SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo ザクザクだった雪のトレイルライド

ご近所ライダーのtksgさんがしばらく平日休みが取れなくなるため、サタジュクやバイクロアでお世話になっているマキシマさんにアテンドしていただきトレイルへ。

雪のトレイルライド マキシマさんとtksgさん

トレイルに到達し、凍結した路面とたくさん残った雪のある斜面を前にした時は「まともに乗れないんじゃ…」と軽く絶望したのですが、ブロックタイヤは普通にグリップし(多少は滑りましたが)グイグイ進んで行けることが判明した時の「MTBスゲー!!」という感動は相当でした。(MTB始めて15年以上スケートパークやストリートでしか乗っていなかった人間の感想)

 

やはりトレイルの中は普通の平地より気温が低く、殆どのルートでガッツリ残る雪。

雪のトレイルライド

深い雪にビビって思い切りペダルを踏むとタイヤが空転してバランスを崩したり、無駄に疲れたりするので、一定のトリクをかけたペダリングで進んで行きます。自分たちにも既に何本ものブロックタイヤの跡が。既にたくさんのMTBが走りに来ているんですね。

 

今回の面子のバイクを紹介します。

雪のトレイルライド tksgさんのSurly 1x1 26

tksgさんはSurly 1×1(ワンバイワン)の26インチホイール。ハンドルが凄いアングルですけど、バニーホップも含めとてもバイクコントロールがしやすい驚きの仕様。

 

雪のトレイルライド サモ croMOZU275

お馴染み自分のcroMOZU275で27.5インチホイール。

 

雪のトレイルライド マキシマさんの29erMTB

マキシマさんのGARY FISHERの29er。

全員のバイクはドロッパーポストが装備されています。上りと下りが頻繁に訪れるトレイルではやはり絶対な威力を発揮しますね。そして、タイヤの太さは今流行の「2.6〜3.0などのプラスサイズ」ではありませんが、各自問題無く走れていました。

 

雪がびっしり積もった橋を渡ります。一見大したこと無さそうですけど、橋の幅は狭く万が一雪でフロントタイヤが滑ったらドボン確実で意外と怖かったり。

雪のトレイルライド 雪の橋を渡るマキシマさん

雪のトレイルライド 雪の橋を渡るtksgさん

雪のトレイルライド 雪の橋を渡るサモ

とは言いつつも、変顔したりハンドサインをするくらいの余裕はありました。

 

雪だらけのトレイルの中でも、日当たりの良い斜面の一部にはドライ路面もあったりします。

雪のトレイルライド 急斜面を下るマキシマさん

雪のトレイルライド 急斜面を下るtksgさん

雪のトレイルライド 急斜面を下るサモ

ドライな急斜面をみんなで下りました。上りのアプローチに雪がびっしり無ければ程よい助走してバニーホップドロップするんだけどな…

 

今日のトレイルのノルマ。下り斜面の切り株でファイアークラッカー。

雪のトレイルライド 急斜面をファイアークラッカーするサモ

前日、スケートパークのハンドレール失敗で股間を強打した影響で、段差降りやバニーホップ着地をすると股間を中心として身体全体に痛みが走り、思い切り飛ぶことができませんでした。

 

雪のトレイルライド 急斜面を下るtksgさん

今回のトレイルライドの〆は雪の急斜面のダウンヒル。スリル満点だったけど全員クリアー!

お昼にはあがりましたけど、雪によって普通の状態では味わえないようなシチュエーションがたくさんあり、すごく満足度の高いトレイルライドとなりました。

 

雪のトレイルライド 記念撮影 tksgさん マキシマさん サモ

最後は一緒に走ったみんなで記念撮影。中央がtksgさんで右がマキシマさんです。マキシマさん、今回はアテンドしていただきありがとうございました!

samo ひとまずエアターンの目標達成

今日の午前中1時間スケートパークライドはSHAKA24で城南島海浜公園スケートパーク。

城南島海浜公園スケートパーク サモ SHAKA24 エアターン

「ここのクォーターでのエアーの高さ10年間変わらないので今年は柵越えの高さが出るように頑張りたい」と先日書いていましたが、どうやら達成した模様です。エアターンのHow to動画撮っていたら調子良かったのでつい…(汗)

よし!新たな目標を設定しよう。

やっぱりエアターンインバートですかね。これくらい飛んでガッツリ入れたいなぁ!

