SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo 梅雨らしい雨の日曜日の過ごし方

今まで雨が降っていると、新横浜スケートパークなどの屋根のあるスケートパークで乗っていましたが、土日とも奥さんが仕事だと終日息子の世話を自分が担当するので家から長時間離れられず、実質MTBに乗ることができませんでした。

Mont-bell レインダンサージャケットを買うまでは…!

常時シトシトと雨が降り続く中、レインジャケットを着込んで近所(家からMTBで1分30秒!)の河原の期間限定バンクでバニーホップモトウィップ練習。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード バンクバニーホップモトウィップ

…をしてみるも、本気でモトウィップをガッツリ入れようとすると、自分は踏み切り斜め侵入派なのですが、今回の状況でそれをやると雨でぬかるんだ路面でフロントタイヤが横滑り。そのため直線侵入するしかなく、どう頑張ってもウィップは深く入ってくれませんでした。早々に別のことをすることに。

っても、ぬかるんだバンク面で回転系を封印されたYAMADORI 1st 26だとやれることは限られて…

 

仕方なしにお尻をシートの横に出す、斜め刺しバニーホップの練習をしました。微妙に左足はシートの横に出ていますが、高いトップチューブに阻まれて出方が全然足りない!(↓)

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード バンク斜め刺しバニーホップ

これは練習したらシートがもっと横に出る斜め刺しバニーホップができるようになるんでしょうか?

しばらく梅雨らしい雨模様みたいですし、そんな時は斜め刺しバニーホップの練習してみようと思います。

 

実は本降りになる前の朝5時台に同じバンクでバニーホップバースピンターンの練習をしていたのでした。

 

Masao Naitoさん(@tubagra)が投稿した動画

 

いや〜、なかなかできないですね!!あと少しな感じがするのですが、どうもビビって平地でやれているカタチが出せていません。さらに後半は小雨が降ってきてみるみる路面は滑るようになり、酷い転けを連発するようになったので今日のところは断念。

でもでも、土のバンクは転んでもそれ程痛くないので(泥まみれにはなりますが)思い切って練習できて良いですね!このバンクが工事で消える前に、何とかバンクでのバニーホップバースピンターンをできるようにしたいと思います。

 

今日1日中仕事の奥さんが、朝早く起きて作ってくれたお昼ごはんのカレーうどんを食べた時の息子の反応です。

奥さんが作った美味しいカレーうどんを食べる叶大

だいぶスプーンの使い方は上手くなりましたね。一口食べたら…

奥さんが作った美味しいカレーうどんを食べる叶大

「美味ぇぇぇぇぇ!!」ってのけぞりました(笑)

奥さんが作った美味しいカレーうどんを食べる叶大

顔がしわくちゃになるくらい満面の笑みです。

奥さんが作った美味しいカレーうどんを食べる叶大

確かに美味しいカレーうどんでしたが(自分もちょっと味見した)、ここまで息子に喜んでもらえるなんて、奥さんも腕をふるった甲斐があったということですね。

 

そんな感じで雨降りな日曜日でしたが、MTB(SHAKAとYAMADORI)に育児とみっちり充実していましたね。あ、実は釣りもしましたが、急激な水温の低下?でアタリすらありませんでした(泣)明日こそは〜!!!

samo プチぎっくり腰でBike & Fish

昨日の朝プチぎっくり腰(軽めのギックリ腰)になり、一夜明けての早朝5時からのMTBライディングとなった訳ですが、やっぱり腰は完全ではありませんでした。

そんな状態でも、とりあえずできることを!ということで、例の多摩川河原に出現した期間限定バンクでバニーホップモトウィップをしてみることに。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード バンクバニーホップモトウィップ

うーむ、やっぱりどこか腰というか身体中に力が入らず、バニーホップも低いしバイクのひねりもイマイチでした。

30分くらいやって、明らかに腰に負荷が溜まってきている感じがしてライディングは終了。そそくさと釣りにスイッチです。

 

今回は自宅から4km先のスポット(釣り場)に行くのは止めて(最近全然釣れてないし)、家からMTBで3分くらいの近所の川岸に行くことにしました。下のようなスタイルで釣り開始です。エサはお馴染み、息子が残した食パンの耳。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード エサ釣り

ここんところの雨による増水もあり、川は濁流一歩手前という感じで、釣れそうもない雰囲気が強かったですが、15分くらいしたら派手な当たりが。思い切り合わせると、何と25cmくらいの銀色な魚体がキレイなウグイが釣れました。

食パンで釣れた25cmくらいのウグイ

3分くらいのファイトの後、落ち着いたところで魚の写真を撮り、バーブレスフック(返しを潰した釣り針)を掴んで口から外してリリースしました。素晴らしいファイトをありがとう!

