SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo 連休が終わってMTBライフは平常運転

息子が手足口病(てあしくちびょう)にかかったものの、話題のふじてんリゾートにも行けたし、そこでたくさんのMTBライダー達とも交流できたしで、とても充実した3連休を過ごすことができました。(内2日間は自宅で育児でしたが)

という訳で、すでにいつも通りのMTBライフを過ごしています。

朝5時起きで多摩川河原をYAMADORI 1st 26で激走するところから始まり…

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26

朝活BIKE & FISHは、いまだに台風の影響で水位が増して流れの速い多摩川で、ベストとは程遠い状況で行っています。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード エサ釣り

「どうせ、まだ釣れないんだろうな」なんて思いきや、仕掛けを投入したスポットにはオイカワの群れがいるみたいで、入れた途端にアタリが連続で来ました。が、魚が小さすぎてエサの食パンを食われるばかり。うーん、次からどう対処しよう。

 

結局、アタリはあれど魚は釣れず、帰り途中に河原の公園に寄ってYAMADORIで遊び、その鬱憤を晴らしました。

期間限定の土バンクはどんどん雑草に覆われていて、踏切地点が見えなくなりつつありますね。とりあえず、そこでお馴染みのバンク刺しバニーホップ。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード バンクバニーホップ

シートにキスすることを目標にガッツリ刺そうとしますが、ヘルメットのバイザーが先に当たってしまうことが判明。次回は顔を横にズラして刺すか?

 

他にもジャックナイフターンやバニーホップ180などをしました。

 

Masao Naitoさん(@tubagra)が投稿した動画

 

ジャックナイフターンは超気軽に決まるものの、やはりバニーホップ180はフレームサイズの関係から(YAMADORI 1stはトップがとても長い)ちょっとメイク率が下がりますね。もっとも、製品版はトップが短くなっているので、他のMOZUシリーズに近い感覚で決まるかと思います。

 

昨夜は水野君が新しい膝サポーター(ニーブレス?、装具?)を購入し、これがかなり本格的で、それをしっかりレポートしようと、息子を寝かしつけた後に水野君宅の近くの公園に行きました。

水野君との待ち合わせ場所で、彼が来る前にささっと自分撮りフィーブルグラインド。

MTB マウンテンバイク SHAKA フィーブルグラインド

ほどなく水野君も来て、彼の新しい膝サポーターと、彼のライディングを撮影しささっと解散。アブバカ安定メイクさすがです。

水野君のアブバカ

水野君、夜の貴重な時間をありがとうございました!

明日にでも、その膝サポーターのレポートを公開したいと思います。

kai tofu

おひさしぶりです、Kaiです。

この三連休は来日中のthe riseのwalterやKNS.Loのkazy・hiroyaと乗るために長野県へ行っていました。
今回は山形ローカルのシゲさんと車で7時間超かけての遠征でした。

台風で心配された天候もまさかの快晴で目的の三才パークでもしっかりと乗れました。
が、しっかり乗った故に全くライディングの動画や画像がありません…
そのあたりはフィルミングを行ってくれたkazyの動画で追々ご確認ください。

というわけで、ライディング抜きでダイジェスト的にカメラ内にあった画像を。
P1050251
1日目の三才パークでのkazyとwalter。
walterは本当にナイスガイで、日本文化へのリアクションも最高でした。
P1050252
こんなかんじでkazyやwalterがカメラを回していました。
僕はそんなに攻めたことはできませんでしたが、純粋に楽しいフィルミングでしたね。
P1050267
2日目はライディングをせずに観光。
P1050277
雰囲気のあるお寺やパワースポットを巡ります。
P1050272
木に登ったり、
P1050280
ライトセーバーを振るったり。
P1050282
そして信州そばを食べたり、温泉につかったりして長野を満喫していました。
P1050284
東京へと向かうwalterを上田駅で見送り、kazyイチオシの地元のファミレスへ。
子どもの頃から食べ続けているというメニューは量も味も最高でした。
長野でkazyと乗ったら是非連れて行ってもらってください。
そんなわけでこの日もkazy宅に泊って、翌日に10時間ほどかけて帰仙しました。

