SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo 腰痛で激しいライディングは不可能でしたが

昨日、プチギックリ腰を発症させてしまったため、今日は激しいライディングは控えました。代わりに朝の多摩川河原で朝活BIKEをご一緒したBMXライダーのMさんのライディング写真を撮らせていただくことに。

Mさんは自分と同じ多摩川沿いに住んでいらっしゃるので、写真を撮る流れで河原の地形を利用した遊び方を伝授させていただきました。

MさんのBMXによる草バンクでのバニーホップ

草バンクでの刺しバニーホップ。ホイール径の小さなBMXだと草地で激しく失速してしまうものの、何とか頑張って刺されていましたね。

 

僕のcroMOZU275にも乗っていただきました。ちょっと前下り気味ですが刺しバニーホップもすぐにカタチに。

MさんのcroMOZU275による草バンクでのバニーホップ

27.5インチ(650B)ホイールだと草バンクに進入してもほとんど失速無しでスムースにバニーホップすることができます。

 

身長が180cm近いMさんは手足が長いので、27.5インチ(650B)ホイールのMTBでも低重心マニュアルがすぐにできて格好いいです。

croMOZU275でマニュアルするMさん

コンパクトなフレームのcroMOZU275に180cm近い身長のライダーが乗ると、見た目が26インチホイールMTBと分からなくなりますね!

 

そうそう、朝活FISHもしましたが、まるで冬に逆戻りみたいな寒さでまったく魚の反応はありませんでした。

朝活BIKE&FISHのcroMOZU275

行くだけ無駄だったけど、何事も実際に試してみることが大事ですので。

 

今日も1日中育児だったので息子と近所を散策。今の時期は公園や河原などでオオムラサキツヅジが満開ですので、少し花の蜜を吸わせてもらいました。自分も子供の頃に良く吸ったので、それを息子に伝授してみたのです。

オオムラサキツヅジの花の蜜を吸う叶大

最初こそ「花の蜜を吸う」ことを拒否していた息子ですが、僕が美味しそうに吸っている姿を見て試しに一口吸ってみたところ、あまりの甘さに、その後取り憑かれたように花の蜜を吸っていましたね。

こんな感じで息子にはたくましく育って欲しいな。

samo 今日も刺しバニーホップと息子のヘルメット

朝活BIKE&FISHでナマズ釣りを頑張っていますが、ここ数日、多摩川が謎の白濁状態となり、全然魚が釣れなくなりました。上流部のどこかで雨が降り、石灰質の物質が流れ込んでいるのでしょうか?(超適当な見解)

雨降りの今朝も少しナマズ狙って頑張ってみましたがまったくヒットせず。うーむ、この白濁が収まるまで待つしかないか…

 

という訳で、釣りはとっとと諦めてcroMOZU275でのアクションを楽しみます。雨の勢いが一瞬衰えた瞬間を狙って河原の飛べる地形へ。

っても、さすがに雨が降る最中の地形はどこもウェット&水たまりでいっぱいです。そして雨の中での回転系トリックは踏切と着地で路面を荒らしてしまうために封印なので、前回のBLOGでも書いた刺しバニーホップの美しさ(?)を突き詰めてみることにしました。

ズブ濡れ覚悟でレインジャケットを脱ぎ捨て刺しバニーホップにトライしました。

croMOZU275 2nd TEST多摩川河原サイクリングコースバンクバニーホップ

しっかし、濡れ濡れ路面を走るとタイヤから跳ねた水が顔にかかりまくるので気が散って仕方なく、なかなか決まらなかったですね。

それでも何とか頑張って入れた刺しバニーホップが上の写真。全身ズブ濡れの中、自分としてはかなり頑張りましたが、腕、微妙に伸びきっていないような?いや、でもこの状況下だとこれが限界なので勘弁してください。

 

それにしても寒い!激しい運動をしているハズなのに、身体が冷えて仕方ないので、上の写真が撮れた段階で急いで帰宅しました。温かいシャワーを浴びると天国のような快感が得られて満足です。

 

こんな天気でも十分に楽しませてくれたcroMOZU275、本当にありがとう!

