SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo ご近所MTBライダーMさんのダートジャンプ修行で幕張に行ったら

日曜日は朝7時にご近所MTBストリートライダーMさんと一緒に河原の公園でストリート練。その後、前回ダートジャンプデビューしたMさんを幕張に再び連れて行き、ダートジャンプ特訓となりました。

幕張ダートを飛ぶ松平さん

Mさんの今回の特訓内容は2つ。「立ったリップをスムースに踏み切る(可能ならインバートを入れる)」「1連ジャンプのバックサイドにノーズダイブできるようにする」です。

残念ながら今回の限られた時間では達成できませんでしたが、次の機会にもチャレンジしてもらいましょう。Mさん自身もとても楽しまれていたので、そう遠くない時期に上手く行くんんじゃないかと期待していますね。

踏み切りや着地などで全く危なげないので、日々のストリート練習や携帯ジャンプランプ特訓の成果が明らかに出ています。

 

幕張ダートコースでは、ローカルの方たちが頻繁に整備されていて、いつでも気持ち良くダートジャンプを楽しむことができます。

幕張ダートローカル新谷さんのテーブルトップ(インバート)

Intense Tazerに乗るローカルの新谷さんによる高くて安定したテーブルトップ(インバート)。

 

そして、TUBAGRAライダーの藤本さんも幕張ローカル。今回はお子様と2人で来られていました。

幕張ダート藤本さんのakaMOZUバイクでのインバート(テーブルトップ)

高くてガッツリ入ったテーブルトップ(インバート)に…

 

幕張ダート藤本さんのakaMOZUバイクでのターンダウン

十八番のターンダウンも披露してくれました。MTBでのターンダウンは動きがダイナミックで本当にカッコイイ!

 

そして今回、初めてのMTBダートジャンパーに会うことができました。

幕張ダートローカル石井ユウキ君のハイエアー

幕張のこのジャンプで過去に見たことのない高さを飛ぶのは石井ユウキ君。

3歳から18歳まで続けていたモトクロスの経験と技術から、この程度のジャンプでは余裕が相当あるとのこと。

 

幕張ダートローカル石井ユウキ君のテーブルトップ

藤本さんに勝るとも劣らないガッツリ入ったテーブルトップ(インバート)も披露。本人的には「まだ入りが甘いです」。

 

幕張ダートローカル石井ユウキ君のX-UP

X-UPもこの入りっぷり。240度くらい入ってる?

 

幕張ダートローカル石井ユウキ君のタイヤグラブ

タイヤグラブも長い時間タイヤを掴んでくれるので、撮影がとても楽でした。

 

幕張ダートローカル石井ユウキ君のタイヤグラブ

最後にふか〜く入ったノーハンド。

彼は1つ1つのトリックの完成度が非常に高いことが特徴ですね。写真撮り甲斐があります。

 

彼のジャンプを見ていて、どこかのスポンジプール〜レジーマットで3D系の動きもマスターすれば、日本人では数少ないスロープスタイルにも行けるんじゃ?という期待を思わずしてしまいました。

 

そうこうしている内に僕がタイムアップになってお昼前に急いで帰宅。幕張でご一緒してくれたみなさま、ありがとうございました!

samo 終日育児DAYの強風土曜日

土曜日、朝起きて外を見たら凄い風。それでもいつものように近所の多摩川河原へ朝活BIKEをしに行きました。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 桜の前で斜め刺しバニーホップ

前日にバニーホップしたは良いけどバックパックに装着したロッド(釣り竿)が頭上の木の枝に引っかかって高く飛べなかった場所へ再び行き、キッチリ飛んできました。横風に煽られながらも、何とかこの地形にしては高く飛べて一安心。

それにしても、この強風で満開だった河原の桜も散っちゃいますね。今回で桜+MTBの写真はお終いかな。

 

 

朝8時に朝活から家に帰ったら奥さんは仕事に行ってしまったので、そこからは自分が育児を担当。いつものことですが。

多摩川河原でランバイクCOMMENCAL RAMONES 12に乗る叶大

まずは河原の公園でランバイク練習。近頃は息子の方から「自転車に乗りたい!」と言ってきて、積極的に乗ってくれるのでとても助かります。

 