 

そんな感じで、腰はまだ本調子ではありませんでしたが、とても充実していた朝を過ごせました。

十分遊んで家に帰っても、まだ7時前というこの時間の有効活用っぷり!

 

しっかし、朝活フィッシングを始めてから釣れた魚は見事に全部バラバラです。

1匹目:スモールマウスバス ルアーで
2匹目:ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ) ミミズで
3匹目:マブナ(ギンブナ) 食パンの耳で
4匹目:オイカワ 食パンの耳で
5匹目:ノゴイ 食パンの耳で
6匹目:キンブナ 食パンの耳で
7匹目:ヌマチチブ 食パンの耳で
8匹目:ウグイ 食パンの耳で ←今ここ

こうなってくると、次は何が釣れるんだろう?とワクワクが止まりません。

 

 

今日は奥さんが朝から夜まで仕事なので、息子の世話は1日自分が行います。

朝食をとり、息子のおむつ替えをした後、息子を連れて自転車で二子玉川公園に行きました。この公園に巨大な滑り台があるので、そこで息子と遊んでみたくて。

現地に着いて滑り台の上に立つと、結構な高さと角度で大人でも一瞬滑ることを躊躇します。

ひとまず息子を膝の上に乗せ、2回ほど滑り降りました。息子は満面の笑みで楽しそうです。

その後、この公園に来たことの記念の写真を撮ろうと、息子が滑り台の上の柵に手をかけているシーンを撮ったところ…

二子玉川公園の滑り台で遊ぶ叶大

え?自分1人だけで滑り台にダイブしやがった!慌てて自分も滑り降ります。

二子玉川公園の滑り台で遊ぶ叶大

自分は急いで下まで滑り終え、滑り降りてくる息子をキャッチしようと顔を見てみると… 超笑ってる!!

二子玉川公園の滑り台で遊ぶ叶大

どうも息子はこの高くて急な滑り台を大いに気に入ったようで、こんな調子で一人で滑り降りては「また上に連れて行け」と指示するので、息子を抱えて急な階段を上り、滑り下りる息子をピックアップするため下に走り降りて…を10回以上繰り返しました。

腰痛気味の腰にこれは堪えたー(涙

 

とりあえず、早く腰が治って欲しいです。

samo 夜間でも格好良く自転車の写真が撮れる方法

夜にストロボなどを使わなくても、止まっている愛車(自転車でもモーターサイクルでもクルマでも)を格好良く撮る方法を紹介します。

シャッタースピードや絞り(F値)を設定できる一眼レフデジタルカメラかコンパクトデジタルカメラ(最近はスマホでもカメラアプリをインストールすればできる)、そして簡単なライト1つあればできます。カメラを固定する三脚もあった方が良いですが、要は撮影時にカメラが動かなければ良いので、ベンチや台の上に置ければ大丈夫です。

 

夜にストロボを使わずカメラのシャッターを押すと、よほど照明が明るい場所にいない限り、真っ黒かブレブレな写真が撮れるだけです。

そんな暗い中でも、ちゃんと写真を撮る方法が「長時間露光撮影」です。長時間露光撮影の詳しい説明は別で調べていただくとして(このページが分かりやすいかも)、ひとまずカメラの設定でシャッタースピードを10秒にし、F値を4程度にすれば(ISOは100〜200)、遠くに街灯がある程度の闇の中でもだいたい以下のような写真が撮れます。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード 撮影方法

これはこれで幻想的でキレイですが、被写体のバイクがどうも暗く沈んで見えますね。

 

そんな時、お持ちの自転車用ライト(赤い光のリア用じゃなくて白い光のフロント用)か、懐中電灯(スマホ用のライト…は暗すぎて光が届かないかな?)などが1つあれば、暗闇の中でもバイクが浮かび上がった格好いい写真を撮ることができます。

そんな撮影方法を以下に紹介します。

 

1)被写体であるバイクを固定する

壁に立てかけても、スタンドなどで立たせてもOKです。背景はゴチャゴチャしていない方が写真がキレイになります。

 

2)カメラを固定する

狙った場所にカメラを固定します。三脚があるとベストですが、カメラが動かなければ良いので、ベンチや台の上でもOKです。地面に直置きもアリですが、構図が下から過ぎてしまうかも知れません。

 

3)カメラの設定をいじる

シャッタースピードを10秒、F値を4〜6(撮れる写真の明るさで調整してください)、ISO値を100〜200に設定してください。カメラに詳しくない人にとっては、ここがこの撮影方法で一番面倒なところかも知れませんね。