雨の中でのcroMOZU275

寒い中、さんざん刺しバニーホップを繰り返したことで少し腰にキテいたのですが、その後、息子を起こそうと無理な姿勢で抱き上げようとしたら、プチギックリ腰になってしまいました。しまったー!!

っても、まだ激痛の手前なので、今日のところは安静にして明日にはフルに動けるようにしたいと思います。

 

 

帽子やニットキャップなど頭に被るものが大嫌いだった息子が、最近、僕の(古い)ヘルメットを自発的に被り、鏡を見てニヤニヤしたり、被った姿を僕に見せに来るようになりました。

僕のヘルメットを好んで被る叶大

ということで、ついに息子用のヘルメットを買おうと思います。サイズは分かっているので(一番小さな幼児用)、あとはどのタイプにするか、ですね。

 

OGK Kabuto FR-KIDS

OGK KABUTO FR-KIDS

価 格:¥4,500(税抜) サイズ:50-54cm未満  参考重量:375g

自分の河原-里山用ヘルメットで使っているOGK Kabuto。派手なグラフィックが最初からプリントされているのが「うーん」というところです。カラー(プリント)バリエーションは3つで、保育園で同じカラーのお子様いそうですし。塗り直すのもアレだしなぁ。

 

 

bern NINO

bern NINO

価 格:10,260(税込) サイズ:48〜51.5cm  参考重量:318g

自分もスケートパーク用に使っているBernのキッズ用ヘルメット。カラーバリエーションは豊富だし、ツバ付きなのも格好いいのですが(おそらく取り外し可能)値段が高いですね!これは考えどころだな。

 

 

BELL SEGMENT JR.

BELL SEGMENT JR.

価 格:6,200(税抜) サイズ:48~53cm  参考重量:425g

カラーバリエーションは豊富でシンプル。重量がちょっとありますけど、価格もそこそこ。

 

他にもたくさんあると思うのですが、ザッと探してみるとこんな感じでした。この中から決めるかな!

 

 

The Riseの新しい動画をどうぞ。ダートジャンプで凄まじいテクニックを有するPavel Alekhinはストリートも上手いです。

samo 美しい刺しバニーホップを追い求める

自分は刺しバニーホップ(基本・オールドスタイル)が大好きなのですが、どうしても頂点で腕が真っ直ぐ伸びません。

SHAKA 24バイクで行う中途半端な刺しバニーホップ。

多摩川サイクリングロードの途中にある草バンクで刺しバニーホップ

腕が微妙に曲がっています。

 

YAMADORI 26で行う刺しバニーホップ。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード バンクバニーホップ

フレームサイズが大きいので刺しづらいのですが、何とか刺せてはいます。が、腕は微妙に曲がっていますね…(汗

 

そしてcroMOZU275での刺しバニーホップ。

croMOZU275 2nd TEST多摩川河原サイクリングコース ヒップバニーホップ

こちらも微妙に腕が曲がっています。自分では真っ直ぐ刺したくて仕方ないのですけど、どうしても思ったように身体が動いてくれないのです。

これは、何度も練習を繰り返して真っ直ぐ腕が伸びるカタチを目指すしかない。

 

昨今では高さを稼げる斜め刺しバニーホップが主流です。

メートルバニーホップと多彩なグラインドトリックが武器のTUBAGRAライダーAKIRA君の斜め刺しバニーホップ。

drive rider AKIRA bunny hop Sanuk

頂点でバイクを斜め前に刺しだすことにより、リアタイヤがお尻に当たらないので、オーソドックスな刺しバニーホップよりも最大15cmほどリアタイヤの位置を高くすることができます。

Sanuk(サヌーク)Mainsteez(メインスティーズ)を履いたdriveライダーAKIRA君

ホイールの大きなMTBで高さを稼ぐバニーホップをするのに、とても効果的なテクニックです。

 

が、僕としてはオーソドックスな腕がピンと伸びた刺しバニーホップが好きなんですね。ベタなんですけど、空中姿勢は一番格好いいと思っています。

元TUBAGRAライダーのレオン君の刺しバニーホップ

元TUBAGRAライダーのレオン君の刺しバニーホップ。フロント下がりっぷりがとても格好いい!自分が憧れるスタイルです。

 

まー、でも斜め刺しも近々練習しなきゃな、とは思っています。試してみたけど全然できる気がしないんですけどね…(汗)

 

 

昨夜、自分と同じ東京都大田区に住むMさんより「MOZUに試乗してみたい」というご連絡をいただき、SHAKA 24croMOZU275に試乗していただきました。

MさんのcroMOZU275によるバニーホップ

Mさんは普段、BMXに乗っているということですが、SHAKA24はBMXとほぼ同じように乗りこなせ、croMOZU275に至っては、凸凹の激しい砂利道で、人のMTBのセッティングで数回トライしただけでここまでバニーホップすることができました。凄いです!

