SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo 高校生の時に思っていた40歳と現実の40歳の違い

今日も寝相がフリーダムな息子に顔を蹴られて目が覚めて、いつもの多摩川の河原に朝練しに来ました。ミミズが舗装路に出てくるくらい暖かかったです。

多摩川河原サモ朝練

昨日の雨の影響から路面はだいぶウェットで、滑って回転系とか全封印かと思いきや、バニーホップ180からバニーホップロックウォークとすべて満遍なく行うことができました。バニーホップバースピンもそこそこ決まって、10分しか乗れなかったけど満足!

 

夜は、奥さんが息子をお風呂に入れている間に生まれるおよそ5分間の空いた時間に、家の横の私道の僅かなスペースで、バニーホップバースピン練習を行っています。

家の横の私道サモ夜練

周囲にマンションが迫った住宅街なので、いくら自転車とはいえ騒音問題に発展したり、通行人に危険と思われるとまずいため、周囲に人がいない時、目の前の道路をクルマや近くを走る東海道新幹線が通ったタイミングで(バニーホップの着地音をかき消してくれる)技を行うようにしています。

という感じで、結構この夜練は周囲に気を遣いながらやっているので、5分間の限られた回数のトライで何回キレイに決められるかが鍵になりますね。バースピンの調子が良い時は10回以上決まるのですが、駄目だと2〜3回という時も… 昨夜は駄目駄目で3回でした。

こんな感じで、ほぼ毎日バニーホップバースピンを繰り返していますが、一向に上手くならないこの不思議さ。バースピン、奥が深いです…

 

それはそうと、今年42歳になってしまう正真正銘オッサンな自分ですが、高校生当時イメージしていた40歳と、今現在の自分とは大きく隔たりがあるので、それをリストアップしてみました。

 

・運動について
高校生の頃の自分の40歳のイメージ:激しい運動はせず釣りやゴルフなどをしていると思っていた
40歳になった現実:MTBで朝から夜まで飛び回っている、遅刻しそうになって会社まで走ることも普通

 

・体型について
高校生の頃のイメージ:運動不足で太っていると思っていた
40歳になった現実:10代の頃とほとんど体型変わらず

 

・毛髪について
高校生の頃のイメージ:親父がすでに30代で禿げていたため、遺伝して自分も禿げると思っていた
40歳になった現実:ありがたいことにフサフサで白髪も殆ど無し

 

・ファッションについて
高校生の頃のイメージ:スーツ姿がメインで、家ではスラックスとか履いていると思っていた
40歳になった現実:高校生の頃から貫き通している細身のジーンズにTシャツ

 

・仕事について
高校生の頃のイメージ:会社勤めで課長とかになって部下に指示したりしていると思っていた
40歳になった現実:会社に所属しているものの日々自分でデザインしてヒーヒー言っている

 

・収入について
高校生の頃のイメージ:年収1,000万円くらい行っていると思っていた(当時はバブル真っ只中だったため)
現実:昼食は必ずお弁当持参で1日に使う食費は200円以下、毎月の保育園代でヒーヒー言っています(泣)

 

・子供について
高校生の頃のイメージ:小学生くらいの子供が2人程いると思っていた
現実:なんとか1歳になった息子が1人います(汗)

 

・食生活について
高校生の頃のイメージ:脂分の少ない落ち着いた料理を好んで食べていると思っていた
現実:ラーメン(二郎系)や肉料理、脂っこい料理がいまだに大好き!

 

・お酒について
高校生の頃のイメージ:大酒飲みではないかも知れないが適当に嗜んでいると思っていた
現実:体質から一滴も飲めず、大学生の時に無理して特訓したけど結局飲めなかった

 

・タバコについて
高校生の頃のイメージ:1日1箱くらい吸っていると思っていた(当時チェーンスモーカーだった親父の影響)
現実:高3の時にタバコが原因で大病を患い死にかけた親父を目の当たりにし興味を失い一切吸わず

 

・女性について
高校生の頃のイメージ:高校2年生まで全く交際経験が無かったので一生童貞かと思っていた
現実:たくさんの恋愛をして今では愛する奥さん一直線です

 

・クルマについて
高校生の頃のイメージ:東京にいたら公共交通期間で事足りて全く興味が無く免許も取らないと思っていた
現実:遠くてもアッシーを進んでやるくらい運転大好き!クルマLOVE!