多摩川河原でランバイクCOMMENCAL RAMONES 12に乗る叶大

さらに積極的に障害物にアタックするので、アクション系ライダーを目指してもらうには良い傾向じゃないでしょうか?息子よ、このカタチになったらまずはバースピンだろ。

 

多摩川河原でランバイクCOMMENCAL RAMONES 12で転ぶ叶大

転んでも泣かず、すぐにバイクを立て直してまたがり走り出すガッツも◯。

 

多摩川河原でランバイクCOMMENCAL RAMONES 12に乗る叶大

一通り河原を走り回るランバイク練習から帰る途中、河原の土手の端に曲がりながら下るダート小道を見つけ、息子はそこを下っては上り、を20セットほど繰り返していました。これは僕が強制したりせず、本人が勝手にやり始めたのです。

これは将来的にMTBライダーの素質アリなんじゃないか?(←親バカ)

 

 

夕方、夕飯ができるまで息子と一緒にBIKE&FISH。

croMOZU275とルアーロッド2本

すると去年末ぶりに30cmほどのウナギがヒット!

多摩川で釣れたウナギ

とはいえ、非常にデリケートな存在ですので、魚体は触らずに水際でフック外してすぐにリリース。

ウナギってヒットしても引きは弱いし、フックを飲み込みやすいし、ランディングでモタモタしているとラインに絡まり付いてくるので、実は釣れて欲しくない魚の筆頭なんです。

本当は早くスズキを釣りたいのですよ!いい加減、釣れてくれー(泣)

samo 「桜+MTB」写真の撮影の流れ

都内各地の桜は散り始めていますが、多摩川河原の桜はまさに今が満開。あまりにキレイで、散々撮っているにも関わらず、ついつい背景に桜を入れたくなってしまいます。

という訳で、今回も桜を背景にMTBのアクションライディングを撮ってみました。場所は過去に何度か登場しているメチャ飛びづらい逆R地形です。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 桜の前でバニーホップ180

最初はバニーホップ180をしてみたのですが、数日前の雨の影響で路面がヌメっていて、フロント荷重をするとフロントタイヤが微妙にズレて上手く回れない!(泣)何とかメイクはしましたけど、ハッキリ言ってただの平地でやった方がメイクしやすいと思えるくらいやりづらい地形でした。ここでは二度とバニーホップ180はやらないぞ!と心に誓うことに。

 

それでは、と普通のバニーホップに変更。まだこっちの方が気持ちよく飛べる!

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 桜の前で斜め刺しバニーホップ

近頃お気に入りの後ろからの斜め刺しバニーホップの構図。お尻の横にリアタイヤがねじれ上がっている姿が格好良く見えてしまうのです。

 

カメラの位置を変えて再びストレートバニーホップの撮影。背景の桜と自分がバニーホップしている位置のバランスが良くなるように意識して行いました。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 桜の前で斜め刺しバニーホップ

朝陽が上り、その光がレンズに入って描画が変になっていますけど、それなりに良い雰囲気の写真が撮れたかな?

と思って良く見たら、背負っているバックパックに装着しているルアーロッドが頭上の木の枝に引っかかってる!!お陰でバックパックも変なカタチに。

ハイ!明日、撮り直しです。

samo TUBAGRAオリジナルで26-36Hリムを作るべきか?

実はこっそりと扱っていた FIREEYE EXCELERANT 28 RIM Black 26inch/36H が完売してしまいました。

FIREEYE EXCELERANT 28 RIM Black 26inch/36H

このリム、ようするに26インチホイールでBMXハブが使える36H(スポークの数が36本)なのですが、現段階でただでさえ希少な26インチリムの中での、さらに希少な36Hなのです。(一般的なMTBのリムは32H)

 

TUBAGRAライダーkai君のSHAKAバイク

リアにBMXハブを使うTUBAGRAライダーKai君やYAMATO君のSHAKA26バイクも当然26インチの36Hリムを使用しています。

 

26インチ36Hリムは今、手に入りやすい状況にあるのでしょうか?