 

4)シャッターを押してライトの光をバイクに当てる

正面から光を当てると、普通にカメラの内蔵ストロボで撮ったような味気ない平面的な写真になりがちなので、以下の図のように左右の位置から光を当ててください。そうすることでバイクの陰が立体的になります。当てている時間は左右それぞれ2秒ずつくらいでしょうか。シャッターが開いている10秒があれば、被写体の端から端に移動することも難しくありません。

夜間の簡単自転車撮影方法

 

この方法で撮ったバイクです。上で紹介した、普通に長時間露光撮影した写真と比較して、バイクが浮かび上がって立体的に見えることが分かります。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード 撮影方法

撮った写真を見て暗すぎる場合は、シャッタースピードを10秒から15〜20秒にするとか、ライトの光の照射時間を増やしてみてください。

逆に明るすぎる場合はライトの照射時間を減らすか(チラチラ当てる)、F値を上げるなどしてみてください。

 

以上となりますが、ぶっちゃけ、「超カンタン!」とは口が裂けても言えない内容となってしまいました(苦笑)ですが、この方法で撮れた写真は、普通に撮るだけでは決して実現できない表現になりますので、ぜひ試してみてください。高価なストロボやシンクロ機器なども必要なく、今ある物だけで撮れますから!

 

今朝も5時に起きて外を見ると梅雨らしく小雨が降っていました。もちろん釣りは川が増水〜濁流化しているので無理。そのため、今日はYAMADORI 1st 26に乗って多摩川河原に行くことにしました。

昨日はSHAKAでトライしてスリックタイヤが泥で滑りまくりでできなかった期間限定バンクでの回転系トリックを、ブロックタイヤを履いたYAMADORIでやろうと言うのです。

河原に着いて、さっそく例の期間限定バンクでバニーホップ180をしてみました。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード バンクバニーホップ180

最初こそいい感じ!だったものの、数をこなしていく内に踏み切る箇所がヌタって削れてきて、フロント荷重した際に横にズレるようになってきたじゃないですか。そうなると怖くて思い切った踏切ができなくなり、まったく回れなくなってしまいました。

この状況は良くない!と気合いを入れて進入してバンクで踏み切ったところ、バンク内で凄まじくフロントが横滑りして変なカタチで吹っ飛びました。その際に背中の筋と腰を痛めライディング終了です。

今回痛感しました。雨でマディな時は絶対に回転系トリックはしない!

うーん、困った。特に腰の方はプチギックリ状態で、少なくても明日までは安静にする必要がありそうです(泣)

samo 降雨後ヌタヌタMTBストリートライド

朝4時半に起床し外を見ると、ちょうど雨があがったところ?というタイミングでした。路面はビショビショでしたが雨は降っていないので、SHAKAを持って多摩川河原の公園へ。朝活フィッシングは昨日からの強い雨で川が濁流と化しているのでお休みです。

それにしても、朝4時台だと言うのに多摩川河原の人の多さは何なんだろう?ランニングしている人、散歩をしている人がとても多いです。とりあえず、レールはほどほどにして昨日見つけた期間限定バンクで飛ぶことに。

ただ、バンクで飛ぶにも、直前まで降っていた雨で進入路に大きな水たまりがあってそこを突っ込んでいかなくてはいけないのと(水はねでお尻はビショビショ)、バンク面も泥化しヌタヌタに緩んでいて進入するとタイヤが埋まり失速することから、やりたいと思っていた回転系はNG。実はちょっとバニーホップ180で飛ぼうとやってみたけど、フロントタイヤがヌルッと滑ってバランス崩した失敗ジャンプになりました。

そのため、今日やれることは基本的な刺しエアーのみ。

MTB マウンテンバイク SHAKA 多摩川河原サイクリングロード バンクバニーホップ

基本的な刺しエアーにしても、泥による失速のせいで踏切のタイミングが安定せず、なかなか思い切りバニーホップで踏み切れず&刺すことができなくて悔しかったです。

 

とは言いつつも、このバンク以外でもバニーホップバースピンやバニーホップロックウォーク、各種ハンドレールグラインドを楽しむことができ、朝から充実した時を過ごすことができました。あ、スリックタイヤが泥で滑りまくり転倒も何度か。そして、基本的に水たまりを突っ切ることが多いため、水はね多数で全身泥水まみれです。

MTB マウンテンバイクSHAKA 多摩川河原サイクリングロード

でも、ここまで来ると多少なりとも清々しさを感じるから不思議なものですね。

家に戻ったら急いでシャワーを浴びてキレイさっぱりです。

 