 

ホント、歳とってみないと分からないことばかりですね!その時代時代の影響も強いかな… なんたって自分が高校生の頃、日本はバブル期で金銭感覚とか明らかにおかしかったし。他のみなさまはどんな感じでしょうか?

 

一度食べてみたいと思っていたセブンイレブンのドーナッツをついに食べてみました。

ゼブンイレブンのドーナッツ

思っていたよりもモチモチした食感で、ハッキリ言って美味しいです。早くすべてのセブンイレブンに置いて欲しいくらい。でも、そうなった暁には、ミスタードーナッツのシェア奪われちゃうんじゃないでしょうか?

abeno 新フレーム!

組み上がりました! フレームありがとうございます! #tubagra #mtbstreet #mtb

A photo posted by 奥野 (@okuno_abeno_ryota) on

新フレームが届きました!サモさん、岡安さんありがとうございます!

SHAKAの24インチ仕様でvブレーキ台座付です。

3時間ほど乗ってきたので簡単なインプレを。
初期のSHAKAはサスペンションを使う前提で作られていましたが、今回のものは、リジットでも使えるようにヘッドアングルが1度緩くなっています。
そのためかハンドリングがクイックになりすぎず、扱いやすくなっていました。

前のフレームより、リアセンターが短くなりました。
そのために動きが楽になりました。が、デメリットもあります。
エアーが安定しません。慣れもあると思いますが…

ブレーキ台座をつけていただきました。ブレーキ最高です。
一般的なMTBはディスクブレーキが主流ですが、自分はグラインドをするさいディスクを曲げる可能性があるので
Vブレーキ台座に。
ブレーキはトライアルをやっていた時に使っていたシマノのDEOREをつけました。
ケーブルはオデッセイ。レバーは定番のTECH77です。レバーは曲げました。

フレームの中には防錆するためにクレ226を吹いておきました。
700円位で売ってるので吹いておくと安心です。

ちゃんとした写真は今度撮ります。

ホイールが変わりました。
詳細は次の投稿にでも書きます。

samo 第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でショーをしました3/3

引き続き西来るフェスタでのMTBストリートトライアルショーの続きを紹介します。ショー後編になります。

流れるようなAKIRA君のMTBストリートライディングが終わり、jinkenさんや安倍健太君がステージ後部にレイアウトされているトライアルセクションの数々を使って華麗なライディングを披露していきます。

BOXスタンドからダニエルドロップをするjinkenさん。この段階からjinkenさんはYAMADORIからストリートトライアル専用フレームOPENERに乗り換えています。

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

jinkenさんと同じセクションを、jinkenさんよりも華麗に軽くクリアする安倍健太君。

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

トラックの荷台からダニエルドロップするjinkenさん。

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

jinkenさんよりも軽いて洗練された動きでダニエルドロップする健太君。

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

今年37歳になるjinkenさんが、彼の限界ギリギリの高さのセクションに飛び乗ると…

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

さらに軽く飛び乗り、頂点でダニエルで何回も回ってからダニエルドロップする健太君。

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

これ以降はjinkenさんのテクニックを超えた領域となるため、拍手で健太君を盛り上げる係(笑)になりました。

そんな安倍健太君、下の写真の場所からダニエルでピョンピョン飛んで行き、

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

下の写真の位置、この日ステージで一番高い場所にスムースに到達。観客席から大きな歓声が上がります。

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

そして、この場所から、MC伊達さん、AKIRA君、jinkenさんが座っているところをダニエルドロップで飛び越した上で華麗に着地!

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

大歓声の中、ショーを終えることができました。

最後に、MC伊達さんが安倍健太君にインタビューをします。

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

実は健太君、今年1年は中学3年生になって受験勉強があるため、しばらくショーはできなくなるのですが、受験が終わったら皆の前に必ず戻ってくるという事と、さいたま市西区在住の中学生である彼がトライアルで世界を狙うという事を、大勢の観客の前で言うことができました。

彼が今後、どのようなライダーに育っていくかは分かりませんが、今回の様な大勢の人たちに喜んでいただける経験を活かし、さらに飛躍して行って欲しいと思います。

ショーが完全に終わって撤収間近に撮った1枚。みんな緊張感から開放されて良い笑顔になっています。

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

左からMC伊達さん、driveライダーのAKIRA君、安倍健太君、jinkenさん、今回セクションの搬出入を手伝ってくれたコニシさん、そしてこの 写真には写っていませんが、セクションのレンタルから搬出入、健太君のネタのサポートまでしていただいた健太君のお父様、本当にお疲れ様でした!!

