SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo 24″ Street Trial Frame TONE(トーン)

以前、紹介したTUBAGRAライダー太一君シグネチャーの24インチストリートトライアル専用フレームである「TONE(トーン)」。

ストリートトライアルフレーム TONE

ベースとなったストリートトライアルフレーム OPENER(trMOZU)のジオメトリを見直し、近代的なストリートトライアルの動きに対応させています。具体的に言うとフロントセンターを20mm詰めクイックなバニーホップや回転系の動きを可能とし、近年の高速かつ複雑化しているストリートトライアルのトリック、ライディングを容易にしています。

フレーム名の由来は「T=太」+「ONE=一」で「T-ONE」→「TONE」ということで、実は太一君が提案してくれました。

 

早速「TONE」で組み上がったバイクと、それに乗った太一君のライディングの撮影を行いたかったものの、昨年末から中学3年生の太一君は高校受験の真っ只中だったためそれらを行うことができず。そして、それからしばらく経ち一通り太一君の受験が終わった今、ようやく撮影することができたのでした。

 

まずは「TONE」で組み上げたバイクの写真とバイクチェック(パーツ構成)を御覧ください。

24" Street Trial Frame TONE バイク

24" Street Trial Frame TONE

24" Street Trial Frame TONE バイク

24" Street Trial Frame TONE バイク

24" Street Trial Frame TONE バイク

24" Street Trial Frame TONE バイク

【バイクチェック】
フレーム:TUBAGRA TONE
ヘッドバッジ:Rui & Aguri Fine Jewelry製 MOZU GOLD 径40mm
フロントフォーク:Full Marks – Street 24/26 肩下410mm
ホイール:前後BONZのリム
フロントハブ:ECHOのトライアル用ハブ
リアハブ:HOPEのPro4
タイヤ:前後 Continental Air King 24×2.4
ハンドル:Inspired 3インチバー
ステム:TRIALTEC 35度 90mm
ブレーキ:前後HOPE
ローター:SHIMANO RT-86
クランク:TRIALTEC 175mm
ペダル:TRIALTEC
チェーンリング:TRIALTEC ギア比はフロント22のリア15
シート:Inspired
シートポスト:BMX用?
シートクランプ:TIOGA

ストリートトライアル TONE

TUBAGRAライダー太一君シグネチャーの24インチストリートトライアル専用フレームである「TONE」の詳細はこちらよりご覧いただけます。

 

 

TONEに乗った太一君によるライディングの写真と動画も御覧ください。

24" Street Trial Frame TONE バイク太一君 バニーホップリアタップ

24" Street Trial Frame TONE バイク太一君 バニーホップリアタップ

24" Street Trial Frame TONE バイク太一君 バニーホップリアタップ

24" Street Trial Frame TONE バイク太一君 公園遊具 フファニュ

 

今回撮影した動画の一部になります。

(※明らかに違う内容の動画が表示されている場合はブラウザの再読込を行ってください。正しい動画が表示されます)

 

帰り際、定番ジャンプトリックの1つ、「テーブルトップ(インバート)」のやり方を太一君に伝授しました。今回はRでのジャンプでなはく、ちょっと難しい土の盛り上がりを利用したバンクバニーホップからの「テーブルトップ(インバート)」です。

24" Street Trial Frame TONE バイク太一君 テーブルトップ インバート練習

ほとんどジャンプトリックには馴染みのない太一君ですが、ポテンシャルが高いのですぐにカタチになってきました。トライすればするほどバイクの傾きが増していきましたね。この調子だとバイクの傾き90度のガチ入れになるのも遠くはないかも知れません。

それにしても、あまりトライアルライダーが「テーブルトップ(インバート)」をしないのは何故なのでしょうか?一度ブレーキから指を離さないといけないからかな?

samo TUBAGRAライダーYAMATO君のパーク紹介【大師河原公園スケートパーク】

今後レギュラーコーナーになる予定のTUBAGRAライダーYAMATO君によるスケートパーク紹介動画。

今回は神奈川県川崎市にある大師河原公園スケートパークです。

(※明らかに違う内容の動画が表示されている場合はブラウザの再読込を行ってください。正しい動画が表示されます)

 

