SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo 多摩川を満喫したGW DAY1

冬季、路面が凍結することで飛ぶことができる多摩川河原の地形「凍結バンク」を、今日の朝活BIKE&FISHで、今の暖かくなった季節にバニーホップで飛んでみました。

すると、路面はビチョビチョのヌタヌタで、走破性の高いcroMOZU275をもってしても、まるで湿地帯を漕ぎ進むような感じです。さらに、バニーホップで踏み切る斜面は雑草ボーボーで凸凹だし失速するしで、冬季の軽快にかっ飛んでいく感覚は皆無。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 斜面で斜め刺しバニーホップ

それでも頑張って鬼コギからのバニーホップで飛びましたけど、すみません。この程度しか飛べませんでした…(泣)

 

そして、泥ハネが凄まじくて、身体やバイクが泥ハネまみれになるのはもちろん、少しでも口を開けたら口内がジャリジャリになるし、目の中にも躊躇なく入ってきてストレスMAX。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 斜面で斜め刺しバニーホップ 泥まみれに

たった3回飛んでこの泥まみれっぷりです。

いやー、やっぱり「凍結バンク」は寒い時期に飛ぶに限りますね!年末まで飛ぶの控えよう…

 

こんなバイクと全身泥まみれになって思いついたのが、この状態で「シクロワイアード撮り」をしてみよう、ということでした。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース シクロワイアード撮り

「シクロワイアード撮り」をご存知ない方に説明すると、総合自転車情報サイト「シクロワイアード」で良く見ることができる(それほどでもない?)、バイクを横にしてライダーは上のようにリアタイヤ側にしゃがんだ状態で撮るバイク+ライダー写真のことを言います。

泥まみれっぷりはそれほど分からないか…。

 

家に帰ると朝食の時間で、寝起きの息子が「お弁当食べたい!」と言ってきました。息子は前日、保育園の初めての遠足があり、その際に食べた奥さんが作ってくれたお弁当をエラく気に入った様子です。

そんなことで、急遽お弁当を作って近所の多摩川河原に「朝ごはんピクニック」しに行くことに決定しました。

多摩川河原で朝ごはんピクニック

自宅から徒歩3分の河原に出発。木陰でレジャーシートを広げ、お弁当を食べてくつろいだらすぐに帰宅しました。わずかな時間でしたが、心地よい気温で最高に癒やされましたね。

こんな事が思いつきで簡単にできちゃうこの環境がとてもありがたく思います。

 

夕方は息子と2人で日没前の30分、河原に行ってナマズ狙いの釣りをしてきました。

息子と夕方BIKE&FISHして釣れたスモールマウスバス

釣り始めてすぐに激しい当たりがあり、思い切り合わせたらまさかのスモールマウスバス!またナマズじゃなかったかー(泣)それでも息子は大興奮で、とても楽しめたようで良かったです。

そうそう、続いて「またもや」の50cm級のウナギも釣れましたが、こちらは針を外すのが大変で、写真を撮らずに水際ですぐにリリース。これにも息子は大興奮でした。

ホントにナマズはいつになったら釣れるのでしょうか?

 

とまぁ、こんな感じで、早朝から夕方まで多摩川を満喫したGWの1日目でした。多摩川河原は朝ごはんピクニックもできるし、MTBで飛び回れるし、釣りもできて最高です!

samo 橋野 piro 君のcroMOZU275バイク

かれこれ10年以上前から知り合いのライダーである橋野(piro)君が、この度、TUBAGRAの27.5インチ(650B)ホイールMTBのcroMOZU275乗りとなりました。ありがとうございます!

早速、新しくなった彼のバイクとライディングを撮影させてもらいに彼の地元にお邪魔しました。

橋野 piro 君のcroMOZU275バイク

渋いマットクリアーのフレームカラーに、アクセントで爽やかなグリーンアルマイトのステムとチェーンリングが。FOXサスフォークのインナーチューブのカシマコートの色味も渋さを倍増させていますね。

シートの高さを可変させるドロッパーポストはステルス化(岡安製作所でプチカスタム)してありシートチューブの中を通すタイプに。

橋野 piro 君のcroMOZU275バイク

ハンドルバーを幅広タイプにすれば完成形ですね。この段階でもかなりカッコイイ!