 

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でショーをしました1/3

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でショーをしました2/3

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でショーをしました3/3

samo 第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でショーをしました2/3

1つ前の記事はこちら→ 第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でショーをしました1/3

 

という訳で、TUBAGRA & 安部健太プレゼンツ「MTBストリートトライアルショー」が始まります!午前と午後で若干内容を変えて2ステージ行いましたが、ここでは1つにまとめて紹介させていただきます。

まずはこのショーでMCをするために、わざわざ名古屋から来てくれたダーティこと伊達さんの軽妙なトークからスタート!

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

伊達さんはテンポよくライダー(左からjinkenさん、AKIRA君、安部健太君)と、彼らの乗るバイクを紹介していきます。

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

特に安部健太君は多めに紹介。何と言っても彼はこのイベントの開催地さいたま市西区在住の中学生で、地元の期待の星な訳ですから、その事実を会場に来てくれた(地元の方が多いであろう)お客様達にしっかり知っておいていただく事が大事なので。

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

そして、サドルが無い見た目が特徴的過ぎる健太君の乗るトライアルバイクもちゃんと紹介。

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

最初は基本的なトリック、スタンディングから紹介していきます。一見、普通のMTBに見えるTUBAGRA新フレームYAMADORIに乗るjinkenさんがお客様の目の前で披露。

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

続いてトライアル一番人気トリックであるダニエル(リアホイールホップ)も。

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

ジャックナイフから、ジャックナイフしながらフロントタイヤだけでホッピングするジャックダニエルを披露するjinkenさん。

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

次は安倍健太君のメチャ安定したウイリー。観客席まで降りて行き、お客様の目の前を走って披露します。

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

そしてjinkenさんと安部健太君によるダニエル相撲。ダニエル状態でフロントホイールをぶつけあいバランスを崩させて、先にフロントタイヤを地面に着かせた方が勝ち、という競技(遊び)です。もちろん勝ったのは健太君!

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

「ダニエル相撲で勝ったは良いけどフロントタイヤが壊れちゃった〜」という寸劇から始まる、健太君の得意技、フロントタイヤ無しのダニエル!

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

これがまたスゴイ安定感で、延々ダニエルで進んでいき、障害物も難なく飛び乗ってしまいます。

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

トライアルの「静から動」の動きに対し、流れるようなライディングを披露するのはMTBストリートのAKIRA君。

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

数々のバニーホップコンテストで優勝、または多くの上位入賞を果たしているAKIRA君だけあって、普通のバニーホップも高い高い!飛ぶ度に観客籍から歓声が湧いていました。

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

しゃがんだMC伊達さんの頭上をバニーホップで飛び越すのですが、強風で踏切のタイミングがズレたのか、頭ギリギリの放物線で一時騒然。AKIRA君の神回避で事なきを得ました。伊達さんは気づいていませんでしたが、見ている側からしたらハラハラものでしたね(汗)。

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

気を取り直して、うつ伏せになった伊達さんをバニーホップ180で飛び越えるAKIRA君。

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

そして、寝そべった生贄3人を余裕たっぷり飛び越します。

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

そんなこんなでショーは終盤に突入するのでした!続きはこちら

 

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でショーをしました1/3

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でショーをしました3/3

samo 第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でショーをしました1/3

2月15日(日)に大宮けんぽグラウンドで、埼玉県さいたま市西区主催による大規模な自転車のイベント「第2回 西来る(サイクル)フェスタ」が開催されました。その中で、我々TUBAGRAと、さいたま市西区在住の中学2年生スーパートライアラー安部健太君が一緒になって、MTBストリートトライアルショーをしてきました。去年の第1回もショーをさせていただいたので、引き続きということになります。

開会式が終わった後に、大勢の人達が参加するサイクリングがスタート!

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

会場では変わった自転車の試乗コーナーがあり、たくさんのご家族、子供たちが楽しんでいました。

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

さいたま市のゆるキャラ「つなが竜ヌゥ」も去年と同様に来ていて、子供たちに大人気でしたね。

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー さいたま市のゆるキャラつなが竜ヌゥ

埼玉県警もブースを出していて、そこで見つけたポスターにパトレイバーが!!