遠征で普段乗らないライダーと乗ると、とんでもないほどモチベーションあがります。
mtb楽しいですね、本当に。
来月もどこかに行こうと計画中です。

そして滞在中なにからなにまで面倒みてくれたkazyありがとう!
また乗りに行きたいと思います。

samo 3連休3日目 – 手足口病に感染した息子の世話をしてました

前日のふじてんで5本コースを走った程度では身体の疲れはほとんど無く、いつも通り5時に起きて多摩川河原に行き朝練をしました。なお、川は依然として台風の影響から濁流となっており、釣りはできる状態ではありません。そのため、SHAKAによる朝練MTBストリートのみを行いました。

先日行ったバニーホップ180でステアーに飛び乗ることが自分の中でブームになっており、いつもはバニーホップ180やバニーホップロックウォークで飛び降りていたギャップを上ってみることに。数回のトライですぐにメイクすることができました!

MTB マウンテンバイク SHAKA 多摩川河原サイクリングロード バニーホップ180ギャップ上り

この日は朝から30度オーバーでとても暑く、道行く人達が背後の水飲み場を利用しまくりだったので、邪魔にならないように素早く撮影を済ましました。

足元はTevaのサンダルです。もう慣れっこで、ずいぶんライディングで履いていますが、いまだにサンダルを履いていたことで怪我をしたことはありません。

 

上の写真と同じ構図の動画はこちらです。

 

Masao Naitoさん(@tubagra)が投稿した動画

 

難しかった点と言えば、水飲み場の脇にある狭い舗装路に着地することでしょうか。実際、着地でちょっとはみ出ちゃっているので撮り直したかったのですが、人が多くて断念。次の課題ですね。

朝6時台だと言うのにとても暑く、家に帰る頃には滝のような汗が出ていました。

 

今日は奥さんが仕事で朝から夜までいないので、子供(幼児)がかかる感染症「手足口病(てあしくちびょう)」に昨日からかかっている息子の世話は自分が行いました。

基本的に家の中で安静にしていないといけませんが、病気とは裏腹に、熱も下がって元気いっぱいで「外に出せ出せ」とうるさいので(まだ喋れないけど、そのような意思表示を激しくする)、昨日40度近くあった熱はもうほとんど平熱となっていたこともあり、わずか15分限定で、近所の遊歩道にある小川に魚と亀を観に行きました。

真夏の炎天下で小川の亀を見てテンションあげる叶大

甲羅干しをしているたくさんの亀や、大きなコイを指さしてはテンションが上がって「ダーダー!」言っている息子。

すさまじい暑さのため、できる限り日陰を選んで行きましたが、それでもあっという間に息子と自分は汗だくです。息子を満足させ、すぐにエアコンの効いた涼しい家に戻りました。

とにかく、暑い日中は家の中で息子と遊んで過ごします。レゴブロックやクルマのオモチャが大人気で、あとはYouTubeでWRCや、新幹線の動画を観て盛り上がっていましたね。

夕方になって涼しくなった頃に、息子を連れて近所の河原にサイクリング。

夕陽とブリヂストンの実用車が大好きな叶大

原っぱでボール遊びをしたり、息子が大好きな新幹線を眺めたりして30分くらい過ごし、家に帰りました。

夜の段階で手足にたくさんできていた水疱性発疹もだいぶ収まっており、着実に回復に向かっているようです。

再び保育園に行くには、お医者さんから病気が治ったことを証明する書類が必要なので(それが無いと登園できない。他の子に感染してしまう危険性があるので)明日は奥さんが仕事を休んで世話をする予定です。一刻も早く完治し、保育園に行けるようになって欲しいですね。

samo 3連休2日目 – ふじてんに家族で行ってきました

5時ちょっと過ぎに息子と奥さんを連れて家を出て、山梨県にあるふじてんリゾートに向かいました。この時期、これくらいの早起きでは中央道名物の渋滞は回避できないよなー、なんて思いつつ、数キロの渋滞にハマった程度で8時ちょっと過ぎに到着。

現地の駐車場では、たくさんの知り合いと会いました。

ふじてんのゲストハウスから見た風景。雲の帽子をかぶった富士山がこれまたオツですね。

ふじてんリゾートにMTBマウンテンバイクに乗りに行きました

日差しはかなり強くて日向にいると暑いですが、標高があるだけに日陰に入れば涼しくてとても爽やかな気候でした。

息子は愛車に乗ってふじてんの施設内を移動。押すのは当然奥さんです。

ふじてんリゾートに息子も連れて行きました

受付でリフト代半日分(半日・1日を選べる)とコース利用料、傷害保険料を支払い(割引チケット画像を見せると500円引きで支払い総額3,000円)、いざリフトに乗ってコースに向かいます。