息子は絵本が大好きで、眠る前は大量の絵本を出してきて「読んで」と催促してきます。

叶大に絵本を読む奥さん

夫婦で分担して読んでいますが、自分の場合、絵本を読みながら寝落ちすることが多いのが悩みの種ですね…

samo 思わぬところにバンクが発生

梅雨に入ってから魚の居場所が変わって全然釣れない(アタリすらポチポチしかない)朝活フィッシングからグッタリして帰宅している最中、多摩川河原の一部が工事で造成されバンク状になっている箇所を見つけました。

「これは飛ぶしかない!」と、荷物を下ろし、路面の感触を確かめながら、YAMADORI 1st 36で試しにゆるーく進入してバニーホップしてみたところ… うわー!バッチリ飛べるじゃないですか!!浮遊感が気持ちイイ☆

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード バンクバニーホップ

(Tevaのサンダルで飛んでますが、特に問題ありませんでした)

路面は丁寧に重機で踏み固められていて、タイヤが不用意に埋まって失速することもありません。

さらに、バンバン人が通る河原の通勤通学路からも若干距離があるため、一眼デジやストロボを使った撮影をしていても、人の目はあまり気になりませんでした。(これ超大事)

 

今日のところは時間が無くて数回しかトライできませんでしたが、明日の釣りは少しにして、この場所でYAMADORIやSHAKAで遊ぶことをメインにしたいと思います。

どう見ても、再び工事の手が入ったら確実に消失する「期間限定スポット」としか思えないので。

 

昨日、北米の巨大なコンピュータゲームの見本市「E3」で、スクエア・エニックスより、ついにファイナルファンタジー7(FF7)のリメイクが発表されました。

全世界でファンが大勢いるビッグタイトルのリメイクということもあり、盛り上がりはハンパなかったですね。

自分も過去にFF7だけはプレイしたことがあったので、(自分はおそらく買わないにしても)リメイク版のゲームが非常に楽しみです。

 

自分の身の回りでFF7リメイクを一番喜んでいるのは、おそらく従兄弟だと思います。彼はFF7の主人公、クラウドのコスプレが大得意ですから。

FF7クラウドのコスプレをするKANAME

色々なイベントで、彼のクラウドコスを見ることができるでしょう。

samo 自宅横の私道でもバニーホップロックウォークとペヤング復活

日々バニーホップロックウォーク練習をし続けていたおかげで、近ごろはどんな場所でもできるようになっていました。

そのため先日、家の近所の横にある狭い私道でもバニーホップロックウォークができるんじゃないか?と試してみたところ、難なくできることが分かって大興奮。まぁ、回った直後に隣のマンションの壁にぶち当たるので、かなりタイトではありますが。何はともあれ、これでいつでも練習ができる!

せっかくなので、昨夜は夕食後の息子の近所の軽い散歩の際に、バニーホップロックウォークを息子の目の前で披露してみました。

自宅横の私道でバニーホップロックウォーク

写真だと分かりづらいですが、画面の左から右に向けて進んで回っています。写真はちょうど空中で180度回った瞬間ですね。

夕飯を食べ過ぎてお腹が出ている息子は、自転車で回っているパパを見てどんな感想を抱いたでしょうか?写真を見る限り驚いた表情をしています。

何とか息子が物心付くまでに、バニーホップバースピンと、バニーホップロックウォークを進化させた360が平然とできるレベルに到達していたいのです。息子にとって格好いいお父さんになりたいんだよー!!

 

ゴキブリ混入事件でおよそ半年間販売を停止していたペヤングソース焼きそばが、製造工場の設備や衛生面を大幅に向上させて、再び店頭に戻ってきました。

なのですが、発売再開直後はどこも品薄となり手に入れることができず、またSNSで「さっそく食べました!」のレビューや感想が出まくっていたこともあり、このタイミングで自分も買って食べた感想を書くのもなー… なんて思ってしばらく静観。

とはいえ、事件前にも数々のペヤング(激辛味やコラボ商品など)をここで紹介していたペヤング好きの自分なので、やっぱり今回の復活を書かない訳にはいきません。

昨夜、近所のスーパーでやっと出回ってきたペヤングを購入し、今朝の朝活フィッシング直後の超絶ハングリーな時に食べてみました。

復活したペヤングソース焼きそば

新パッケージ、特徴だったプラの凹凸ある蓋は表面を覆う包みのプリントに取って代わりました。このことで今までの昭和っぽい名残が消え、平成らしい装いとなりましたね。

包みを取ると、昨今のカップ焼きそばで主流となる湯切り機能の付いた蓋が。

復活したペヤングソース焼きそば

これで湯切りの時に蓋を押さえる力が弱いと中身がシンクに流れ出ちゃう、いわゆる「ペヤングだばぁ」が起こることは無くなったのですが、一抹の寂しさがあるのは何故でしょうか?