もし、困難な状況にあるなら、TUBAGRAオリジナルで生産〜販売した方が良いのかな?なんて思いますが、どうなんでしょうか?

 

TUBAGRAオリジナル24インチリム "TB LT RIM 24-32"(32H 32mm幅 )

TUBAGRAでは過去にオリジナルの24インチ32Hリム「TB LT RIM 24-32」(上の写真)を生産〜販売していて最初の50本はすでに完売。現在、第2ロットを販売している最中です。

こんな調子で26-36H版リムも作った方が良いのかなー?

SHAKAを26インチホイールで乗りたければ絶対に必要なリムですし。

samo 自分が27.5インチ(650B)ホイールMTBを積極的に乗る理由

今日の朝活BIKE&FISH。昨日までの雨天とはうって変わり、爽やかに晴れて快適〜!と思いきや、ネルシャツ+ショートパンツ姿では結構寒かったです。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 桜の前で斜め刺しバニーホップ

水温もまだまだ低いので、活性の低い魚の生息地を探っているとすぐにタイムアップ。当然1匹も釣れません。

そして、保育園に行く息子を起こすために、途中バニーホップを織り交ぜながら鬼の形相で河原のダートを家まで鬼コギして帰宅。ゲッソリ疲れますけど、これを1週間続けるだけで身長170cmで58kg台になっちゃうからダイエットには最適です。

 

そういえば、MTBとセットで桜はたくさん撮ってきましたけど、純粋に桜だけの写真は1枚も撮っていませんでした。

多摩川河原の桜 ソメイヨシノ

そんな訳で、申し訳程度の1枚。街の桜は散り始めていますが、多摩川河原の桜はちょうど今くらいが満開みたい。明日の朝もちょっと撮ろうかな。

 

 

自分が今、高い頻度で乗っているMTBは27.5インチ(650B)ホイールのcroMOZU275です。

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2を装着したcroMOZU275 3rd TEST

自分が思うにアクション系MTBの主役ホイール径は26インチ、24インチですので、「どうしてそっちに乗らないでサモさんは27.5インチMTBばかり乗っているの?」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

どうして自分が27.5MTBにメインに乗るのか?その一番大きな理由は、ズバリ、「主要なMTBのホイール径が27.5インチ(650B)になってしまったため」です。(あ、別に流行りに乗るためとか、そんな浅い理由からではないですよ)

事実、各ブランドのMTBのエントリーモデルはここ数年でほとんどが27.5インチ(650B)になってしまいました。

 

そのため、ここ数年にMTBを始めた人は、当然27.5インチホイールMTBに乗っている場合が殆どで、それでアクション系MTBに興味を持ってTUBAGRAを知ったとしても、Webサイトで登場するMTBが26インチ、24インチばかりでは、その人にとってはあまり実感というか、現実味がないと思うのです。

さらに困ったことに、今現在は26インチ、24インチMTBは一般的なバイクショップでは殆ど売っていません。

※コアなMTBショップではちゃんと取扱があったり、問屋にも在庫していたりして、決してシーンから消えている訳ではないのですが。

 

そんなことで、まずはTUBAGRAに行き着いた方が27.5MTBで飛び回っている写真や動画を見て「自分が乗っているMTBと同じホイール径でも飛んだり回ったりできるんだ!」と分かってもらい、そこからどっぷりアクション系MTBにハマっていただき、いずれはトリックが最高にやりやすい26や24MTB購入に踏み切ってもらいたい!という狙いで、あえて自分は27.5MTBに乗っています。

 

ぶっちゃけて言いますと、26や24と比較すると27.5MTBはホイールが大きすぎてトリックしづらいです。TUBAGRAで今まで培ってきたフレームジオメトリのノウハウをフル動員して作り上げたフレーム(croMOZU275)のお陰で僕は何とか飛んだり回ったりできていますが、本気で、純粋にMTBで飛んだり回ったりしたいのなら躊躇なく26や24をオススメします。

 

もっとも、27.5は今が旬なのでパーツの進化が激しく選択肢も豊富、そしてダート走行性能が高かったりといった美味しい要素も盛り沢山な訳ですが…

自分自身も、世界の多くのブランドが全然取り組んでいない「アクション専用の27.5MTBフレーム=croMOZU275」の開発・進化が面白過ぎちゃって、それに夢中になっているのも事実。

 

坂本さんのakaMOZUバイク

でもでも、いずれ26インチMTBが再び盛り上がる時代が必ず来ると僕は信じています。(あのYANSこと柳原康弘さんも言っていますし!)