ということで、croMOZU275を決めていただきました。ありがとうございます!

 

 

北京モーターショーでMAZDAの新型SUVであるCX-4が発表されました。何コレ、すっごく格好いいんですけど!

MAZDA CX-4

SUVなのにこんなに低くて流れるようなデザイン、アリなにか…?いや、アリですね!本当に格好いい。

CX-5以降のMAZDAはクリーンディーゼルの燃費の良さもそうですが、デザインでも抜かりのないブランドになっていますね。愛車がCX-5の自分としては、とても嬉しい限りです。

 

奥さんが大好きで漫画も全巻揃えている「アイアムアヒーロー」が実写化され、先日から公開されています。まずは予告動画をご覧ください。

かなり良くできていますし、各映画レビューサイトをチェックしても、軒並み好評化となっています。

なにより主人公、英雄役の大泉洋の再現性がメチャ高い!それだけでも観たい要素満載ですが…

実は僕はホラー映画が激しく苦手で、怖くて観ることができません。とても観たいのですけどね!奥さんは観る気マンマンです。うーん、どうしたものか。

samo 雨ザーザーの朝活BIKE&FISH

貴重な日曜日ですが、今日も奥さんが仕事で自分は1日育児DAYでした。なので、MTBに乗れたのは早朝のみ。

にも関わらず、朝からまとまった雨が降っていたので、残念ながら雨の中での朝活BIKE&FISHとなりました。

テストバイク croMOZU 275 2nd TEST

こうなると、乗れるバイクはcroMOZU275に限定されます。

 

雨対策のMont-bellのレインジャケットと、野鳥の会バードウォッチング長靴の装備で、ザーザー降りの中でも躊躇なく出かけることができて最高ですけど、積極的にバニーホップしていけるような路面状況ではないので、大人しく多摩川のスポット(釣り場所)まで走るのみ。

croMOZU275 2nd TEST多摩川河原サイクリングコース

自宅から4km離れたスポットに到着。周囲に人っ子一人いない早朝6時の多摩川河原です。

ジャケットのお腹が膨らんでいるのは、中に釣り道具と撮影機材を詰め込んだberufのボディパックが入っているから。こうすると、どれだけ酷い雨でも機材類は一切濡れることがありません。

beruf STROLL BODYBAG Black

 

今回もターゲットはナマズに絞って釣りを開始するも、いきなりヒットしたのはノゴイ(野鯉)でした。しかもデカイ!

釣れた70cmのノゴイ

僕のタックル(釣具)は基本的に20〜50cm程度のスモールマウスバスを釣るのに最適なセッティングなので、このサイズのノゴイは完全に規格オーバーです。とはいえ、過去に同サイズのノゴイをこのタックルで釣ったことがあり、比較的落ち着いて対応することができました。

というか、あえて貧弱なタックルでテクニックを駆使し、持久戦に持ち込んで釣り上げるスリル、ギリギリ感はたまらないものがあります。

そんな訳で、疲労で腕がガクガクになりながら20分くらいかけて格闘した後、観念した魚の写真を取って針を外し(簡単に口から針を外せるバーブレス(かえし無し)フックを使用)ほとんど魚体を痛めることなくリリース。(魚を陸に上げて素手でベタベタ触ると魚体は酷く傷つきます)

本命はナマズでしたけど、これはこれで大変楽しめました。

 

その後もナマズを狙い続け、1回ヒットしたもののフッキングのタイミングを誤りまたバラし。ああー僕の下手くそー!!(号泣)

そうこうしていると雨がさらに強くなり、川の水位や濁りも増してきて釣りにならなくなってきたので撤収。まぁいいや、また頑張ります!