出来上がって食べてみると…うん、いつものペヤングだ!

復活したペヤングソース焼きそば

ほんのり甘辛い、飾り気の無い昔からのソース焼きそばです。やっぱり美味しいよ〜(嬉涙)

これでまたいつでも食べられることが本当に嬉しいです!

 

昨日SNSで話題になっていた、UCIダウンヒルワールドカップ Leogang 2015で優勝したAaron Gwinの動画をご覧ください。すでにご存知の方も多いかと思いますが、スタートして1コギ目でチェーンが切れています。それでもスムースなライン取りと適切なプッシュプルでスピードを維持し、まさかのトップタイムをマーク。いや、本当にスゴイ。まさに後世に語り継がれる伝説的なランですね。

Gwinさんが使っているのはSRAMのチェーンとのことですが、このままだと「すぐ切れるチェーン」としてシーンに定着しちゃいます。どこかでフォローしないと…!

 

アメリカはデンバー在住のTanner Bouchard君からまた動画が送られてきました。紹介しますが、今回はfacebookのメッセンジャーで討論してしまいました。

Tanner – Black and White 2015 from Tanner Bouchard on Vimeo.

「近所にレジーマットがあるパークがあるんだから、飛んでテイルウィップする練習をしたら良いんじゃないかな?」と。

samo Rui & Aguri Fine Jewelryで奥さんの誕生日プレゼントの指輪を

いつもMOZUシリーズのヘッドバッジを作っていただいている元メッセンジャーのジュエリーアーティスト、ルイさんが奥さんと営んでいるジュエリーブランド、Rui & Aguri Fine Jewelryで、奥さんの誕生日プレゼントの指輪をオーダーメイドで作っていただきました。

Rui & Aguri Fine Jewelry ルイさんとバイク

Ruiさんが乗るバイクはMOZUと同じ岡安製作所製の(幻の)オーダーフレームである鉄ONEです。

Rui & Aguri Fine Jewelry ルイさんの鉄ONEバイク

この撮影当時(2011年)、ルイさんはこのバイクでジュエリー制作業とメッセンジャーの2つのお仕事をされていました。

 

そんなルイさんより、奥さんの誕生日プレゼントの指輪が出来上がったと連絡をいただいたので、先日、夜遅くにクルマ飛ばして受け取ってきました。

Rui & Aguri Fine Jewelryでオーダーメイドの指輪を作っていただくと、このようにRui & Aguri Fine Jewelryのロゴ入りの指輪の箱と、額に入った指輪の説明書がセットで付いてきます。この額がまた精巧で芸術性に溢れていて、飾りたくなるくらいステキなのですよ。

Rui & Aguri Fine Jewelryで受け取った奥さんの誕生日プレゼントの指輪

指輪が入った箱もエレガントですね。

Rui & Aguri Fine Jewelryで受け取った奥さんの誕生日プレゼントの指輪

箱を開けると、今回作っていただいた指輪が。

Rui & Aguri Fine Jewelryで受け取った奥さんの誕生日プレゼントの指輪

ゼロの状態からルイさんと奥さんで話し合い、指輪の素材やデザイン、入れる宝石を決めていきました。

奥さんは金属アレルギーのため、指輪の素材はプラチナ(白金)。入っている宝石は、息子の誕生日12月の誕生石であるタンザナイトです。

Rui & Aguri Fine Jewelryで受け取った奥さんの誕生日プレゼントの指輪

タンザナイトは同じ12月の誕生石であるターコイズよりも高価で、タンザニアの夕暮れの様な鮮やかな紫色と言う事でティファニーが名付けたとても素敵な宝石です。

※反射対策を施さずに急いで撮影したので、指輪に部屋に置いてある家具が映り込みまくっていますね(汗)それくらいキラキラです。

裏には息子の名前と生年月日が刻印されています。

Rui & Aguri Fine Jewelryで受け取った奥さんの誕生日プレゼントの指輪

この指輪のモチーフは、

「生まれてきた息子の存在を指輪にして奥さんが身に付ける」

「仕事などで息子と離れていても指先に息子の存在を感じ続けることができる」

というものです。

 