 

あと、スケートパークで乗るMTBライダーが増えて欲しいので、パークの初歩・基本テクニックを紹介する動画を作って行く予定です。お楽しみに!!

 

帰り間際、つい暖かかったのでハンドレールで頑張ってしまいました。その結果…

バンクバニーホップからダウンレールを直狙いしたらビビって空中分解〜クラッシュ。

地面にスライディングして股間を強く打ち付けて大ダメージ。男性機能は大丈夫なのか心配になるくらい痛いです。咳とかくしゃみするだけで激痛で悶絶もの。

 

あまりにもダメージ大なので、明日はスケートパークは控えてトレイル行きます(泣)というか、上りとか大丈夫なのか?

samo 多摩川河原をポタリング

今日はお昼前から奥さんと用事があったので、croMOZU275に乗って朝一で1時間ちょっと多摩川河原をポタリングしてきました。

先週降った雪はだいぶ溶けて無くなっていたものの、路面はかなーりマディ。この調子だと里山トレイルにはまだ相当雪が残っているのではないでしょうか?しばらく行けないのかな…

 

ポタリングとは言っても、そこは最高の楽チン「飛び道具」であるcroMOZU275に乗っている身。

多摩川河原ダートコース croMOZU275 丸太バニーホップ ファイアークラッカー

少しでも飛べそうな流木、倒木、木の根っこ、地形の盛り上がり、岩などがあれば積極的にタイヤを当てていってバニーホップ=ファイアークラッカーして飛び走ります。

 

多摩川河原ダートコース croMOZU275 丸太バニーホップ ファイアークラッカー

岩でのファイアークラッカーは木と違って衝撃がちょっとキツイように思いますね。ちょっと端が尖っているところに当てちゃったら空気圧低いと簡単にパンクしそう。

 

多摩川河原ダートコース croMOZU275 丸太バニーホップ ファイアークラッカー

開けた草地に流木を置いて刺しバニーホップの練習。トレイルライドを想定してバックパックを背負ったままだとこの程度が限界みたい。いや、まだまだ頑張れるハズ!

 

croMOZU275 BIKEYOKE X-FUSION TERRENE

短時間ですがバッチリ楽しめた多摩川河原ポタリング。最近はSHAKA24でスケートパークばかりで乗っていますが、河原をcroMOZU275で飛び走るのもたまには悪くないな、なんて思いました。

あー、やっぱりトレイルで乗りたいな。本当に雪はどんな状況なんだろう?

 

 

今季放映中のアニメ「ラーメン大好き小泉さん」を夫婦で観ていて一蘭のラーメンを食べるエピソードが。

自分がまだ一度も一蘭に行ったことがないと奥さんに話したら、今日のお昼に連れて行ってくれました。

奥さんから一蘭のラーメンをご馳走になりました

九州は福岡出身の奥さんにとって一蘭のラーメンはソウルフードみたいなもので、何としても食べてもらいたかったようです。

食べた感想は、思っていたよりも上品で美味しかった!また食べたいな。

 

 

お昼の後に息子の保育園の保護者会があり、息子は早めに帰宅。すると「自転車に乗りたい!」と言い出したので、夕陽の多摩川河原にヨツバサイクル練習をしに行きました。なんと3日連続です。

多摩川サイクリングコース 叶大 ヨツバサイクル

さすがに補助輪には慣れたし、そろそろ卒業だろう!と補助輪を外そうとしたところ息子が猛烈に拒否。

こういうところは息子は超頑固なので、補助輪を外すのはしばらくかかるかも知れません…orz

samo この土日の過ごし方

土曜日も例にもれずSHAKA24に乗るご近所MTBストリートライダー松平さんと一緒に早朝の城南島海浜公園スケートパークライドをしてきました。ここ最近の寒波の影響で、乗り始めの寒いこと寒いこと。朝陽がしっかり当たるようになって、ようやく身体が暖まって動いてくる感じです。

スケートパーク初心者だった松平さんも毎週スケートパークに通うことにより、徐々にですが乗れるようになっていますね。

城南島海浜公園スケートパーク 松平さん SHAKA24 ポゴターン

クォーターパイプでポゴターンをする松平さん。コーピングから飛び出ないで空中でターンするポゴターンはスケートパークでまずマスターするべきトリックの1つです。

 

城南島海浜公園スケートパーク サモ SHAKA24 エアターン

ポゴターンを安心してできるようになったら、次に覚えるのはエアターン。コーピングから上にバニーホップで飛び出てターンします。これができるようになるとクォーターパイプでターンをする際に失速せず、むしろ加速することができてパーク内をスムースに飛び走ることが。

まぁ、自分の場合はエアターンが低いので、大した加速を得られない訳ですが…(汗)

気がつけば城南島海浜公園スケートパークのクォーターパイプで10年前からエアターンの高さが進化していないので、せめて今年は柵越えの高さが出るように頑張りたいと思います。

 

あと、エアーで余裕が出てくると、テーブルトップ(インバート)などのエアートリックも入れることができて格好良い!