ちなみに24インチMTBは15年前からずーっとアンダーグラウンドだったので、逆に今も昔も何も変わらず安定して存在しているのも面白いなーって思いますが。

samo 検討している新しいTUBAGRAのプロダクツ

今朝は昨日の寒さがどこへやら、というほど暖かったのですが、前日たっぷり降った雨の影響で路面のグチョグチョさが半端なく、アクティブに河原のダートを飛び回る気になりませんでした。それに、早朝から仕事していて乗る時間も極端に短かったですし…

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2を装着したcroMOZU275 3rd TEST

そんな訳で近場で平地バニーホップ練習を10分ほどして、自分のcroMOZU275を撮って帰宅。明日は5時起きでMTBと釣りをたっぷり楽しもう。

 

 

現在、TUBAGRAがラインナップしている主な製品は「MTBフレーム各種」「リジッドフォーク」「24リム(32H)」そしてこれから販売を予定している「ハンドルバー」となりますが、他にももっと拡充したいと真剣に考えています。

 

そんな訳で

「今後、作るかどうか真剣に検討しているプロダクツ」

がいくつかありますので、以下に紹介してみたいと思います。(それぞれのパーツの写真はイメージです)

 

・ショートステム

Suelo New Stem

最近でこそ突き出し35mm程度のステムが増えてきてはいますが、それの殆どはアルミ(カーボン)バー用の31.8mmばかり。クロモリバーが使える22.2mmクランプで突き出し35mm以下のステムが欲しい場合、BMXフラットランド製のショートステムを流用するしかありません。写真はBMXフラットランド用のショートステム、スペインのブランドSueloNew Stemで、もう手に入らない?

という訳で、ストリート色が強くて格好いいデザインで突き出し30mm以下、22.2mmクランプのショートステムを作ってみたい!そんな願望があります。

 

 

・シングルスピード用スルーアクスルリアハブ

DARTMOOR K-Drive Hub 32H

近頃は市場で135mm-10mmのシングルスピードハブが激減している、ということで、一番需要が高そうなのはコレでしょうか?もちろん強度の高いスルーアクスルで。

 

 

・サドル

ODYSSEY MIKE-AITKEN PIVOTAL SEAT

個人的には細身のシャープなデザイン、渋いカラー&グラフィックで、されど素材は柔らかめのサドルが欲しい、という願望がありますが… これは先送りでも構わないか?

 

今のところ、思いつくのはこれらでしょうか?台湾生産で考えると企画進行がメチャ遅いので、「コレだ!」と思ったら早め早めに動きたいです。

samo 雨と桜とMTB

朝、目が覚めて外を見ると、結構まとまった雨が降っていました。しかも気温は低いです。

この悪条件下の多摩川河原に乗りに行こうかしばし悩んだのですが、「雨の桜が絶対にキレイだ!」と思い、勇気をふるってcroMOZU275に乗り家を出ました。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 桜の前で撮影

雨が降ると、ただでさえ人が少ない早朝の多摩川河原はさらに人気が無くなるので、他人の目を気にせずに狙った構図で桜が撮り放題になるのです。

 

あと、 サスフォークがX-FUSION STREAT RL2に変わってからというもの、動きがスムースでグチョグチョな路面でも簡単に思い切ったバニーホップができてしまうので、それも出かける後押しになっていますね。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 桜の前で斜め刺しバニーホップ

撮ってみたかった構図の1つ「満開の桜を背景にバニーホップ」。

もうちょっとガッツリ刺したかったけど、結構な雨降りの中での撮影なので、これで勘弁してください。

 

色んな方に「サモさんは雨の日の写真も多いですけど、カメラの雨対策は何かされているのですか?」と質問されることがあるのですが…

水没Nikon D610と散田(サンタ)式自撮りリモート機器 JTK3-L

すみません、雨ざらしです…。

過去に多摩川の水深1mの川底に完全水没させたことのある一眼デジなので、ザーザー降りでも10〜20分程度ならボディやレンズは大丈夫なのではないでしょうか?(オススメしません!)