さらにこの指輪は単体で付けても問題無いですが、奥さんの結婚指輪と一緒に付ける、近年日本でも広まってきた「指輪の重ね付け」(2種類の指輪を組み合わせて意味を持たせる)が前提のデザインなのです。

Rui & Aguri Fine Jewelryで受け取った奥さんの誕生日プレゼントの指輪

2つの指輪に入っている宝石(奥さんの誕生石はダイヤモンド)やデザインは異なりますが、素材と指輪の縁の凹凸を共通にすることで、重ね着けしても違和感が無く、むしろ合わさったことにより新しいデザインの指輪になるようにしてあります。

Rui & Aguri Fine Jewelryで受け取った奥さんの誕生日プレゼントの指輪

この指輪、細かいところまでしっかり作られているので、じっくり見続けていても飽きません。

ルイさん、今回は素晴らしい指輪をありがとうございました!奥さんにもとても喜んでもらえています。

 

Rui & Aguri Fine Jewelryでは紹介したように、ゼロの状態から完全オーダーメイドで婚約指輪から結婚指輪、記念日の指輪、ネックレスやブレスレット、ピアスなどの各種ジュエリーを作ってくれます。ジュエリーの知識がまったく無くても、ルイさんが分かりやすく丁寧に説明してくれるので、最終的に完全に納得したカタチで世界で1つだけの、あなたが望んだジュエリーを導き出すことができます。

しかも、いわゆるブランド物の同じ素材、同じ宝石を使ったジュエリーの市場価格から比較すると驚くくらいの値段で、それを実現してくれます!(あらかじめ予算を伝えると、その範囲内で仕上げてくれるよう努力してくれます)

興味のある方は、ぜひRui & Aguri Fine Jewelryにご連絡ください。自転車のオリジナルペッドバッジのオーダーも受け付けています。

 

 

今日も相変わらず朝活フィッシングと朝練MTBストリートをダブルで行っています。

今日は特にMTBストリート練の時間がとにかく足りなくて、10分間にバニーホップバースピン5回、バニーホップロックウォークを20回メイクする!にトライ。無事にやり終えて、急いで家に戻って育児と家事をし、シャワーを浴びて出社しました。

MTB マウンテンバイクSHAKA 多摩川河原サイクリングロード バニーホップロックウォーク

バニーホップロックウォークは本当に楽チンにメイクできるようになり、回る感覚がだいぶ養われてきたように思います。

まぁ、本当にやりたいジャンプ(R)での360とはまた違うのですが、当面そんな環境で練習できそうもないので、この練習で少しでもカバーできるようにしたいですね…

samo お腹いっぱいになった日曜日

天気予報では「晴れ」だったのに、朝5時に起きて外を見たら雨ザーザー降りの日曜日でした。まぁ、ある意味梅雨らしい天気ですね。

ひとまず、SHAKAを持って多摩川河原に行き、雨の中で一通り練習した後にハンドレールにトライ。今回はいつものレールでキャンキャンダブルペググラインドをしてみました。

このレールは途中に段差があるので、ペグをかけるには通常のレールより少し多めに横っ飛びする必要があります。なので、バニーホップして片足をトップチューブをまたいで蹴り出すキャンキャン状態でできるか不安で、ビビって最初の一発目がなかなかできませんでした。

MTB マウンテンバイクSHAKA 多摩川河原サイクリングロード ハンドレール キャンキャンダブルペググラインド

なのですが、思い切ってトライしたら普通にできました。

ただし、このグラインドで距離を滑るのは難しかったです。良くてレール2コマ分(レールの柱2本分:2mちょっとくらい?)でしょうか。

 

その後、さらに雨が強くなってタイヤが滑って危険なレベルになってきたので帰宅。

 

このあとMont-bellのレインジャケットを着てYAMADORI 1st 26に乗って朝活フィッシングへ。バックパックを背負うと雨でズブ濡れになるので、ロッド(竿)は下のようにフレームのトップチューブにくくり付けて行きました。ペダリングの際にちょっとガニ股を意識しないとリールに腿が接触するのが気になりますが、これはこれでアリですね。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード

いつものスポットは相変わらずアタリ無しでしたが、帰り間際にダメ元で仕掛けを投入したスポットで、ロッドを持っていかれそうになるレベルの大当たり。

ただ、ちょうどその時にロッドから少し離れた場所で河原を散歩していた顔なじみのオジサンと世間話をしていたため、急いで駆け寄って合わせたものの、フッキングが甘く途中でバレてしまいました。うーむ、とても残念だー!!(泣)

でも、最後に仕掛けを投入したスポットに魚がいることが分かったので、次からそこを中心に狙っていこうと思います。

 

お昼前に、前の保育園で息子と同じクラスだったお子様のいるご家族にお誘いを受け、奥さんと息子と一緒に遊びに行ってきました。いつも乗りに行く城南島海浜公園スケートパークの近くです。

インテリアがとてもステキなご自宅で、作っていただいた料理はどれも美味しく大満足。さらに、息子用にお子様ランチ(オムライスやハンバーグ)も作っていただき、これが本当に美味しそうで…!