 

続いて乗ってもらいました。橋野(piro)君はバニーホップやバニーホップ180などの基礎的なストリートトリックの技術はバッチリです。そんな彼がcroMOZU275に乗るとどんな印象を持つのか自分はとても興味がありました。

橋野 piro 君のcroMOZU275バイクによる刺しバニーホップ

まず、一般的な刺しバニーホップはいとも簡単にできました。

橋野(piro)君のcroMOZU275はとにかくフロントアップが軽いです。間違いなく僕のcroMOZU275よりも軽いですね。

 

続いて、肝心の回転系トリックのやりやすさについて。下の動画をご覧ください。

バニーホップ180とバニーホップロックウォークはいとも簡単にメイクしちゃっています。

動きの軽やかさが、それこそ26インチホイールのMOZUとシリーズと殆ど変わりませんし、彼の感想も「26インチのMOZU乗ってましたけど、今回の275はトリックのしやすさがそれと変わらないです!」というもの。

croMOZU275、かなりのポテンシャルを秘めているようですね。

 

納得のパーツセッティングに到達し、ストリートだけでなくダートも含めて乗り慣れた頃に、また撮影したいと思います。橋野(piro)君、今回は撮影させていただきありがとうございました!

samo TUBAGRAバニーホップ・フォトコンテスト開催します!

TUBAGRAバニーホップ・フォトコンテスト

これをやりたいと思います。

あなたの最高のストレート(真っ直ぐ飛ぶ)バニーホップの写真を送ってください。ぶっ飛び、飛び越し、笑える、美しい…など、内容に決まりはありません。バースピンや180などのトリックは入れていない、とにかく純粋なバニーホップをしている写真のコンテストを行います。

平地、バンク等を使ってのストレート・バニーホップに限ります。Rなどジャンプを使ったものはご遠慮ください。倒木などの障害物を使うファイアークラッカー、ウォーリーなどはアリとします。

撮影するカメラはスマホでも一眼デジでも何でも構いません。動画キャプチャでも構いませんが、明らかに画質が落ちるので、できれば瞬間を切り取る静止画での撮影をオススメします。

なお、写真の色調補正などはOKですが、高さの水増しなどの補正や合成はご遠慮ください。

 

【バニーホップ・フォトコンテスト応募方法】

TUBAGRAのお問い合わせフォームより、本文に「BHPコンテストエントリー」とご記入いただき、連絡先(住所やメールアドレスなど)もご記載の上、送信してください。

ご記入いただいたメールアドレスに、バニーホップ画像を送っていただくメールアドレスを添えて返信いたします。

締切は2017年5月28日(日)23:59となります。この日時までにあなたのバニーホップ画像をお送りください。

 

【応募内容について】

・使用する車両はMTB、ストリートトライアルバイクとします
・平地、またはバンクなどを利用したストレート(真っ直ぐ飛ぶ)バニーホップの写真に限ります
・倒木などの障害物を使うファイアークラッカー、ウォーリーなどでもOKです
・使用カメラはスマホでも一眼デジでも何でも構いません
・写真の色調補正は作品の質を向上させる手段ですのでバンバン行ってください
・高さの水増しなどの画像補正や合成は厳禁です
・局部が見えていたり、明らかに他人に迷惑をかけているような写真は無効とします

 

【お送りいただく画像・情報について】

・お送りいただく画像サイズは幅1,200ピクセル以上、フォーマットはjpgでお願いします
・画像のファイル容量が10MBを超える場合はギガファイル便などでお送りいただきます
・画像を説明するコメント(250文字以内)も一緒にお送りください
・本名を出したくない方はWeb掲載用のニックネームを教えてください

 

【賞金・賞品について】

優勝者には現金10,000円を予定しております。その他の上位入賞者への賞金・賞品は現在検討中です。

 

あなたの渾身のバニーホップ写真をお送りください!!