大師河原公園スケートパーク
〒210-0811
神奈川県川崎市川崎区大師河原1-3
営業時間:9:00〜19:00
駐車場:専用のは無し 付近のコインパーキングをご利用ください パーク横に停めるとすぐに警察に駐禁切られるので注意を

samo 多摩川河原まったりDAY

ここ数日寒いのと、事務作業が多くて(確定申告とか)家からあまり離れられないため、MTBライディングも家の近所の多摩川河原のみ。

基本的に曇り空ばかりでしたが一瞬の晴れ間があったので、キャンプで使っているHelinoxの折りたたみチェアをバッグに忍ばせて(とてもコンパクトになります)croMOZU275に乗って河原に行きました。気持ち良く日向ぼっこができるかなーと期待して。

多摩川河原 croMOZU275 Helinoxの折りたたみチェア

見晴らしの良い場所で座ってみたのですが、やっぱり寒すぎて5分ほどで退散しました。早く暖かくなってくれー(泣)

 

冷えた身体を温めるために軽くアクションライディング。

多摩川河原 croMOZU275 バニーホップ ファイアークラッカー

「テニス肘」が痛くて平地バニーホップはまだできないため、ちょうど良い流木を活用したファイアークラッカー。

 

多摩川河原 croMOZU275 バニーホップ 土手バニーホップ

初めて見つけた土手の斜面を使ったバンクバニーホップ。アプローチが凸凹+砂地でスピードが乗りづらく、飛び面も逆Rで鋭いバニーホップをしないと全然飛べませんでした。テニス肘が痛くて辛かった…!(泣)

 

多摩川河原 croMOZU275 カービングターン

椅子を目標としたカービングターン。固い障害物があるだけで当たったら痛そうでバイクを傾けなくなるのが情けない!

 

そんなこんなで、まったりと河原ライディングを楽しんだ1日でした。こんな河原を満喫したのは久しぶりかも知れないですね。テニス肘のお陰でやれることは限られましたが、これはこれで楽しかったな!

 

息子と奥さんが帰省して数日経ちました。ハッキリ言って寂しいです。

羽田空港で叶大を抱き上げる

自分の自由になる時間があってMTBに乗りまくれても、2人がいる生活の方が充実してて楽しい。

samo 柏しょうなんゆめファーム BMXミニコース&Trails に遊びに行ってきました

SHAKA24に乗る昔からの友人である けんぷっぷさん宅の近くにある、アスレチックとバーベキュー施設のある千葉県柏市のアウトドア公園「柏しょうなんゆめファーム」があります。

その公園内に新たにジャンプトレイルが作られた、という話を聞き、けんぷっぷさんと一緒に偵察を兼ねて遊びに行ってみました。

柏しょうなんゆめファーム BMXミニコース&Trails

柏しょうなんゆめファーム」はけんぷっぷさん宅からクルマで10分ほどのところにあります。道路で通りがかると一見林になっていますが…

柏しょうなんゆめファーム BMXミニコース&Trails

中に入ると広大な駐車場が拡がっていて、樹木を避けながら進んで行きクルマを停めることができます。

柏しょうなんゆめファーム BMXミニコース&Trails

バスを改良した受付と救護施設があり、その左手にチケット販売機があるので、そこでチケットを購入。

柏しょうなんゆめファーム BMXミニコース&Trails

MTBの場合は下側にある「BMX」と書いてあるボタンを押します。料金は1日500円でリーズナブルと言えますね。

チケットを手にしたら受付に持っていくとリストバンドを付けてくれ、それ以降、この施設を利用することが可能となります。

 

受付から100mほど離れた場所にジャンプトレイルコース「柏しょうなんゆめファーム BMXミニコース&Trails」がありました。

柏しょうなんゆめファーム BMXミニコース&Trails

コースは基本的にシングルとダブル、テーブルで構成されており、全部を飛ばずに走っていくことが可能で、ジャンプ初心者でも怖がることなく走ることができて安心です。

柏しょうなんゆめファーム BMXミニコース&Trails

このコース、カタチになってからまだ日が浅いので、後半部分はここ最近飛べるようになったとのこと。

限られた敷地内をコンパクトに折り返すコース設計となっていて、パッと見コブとコブの間はとてもタイト。人によっては「BMX専用でMTBには小さいのでは?」なんて思われるかも知れませんが、テクニックがあれば24インチ、26MTBでも問題無く楽しむことができるのでした。(むしろこのタイトさが攻略し甲斐があって最高に面白い!)