城南島海浜公園スケートパークのクォーターパイプでエアターンインバート練習

写真は数年前のものですが、大して入っていなくてすみませんー!!(泣)

今年はエアターンを高くして、もっと深いテーブルトップ(インバート)が入るように頑張ろう!

 

近日中にエアターンのHow toページを更新しますね。かれこれ10年近く前の内容だし。

 

城南島海浜公園スケートパーク サモ SHAKA24 バンクバニーホップ

エアターンした後すぐにバンクtoバンクに進入するので、そこで斜め刺しバニーホップ。踏切甘くて高さイマイチでしたね。まだまだ行ける。

 

この土日は両日とも午後は息子のヨツバサイクル練習をしました。ここのところ週末はキャンプやハンドメイドバイシクル展があったため乗るのは2週間ぶりです。

多摩川サイクリングコース 叶大 ヨツバサイクル

そのため自分は当初、補助輪を外す気満々だったのですが、2週間乗っていなかったブランクを埋めるのを優先。さらに、Youtubeにアップされている補助輪外しの練習動画を息子に観てもらって「これできる?」と聞いたところ「できない!」とキッパリ返されてしまったので、息子の自転車の補助輪外しはもう少し先に延ばすことにしました。本人がやる気になってから取り組もうと思います。

 

再び息子ネタで恐縮ですが、先日、自宅バリカンデビューをしました。

叶大 初バリカン

だいぶ髪の毛が伸びていたので、奥さんが満を持して子供用のバリカンを購入。オシャレっぽく後ろを刈り上げてみたところ、見た目のヤンチャ度が増しただけ、という。

息子は当初、猛烈にバリカンを嫌がったので、Youtubeで好きな動画を見せて気を紛らしたところで一気に刈る奥さん。

samo TUBAGRAの新ストリートトライアルフレームの名前決定!

TUBAGRAのストリートトライアルライダー太一君のシグネチャーフレームの名前がついに決まりました。

ストリートトライアルフレーム TONE

TONE(トーン)」と言います。

この名前は太一君が提案してくれたもので、名前を分解してみると「T=太」+「ONE=一」ということなんですね!

 

この「TONE」ですが、ベースとなったストリートトライアルフレーム OPENER(trMOZU)のジオメトリを見直し、近代的なストリートトライアルの動きに対応。

変更箇所を具体的に言うとフロントセンターを20mm詰めクイックなバニーホップや回転系の動きを可能とし、近年の高速かつ複雑化しているストリートトライアルのトリック、ライディングを容易にしています。

そしてヘッドチューブを上に10mm伸ばし高めのハンドル位置にしてもスペーサーを入れすぎずに済むようにしました。(従来のヘッドチューブの長さでハンドル位置を高くしようとするとスペーサーがいっぱいになって首長族みたいになってしまう)

 

ストリートトライアル TONE

既に太一君はこのフレームに乗っていますが、まだ組まれたバイクの写真はありません。実は太一君は現在、高校受験の真っ只中にいるため、彼が乗る「TONE」の撮影やライディングは受験が完全に終わった後に予定しているのです。

という訳で、「TONE」で組まれたバイクとライディングの画像や映像はもう少々お待ちください。(TONEのページに掲載されている画像はすべてOPENERですが、撮影し次第すべて差し替えます!)