 

本コンテストについてご不明な点がありましたら、お気軽にご質問ください。

 

本日、朝目が覚めて外を見ると雨!昨夜の予報では曇だったのに!!(泣)

それでもcroMOZU275に乗り家を出ます。ただ、乗り始めたらすぐにズブ濡れになったので、30分釣りして帰ることにしました。

雨の中 朝活BIKE&FISH 多摩川丸子橋で

愛用のberuf baggageのbrf-BLK02 MountainBackPackはルアーロッドもタモ(網)も装着できてとても便利。

beruf baggageのbrf-BLK02 MountainBackPack

ですが、この雨でグッショリです。

 

釣り始めたら入れ食いでした。

雨の中 朝活BIKE&FISHで釣れたボラ

KING OF 外道のボラが。

30分の間に2ランディング、1バラしと、殆どの時間をファイトに費やしていました。確実に明日は腕が筋肉痛です。

嬉しいところですが、釣れて欲しいのはボラじゃなくてスズキなんだよなー…

samo ハンドルバーの中に入ったエンドキャップの簡単な抜き方

ストリートやパーク、ダートジャンプなどを愛好するライダーには、ハンドルバーのエンドキャップ(バーエンド)に以下のようなタイプを使用する方が多くいらっしゃるかと思います。

UNITEDのエンドキャップ

転んだ際、危険回避でバイクを投げた際に、まずハンドルの端であるここを路面にヒットさせる事が多いので、エンドキャップはすぐに傷だらけになったり潰れたりして、その結果、以下のような状態になることも珍しくありません。(というか僕は殆どこうなります(泣)

ハンドルバーに入っちゃったエンドキャップ

フタの部分が削り取られ、ハンドルバー内に刺さっている部分が中に入って取れなくなってしまうんですね。

この状態になったエンドキャップを取るのに、多くの方はマイナスドライバーを使って大変苦労したり、諦めて中に押し込んだりと、色んな悲しい結末があったり。

 

なのですが、実はワインのコルク抜き(コルクスクリュー)を使えば、簡単に入って取れなくなったエンドキャップを抜くことができるのです。

ハンドルバーに入っちゃったエンドキャップをワインのコルク抜きで簡単に取る

コルク抜きは安物でOK。僕が使用しているのは、安物ワインのオマケ?に付いていた物です。

 

早速、コルク抜きの先端を入ったエンドキャップに刺すのですが、ここで注意点が1つ。

ハンドルバーに入っちゃったエンドキャップをワインのコルク抜きで簡単に取る

力任せにスクリューを挿し込むと、エンドキャップが押されて奥に入ってしまう場合があります。

ハンドルバーに入っちゃったエンドキャップをワインのコルク抜きで簡単に取る

そんな気配がある際は、スクリューの先端を軽く刺したら、バーの内側に押し当てるように回し入れていくと、エンドキャップが奥に入らず、スクリュー部分を深く回し入れていくことができます。

スクリューが半分以上回って入ったら、いよいよ引き抜きにかかります。

ハンドルバーに入っちゃったエンドキャップをワインのコルク抜きで簡単に取る

この際に、穴が砕けてスクリューが抜けそうな場合は、奥まで深く回し入れましょう。

ハンドルバーに入っちゃったエンドキャップをワインのコルク抜きで簡単に取る

ガッツリとスクリューが入れば、いとも簡単にここまで抜けます。

もし固くてなかなか抜けない場合は、手前に引くだけじゃなく、穴が砕けない範囲でグリグリと左右上下に力を加えながら抜いていくと良いです。

ハンドルバーに入っちゃったエンドキャップをワインのコルク抜きで簡単に取る

ハイ、抜けました!