 

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 桜の前で撮影

そうそう、釣り道具もガッツリ持っていきましたが、この寒さじゃ魚は活性低くて釣れる訳ないので一切出番無し。

 

そんなこんなで、寒さで手がかじかんで限界になってきた頃に撤収。まー、こんな天気でしたけど、それなりにMTBで飛べ、キレイな桜とセットで撮れて良かったです!明日は晴れて暖かいかな?

samo 雨上がりのバニーホップ180ってヤツは…

昨日までの雨もどこへやら、というくらい気持ちよく晴れた今朝。近所の多摩川河原の路面は全面ウェットですが、とにかく回転系がしたくて(土日は雨天でストレートバニーホップしかできなかったので)croMOZU275に乗って走り出しました。

最近、良く攻める高さ10cmの盛土でバニーホップ180しようと突っ込んだところ、土日降り続いた雨の影響か踏み切る盛土の直前の砂地がとても緩く、回転系特有の横向きの力が含まれたフロント荷重で簡単にフロントタイヤが流れるのでした。

その結果、思い切ったフロント荷重ができないため、着地までに回転が足りずに全然メイクができない!

「余裕でメイクでしょ!」と軽い気持ちでトライしたら、とんでもなく難しくてゲンナリです。

 

が、そこで「何とかメイクしてやる!」と燃え上がり何度も地面に転がりながらもコツを掴んでメイク。

端から見たらただのバニーホップ180で地味だけど、自分としてはとても嬉しい朝のひとときでした。

samo 雨の桜とMTB – FOX METAH HELMET投入 – 奥さんの誕生日に

毎年撮ってきた多摩川河原の桜がついに満開に近い状態になったので、早朝croMOZU275で出かけて行って撮影。曇り予報のハズが普通に小雨が降っていますね。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 桜の前で撮影

それでも霧っぽいモヤがかかった中でMTBと桜の写真が撮れてそれはそれでOKかな。今年もキレイな桜の花を見せてくれてありがとうございます!

 

今年やってみようと思っていた企画「桜の前でバニーホップ」を実践してみました。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 斜め刺しバニーホップ 桜の前で撮影

うーん、これは…美しくないし企画倒れか?そもそも桜の前でぶっ飛べる地形なんて殆どないので、僕の苦手な平地バニーホップするしかなくて、しょっぱい絵になってしまいました。

この後、雨が激しく降ってきて急いで退散。もっと深く刺したかった…(泣)

 

今回、購入したばかりのFOX METAH HELMETを初めて実戦投入しましたが、装着感も見た目もかなり良い感じです。河原でこのヘルメットを被って飛んだり回っていても違和感ないですね。良かった!

 

雨でズブ濡れになっていますが、ザーザー降りが少し収まってきたので帰り途中に30分釣り。

croMOZU275と多摩川丸子橋でマルタウグイ釣り

堰は依然として閉まっており、遡上できないマルタウグイがすし詰め状態になっていて、光り物のルアーを投げればほぼ入れ食い。

croMOZU275と多摩川丸子橋でマルタウグイ釣り

FOX METAH HELMETは釣りをしていても(それほど)違和感無し。あー、本当にこのヘルメットを買って良かったです。

多摩川丸子橋で釣れたマルタウグイ

釣果としては、短時間で50cm弱のマルタウグイが3匹釣れました。使用ルアーはABUのスプーンのみ。1匹釣り上げるのに5〜10分かけているので、かなり満足できました。また腕が筋肉痛になります。

 

家に帰って温かいシャワーを浴びて落ち着き、家族と家で大人しく過ごします。こんな日曜日も悪くありません。

熱っぽい叶大

風邪気味で熱がある息子は僕のMacBook ProでYouTubeのオモチャ紹介動画を好んで観ています。あまり長時間観せないようにはしていますが。

 