ふじてんリゾートのクアッドゴンドラリフトに乗ります

リフトは3人がけで、背後に1台MTBを載せられます。3人組でリフトに乗った場合、リフト1台に3人と1台MTBが乗り、後ろのリフト2台にそれぞれMTBが1台ずつ乗ります。

リフトは屋根など一切ないので、乗っている間はひたすら日差しを浴びて日焼けしますね。これは日焼け止めを塗っておいた方が良かったのかも。

リフトに乗って5〜7分で上に着き、スタッフの人にMTBを渡されてコースに向かいます。

ふじてんリゾートのクアッドゴンドラリフトを上ったところ

はてさて、このYAMADORI 1st 26でとんな走りができるのでしょうか?普通のMTBと比較して明らかにBBが高くリアが詰まったこのYAMADORIで。非常に楽しみです!

 

ふじてんにはいくつかコースがあるのですが、自分は主に「マティーズループス→リトルウィスラー→スキルパーク」のルートを走っていました。

ふじてんのMTBコースマップ

というか、今気がついたけど、一番距離のある「馬車道」1回も行かなかった…(泣)勿体ない!!

コースの状況は、自分の最初のイメージでは超滑らかな路面の印象がありましたが、シーズンまっただ中ということもあり、フルサスバイクのブレーキングによって生じるウォッシュボードが所々にできており、ハードテイルで走ると場所によって振動が半端無かったです。とはいえ、コースはどこも走行ラインが広く、バームも高く深いため、慣れさえすればそれ程ウォッシュボードの影響を受けないように走ることができました。

あと、上にも書いた通り、高くて深いバームがたくさんあるので、リュージュ(ソリ)のコースを走っているみたいなジェットコースター感覚を味わうことができます。最初はそのスピードに目が慣れなくて怖いけど、数本走れば順応して快感に変わってきました。

溶岩のゴツゴツした岩や、木の根っ子もたくさんありますが、上手く走れるように整備されていて(絶妙な難易度が保たれていて作った方がスゴイと思いました)、ストレスが全然無いのが驚きでしたね。

 

とはいえ、自分は今回のような常設ダウンヒルコースを走るのは、10年以上前に富士見パノラマ以来の超ビギナーです。

走る前は不安だらけでしたが、最初の方はフラワートレイルで良くご一緒するコニシさんがナビしてくれて一安心。かと思いきや、コニシさんもハードテイルなのに速い速い。見失わないように付いていくのが精一杯で、序盤からスリルをたっぷり味わうことができました。

コニシさんのリトルウィスラーでのコーナリング。

ふじてんのリトルウィスラーを走る小西さん

自分のコーナリングもコニシさんに撮ってもらいました。改めて写真を見ると… 自分、軽装過ぎるだろう!

ふじてんのリトルウィスラーを走るサモ

パークとか乗っている時と変わらずプロテクターは膝しか入ってないし。路面は小石ゴロゴロなので、下手に転んだらただでは済みません。次回走る際はエルボーガードくらいは装着しよう。

 

リトルウィスラーを走り終わると初級から上級までの3連ジャンプが楽しめるスキルパークに出てきます。このスキルパークはリフトに乗ることなく、ゲストハウスのある麓からバイクをちょっと押し上げてアプローチすることができます。

スキルパークのライン別レベル

斜面にあるので自然と加速するため、一見リップからバックサイドまで距離がありますが、平地のダートジャンプを飛び慣れているライダーが行くと、全てにおいて飛び過ぎてしまう傾向があるようです。

中級ラインを飛ぶコニシさん。あれだけハードテイルで下りが速いのに、ジャンプが苦手なんて信じられなかったです。

ふじてんのスキルパークを飛ぶ小西さん

自分はしょっぱなから上級ラインを飛びました。カメラやストロボ機材一式の入った激重のバックパックを背負った状態で飛んでいたので(写真もそう)空中で跳ね上がったバックパックがヘルメット後部に当たって怖かったです。