保育園で知り合ったご家族の家に遊びに行きました

子供のことや保育園のこと、夫婦のことなどを楽しく話しながらお昼を食べて一段落した後、近所に人口浜のある公園にみんなで遊びに行きました。

そこで息子は裸足になって初めて海に入ってみたのですが… ガン泣き!というか、裸足で砂浜を歩いた段階で強烈な拒絶反応。そんなにチクチクしていないし、熱い訳じゃないのに何故だ?

初海水浴は拒絶反応だった叶大

人口浜の次に公園内にある大きな滑り台に移動しそこで遊びます。ニッコニコの笑顔で滑り降りる息子。

巨大な滑り台を楽しそうに滑る奥さんと叶大

そんなこんなで、さらにご自宅に戻って美味しいデザートを食べたりお酒を飲んだりし(アルコールがまったく飲めない自分以外)さらに会話を楽しんで、夕方にはおいとまさせていただきました。

いやぁ、充実していた日曜日でした。今回はお誘いいただき本当にありがとうございました!

 

そうそう、家の横の激狭の私道でもバニーホップロックウォーク練習ができるようになりました。まさかとは思っていましたが、できちゃうもんですね。これでいつでも回る練習ができるぞ!

samo 充実していた金曜夜〜土曜午前中

昨夜は息子を寝かしつけた後、Rui & Aguri Fine Jewelryにオーダーしていた奥さんの誕生日のプレゼントの指輪が出来上がったということで、受け取りに行ってきました。

ルイさん、とても素晴らしいクオリティとデザインの指輪を本当にありがとうございました!指輪は近日中に詳細に紹介したいと思います。

Rui & Aguri Fine Jewelry ルイさんと打ち合わせ

ルイさんと夜遅くまで世間話、というか、先の展開の話をして盛り上がりました。今後が楽しみだなぁ!!

 

0時を過ぎて帰宅。近頃、毎朝5時起きの朝型人間になっている自分には遅い時間で、かなり睡魔に襲われています。

それにしても、自宅とルイさんの工房の往復で走行距離は20kmちょっと。夜とは言え信号のストップ・アンド・ゴーが多い都内の道路を走って愛車のMAZDA CX-5の燃費は15km/Lとかなり優秀です。

MAZDA CX-5 Kenstyle(ケンスタイル) CX-5 Dライナー ボンネットガーニッシュ

燃料は価格の安い軽油ですし、トルク太くて加速もかなり良いし、あらためて満足度はかなり高いですね。

って、こんなことを何回書いているんでしょうか。(苦笑)

 

遅く寝てもキッチリ5時前に目が覚める自分にスゴイと思いつつ、YAMADORI 1st 26に乗って朝活フィッシングに向かいます。

だいぶ暖かくなってはいるので、長靴ではなくサンダルをチョイス。以前GETした【日本限定数量販売】Original Universal(オリジナル ユニバーサル)M’sを履いてみました。

【日本限定数量販売】Original Universal(オリジナル ユニバーサル)M’s

今までスニーカーを履いていて足は陽に当たっていなかったため、足首と比較して足の部分がメチャ白いです。このサンダルを履き続けていたら、足も程よい日焼け具合にもなるのでしょうか。

 

そうこうしているウチに魚が釣れました。10cm弱と小さいですがハゼ科の魚です。ミミズやゴカイならともかく、パンの耳でハゼ科の魚が釣れるの?

多摩川でヌマチチブが釣れた

「この魚は何でしょうか?」とtwitterで呼びかけたら、元TUBAGRAライダーで魚に詳しいfukaちゃんが「ヌマチチブじゃないですか?」と教えてくれました。確かにwikiで調べると、

ヌマチチブ:淡水や汽水域に生息し、藻や小動物を食べる雑食性〜

とあるので、どうやら間違いなさそうです。

しかし、本当にこのスポットは色々な魚が釣れますね。「次はどんな魚が釣れるんだろう?」とワクワクしちゃいます。

 

いつも釣りをする近所に変わった場所があり、釣りが終わって帰る際に、思い切ってそこをMTBで走って撮影してみました。面白い写真が撮れるかな〜と。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード

藻でとても滑るため、下手にタイヤを滑らせたら川に転落・水没する恐れがあり注意が必要…かと思いきや意外と大丈夫だったので(MTBのブロックタイヤ凄い!)、今度は構図を変えてバニーホップをしてみようと思います。

 

家に戻って息子と一緒に近所の散策をしました。今日も奥さんが朝から夜まで仕事で、息子の1日中の世話は自分が担当です。

近所の小川を息子と一緒に歩く

近頃息子は魚を見るのが大好きで、近所の遊歩道にある小川を見に行きました。小川にはたくさんのコイがいるのです。

近所の小川にはコイがたくさんいます

それを見て大興奮の息子でした。

近所の小川でコイを見てテンション上げる叶大

 

夕方、息子と自転車で近所の河原に行きました。そして遊具や原っぱで遊ぶよう息子を解き放ったのですが… 自転車から離れない!!さらにペダルを回して「自転車に乗せろ!」とせがみます。

自転車も大好きで自転車から離れようとしない叶大

魚(釣りと勝手に解釈)と自転車が好きな息子。

よし、成長したらやりたいだけやらせてやるぞ!!

samo 水たまりドリフトで童心に返る

朝5時に目が覚めて外を見ると、路面はビチョビチョでしたが、何と雨があがっているじゃないですか!

急げー!とばかりにSHAKAで河原に行って、今日はいつもとは違ったレールにトライしてみました。進入がクセもので、段差を飛び越えてレールにかけるのが新鮮で面白いのです。

とりあえず、普通のダブルペググラインドは初見でメイク。

MTB マウンテンバイクSHAKA 多摩川河原サイクリングロード ハンドレールダブルペググラインド

急いで家を出たので、ストロボ1灯持ってくるのを忘れてしまって(いつもはストロボ2灯撮り)テンションかなりダウンでしたが…(泣)

 

その後、この場所でハングオーバートゥースグラインド(フロントペグで滑ってリアホイールをレールの反対側に回す)をメイクできないかトライし始めた頃に、雨が強く降ってきました。

それでもめげずにトライしたところ、バニーホップをした際にグリップを握っている手が雨水で滑ってフロントアップをスカってしまい、ペグがレールの足に激突。そのまま激しく前転し、レールに強く倒れこむをメイク。

MTB マウンテンバイクSHAKA 多摩川河原サイクリングロード ハンドレール ハングオーバートゥースグラインド

手のひらと着ている服が泥まみれになった以外は幸い大したダメージは無く、その後も頑張ってトライし続けたもののメイクできず。

そうこうしているウチにガチで大雨になって服はズブ濡れとなり、機材の濡れ具合も危険なレベルになってきたので撤退しました。うーん残念だ…(泣)次も頑張ろう。

 

家に戻って先日購入したMont-bell レインダンサージャケットを着込み、撮影機材はビニール袋に包んで雨対策を施し、YAMADORI 1st 26に乗り換えて再び多摩川河原へ。

ザーザー降りの雨の中、レインジャケットで無敵モードの自分は、今日は何をして遊ぼうか河原を散策します。

すると、未舗装路にちょっと深い水たまりを発見したので、そこでドリフトしてどこまで水しぶきをあげられるか?をすることにしました。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード Mont-bell レインダンサー レインジャケット 水たまりドリフト

いやぁ、もう面白いなぁ!!(笑)

鬼コギして水たまりに突っ込み、深みにハマるタイミングでバイクを傾けると同時にリアタイヤをロックして流すだけのことなのですが、これがもう楽しくて、馬鹿みたいに繰り返してしまいました。(高いタイヤを履いている人はブロックが思い切り削れるので止めた方が良いかも知れません)

また、自分撮りでどれだけ水しぶきが上がっているかをチェックすることができるので、「次はもっと大きい水しぶきを飛ばしてやる!」と次のトライがさらに燃えるのも良いですね。

 

しっかし、こんなことをして遊んだのは、小中学生の頃以来でしょうか?

良い歳した大人(42歳!)を童心に返すこの遊び… MTBの楽しみ方はバニーホップやジャンプなどのトリックだけじゃないんだと改めて思い知りました。

 

もっと雨が降ってくれたら河原は池みたいな広大な水たまりになるので、そこでさらに鬼コギしてダイナミックなドリフトできたらもっと楽しいだろうな!格好いい写真が撮れるんだろうな!

なんて考えて、「もっと大雨が降ってくれても構わない!」と、すべての自転車乗りを敵に回すようなことを思ってしまう、いけない自分なのでした。

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2019 by Street MTB Team TUBAGRA