samo SHAKA乗りまくりの土曜日

平日の朝活BIKE&FISHでは公道移動が可能なcroMOZU275に乗る機会が多いので、せっかくの土曜日はSHAKAに乗りました。

この土日は奥さんが両日仕事なので、自分は2日間とも終日育児DAYとなるのですが、土曜日の午前11時まで祖父が息子の面倒を見てくれることになったので、そそくさと世田谷公園SLスケートパークに行ってきました。っても乗れたのは1時間ちょっと。パークに着いたら間髪入れずに集中して乗りまくりです。

世田谷公園SLスケートパークSHAKA

多摩川河原ではグラインドを封印しているので(構造物に傷を付ける可能性があるため)スケートパークでは「これでもか!」ってくらいグラインドトリックの練習をしまくりました。

バンクtoバンクのモヒカンレッジにバニーホップ180フェイキーダブルペググラインドの練習。下の画像のシーケンスの進行方向は右から左(←)です。

世田谷公園SLスケートパークバニーホップ180フェイキーダブルペググラインド

フェイキーグラインドの下りに入る箇所でバランスを崩しやすく、グラインド後のフェイキーが安定しなくてクリーンメイクは無し。悔しい〜!!

他にもいくつか練習していたトリックがありましたが、見せられる段階に行かなかったので、フィーブルグラインド全流しでお茶を濁します。

世田谷公園SLスケートパークフィーブルグラインド全流し

まぁ、これはこれで気持ち良いんですけどね。あっという間に1時間経ったので急いで撤収。

 

11時前に帰宅し、息子の面倒を見てくれていた祖父とバトンタッチし息子の世話をします。昼食を作って食べさせたり、公園に遊びに行ったり、昼寝をさせたりなど、諸々を。

 

夕方になって祖父が帰ってきたので、30分だけ息子の育児をお願いして、多摩川河原にSHAKAを持って行って練習。

もうだいぶ外は暗くなっていましたが、バニーホップバースピンしたり、草地の植え込みからバニーホップ180ドロップしたりして楽しみました。

多摩川河原の公園でSHAKAでバニーホップ180ドロップ

ちなみに、上のシーケンス画像でバニーホップ180ドロップをメイクしたものの、着地でフロントがスネークバイト(リム打ち)してパンク。空気圧は十分だったハズなのになぁ…

ちょうど時間だったので、急いで帰宅し再び祖父と育児をバトンタッチです。

そんなこんなのいつもの忙しない育児DAYでした。

 

そうそう、朝活BIKE&FISHのナマズ釣りですけど、2回ヒットさせたものの、安定の2バラしです。どれも大きかったのに!本当に自分の下手さ加減に泣きたくなりますよ…(泣)というか、初めて釣り上げることができたら感動して泣きそう。

samo 首を痛めました…

今週になって、croMOZU275で朝5時起きで家から3kmの河原にある例の盛土でバニーホップ180ばかりやっていたら首を痛めました。

 

TUBAGRAさん(@tubagra)が投稿した動画

 

寝起きで十分な準備運動もせず、高低差のある後ろ向き着地の衝撃を何十回も受けたため、もともと頚椎ヘルニアの持病を持つ首に負担がかかり、このような事態になったと思われます。

 

なので、今朝は安静にして飛ぶ行為は控えようと思いました …が!釣りのスポットに向かう途中、例の盛土の横を通った時にムラっとしてしまい、つい、バニーホップキャンキャンだけを。

多摩川サイクリングロード croMOZU275に乗り盛土からバニーホップキャンキャンをするサモ

昨夜遅くまで降った雨対策で、Mont-bellのレインジャケットに野鳥の会バードウォッチング長靴という装備でしたが、問題なくキャンキャンできてビックリしましたね。

それにしても、ちゃんと足を蹴りだすにはしっかりとしたバニーホップで飛ぶ必要があるのですが、そうすると完全にフラット着地となり、足の戻しが中途半端だとトップチューブに足が当たってかなり痛いです。そして相変わらず着地の衝撃も強く首に負担がかかるので、程々にして釣りに向いました。

 