そして、とにかく飛びすぎました!激重機材を背負った状態で、ハードテイルでボトム付近の着地は生きた心地がしなかったです。

ふじてんのスキルパークを飛ぶサモ

上の写真は奥さんに撮ってもらったのですが、何度も飛んだのに、全部リップを飛び出した直後のタイミングでシャッターを切られました。いや、撮ってもらえるだけありがたいのですが、頼むから頂点にいる時に撮って欲しかった(泣)

スキルパークの連ジャン、多少ともダートジャンプの心得があるライダーが安全に楽しむコツとしては、絶対にプッシュをしないことでしょうか。下手にプッシュしたら余裕でバックサイドのボトムまで飛んで行きます。

1回試しにリップの飛び出しを上向きにして、ハイエアーをすれば飛距離を抑えられるんじゃないかと試したら、高い放物線のままボトムまで飛んでいき、凄まじい着地の衝撃を喰らってここ数年間で一番の恐怖を味わいました。

フルサスバイクならそれでも笑って済ませられますが、ハードテイルだと着地の衝撃が身体全体に来ますね。路面は小石ゴロゴロの斜面で、着地後はジェットコースターのような加速が待っているので、下手に転べば派手な裂傷は避けられないと思います。(次は絶対にエルボーガードもする!)あ、ノーブレーキのバイクで行くなんてトンデモナイ。

 

そうこうしている内に、活きの良い若者が登場。Kazoo君(左)とbori君です。

ふじてんでKazoo君とbori君

奇声を発しながら激走(まさにこの表現がぴったり)する2人は、リトルウィスラーの連ジャンなんて呆気ないものでした。

初見でリトルウィスラーの3連のキャニオンをクリアーするKazoo君。

ふじてんのリトルウィスラー3連ジャンプ3個目を飛ぶKazoo君

Kazoo君よりも遥かに高いエアーでクリアーするbori君。ふじてん歴の差が出たみたいです。

ふじてんのリトルウィスラー3連ジャンプ3個目を飛ぶbori君

背後のリフトを見る通り、リトルウィスラーのこのエリアはリフトから見えるため、彼ら2人からしたらリフトに乗っている人たちに観られることによってテンションが上がるのだそうです。

リトルウィスラー連ジャン後の連続バームでのKazoo君。1つ前のバーム出口からジャンプしてそのまま空中で身体の向きを変え、「ゴシャアアァァァァ!!(頭文字D風の効果音)」とバームに着地し加速するその姿は本当に格好いい!!

ふじてんのリトルウィスラー3連後のバームを走るKazoo君

途中でKazoo君とbori君のお知り合いのライダーのバームの写真も撮らせていただきました。

ふじてんのリトルウィスラー3連後のバームを走るKazoo君とbori君の知り合いのライダー

スキルパークでダートジャンプクリニックをされていた、このふじてんのコースのプロデュースをしている高橋大喜さんのインバート(テーブルトップ)。本人いわく「あまり入りませんでした」とのことです。

ふじてんスキルパークのジャンプクリニックで飛ぶ高橋大喜さん

とはいえ、とても絵になるライディングを連発するスキルはさすがです!

活きの良い若手の1人、bori君のスキルパーク連ジャン3つ目でのウィップ。当然飛びすぎてバックサイドの中腹地点に着地。

ふじてんスキルパークのジャンプを飛ぶbori君

続いてKazoo君のウィップ。こちらはフロント下がりで格好いいスタイルです。

ふじてんスキルパークのジャンプを飛ぶKazoo君

そんなこんなで楽しんでいると、リフトは長蛇の列となっていました。ふじてん大盛況です。

ゴンドラ待ちができているふじてん

自分はダウンヒルやダートジャンプを楽しんで、途中にライダー達をたっぷり撮影しても午前中だけで5本走れ、今日のところは十分満足しました。(撮影しなければ7〜9本は余裕で走れたと思う)

 

そして、YAMADORI 1st 26で走った印象ですが、溶岩のゴツゴツ岩と木の根っ子てんこ盛りのコースが恐ろしく走りやすかったです。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26