左手に持ったiPhoneで撮影しながら右手だけで行いましたが、それでも1分かかっていません。

 

とまぁ、こんな感じでとにかく簡単ですので、エンドキャップ(バーエンド)が中に入って取れない事態になったら、ぜひともワインのコルク抜き(コルクスクリュー)を使ってみてください。

 

 

今日の朝活BIKE&FISH。今日はどちらかと言うと釣りメインでした。

とにかく今の目標はナマズ!何としてもナマズを釣り上げたい!と気合いを入れていたところ、釣り始めて5分ほどで激しい当たりがあり、思い切り合わせて確実にフッキング。

「重たい引きだし今度こそナマズだ!やったー☆」と2〜3分ファイトし、ようやく魚体が見えたら…

朝活BIKE&FISHで釣れた60cmオーバーのウナギ

またウナギかー!!!!!(泣)

60cm超のナイスサイズでしたが、希少であるため魚体を傷付けないように水際で針を外してリリース。

過去の経験からウナギがいるようなスポットじゃなかったんだけどな。ナマズ、いつになったら釣れるんだろう?

samo 【簡易版】How to 斜め刺しバニーホップ

ホイールの大きなMTBでもリアタイヤをお尻に当てることなく、極限まで高く飛ぶバニーホップのテクニックの1つである「斜め刺しバニーホップ」のやり方を、僕なりにまとめました。

Sanuk Commodoreを履いてcroMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 斜め刺しバニーホップ

実際、この方法をレクチャーした何人ものライダーが斜め刺しバニーホップを一瞬で習得しています。

TUBAGRAライダー森田君のakaMOZUによる斜め刺しバニーホップ

 

今後はさらに煮詰めた状態で公開しようと思いますが、現段階では【簡易版】ということで少々分かりづらい点があるかも知れません。そこはご了承ください。

あと、デカイMTBの方が動きが分かりやすいかな?と27.5インチホイールのcroMOZU275で実演しています。そして、最初の方はド平地で行うよりも、ほんの少し高く飛べるバンクやジャンプで行った方が、踏み切った後の浮遊感が多く得られるので、斜め刺しの動きのコツをつかみやすくてオススメ。

 

ちなみに、前にも書きましたが、斜め刺しバニーホップは以下の2点が当然のようにできるようになってからチャレンジしてください。そうでないと、ただただ変な癖のバニーホップが染み付いて、いろんなトリックの上達の妨げになる恐れがあります。

 

1)しっかり踏み切ったバニーホップが当然のようにできる

そもそも斜め刺しのスタイルは「バニーホップした後にお尻にリアホイールが当ってこれ以上高さが出せない!」ライダーのための最後の手段なので、しっかり踏み切ってリアタイヤが勢い良く上がってくるバニーホップができることが大前提となります。

 

2)一般的な刺しバニーホップもしっかりできる

一般的な刺しの「腕を前に突き出し腰を引く」カタチはダートジャンプやパークライドにおいて、危険回避などで使用する場面が多々あります。なので、一般的な刺しバニーホップのカタチができ、それらをしっかり駆使できるテクニックが必須です。

 

 

まずは動画と、その下にある動画の説明文をご覧ください。

最初に斜め刺しになった状態でゆっくり走りポゴをしています。この状態でのポゴがまさに斜め刺しバニーホップの頂点の動きとなります。これを10〜20回くらい繰り返した後に思い切ったバニーホップをすると、実は殆どの方が斜め刺しバニーホップのカタチができてしまいます。

 

とはいえ、「どうやって空中でお尻を横にズラせるか分からない!」という方のために、踏み切った後の動きも以下の3枚の画像で紹介しますね。※僕の場合は左ペダルが前のスタンスなので、右ペダル前の人は左右を置き換えて見てください。

How to 斜め刺しバニーホップ

 

How to 斜め刺しバニーホップ

 

How to 斜め刺しバニーホップ

まさに画像内の文章の通りで、最初のコツはサドルを前ペダル側に5度くらい傾けておくことです。

もちろん傾けなくてもできますが、慣れない内はサドルにお尻や股裏をぶつけまくりますし、尖ったサドルだと股に刺さって激痛が走ることも。これをやっておくだけでだいぶ斜め刺しの動きがやりやすくなります。