釣りは今日は駄目でした。まさかのコイが食ったものの、合わせが上手く行かずにノーフィッシュ。まぁ、昨日の雨で水温が低かったみたいだし仕方がないです。明日の朝、また頑張ろう!ナマズ!ナマズ!

samo ここ最近の2つのブーム

ここ最近、朝活BIKE&FISHをする上で、自分の中でブームになっていることが2つあります。

 

まず、1つが以前紹介した、多摩川河原にある野球グラウンド前の盛土です。(盛土がブームってどーなんだろう…)

croMOZU275 2nd TEST多摩川河原サイクリングコース 盛土バニーホップ180

自宅から5km圏内の河原で、一番飛べる地形がこの盛土なのです。

そんな地形を27.5インチ(650B)ホイールのcroMOZU275でバニーホップ180をして飛ぶことがとにかく楽しい!

盛土の中腹〜逆サイドがえぐられているので、その部分もろとも飛び越す必要があり、程よくスリルもあってフラット着地の衝撃も激しいのですが、その分、キレイにメイクした時の爽快感は相当なもの。

 

TUBAGRAさん(@tubagra)が投稿した動画

 

また、この場所は使用頻度の高い野球のグラウンドの真正面にあるため、飛ぶには朝5時台に行き、グラウンドを使用する人たちが来る6時前半には撤収しなければいけないという、使用が限定された空間ということも、僕の中で特別感が高まる要因となっています。

だいぶ慣れてきたので、今度はさらに速い進入と、強い踏切で高く遠くぶっ飛びたいと思います。

 

 

そして、自分のブーム2つ目は「ナマズ釣り」です。

ここ数日、釣りをするとナマズがヒットしまくっています。この3日間で数えきれないくらい。

ただし、ヒットした後にバレてばかりで、未だに釣り上げて(キレイな写真を撮れて)いません。

昨日なんて15分格闘した後(ハリスが1号だったので超繊細なやり取り)、足元まで手繰り寄せたら60cmの立派なナマズで、写真を撮ろうとカメラをバックパックから取り出しつつ片手でロッド(釣り竿)を操作していたら、暴れてバレてしまったという…。人生初のナマズだったのにー!!!!(号泣)

そして、今朝もヒットしたのにバラしました。自分の下手さ加減に泣きそうです。猛烈な引きの感触が残っているだけに猛烈に悔しいです。

明日こそはー!!え、明日の朝は雨?土砂降りじゃない限り行くから構わない。

 

それにしても多摩川って面白いな〜。道具や技術、スタイル、スポット次第で、色々な魚が釣れるのですから!まだ釣りを始めて1年目ですけど、やればやるほど面白さ、奥深さが増してきています。

息子が大きくなったら、毎朝MTBに乗って一緒に釣りに行くぞ。もちろん行く先々の地形で飛びながら。

 

そんなナマズ釣りにかまけていたら撤収時間を大幅にオーバーしていて、河原のジープロードを延々鬼コギ+鬼の形相で帰る図。(注:これはブームじゃないです)

多摩川河原ダートコース サイクリングコース 朝活BIKE&FISH croMOZU275 鬼コギ

家に着いたら超特急で息子の着替えとオムツ替え、家族の朝食の準備、シャワー、そして出社の準備をしなくてはいけません。

これだけで身長170cm 58〜59kgの体重を維持できます。オススメ!

 

 

近頃の息子の表情集。2歳と5ヶ月になり、さすがに表情も豊かになってきました。

昼食時に決め顔の叶大

素手でご飯を食べる癖が直らない叶大

素手でご飯を食べる癖が直らない叶大

頼むから早くランバイクに乗れるようになってください。

ランバイクにまたがるとすぐにステップに足を乗っけて「押してくれ」という態度になってしまうのです。一体どうしたら良いのか…!

samo 荒れ荒れ天気の日曜日

日曜日は朝5時半に起きてcroMOZU275に乗り、多摩川河原で朝活BIKE&FISHしてきました。その時間から風はかなり強く、雨も降ったり止んだりを繰り返しています。

今回は家から3kmくらい行ったところにある河原の野球のグラウンドの真横にあるちょっとした盛土を攻めてきました。ここは朝6時半には少年野球の子供たちでごった返すので、それよりも早い時間じゃないと攻められないのです。