それでも、外を見てちょっとでも雨が止んだことが分かったら、ささっとcroMOZU275に乗って「桜の前でバニーホップ」。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 斜め刺しバニーホップ 桜の前で撮影

ってもすぐに雨が降ってきてしまうので、焦って撮るから満足のいく構図にならなかったり、そもそも自分の平地バニーホップが低くて格好悪いのがツライところ。撮影に適した桜の木探しも含めて所要時間10分程度では上の写真が限界でした。

 

夕方は奥さんの誕生日を祝うため、家族3人で久しぶりに広尾の焼肉屋さんへ。

奥さんの誕生プレゼントに広尾の牛の蔵で焼肉

相変わらず肉は柔らかく、脂が甘くて上品な味で満足。

奥さんの誕生プレゼントに広尾の牛の蔵で焼肉

決して安くはないですが、特別な日くらいの贅沢は一向に構わないです。

奥さんの誕生プレゼントに広尾の牛の蔵で焼肉 アイスクリームで〆

そういや、前回来たのは息子が生まれたばかりの時で、昨年末に他界した親父も一緒だったんだよな、って思って感慨深かったり。

samo 雨の朝とFOX METAH HELMET購入

昨日の天気予報では「朝は曇り」だったにも関わらず、見事に雨ザーザー降りの今朝でした。それでもMont-bellのレインウェアを着て釣り道具を持ち、雨の中croMOZU275に乗って出発。

croMOZU275 3rd TEST 多摩川河原サイクリングロード

相変わらず多摩川河原の桜は満開まであと少しの状態なので、代わりに草花でいっぱいの河岸を背景に撮影。これはこれでキレイでした。

 

croMOZU275 3rd TEST 多摩川河原サイクリングロード

MOZUヘッドバッジが装着されたバイクは本当に趣が増して格好いい!!

 

朝活BIKE&FISHで使用するSHIMANO製のロッドとリール

毎朝使っている釣り道具ですが、僕は自転車乗りということもあり、SHIMANO製のルアーロッドとリールを愛用しています。

 

今日使ったルアーは35年前に購入したABUのスプーン。これがまた爆釣で…!

多摩川丸子橋での朝活BIKE&FISHで釣れたボラ タモ使用

今回からタモ(網)を導入し、ランディングが格段に楽チンかつ確実になりました。この方が魚体を傷つけないし(網の部分は魚体を痛めない素材)、フックを外す際も魚が暴れづらいので安心です。買って良かった!

多摩川丸子橋で釣れたマルタウグイ

そんなこんなで今日の釣果は、釣りをした30分間で50cmのボラ1匹、40cmと60cmのマルタウグイを1匹ずつと合計3匹でまずまずでした。殆どの時間をヒットした魚とのファイトに費やせて幸せだったなぁ!

 

家に帰ったら今日は終日息子の育児です。

そんな息子は朝からちょっとグッタリしていたので熱を計ったら38度!病院に連れて行ったり看病したりと、殆どそれで時間が潰れました。まぁ、今日は天気が悪くて外に遊びに連れていけないし、これはこれで良かったのかも知れません。

 

 

夕方、少し回復した息子を連れてクルマで小川輪業に行き、注文していたFOX METAH HELMETを購入しました。

FOX METAH HELMET フォックス メタ ヘルメット

デザインがだいぶ主張していてガッチャマン度が向上。ですが、これは自分も気に入っている点です。

 

そんなヘルメット装着写真を撮影していたら、息子が「僕のヘルメットも撮れ!」と乱入してきたので、仕方なしに一緒に撮影。

FOX METAH HELMET フォックス メタ ヘルメットを被ったサモとBELLのヘルメットを被った叶大

息子は頭の形がちょっと歪んでいるので、ヘルメットをしっかり被ると斜めになっちゃうのです。成長したらバランス良くなるらしいので心配はしていませんが。

という訳で、明日の朝活BIKE&FISHからFOX METAH HELMETを使用します。格好いい写真が撮れるようにライディング頑張るぞ!

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2020 by Street MTB Team TUBAGRA