大昔はこういったコースを走るのは大嫌いだったのですが、YAMADORIで走るととてもコントローラブルで、狙ったラインのトレースが楽チン。障害物をヒョイヒョイとクリアーでき、転びそうな心配は微塵もなく、こういった区間を走り終えて残るのは「ああ、もっと延々と走っていたい…」という妙な気持ちなのでした。

このことは、フロントアップしやすい詰まったリアセンター、高いBBハイトによるYAMADORI特有のメリットなのかは、現時点では分かりません。何はともあれ、ダウンヒルビギナーのド下手くそな自分でも、ふじてんのコースを十分楽しむことができたのは間違いなかったです。

まぁ、安全に、快適にコースをぶっ飛ばして楽しみたかったら、最新のフルサス・エンデューロバイクが間違いないと思います。

 

奥さんや息子と合流し、お昼を食べて、駐車場で初めて会うライダー達とも交流したところで息子が高熱を出し、14時頃に帰ることに。帰りの挨拶ができなかった方、本当に失礼しました!

ふじてん、中央道の渋滞が怖いけど、自宅から100kmちょっとでそれ程遠くないので、また行きたいと思いました!

 

帰りの途中に車内で40度近い熱を出し苦しむ息子を見て、そのまま救急病院に直行。

ふじてんで高熱を出した叶大

診断の結果、子どもを中心に夏に流行し、口の中や手足などに水疱性の発疹が出る、ウイルスの感染によって起こる感染症「手足口病(てあしくちびょう)」であることが分かりました。手足を見ると、確かに水疱性発疹が出まくっています。

これで明日、3連休最終日は息子の看病をして過ごすことが決定しました。

samo 3連休1日目 – 息子と等々力渓谷 – 肩車デビュー

今朝の多摩川は台風の影響で相変わらず濁流でスゴイことになっており、とてもじゃないですが釣りができる状況ではなかったです。なので、SHAKAでの朝練MTBストリートのみ行いました。

はじめに平地でバニーホップバースピンを10回行い、続いてバニーホップロックウォークを20回、その後、15cmのステアーをバニーホップ180で上る練習をしました。

MTB マウンテンバイク SHAKA 多摩川河原サイクリングロード バニーホップ180ステア上り

15cm程度を上るなら普通にできたので、あまり練習にはならなかったような…

 

上のバニーホップ180ステアーアップの動画は下の通りです。先日の、土バンクが泥々で超滑るため、直線的に飛び出しての無理くり回るバニーホップロックウォークも混ぜてあります。

 

Masao Naitoさん(@tubagra)が投稿した動画

 

今日も奥さんが朝から夜まで仕事のため、1日中息子の世話は自分が行います。

まずは午前中、息子と一緒に自転車で20分ほどの距離にある等々力渓谷に遊びに行きました。一瞬、世田谷区とは思えない深い緑陰の中にあるので、真夏でも渓谷内は涼しくて快適です。

渓谷を流れる川に、お互いTevaのサンダルを履いているため、迷わず入ってみました。

等々力渓谷に浸かる叶大

程よく冷たくて気持ちよかったです。が!(汗)

その後、上流の方に行ってみたら、あまり水がキレイでなくて川に入ったことをちょっと後悔してしまいました…

気を取り直して、等々力渓谷にある観光スポットを見て回ります。

等々力渓谷を見て回る叶大

足場が不安定な渓谷の通路をぴょこぴょこ歩いていく息子は、観光で来ている人たちに大人気。外国の方もたくさんいたのが印象的でした。

等々力渓谷には「雪月花」という雰囲気満点のお茶屋さんがあります。

等々力渓谷を見て回る叶大

メニューを見たらそれ程高価ではなかったので、何か頼んでみようかと思ったものの、近所だったのでお財布を持ってきていなかったことを思い出し、そのままスルーして帰ってきました。

何はともあれ、充実した午前中を過ごせましたね。

 

午後は東京は時折激しい雨が降ったものの、夕方の一瞬の晴れ間に息子と近所の多摩川河原に行き、息子が大好きな新幹線(東海道新幹線)を見ました。新幹線は5分に1〜2本間隔で通るので、小さな子供でも飽きること無く見続けられます。

ここで自分、肩車デビューをしました!