そんな訳で、6時前にはまだ誰もいない野球のグラウンドに到着し、盛土をバニーホップ180で飛んでみました。この盛土、相変わらずの飛びづらい逆Rなので、踏み切るポイントをしっかり確かめてからバニーホップ180のカタチを作っていきます。

croMOZU275 2nd TEST多摩川河原サイクリングコース 盛土バニーホップ180

しかもこの盛土は上の画像を見ると分かるかと思いますが、中途半端に中央が削られていて、まるでジャンプトレイルのキャニオンみたいになっており、完全に飛び越さないとバイクが引っかかります。

そんな訳で中央を完全に飛び越す勢いで飛ぶと、強く踏み切らなくても衝撃の強いフラット着地となり、なかなか上手くフェイキーに持ち込めません。10分くらい失敗着地を繰り返した後(カーボンホイールの耐久テスト…汗)ようやくメイクとなりました。

そんな訳でちょっぴりスリルのあるバニーホップ180を楽しむことができて楽しかったです!

 

しばらくしてはるか遠方に大勢の野球少年たちがこちらに向かってくる姿が見えたので、痕跡を一切残さず退散。ここからすぐの釣りのスポットを巡って行きました。まー、風が強すぎてほとんど釣りにならなかったのですが…(泣)

多摩川河原ダートコース サイクリングコース 朝活BIKE&FISH croMOZU275

こんな時でもヌマチチブ(ダボハゼ)のアタリだけはあるから、本当に他の魚もヌマチチブのタフさ(貪欲さ)を見習って欲しいと思いましたね!

色々試行錯誤するもまったく魚は釣れず、諦めて家に帰り着く頃にはザーザーの雨に降られていました。

それから風の方もグレードアップし、窓の外は凄まじい嵐のようになっていました。

 

今日は奥さんが仕事で、1日中息子の世話をする役割だったので、基本的に家で息子と一緒に遊んでいました。

息子が一番大好きなキャラクターはきかんしゃトーマスなのですが、アニメの中で、トーマスが「僕も飛行機みたいな翼があって空を飛べたらなぁ」と夢を見るシーンがあります。(実際は凄まじく重たい機関車を飛ばすにはかなり大変な構造が必要になるかと思いますが…)

きかんしゃトーマス 飛行機トーマス

それで、奥さんが思いつき、プラレールのきかんしゃトーマスを加工して、飛行機トーマスを作りました。

奥さんが加工した飛行機トーマス

「レールをボディに挟んだだけで凄い子供だまし感ある!」と思ったあなた、心が汚れていますよ!(汗)

こんな飛行機トーマスでも息子は大喜びで、寝る時も手放さなかったくらいの惚れ込みよう。

奥さんが加工した飛行機トーマスで大喜びしている叶大

夕方前に雨は上がって太陽が出てきたので、ずーっと家にいた鬱憤を晴らすかのように、強風が吹き荒れる多摩川河原で息子と走り回って遊びました。

本当はもっと色々な公園に遊びに行きたかったのにな!残念だけど仕方がないですね。

samo 色々あった土曜日

熊本地震、いまだに余震の規模や頻度も高く、依然として大変なことになっていますね。一刻も早い地震の収束と、被災地の復興をお祈りします。

 

今日は奥さんの仕事が休みで(いつもは土曜日に仕事、日曜日が休み)、久しぶりに土曜日を家族で過ごすことができました。スケジュールもパツパツのてんこ盛りな1日でちょっとグッタリです。

そんな中、わずかに空いた時間で多摩川河原に行き、すべてを15分で撮影したので大雑把ではありますが、27.5インチ(650B)ホイールMTBでもできる、平地での簡単な回転系トリック集のショートムービー(Instagram)を作ったのでご覧ください。

 

TUBAGRAさん(@tubagra)が投稿した動画

 

上では「簡単」と書きましたけど、それはフレームがcroMOZU275だった場合でしょうか…。

 

午前中は家族で世田谷公園に行き、自分は約束していた水野君と一緒にスケートパークで1時間ちょっと乗りました。

世田谷公園でサモのコーピングダブルペググラインド

コーピングでペダルグラインドをする自分です。水野君、撮影してくれてありがとうございました。

 