 

うん、ドタバタで作ったのでかなり内容がいい加減だな!近々ちゃんとしたHow toを作ります。

samo 高サドルバニーホップとリバウンド注意

朝活BIKE&FISHで毎日自宅と釣のスポットとの間の6〜8kmを往復し、その間にある遊べる地形で飛んだり回ったりしていますが、移動の殆どはサドルを高くしています。

ガッツリ飛んだり回ったりする際は、アーレンキーでシートクランプを緩め、わざわざサドルをベタ下げにしてから行っているんですね。ドロッパーポストがあればその手間は省けますが、ふと先日、「サドル高いままでも刺しの入ったバニーホップができるのかな?」なんて思いました。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 高いサドルで斜め刺しバニーホップ

早速実行してみたところ… 意外と普通にできた!

 

スローモーションでチェックできる動画はこちら。

もちろん普通のバニーホップするとあっという間にサドルがお尻に当って高さが出せませんが、斜め刺しの動作で腰を横にそらすことで、高いサドルがお尻に当たることなく、より高くリアタイヤを引き上げることができたのです。

これの面白いのが、サドルが脇の下まで上がってくること!何かこの光景が滑稽です。

ただ、面白さやメリットはこれくらいで、腰を横にズラしたまま着地しないと太ももがサドルとトップチューブの間に挟まれて激痛が走ることに。当然、そんな着地はバランスも崩しやすいので、実戦で使えるか?と問われれば…(汗)

でも、練習しまくったらサドル高い状態でも普通に刺しでバニーホップできるようになるのかも知れませんね。

 

今日の朝活BIKEはご近所MTBストリートライダーのアキト君と松平さんと一緒に行いました。

朝活BIKEでakaMOZUに乗って刺しバニーホップするをするアキト君

アクションバイク歴がまだ短いアキト君は、akaMOZUに乗り始めてからの成長が著しいです。

今日も刺しバニーホップからバニーホップ180までに良い感じに…と思ったものの、何故か今日は調子が悪いみたい?

 

僕も彼のakaMOZUに乗ってみて、サスの動きが悪過ぎてフロントが上がりづらく、思ったことがなかなかできません。何故?とフロントサスフォークを見てみると、リバウンドのダイヤルが最強(遅い)になっていました!(下の画像のフォークの右下の赤いのがリバウウンド調整ツマミです)

SR SUNTOUR EPICON2014

リバウンドが遅いと、そりゃあフロントアップの荷重の反動の殆どを吸収されてしまうのだから、バニーホップ系の動きがやりづらい訳です。

という訳で、リバウンドを最速にしたところMOZU特有のバニーホップの軽さが戻ってきました。コレですよコレ!

 

「なーんかフロントアップが重たいな」と思う方は、試しにサスフォークのリバウンドをチェックしてみてください。もしかしたらリバウンドの設定が「遅い」になっているかも知れませんよ。バニーホップ系の動きをしたいのなら、ダイヤルはリバウンド最速設定が必須です。

 

毎週、必ずご一緒するSHAKA24に乗るご近所MTBストリートライアーの松平さんは、バニーホップ180が安定してメイクできるようになっていました。

朝活BIKEでSHAKA24に乗ってバニーホップ180をするをする松平さん

これでスピードと高さが伴えば尚良です。こればかりは反復練習しかないですね。

 

 

アキト君のakaMOZUにはシルバーのTUBAGRAヘッドバッジが付いています。

アキト君のakaMOZUのTUBAGRAヘッドバッジ

ヘッドバッジはストレートなヘッドチューブにしか付かないのですが、テーパー面にも意外と付いてしまうということが判明しました。

ただし、径の問題から少し上目に付いています。ということは、もうちょっとヘッドバッジの対応径を上げておけば、テーパーのヘッドチューブの中央に付くかも知れません。これはテストしたい!