初めて叶大を肩車して新幹線を観る

最初は姿勢が不安定で、息子が後ろに落っこちちゃうんじゃないかと緊張しまくりでした。息子の方も肩車を初めて体験するので、怖くて僕の髪の毛を強く掴んで痛かったです。

ただ、慣れてくると、息子は今までに体験したことがない高い視線で新幹線を見ることが相当嬉しいようで、興奮して指差したり、僕の頭を叩いたりして楽しんでいましたね。

いやー、今日も充実していた1日だった!!

 

明日は初ふじてんです。緊張するけど楽しみだなぁ!!

samo ウォルター君と乗った夜の動画とTUBAGRA新フレームの打ち合わせ

先日、ウォルター君と一緒に乗った時の動画を髭坊主さんが編集〜公開してくれました。髭さん、ありがとうございます!


A night in Tokyo from O3bikes on Vimeo.

 

昨夜は都内某所で新しいMOZUフレームの打ち合わせをしてきました。

TUBAGRA新フレームの打ち合わせ

現時点では「MOZUフレームの正常進化型」としか言えませんが、数カ月後には確実に現物を披露できるかと思います。楽しみにしていてください!

 

現在、台風は四国を直撃していますが、それによる雨の影響で、近所の多摩川の水位がスゴイことになっています。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード 台風の影響で濁流の多摩川

水位が増している上に濁流化していて、この分だと魚は流されてしまい、釣りはまともにできないかも知れません。

大自然のことでこれは仕方ないので、しばらく朝活はBIKEに特化して行きたいと思います。

 

それにしても自分、水たまりを見るとMTBで突入するキャラになってしまいました。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード 水たまりバニーホップ

水ハネが顔にかかる、服やスニーカーがズブ濡れになる、さえなければ最高に楽しいんだけどな。

 

次の日曜日(3連休の中日)、先日流れたふじてん行きを予定しています。ウチの息子と奥さんを連れて。今度こそ晴れてくれー!!

samo 広大な水たまりでカービングターンを試してみた

今日はしっかり朝5時に起床。外を見ると、一瞬たじろぐくらいの強い雨が降っています。と思ったら、弱くなって、また強く降り出して、を繰り返している模様。

何はともあれ、こんな天気の時こそ乗りに行かなきゃ!!ってことで、beruf baggageのショルダーバッグにストロボ2灯、自撮りリモート機器、傘ブランケットをマウントした一眼デジとミニ三脚を入れて身体に装着。その上からMont-bellのレインジャケットを羽織り、YAMADORI 1st 26に乗って雨の中、近所の多摩川河原に走り出します。

河原に着いた直後はこんな感じで(↓)まともに前が見えないレベルの強い雨。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード

一応、安全確認のために多摩川の水位をチェックすると、自分がいる河原の高さに達するには水位上昇があと1.5mは必要で、ひとまず安全と判断。万が一、氾濫しそうな場合は大変危険なので、当然ライディングや撮影は中止します。

 

こんな雨の中、急いでカメラや防水対策を施したストロボ2灯、自動リモート機器を設置。

すると、傘ブランケットを装着して雨の心配が無いバズの一眼デジがあっという間にズブ濡れになっているじゃないですか!「何故だ?」と思って見てみると、何と地面からの水ハネが思い切りカメラにかかっていることが判明しました。これは完全に想定外で、三脚をギリギリ延ばして地上高を上げて対策。ホントは地面ギリギリからの構図が欲しかったのにな…(T_T)

そうそう、結構な強い風もありましたが、傘付きの一眼デジ+ミニ三脚はビクともしませんでした。やはり自重があるので、ちょっとやそっとの風では影響は無いみたいです。

 

激しく降り続いていた雨が弱くなると、目の前に広大な水たまりが出現しました。

「これは面白そうな写真が撮れそう!」と、その水たまりの前でカメラやストロボのセッティングを済ませてようやく撮影開始です。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード

前から一度は試してみたいと思っていた、大きな水たまりでの急角度のカービングターン・コーナリング(マッターン)にトライしてみたのです。

 

と、ここで再び問題が発生。自撮りリモート機器のセンサーが時おり降り注ぐ大粒の雨に反応してしまい、狙ったタイミングでシャッターが切れてくれないのです。これは何回トライしても駄目で、結局自撮りリモート機器の使用はあきらめて、セルフタイマー(ボタンを押した後に10秒でシャッターが切れる)撮影に切り替えました。