バンクでバニーホップをする水野君。

世田谷公園で水野君のバンクバニーホップ

TUBAGRA ENMA FORKを装着したMOZU改(水野君のオリジナルフレーム)バイクがいい感じです。

 

そして、世田谷公園スケートパークで久しぶりに会ったのが、凄腕小学生スケートボーダーの斎藤丈太郎君です。というか、3〜4年前に会った時はまだ幼く(それでもかなり上手かった)、今回会った時は恥ずかしながら彼だと分かりませんでした。

そんな斎藤丈太郎君は、Rをキレイに飛んでデッキをグラブし、バックサイドにスムースに着地していきます。

世田谷公園でスケートする斎藤丈太郎君

前刺しのスタイルも格好いい!

 

さらに圧巻だったのが、R飛び出しのキックフリップグラブです。

世田谷公園でスケートする斎藤丈太郎君

世田谷公園でスケートする斎藤丈太郎君

世田谷公園でスケートする斎藤丈太郎君

エアーも高いしメイク率も高い!

斎藤丈太郎君は小学5年生にも関わらず、すでにショップサポート(TRINITY)も付いている実力派です。将来がとにかく楽しみ!

 

さらに、丈太郎君の弟さんも上手い!身体はまだ小さいのにRをグラブして飛びます。

世田谷公園でスケートする斎藤吟平君

バンクでのオーリーキックフリップに果敢にトライするなど、こちらも将来が本当に楽しみですね。

 

1時間ちょっとスケートパークで乗った後、パークの隣にある世田谷公園名物であるSLの前で家族の記念撮影を行いました。

世田谷公園のSLの前で家族で記念撮影

自分は世田谷公園にかれこれ5年ほど通っていますが、恥ずかしながらSLの前まで行ったのは今回が初めてでした。スケートパークのすぐ隣なのに…

きかんしゃトーマス好きの息子はSLをかなり満喫したようです。良し、また連れて来よう!

 

家に戻った午後のわずかな時間で息子と一緒に釣りをしました。今までは「僕が釣った魚を息子に見せる」というスタイルでしたが、今回はしっかり息子に竿を持ってもらっています。

多摩川で釣りをする叶大

わずか10分程度の釣りでヌマチチブ(ダボハゼ)が3匹釣れました。息子が飽きる前に釣れて良かった…!

息子と一緒に釣ったヌマチチブ

すんごいまるまる太っていますね。何を食べてこんなにお腹が膨れているんだろう?

息子と一緒に釣ったヌマチチブ

お腹の吸盤が可愛いです。

 

夜、寝室に入ったら、息子の寝相がエライことになっていました。

寝相の酷い叶大

もともと奥さんと同じ向きで寝ていたのに、たった数十分で180度向きが変わっているし!

samo MTBストリートに使えそうな日本ブランドのスニーカー

先日、仕事の関係で、日本でシューズブランドを展開している方と会って話したことから、日本のシューズブランドでMTBストリートに使えそうなスニーカーをリリースしているところが無いか調べてみました。

すると、以下の3つのブランドが該当したので、ここに紹介したいと思います。

 

MOONSTAR

ムーンスターDECK SPORT K

DECK SPORT K CAMO 税抜12,000円

創業140年の福岡県久留米市にある歴史ある会社で、学校の「上履き」などの生産で有名な「つきほし」。2013年に社名を「Moonstar」に変更。様々な種類の靴を作っていて、CONVERSEやNEW BALANCEのOEM生産も行っている。

そんなMoonstarでMTBに使えそうなスニーカーがDECK SPORT K CAMOでしょうか。オーソドックスでシンプルなデザインのスニーカーです。

【DECK SPORT Kの説明】
MADE IN KURUME(福岡県久留米市)の国産スニーカー。国内でもごく僅かな工場でしか生産することの出来ないヴァルカナイズ製法(加硫製法)で作られていて、この製法から生み出される靴にはソールがしなやかで柔らかい、丈夫で壊れにくい、美しいシルエットが保てるといった良さがある。そしてなにより熟練の手仕事でしか生み出せない精巧で美しい作りの良さが魅力。さらに、DECK SPORT Kは、素材に福岡県久留米市の特産品である久留米絣を使用し、生地づくりから靴づくりまでの全てを久留米で行っているこだわりの一足となっている。