 

続いて朝活BIKE&FISHの【FISH】の様子です。

朝活BIKE&FISHで釣れたスモールマウスバス

相変わらずナマズ狙いなんですが… 釣れたのは40cmオーバーのスモールマウスバス!今年初のスモールマウスバスです。

ナマズ狙いで釣れた魚だから素直に喜べなくて、人間って欲深いな〜って思いました。

 

自宅から20m先を東海道新幹線が通っているからか、新幹線が大好きな息子に、奥さんが「新幹線おにぎり」を作れる型を買ってくれました。

新幹線おにぎりを食べる叶大

息子は大喜びで、既に3本も食べてしまいました。毎日食べたいとも言っていますし、このブームはいつまで続くのでしょうか?

samo 体調不良につき安静&育児の土曜日

依然として体調不良は治っていなく、朝起きても身体が重たい感じ。本当ならたっぷり寝ていたいところですが、昨日に引き続き今日も短時間、辛くない程度に朝活BIKEをしておきました。

その動画はこちら(↓)です。

酷い体調でも軽くトリックが決まるSHAKA24に乗り、平地バニーホップ→バニーホップ180→バニーホップバースピン→バニーホップロックウォーク→逆R盛土バニーホップという流れを一通り済ませて帰宅しました。その間、わずか20分。

TUBAGRA SHAKA 24 BIKE

そうそう、動画でも映っていますが、チェーンが切れそうだったので、踏み込む動作があるバニーホップロックウォークは思い切りできませんでした。回って踏み込んだ瞬間にチェーンが切れたら怪我する可能性もありましたし。

 

 

そして家に戻って、奥さんを仕事に送り出した後はずーっと育児。

「エロマンガ先生」を観てニヤニヤする叶大

ラブコメアニメの「エロマンガ先生」を観てゼリー食べながらニヤつく息子です。冬アニメは「小林さんちのメイドラゴン」のカンナちゃんが好きだったけど、今度は紗霧(さぎり)ちゃんが好きなのか!

 

基本的に家にずーっと居たのですが、まだ治らないですね。明日も安静にして過ごそう。

samo 疲労と思ったら風邪だった

ここ数日、疲れているのか身体がダルい…と感じていたのですが、昨夜くらいから喉痛と鼻水が出るようになってきたので、これはどうも風邪なんじゃないか?ということになりました。安静にして休まないといけませんね。

という訳で、今日は7時直前までゆっくり寝て、20分だけ近所の多摩川河原で乗ることに。持っていったのはヘロヘロな状態でも最高にトリックがしやすいSHAKA24バイクです。

SHAKA 多摩川河原サイクリングコース バニーホップ180

頭がホワーっとしていて身体の力が入らないものの、バニーホップ180程度なら全く問題無く決まります。殆ど力が入っていない超脱力バニーホップ180。

 

OYBK(親バカ)Tシャツ

過去に自作して(シルクスクリーン印刷)、数枚ですが販売もしたOYBK(親バカ)Tシャツが無駄に決まっています。

 

そして楽して高く飛ぼうと、高さ15cm程度の逆R地形でバニーホップ。

SHAKA 多摩川河原サイクリングコース 斜め刺しバニーホップ

10回くらい飛んでトボトボ帰宅です。まぁ、体調が良くないので今日はこんな感じでOKでしょう。

あ、バニーホップバースピンし忘れた!(汗)

 

中国のMTBストリートライダーの動画をどうぞ。

バースピンが上手で、360を楽しそうに連発しているのが印象的でした。

samo ここんところ疲労が蓄積している模様

サスフォークをX-FUSION VELVET RL2に変更してからと言うもの、どんな悪条件下でも快適にバニーホップができて天候関係無く遊べてしまうので、雨でも強風でも朝活BIKE&FISHを欠かさず毎日行っています。

その結果がどうかは分かりませんが、ここ数日疲れが抜けずトリックが気持ち良く決まりません。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 雨の中での斜め刺しバニーホップ 疲労感がにじみ出てる