セルフタイマー撮影、これがまた、泣けるくらいタイミングが合わなくて、シャッターのボタンを押しては頭の中で10秒数えてマッターンをひたすら繰り返しました。そんな感じで30回以上はトライして、「まぁ、何とかこれで…」という撮れた写真が下になります。(↓)

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード カービングターン

当初イメージしていた写真は、上のような構図に、水しぶきがバシャ!!と高く上がっているものでしたが、現実はそうは上手く行きませんでした。

30回くらいトライして良く分かったのですが、水たまりの底は滑らかなタイルとなっていて濡れていれば基本滑り、さらに水深2〜5cmほどの水たまりになるとわずかでも浮力が生まれるため、タイヤのグリップが著しく低下します。そのため、ちょっと速い進入をしてバイクを傾けたコーナリングをしようものなら、いとも簡単にフロントタイヤが滑ってしまうのでした。

そんな中で試行錯誤し、フロントタイヤが滑り始めるギリギリ手前の角度が以下になります。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード カービングターン

ヘボい角度で大変恐縮ですが、この試行錯誤がスリルがあってとても面白かった!

 

ちなみに、YAMADORIのサドルは高めにしてあるため、普通にカービングしようとすると腿の間にサドルが引っかかってバイクが深く傾きません。そこで、マッターンの際にはサドルを左腿の横に逃がし、斜め刺しの状態でコーナリングに入ります。下の写真ですと分かるでしょうか?

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード カービングターン

それほどスピードはありませんが、このスタイルで水をシュワーと切りながらのカービングは快感でした。

 

雨は強くなったり弱くなったりを繰り返して止むことは無く、そんな中で、結局45分くらい水たまりで急角度のカービングターン(マッターン)をしていたでしょうか?帰る頃には手足がふやけてましたね。

さて、明日の朝も雨っぽいので、今度は何にトライしようかな?

samo Instagramと寝坊の朝練MTBストリート

先日のウォルター君の写真をInstagramにアップしてから、有名なライダーも含め数多くの海外の方たちからフォローしていただいたので、それ以来、Instagramに投稿する際は、簡単な英文を添えるようにしました。

サモのInstagram

「下手な画像を投稿できないな〜」なんて一瞬思いましたが、いつも通り続けていく予定です。

 

今朝、目が覚めたら何と6時過ぎ!いつもは目覚まし無しでも自然と5時前に起きるのに、いったいどうしたことでしょう?

何はともあれ、この時間だともう朝活BIKE & FISHをする時間は無いので、SHAKAを持って多摩川河原にMTBストリート練のみしてきました。とにかく時間が無いのと、どこか身体が疲れていて身体に力が入らないため、最初にバニーホップバースピン練習をしたら、すぐに期間限定の土バンクでバニーホップロックウォーク練習をすることに。バンクを使えば少ない力で気軽に回れますし。

時間が無いので、早い段階から自撮り用撮影機器のセッティングをします。

MTB マウンテンバイク SHAKA 多摩川河原サイクリングロード バンクバニーホップロックウォーク自撮りセッティング中

そして、バンク飛び出しのバニーホップロックウォークをしてみると、最初こそ気軽にクルクル回れていたのですが…

MTB マウンテンバイク SHAKA 多摩川河原サイクリングロード バンクバニーホップロックウォーク

何回かやったことでタイヤに泥が付いたのと、路面を何度もタイヤが通過したことにより水が染みだして、強いフロント荷重をして回ろうとすると、フロントタイヤがすぐに滑るようになりました。こうなるとスゴイ恐怖で、もう思い切りできません。

とは言っても、ここで別のことをするのも悔しかったので、フロントタイヤが滑らないようになるべくバンク内では直線的に通過〜飛び出して、空中でたくさん回って行うバニーホップロックウォーク練習に切り替えました。これがまた難しく、なかなか十分な回転角度を得られません。

それでも何度かやっていると慣れてきて、かろうじて決まるようになってきました。嬉しい!!

