工藤君の知り合いであるBEER ON FIREという個人名義のアーティストが作った曲です。映像の雰囲気に合っていて最高です!ありがとうございました!

今回、曲を使わせていただくにあたり、BEER ON FIREが立ち上げたアパレルブランド「SRIDE.」のTシャツを購入させていただきました。シンプルで良い感じです。

SRIDE.のTシャツとステッカー

ステッカーも2枚付けていただきました。ありがとうございます!
詳しくはSRIDE.Twitterまで→ツ黴€https://twitter.com/SRIDE_DOT

こんな調子でしばらくは髭さんとタッグを組み、TUBAGRAのライダー達や、サポートしていただいてるスポンサー企業をフューチャーした動画を生み出していきたいと思います。

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2017 by Street MTB Team TUBAGRA