 

…ということですが、このソールはペダルとの相性はどうなんでしょう?しなやかで柔らかい、ということですが。

ムーンスターDECK SPORT K

このソールとペダルとの相性が良いのなら、個人的にとても履いてみたいスニーカーの1つになります。

このモデル以外にもラインナップは色々ありますが、どれもCONVERSEの☆を取り除いたようなシンプルなデザインが基本ですね。

 

AREth

AREth PLUG

model “PLUG” 税抜12,500円

2001年よりシンプルかつオリジナリティのあるデザインを追求し、履き心地の良い素材や質感、耐久性の高さにこだわり、飽きの来ない長く愛される物をと、自分達の考えるライフスタイルに合う、より地に足のついた”あしもと”の提供を目指している。日本で唯一無二のスケートボードシューズブランド。

【model “PLUG”の説明】
AREth オリジナルラインの中において一番のロウカットモデル。足入れの良さとホールド感を兼ね備えています。インソールにはクッション性と防臭性を兼ね備えたリサイクル素材POLIYOU®を使用。

2016年モデルのNAVYカラーはかなり格好いいですね!

AREth PLUGソール
実はAREthはBULITというモデルを僕も持っていて、AREth共通のこのソールパターンは樹脂ペダルとの相性もまずまずです。

他のモデルもシンプルではありますが、とても良くデザインされていて格好いいです。

 

RFW

RFW TACO CAMO

TACO CAMO 税抜13,000円

英国・ロンドンで靴作りを学んだデザイナー鹿子木隆(かのこぎ たかし)により1998年にスタートしたシューズブランド。シンプル&ベーシックでありながら、独自のカッティングが光るデザインワークが特徴的。2012年春夏より”RFW”として、ブランド名、ロゴを一新。現在、成熟したブランドとして確固とした地位を確立し、幅広い年齢層に支持されている。

【TACO CAMOの説明】
アッパーにはヘリンボーン織りハンターカモフラージュ生地を使用した2016年モデル。グリーン系の表地とベージュ系の裏地でカラーの変化が楽しめるリバーシブルカモの生地で、TACO(タコ)特有の流れる様なアッパーの切り替えを表地と裏地で表現。迷彩プリントの下地にはヘリンボーン生地を使用しているため、立体感のある面持ちに仕上っている。

ということですが、デザインは先に紹介したMoonstar DECK SPORT Kと似たベーシックな物。色んな服装に合いそうではあります。

RFW TACO CAMOソール
RFWの基本的なソールは、パターンがVANSのワッフルソールに似ていて、一番ペダルとの相性は良さそう。

RFWの他のスニーカーのラインナップはどれもデザインがかなり個性的で、イメージがMTBに合うか…というところで好みが人によって大きく分かれそうです。

 

そんな感じで、かなり大雑把に日本ブランドでMTBストリートに合いそうなスニーカーを紹介してみました。

だいたい共通していることは、以下の2点になりますね。

・価格はどれも1万円オーバーで高価 → 少数生産で1足当たりの製造コストが上がるから?

・デザインはどれもシンプル → 縫製箇所が多い=デザインが複雑だと製造コストが上がるから?

何はともあれ、日本のブランドでも面白そうなスニーカーがそこそこあることが分かりました。機会があれば僕も履いてみたいと思います。

とか言って、先日カルフォルニア発のシューズブランド Sanukのスニーカーを激安で2足も買ってしまったばかりなんですけどね…(汗)

 

 

今朝、雨が降る中で朝活BIKE&FISHをしてきました。

雨降りの中での多摩川河原の朝活BIKE&FISH

雨の影響で多摩川の水位は増しており、流れも速くて濁りも強く、釣りをするにはハッキリ言って良くない条件でしたが、50cmくらいのコイ?がヒット!したものの、5分以上格闘した後、目の前でバレて(口から針が外れた)逃げられてしまいました!うわー!!あと少しで釣り上げられたのに!!スッゴク悔しい〜(泣)

そんな訳で、明日は5時起きでリベンジしたいと思います。絶対に釣ってやるー!

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2017 by Street MTB Team TUBAGRA