しかし、気がついたら汗だくになっていました。おっかしいな。身体が疲れているから気軽なことをしようと思っていたのに…。

上の写真と同じ構図の動画を撮っているので、今夜にも公開したいと思います。
(さすがの朝のドタバタで編集〜レンダリング〜アップロードする余裕はありませんでした…)

samo セッションが楽しかったスケートパークと朝活BIKE & FISH with Snake

土日と奥さんは泊まりで滋賀県のイベントでDJをしてきて、帰ってきたのは日曜日のお昼すぎ。その後に息子の世話をバトンタッチして、自分は夕方に城南島海浜公園スケートパークに乗りに行きました。

真っ昼間の暑さがだいぶ和らいだ城南島スケートパークには上手いスケートボーダー達が多くいて、レールやマニュアルボックスで代わる代わるセッションをしていました。レールで遊びたかった自分はやんわりとその中に入らせてもらい、一緒にセッションに参加。

自分は主に180フェイキーダブルペグや長距離オーバートゥースを何度か決めさせてもらい、いい感じにその場を盛り上げることができましたね。

乗り物は違えど、誰かが難しいトリックをメイクさせたら賞賛して、和気あいあいとお互いを高めあう雰囲気は本当に大好きです。ただ一人で練習するよりも、多くの人達に注目されている分、緊張感も生まれますし。

あ、その時の写真や動画は集中して乗っていたので一切ありません。でも、メチャ楽しかったのでOKです。

 

それだけだと城南島スケートパークに来た証が何も無いので、閉園間近の薄暗い時間に人がいなくなった瞬間を狙って自撮りスタート。過去に何度か撮った覚えはありますが、夕陽をバックにダウンレールでのオーバートゥースハンガーを撮りました。

サモの城南島海浜公園スケートパークでのダウンレールオーバートゥースハンガー

数回アタックしている時、帰る準備をしていたキッズスケートボーダー達が自撮りリモート機器に大変興味を持ち、カメラやストロボにもやたら絡んできて、なかなか撮影が進まない(苦笑)

城南島海浜公園スケートパークのキッズスケーター

最終的に、彼らのスケートを撮らせてもらうことになりました(笑)

城南島海浜公園スケートパークのキッズスケーター

まぁ、でもこんな感じでパークにいる多くのスケートボーダー達と交流が生まれ、気軽にパークで乗れるようになるので悪くはないですね。いや、むしろ楽しんでいます!

だいぶ薄暗くなった駐車場で愛車CX-5をついでに撮影。

MAZDA CX-5 Kenstyle(ケンスタイル) CX-5 Dライナー ボンネットガーニッシュ

いろいろとパーツを変えたいけど先立つモノがないので、乗り換えるまでこのままノーマルの状態で行くんだろうなぁ…

 

翌日の早朝はいつも通り朝活BIKE & FISH。家から4km先のスポットに行くと、水位が絶妙になっていて(滅多にこの時は訪れない)、川面を走っているような写真を撮ることができました。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード

これで背景がキレイな山野だったらスッゴク幻想的な写真になるハズだったのですが、悲しいかな背後は川崎の町並みで、えらく現実的な写真になったのでした。

そして釣りを開始するも、小さなアタリはあるけどヒットまではせず。

「はー、今回も釣れないか…」と思って足元を見たら、目の前に大きなアオダイショウがいるじゃないですか!

多摩川のアオダイショウ

あまりにも近く、急いで逃げる様子もないので、釣れた魚を撮れるように準備していた一眼デジでアオダイショウを撮りまくりました。

しばらくするとアオダイショウ君、川に入って対岸に泳いで行ったじゃないですか。この場所は川の流れが速いにも関わらず、悠々と泳いで行くので、ビックリしてしまいました。

多摩川のアオダイショウ

その姿は神々しくもあり、いろんな地域で蛇が神の化身として祀(まつ)られているのも分かった気がします。

そんなこんなで、結局この日は魚は釣れませんでしたが、とても良い物を見ることができて、不思議とたっぷり満足しちゃいました。

 

会社が終わって息子を保育園にピックアップしに行った帰り道、あまりにも夕焼けがキレイだったので、横断歩道で一瞬立ち止まってiPhoneで撮影。

保育園帰りに見えた夕陽

息子もしきりに赤い空を指さして「だー!だー!」言っていたので、何か感じるものがあったのでしょう。

 

Crankworx L2A Slopestyle 2015のハイライト映像が公開されました。自分は家に帰ったらじっくりチェックしたいと思います。

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2020 by Street MTB Team TUBAGRA