 

ちなみに、既に「TONE」をご購入いただくことは可能です。第一ロットも秘密裏に発売しておりすぐに完売してしまいました。第二ロットもオーダーが入り次第、作成準備に取り掛かりますので、ご興味のある方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。現時点で納期は3ヶ月ほどかかります。

 

 

 

今日は午前中、1時間ほど大師河原公園スケートパークに乗りに行ってきました。バイクはSHAKA24

雪と氷が残る大師河原公園スケートパーク

着いた瞬間パークを見て絶句。施設の1/3が雪や氷で覆われていて、主要なセクションでまともに乗ることが困難な状況となっていたのです。というかこのパーク、今の時期は近くにかかる首都高の高架の影がかかって陽が当たらず、それで雪が溶けずに残っているのでした。

昨日の城南島海浜公園スケートパークにはまったく雪が無かったので、大師河原も同じような状況だとまったく疑わなかったのがいけなかったな。っても、時間も限られていて今から他のスケートパークに行く時間も無いので、仕方なしにここで乗ることに…

 

このパーク内で唯一陽が当たる場所がレールエリアです。というか、雪や氷の無い場所がここしかないんですよ。(水たまりは結構たくさんある)

雪と氷が残る大師河原公園スケートパーク SHAKA24 アイスピックグラインド

本当は今日はレールをあまりする気が無かったのに、仕方なしに一通り自分ができるレールトリックは練習。うーん、不本意!(泣)

 

改めてパーク内を見渡すと、アプローチで何箇所か凍結路面を通過する必要があるものの、わずかに奥のバンクを一部使えることが判明。早速、そのバンクをバニーホップして飛ぶことにしました。

雪と氷が残る大師河原公園スケートパーク SHAKA24 バンクバニーホップ

着地面も半分凍結していて安全なのは幅1.5mほど。ここに的確に着地しなくてはいけないので、横に流れる可能性のある回転系、バニーホップ180などは繰り出せません。本当はバンク飛び出し回転系の練習をしたくて今回このパークに来たんだけどな…(涙)

そんなこんなで早速トライしてみると、やはりアプローチ途中にある凍結路面で滑ってラインが流れるものの、何とかしっかりバンクバニーホップができました。楽しい!!

20回ほど気持ち良く飛んで納得し、帰らなければいけない時間が近づいてきたのでパークを後にしました。

正直言うと、かなーり消化不良な今日のスケートパークライディング。まー、こんな路面では仕方ないのですが…

 

 

家に帰ったらずーっとデスクワーク。ただ、やっぱり物足りず、croMOZU275に乗って30分ほど近所の多摩川河原の様々な地形をバニーホップ180で攻めることに。

croMOZU275 4th多摩川河原サイクリングコース バニーホップ180

夕方の16時前でメチャ寒かったのですが、最近ライディングに欠かせないマフラーがあると暖かくて耐えられるのです。しばらくはこのスタイルだな。

samo 太陽出ているのに極寒スケートパークライド

今日は相続関係の手続きを諸々済ませた後、SHAKA24に乗っていつもの1時間スケートパークライドをしてきました。

一見、太陽が出ていて暖かいのですが、空気が凄まじく冷たくてチャラにされる感じ。あまりにも寒くて水飲み場の水は凍り、乗るにしても寒すぎてグローブはもとよりマフラーを巻いたまま乗るしかありませんでした。

寒い時は身体が動かないので細かいトリックはやりづらく、気がつけばバニーホップ180のようなシンプルなトリックばかりを繰り出していましたね。

 

上の動画の一部分でR飛び出しの180の瞬間。

城南島スケートパーク SHAKA24 ミニランプ飛び出しテーブルトップ インバート

マフラーで完全に視界を遮られていますが、フェイキー着地で安全に戻れました。

バニーホップ180以外にもっと色々なことをしておけば良かったかな、と思いつつ、あの寒さなら仕方がないか、とも思ったり。早く暖かい日が戻って欲しいな。

samo YAMATO君のバニーホップバースピンHow to動画とサイクルパーツ合同展示会

TUBAGRAライダーのYAMATO君がバニーホップバースピンのHow to動画を作成してくれました。

ちょっと喋りの音が小さくて聞き取りづらいですが、とても参考になりますので、どうぞご覧ください。

 

そんなYAMATO君のバニーホップバースピン動画に触発され、最近サボり気味だったバニーホップバースピンを自分もやってみました。(※明らかに違う動画が表示されている場合はブラウザの更新(再読込)をしてみてください)

ハイ、劣化してたー(泣)

やっぱりこのトリックは毎日やらないと駄目ですね。

最後のバニーホップ180は、長年のフォームをちょっと変えてみたもの。より軽い力で回りきるので良いかも知れない。

 

それにしても自分のSHAKA24バイク、汚い…

多摩川河原ダートコース SHAKA24

自家塗装+グラインドメインで5年も乗ってれば、そりゃあボロボロになりますね。

 