昨日撮影したcroMOZU275での小さな盛土を使ったバニーホップ。自撮りしていて、自分の疲れきった表情にビックリしてしまいました。(こんな時でも癖の舌が出ちゃう(泣))

 

そして今朝、疲れているにも関わらず、目が覚めたらついつい近所の河原へ。本当は家で息子を起こす時間までゆっくり寝ていた方が良いのは分かっているのですが、無意識の内にcroMOZU275でまだ暗い河原のダートをペダリングしている自分がいました。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 小さな盛土バニーホップ180 疲労感がにじみ出てる

盛土でバニーホップ180をするも、踏み切りやフェイキーからの戻りで覇気が足りない感じ。

それでもキッチリ決まるのはバイクのおかげ、としか言いようがありません。

 

朝、まだ暗い内から釣りをしていて、最近は何としてもナマズを釣ろうと四苦八苦。その甲斐あって50cm級をヒットさせるもランディング直前でバラし(泣)

朝活BIKE&FISHで釣れたコイ

「次こそは!」と気合いを入れた20分後に釣れたのはコイでした…(泣)いや、これはこれで嬉しいんですけどね…

 

MTBは「斜め刺しバニーホップが深く入った時」「難しい地形条件でバニーホップ180がキレイに決まった時」などが気持ちよすぎて止められずに毎日トライしてしまいます。

釣りは「狙い通りに魚が釣れた時の快感」「ヒットした魚とファイトしている時の高揚感」がたまらな過ぎて止められないのです。

 

これって完全に中毒じゃないかー(泣)

 

明日の朝はまったり過ごそうかな…

samo 日々の貴重な時間の有効活用

ここを見ている方の多くはご存知かと思いますが、僕は今、仕事と育児の都合で、1週間の内6日間は、朝目が覚めてから保育園に行く息子を起こすまでの数時間しか自分が自由になる時間がありません。具体的な時刻で言うと、5時半から7時半の約2時間です。

こんな朝早くでは当然スケートパークもまだ閉まっていますし、クルマで遠方の地に乗りに行くことも不可能。

そんな状況なので、早朝からでも利用できる近所の多摩川河原でMTBで飛び回ったり、釣りを楽しんでいる訳です。

 

昨日の早朝は出社までにやらなければいけない仕事があったので、MTBに乗れた時間は30分弱。さらに連日croMOZU275でバニーホップをし過ぎて身体中が痛く、激しいライディングができません。

多摩川河原ダートコース公園のSHAKA24バイク

なので、今回は趣向を変えてSHAKA24で近場の公園でちょろっと脱力ライド。

今年始めに手首を痛めてからずーっと封印していたバニーホップバースピンをしてみました。そろそろ手首が治っているんじゃないかって…

ハイ!やってみたら大丈夫でした!!うわー、超久しぶりにバニーホップバースピンしたぞ!メチャ楽しい☆

ただ、カタチが汚いのはいつものことです。もっと頻繁に練習しないとな。

 

Shaka 24

あとあと、SHAKA24のストリートトリックのしやすさは半端ない!croMOZU275と比較にならないほど。

お客様のTUBAGRA SHAKA 24バイク

SHAKA24(マットクリアー)は即納可ですので、ご興味のある方はご連絡ください。

 

 

そして今朝、朝6時に目が覚めると外はまだ雨が降っていました。とはいえ、乗れないほど強い雨じゃないので、ズブ濡れ覚悟でcroMOZU275に乗って水浸しの近所の河原にGO。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 雨の中での斜め刺しバニーホップ

うう〜、どこも水たまりで走る度に水が跳ねて身体中が濡れていきますね。ひとまず回転系はタイヤが滑って一切できないので、地道に平地バニーホップを15分ほど繰り返して帰りました。

もっとリアを引き上げたかったけど、それは明日の課題にしよう!

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2017 by Street MTB Team TUBAGRA