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

しかもロードバイクに乗っていて、下ハン握っています。

今回の西来るフェスタではアイドルのライブもありました。大宮IDOLL(アイドール)というグループとのことです。

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

冷たい強風の中、ミニスカ+ニーハイで元気にダンスや歌を頑張っていましたね。

自分たちと同じく、去年に引き続きプロBMXライダー田中光太郎さんのBMXフラットランドショーもありました。田中光太郎さんの確実なライディングと、MC NOBさんの安定したトークで会場は大盛り上がり!

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)で田中光太郎さんのBMXフラットランドショー

客席の子供たちを乗せて行うウイリーも大人気です。こういった観客参加型のショーはイイですね!

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)で田中光太郎さんのBMXフラットランドショー

そしてフラットランドライダーなのにバニーホップ5人飛びを披露!

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)で田中光太郎さんのBMXフラットランドショー

実際、今回の西来るフェスタは風がとても強く、ライディングに思い切り影響が出るレベルでしたが、それでも完璧にショーをこなす田中光太郎さんは本当にスゴイと思いました。

そんな中、TUBAGRAライダー(jinkenさん、driveのAKIRA君、サモ)と安部健太君(お父様も)、MC伊達さんでショーの進行を話し合い決めていきます。この写真は一見お通夜みたいですが(笑)、実際は和気あいあいとしていましたよ!

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

観客席を見るとショーを楽しみにしているお客様でいっぱいです。

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でMTBストリートトライアルショー

さあ、いよいよTUBAGRA & 安部健太プレゼンツ「MTBストリートトライアルショー」が始まります!!続きはこちら

 

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でショーをしました2/3

第2回 西来るフェスタ(サイクルフェスタ)でショーをしました3/3

samo 昨夜寝落ちしてやらなければいけなかった事ができなかった報いでしょうか?

昨夜は会社が終わり、息子を羽田空港にある保育園に迎えに行き、家に帰って夕飯食べて、お風呂からあがった息子にパジャマを着せ、寝かしつけていたら、息子よりも先に自分が寝落ちしてました。(写真は半年前の寝落ち風景)

寝落ちのイメージ

どうやらここ数日、激しく疲れていたようです。

 

そのため、本当は昨夜やる予定だった西来る(サイクル)フェスタの写真の整理〜Webサイトへのアップができず、本当に申し訳ないです。今夜、必ずやります!

 

寝落ちした時間はおそらく21時半ほど。寝相がフリーダム過ぎる息子に蹴られて目が覚め(目の前に息子の足があった)、時計を見たら何と朝6時じゃあないですか!大まかに計算して8時間半寝ていたことになりますね。6時間以上眠ると腰が痛くなる自分としては、かなり長い睡眠です。

とりあえず起きたら条件反射的に朝練にGO!今にも雨が降りそうな曇り空でしたら、暖かいので良しとします。

そして、朝練バンクに着いたら、昨日、伊達さんがいた時に惜しくもメイクできなかったバンクバニーホップバースピン・フェイキーを繰り返します。結構良い調子ですが、フェイキーに持ち込んだ後にバランスが崩れる場合が多いですね。

朝練バンクでのバニーホップバースピンフェイキー

何度も惜しいカタチになり、「あと少しでメイクできる!」という希望が見えてきた時に悲劇は起こりました。

その時の動作を文章で説明するのは難しいので、とりあえず、バースピン後を下のシーケンス画像でご覧ください。

朝練バンクでのバニーホップバースピンフェイキー失敗

まさかバニーホップバースピンフェイキーやっていて、フロントタイヤに顔(というかクチビル)を当ててブレーキングするとは夢にも思いませんでした。やった直後はクチビルが切れて結構出血し、そこで戦意喪失で帰宅。ちょうど帰って息子のオムツ替えと着替えさせをしなければいけないこともありましたし。

この画像を見たダーティこと伊達さんより「キッスジャム」というトリック名をいただきましたが(足でフロントタイヤを止めるトリックは「フットジャム」クチビルで止めるのは「キッスジャム」という意味合い)、これを再現できる自信がないですし、痛いのでもう嫌です。

それから数時間後、結構クチビルが腫れるかと思いきや、傷は結構なスピードで治ってしまいました。つまらない…

キッスジャムの後

こういう時に「つまらない。もっと酷ければネタになったのに!」と思うようになった自分の思考は間違っているんだよなー、なんて思いつつ、遅いお昼ご飯を食べています。うむ、ちょっとクチビルがヒリヒリする。

samo アラフィフ(もうすぐ50代)でもバニーホップバースピン

昨日開催された西来る(サイクル)フェスタに、ハンドメイドバイシクル展でもお会いしたオオタさんが、埼玉県のご自宅から自走で我々のショーを観に来てくれました。本当にありがとうございます!