 

今日は浅草で開催されているサイクルパーツ合同展示会に行ってきました。

サイクルパーツ合同展示会

次回には自分もTUBAGRAで出展したいなーと考えているため、どんな雰囲気か確かめてすぐ帰宅するハズが、多くの知り合いと遭遇し話し込んでしまい、息子の保育園のピックアップがギリギリに。危なかった!(遅刻したら延長料金)

 

知り合いの出展ブースを少しですが紹介します。

サイクルパーツ合同展示会に出展されていたYuris 篠塚さん

いつもFireEyeやFORMOSA、BikeYokeのパーツでお世話になっているYurisの篠塚さん。

 

サイクルパーツ合同展示会に出展されていたオルタナティブバイシクルズ 北澤さん Dos Ruedas 村田さん

TERRENEのタイヤでお世話になっているオルタナティブバイシクルズの北澤さんと、ブースのお手伝いにきているDos Ruedas(ドス ルエダス)の村田さん。

 

とても参考になった良い展示会でした。今年中に取り扱いパーツを増やしてマジで次はTUBAGRAも出展するぞ!

samo 雪でキッカーを作ってスノージャンプしてみました…が!

今日は昨夜の大雪に覆われた白銀の多摩川河原の草地で、スコップを駆使し雪でキッカーを作ってみました。croMOZU275で鬼コギぶっ飛びする気満々で。

ところが、まさかの暖かさから、積もった雪が凄い勢いで溶け始めている。

多摩川河原ダートコース croMOZU275 雪の日

そんな状況下で地道にスコップで叩きながらキッカーを強く固めて作り上げたものの、少しでもリップ進入時に芯(センター)を外したり、ウィップしようと斜めに入っただけでキッカーは簡単に割れて崩壊。その度にジャンプを止めてキッカーを作り直さなくてはいけなく、それがかなりの面倒臭さ。

さらに高く飛ぶ気満々で強くプッシュした瞬間に高頻度でキッカーが崩壊するので、怖くてフルパワーでプッシュすることができません。

そして猛烈にストレスだったのが、ぶっ飛ぶためにキッカーへ速い進入をしようと助走を頑張るも、アプローチにある雪が溶けドロドロのグチャグチャになっていて、タイヤが滑り失速しまくること。

多摩川河原ダートコース croMOZU275 スノージャンプ

これらのことで1時間くらい無駄に粘ってしょっぱいエアーばかりを連発し、結果的に全然気持ち良く飛べずに諦めて帰ることに。こんなハズじゃなかったのにー(泣)

※こんな状況でもTevaのウインターブーツは大活躍でした。グチョグチョの雪でも浸水は無いし足先もまったく冷たくなりませんでしたね。

 

河原を散歩する人がキッカーに引っ掛けて転ばないように崩して平地に戻し、さらにヌタヌタになったアプローチも雪をかけ直して同じく平地に戻してその場を離れようとすると、ご近所MTBライダーのtksgさんと遭遇。

tksgさんは純粋にMTBでスノーライディングを楽しまれていたのでした。

多摩川河原ダートコース tksg 高杉さん

河原の土手の急斜面を下るtksgさん。

多摩川河原ダートコース tksg 高杉さん スノーライド 土手ダウンヒル

そんなこんなで、暖かくてキレイな白銀の世界でMTBに乗れたものの、自分的には猛烈に消化不良だったスノージャンプでした。

次にこの規模の雪がいつ降るか分からないので、次回に活かしようがありませんが、良い経験になりましたね。

samo 雪の日こそMTBでスノーライディング!

関東で4年ぶりとなるまとまった雪が降り積もりました。雪に慣れていない関東の交通機関は完全に麻痺し、そそくさと家に帰って暖かくしていたいものですね。

が、MTBに乗っていてこの雪を見たら、そりゃあ走りに行きたくなっちゃうのが性分ってヤツ!