24NSサバーバンライダーオオタさん

オオタさんが乗るMTBは少し昔の型のNS Bikes SURBURBAN(サバーバン)24インチホイールです。

オオタさん、現在48歳と決して若くはない年齢にも関わらず、地道にストリートトリックの練習を続けられていて、若手ライダーの多く(若くは無いですが自分も!)が苦戦しているバニーホップバースピンを驚くほど華麗にメイクされます。しかも、殆ど失敗せず、連続して何回も決めちゃうのです。さらには他人のバイクでも(僕のSHAKA)その状況は変わりません。

下のシーケンス画像をご覧ください。今回初めて乗った僕のSHAKAバイクで一発メイクです。

24NSサバーバンライダーオオタさんのバニーホップバースピン

キャッチの手のカタチも完璧…。現在、キャッチの手が上手く行かずに悩んでいる自分は嫉妬の炎が燃え上がったのは言うまでもありません(泣笑)そして、バースピンがなかなかできずに悩んでいるdriveライダーAKIRA君にも同様に火を付けてくれました。

そんなオオタさんのバニーホップバースピンの動画はこちら!

Masao Naitoさん(@tubagra)が投稿した動画

本当にオオタさん格好良すぎですよ!

 

一見難しいバニーホップバースピンも、論理的にトリックを理解して地道に練習を続ければ、大きな怪我をすることなく、年齢に関係なくできるようになります。

特にMTBはハンドルを回してからの安定感があり、失敗しても怪我がしづらい方だと思いますので(サスフォークが付いていればさらに安全!)、ぜひバニーホップバースピンに興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてください。何よりメイクできた時はすっごく嬉しくて快感があります。

近々、バニーホップバースピンミーティングを開催しなければ!と強く思うのでした。

 

今朝、ウチに2日間泊まったダーティこと伊達さんに、自分が毎日行っている朝練を体験してもらいました。朝6時半に家を出て、近所の多摩川河原に2人で歩いて向かい到着。せっかく伊達さんもいるし普通のフラット面で乗るのは勿体無いので、朝練バンクで乗ることにしました。

そこで伊達さんに自分のSHAKAに乗ってもらい、バンクでノーブレーキテイルタップをしてもらいました。

ダーティこと伊達さんの朝練バンクノーブレーキテイルタップ

人のバイクなのに、さらにノーブレーキ仕様にも関わらず、すぐにできちゃうのがスゴイ。実は伊達さん、MCだけじゃなく、ライダーとしてもスペック高いです!

ちなみに自分もバンクでバニーホップバースピンtoフェイキーを何度もトライしました。(撮影:伊達さん)

サモのバンクバニーホップバースピンフェイキー

残念ながらキレイなメイクは1回もできず…(泣)次回会う時は余裕メイクできるようにしておきます!

samo 第2回 西来る(サイクル)フェスタでショーをしてきました

大宮けんぽグラウンドで開催された西来る(サイクル)フェスタでTUBAGRA&安部健太君でMTBストリートトライアルショーをしてきました。午前と午後の2ステージで、たくさんの観客の方達で大盛り上がりで終えることができて良かったです!

今回ショーを行った面々で記念撮影。左からBMXフラットランドショーMCのNOBさん、セクションの搬出入を手伝ってくれたコニシさん、TUBAGRAライダーjinkenさん、プロBMXライダー田中光太郎さん、安部健太君、driveライダーAKIRA君、MCにダーティこと伊達さんです。

第2回西来るフェスタショーライダー集合写真 田中光太郎 jinken 安部健太 AKIRA ダーティ

今回の西来るフェスタを大いに盛り上げてくれた2人のライダー、MTBストリートトライアルショーに出演した中学二年生トライアラー安部健太君と、BMXフラットランドショーに出演したプロBMXライダー田中光太郎さんの貴重な2ショット!

第2回西来るフェスタショーライダー田中光太郎 安部健太

そして、今回会場に集まった24インチホイールMTB達です。珍しいのにこんなに集まるなんて!

第2回西来るフェスタ24MTB集合

MTBストリートトライアルショーのレポートは、明日たくさんの写真を交えてたっぷり紹介しますね!

 

ショーが終わった後、jinkenさんにスポンサー商品紹介用の写真の撮影を依頼され、いくつか撮った中のボツ写真をアップ。YAMADORI 2ndのバランスやサイズ感が良く分かりますね。

TUBAGRA YAMADORI 2nd

走っているシーンも!