多摩川河原ダートコース croMOZU275 スノーライド

そんな訳で、croMOZU275でお昼くらいに多摩川河原に突入!この段階でかなり雪は積もっていて、河原は一面真っ白の銀世界でした。

この程度の雪でしたら、27.5インチホイールで2.3の太さのタイヤがあれば直進性ではまったく問題無し。タイトなカービングでフロントが滑る事に気をつければ、とても快適に走ることができます。

 

ただ走るだけでは物足りなくなるのがMOZUに乗る者の宿命… ということで、軽くバニーホップをしてきました。

多摩川河原ダートコース croMOZU275 スノーライド ファイアークラッカー ブタ超え

とはいえ、寒さで身体の動きが鈍く、路面状況も決して良くないので、障害物に意図的にタイヤを当てて軽い力で飛ぶファイアークラッカーを駆使して楽チンに高さ40cmほどのブタのオブジェを飛び越すことに。ただ飛び越すだけでなく、リアタイヤでブタ君を舐めるように超えるのが狙いでした。

 

もっと高く飛んでみようかなーと、反発を強く出すためにリアタイヤをブタ君に強くヒットさせてみたところ、リアが跳ね上がり過ぎ&雪が詰まって滑りやすくなっている樹脂ペダルとスノーブーツの凹凸が激しいソールパターンの相性が良くなく完全に足がペダルから外れて下の写真のように。

多摩川河原ダートコース croMOZU275 スノーライド ファイアークラッカー ブタ超え 失敗

このまま前転し、シャーベット状になった水たまりにグローブでスライディングしてしまいました。水浸しになったグローブは暖かさから一転。冷えて指先の感覚がなくなってきたので急いで撤収を決意。

 

多摩川河原ダートコース croMOZU275 スノーライド TEVAスノーブーツ ウインターブーツ

今回は冬キャンプ用に購入したTevaのスノーブーツ(ウインターブーツ)を初めてMTBのスノーライドに履いて行ったのですが、上で述べたように雪が詰まった樹脂ペダルとソールの相性は正直良くないものの(こんな状況じゃどんなスニーカーでも滑りますが)、どれだけ雪に深く足を突っ込んでも最後まで足先まで暖かいので全て許せました。これは本当に快適!買って良かった!!

 

 

夜、東京23区にしてはかなりの積雪に。4歳の息子にとって今回の雪は人生初の大きな出来事となりました。

叶大と家の前で雪だるまとかまくら作り

なので、父親としては家でぬくぬく暖まって寝たいところを我慢し、息子と一緒に家の前で雪だるまとかまくら作りをすることに。

 

しばらくしてその2つが完成!

叶大と家の前で雪だるまとかまくら作り

息子と記念撮影しようと思ったら、どうも息子は寒さの限界に達しってしまったようで「おうちに帰る!」とそそくさと家の中へ。

一人取り残された自分は仕方なしに雪だるまとかまくらだけを撮ってトボトボ家に戻ったとさ…(泣)

 

明日の朝は早く起きて家の前の道路を雪かきしなければいけません。それが終わったら河原に雪でキッカー作って飛びまくるぞ!

samo 2018ハンドメイドバイシクル展 – DAY2お疲れ様でした!

今日の2018ハンドメイドバイシクル展2日目は、出会いが最高な1日となりました。展示されていたハンドメイドバイクの情報はぶっ飛ばして、今回は「人」をメインに書いて行きたいと思います。

2018ハンドメイドバイシクル展 公園トライアルのミナミさん 水野(ハルオ)君

およそ18年前に日本のMTBストリート、ストリートトライアルシーンの礎を築いたと言っても過言ではない、「公園トライアル(当時アクション系MTBをやっていたライダーがほぼ全員チェックしていたWebサイト)」の管理人のミナミさん(中央)と、盟友の水野(ハルオ)君(右)が15年以上ぶりに再会した特別な日となりました。自分もその場に立ち会えてとても嬉しかったです!

 

2018ハンドメイドバイシクル展 晴輪雨網 元祖X親父 小林さん

そして、同じ頃にクロカン寄りアクション系MTB Webサイト「晴輪雨網」を運営していた「元祖X親父」の小林さんも遊びに来てくれ、昨今のMTBシーンのお話をしたり、ウチの息子と奥さんを会わせることができて本当に良かった!

 

2018ハンドメイドバイシクル展 TKC Productions テイスケさん

最後に東京に仕事で来ていたTKC Productionsのテイスケさんも来場いただき、最近のMTBシーンやMTBストリートシーン、トレイルのお話をできてこれも本当に良かったです。撮影時に弊社のSHAKA24フレームを手に取っていただき本当にありがとうございました!

 

他にもご来場いただいたMTBライダーの人たちとたっぷり話せて充実した1日でしたね。話しすぎて喉が痛いです(笑

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2018 by Street MTB Team TUBAGRA