TUBAGRA YAMADORI 2nd

プチファットな太いタイヤで草地も抵抗少なくモリモリ進んで行け、なおかつバニーホップで飛んだり、ダニエルなどアクション要素のあるライディングも気軽にできちゃうのが素晴らしいバイクになっています。

 

今回、ダーティこと伊達さんはウチに2日間泊まられて、夜は濃密な会話を存分に楽しむことができました。会話の内容は… 今回は水島努監督率が高かったですかね?撲殺天使ドクロちゃんとSHIROBAKOとげんしけんなどと… シュタインズ・ゲートは絶対に観ます!

その間にウチの息子とも頻繁に遊んでいただき、息子はかなーり伊達さんに懐いて、抱きかかえられるだけでニコニコ状態になっていました。

伊達さん(ダーティ)と叶大

次に伊達さんと会う時は、息子は自転車に乗れているでしょうか?その時もぜひまた一緒に遊んでやってください☆

abeno インバート

最近インバートを練習しているのですが、そこそこ形にはなってきました!

写真を撮って頂いたのでどうぞ!
10974520_375241935988788_5371872625503922505_o

1501002_375241902655458_7620136921677957566_o
70度から80度位入ってる?気がします。。
今後の改善しなければいけない所は左手の入れ方ですね。首の下にきてます…
なので脇の下に持ってこれるに練習します。
後、着地で斜めになってしまう癖があるのでそれも直したいですね。

それにしてもインバートはなかなか難しい技ですね…
90度バシッと入るように頑張ります!

短かったですが、それでは。

samo 世田谷公園で乗って小川輪業にYAMADORI 1st持って行って伊達さんが家に来た

明日は大宮けんぽグラウンドで西来る(サイクル)フェスタが開催され、その中でTUBAGRAとスーパートライアル中学生の安部健太君でMTBストリートトライアルショーを行います。11時と12時45分からの2ステージとなりますので、ぜひお越しください!!

西来る(サイクル)フェスタ
参加ライダーは安部健太君と、TUBAGRAからjinkenさん、driveからAKIRA君となります。そして、MCは名古屋から来てくれたダーティーこと伊達さんです。よろしくお願いします!!

 

お昼過ぎ、世田谷公園SLスケートパークで30分ほど乗りました。そこで出会った中学生の2人、650BのMTBに乗るサントス君(左)と29のMTBに乗るマサヤ君です。

世田谷公園でMTBライダーにレクチャー

超カンタンですが、バニーホップとRを使ったジャンプをレクチャーさせていただきました。

このご時世、ファーストバイクが650Bとか29とか当たり前なんですね。ちょっと彼らのMTBに乗せてもらったら、自分が始めた頃(15年くらい前)のMTBよりもカンタンにバニーホップができました。スゴイ!ぜひ、たくさん乗って上手くなってください!

 

その後、すぐに小川輪業に移動し、YAMADORI 1stのクランクとBB、チェーンリング、スプロケット、ブレーキを組んでいただくためにバイクを預けました。だいぶソレらしくなってきましたね!!

小川輪業でYAMADORI 1stを組んでいただきました

詳しいパーツの説明は後日行いますが、それにしてもリアディレイラー付きのMTBに乗るの、たぶん10年以上ぶりです。我ながら凄く新鮮!

果たしてどんなMTBになるのでしょうか?何とか来週には組み終わるかな?完成が非常に楽しみです。

 

小川輪業から帰宅後、最近できた近所のキレイなショッピングモール「グランツリー武蔵小杉」に息子と奥さんを連れて、夕食の買い出しに行ってきました。店内のスイーツ売り場が凄く混んでいるな、と思ったら、今日ってバレンタインデーなんですね!すっかり忘れてた!

武蔵小杉グランツリーの奥さんと叶大

グランツリー武蔵小杉を後にしたら、途中に田園調布駅で明日ショーでMCを担当してくれる伊達さんをピックアップし帰宅。息子と伊達さんは初対面となりました!そして一緒に奥さんが作ってくれた夕飯を食べ…

伊達(ダーティ)さんと叶大

明日のショーの進行などを確認しつつ、昨今の自転車シーンなどをみっちり語り合い、そして最近観ているアニメについてもガッチリ語り合い、濃密な夜を過ごしました。

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2020 by Street MTB Team TUBAGRA