 

その証拠がこちらです。

柏しょうなんゆめファーム BMXミニコース&Trails けんぷっぷさんのロール

SHAKA24に乗るけんぷっぷさんによるロール。序盤の細かく連続するコブをリズミカルにプッシュプルで進んで行きます。

 

柏しょうなんゆめファーム BMXミニコース&Trails 幕張ローカル高橋君のジャンプ

26MTBに乗る幕張ローカル高橋君は序盤の細かいコブをすべて飛んでいきます。プッシュプルとジャンプのテクニックがあればMTBでも自由自在に遊べます!

 

柏しょうなんゆめファーム BMXミニコース&Trails 幕張ローカル石井君のテーブルトップ(インバート)

同じく26MTBに乗る石井君のテーブルトップ(インバート)。というか、「普通はここでジャンプトリックやらないだろ!」というくらいタイトで小さなコブが連続するところでコレだけ深く入れちゃうのが凄すぎ!

ちなみにコースの上にアスレチックの遊具が映っていますね。そう、コースの上もアスレチック施設になっていて、上を人が通過する際は一旦走行中止になります。まぁ、すぐに通過してしまうのでコース利用にまったく支障はありませんでした。

 

柏しょうなんゆめファーム BMXミニコース&Trails けんぷっぷさんのジャンプ

もちろん普通のテーブルもあるので素直に飛べます。が、直前が距離のあるダブルなので、そこでいかにプッシュできるかが鍵でしょうか。

 

柏しょうなんゆめファーム BMXミニコース&Trails 幕張ローカル高橋君のウイップ気味ジャンプ

幕張ローカル高橋君によるエグいウィップ。彼はまだ高校生なので、今後の成長にとても期待できますね!

 

柏しょうなんゆめファーム BMXミニコース&Trails 幕張ローカル石井君のX-UP

石井君のガッツリ入ったX-UP。

 

写真だけではコースの全容が分かりづらいと思いますので動画もご覧ください。

ライダーによって同じコースでも攻め方が色々と違うことにお気づきでしょうか?この自由度と奥の深さがこのコースの最大の面白さになっています。このコースでたくさん練習してテクニックを身に付けるほど、より自由自在に飛び走ることができるのは間違いありません。

 

柏しょうなんゆめファーム BMXミニコース&Trails

それにしても、この日はMTBが多かったなぁ!

 

柏しょうなんゆめファーム BMXミニコース&Trails」を整備されているツルオカさんです。

柏しょうなんゆめファーム BMXミニコース&Trails ツルオカさん

ご家族でいることが多いのかな?BMXに乗る息子さん達はとても上手で元気いっぱいです。

ツルオカさんは気さくで物腰の柔らかい方ですので、コースに遊びに行った際は気軽に声をかけてください!

 

柏しょうなんゆめファーム BMXミニコース&Trails(Facebook)
柏しょうなんゆめファームのWebサイト
〒270-1464
千葉県柏市布瀬89-1
TEL:04-7160-9888
営業時間
・平日 10:00~17:00(11月~2月は16:00まで)
・土日祭日 10:00~17:00(11月~2月は16:00まで)
定休日:年末年始のみ
駐車場有り(無料)

 

samo 水たまりの凸凹でファイアークラッカー

大量の事務作業を一段落した後、夕方にcroMOZU275で近所の多摩川河原をサイクリング。ジープロードにある干上がった水たまりを見てみるとわずかな凹凸があることに気が付きました。

多摩川河原 枯れた水たまり

これはファイアークラッカー(意図的に障害物に前後輪を当ててその反発を利用して軽い力でバニーホップするトリック)で飛べるんじゃないか?と突っ込んでみたら…

多摩川河原ダートコース croMOZU275 ジープロード ファイアークラッカー

ハイ!気持ち良く飛べましたー!!

っても、相変わらず「テニス肘」が痛くて強くハンドルを引き上げられず、中途半端な高さになっちゃいましたが。

 

これでまた新たに飛べるポイントを見つけたぞ。ちょっとした地形の変化に気付けると、それらを活用して楽チンに飛びまくれるから本当に楽しいな!

 

 

みなさまは「いらすとや」をご存知でしょうか?

あらゆるシチュエーションを網羅したほのぼのした膨大な数のキャラのイラストを扱うWebサイトで、そんな「いらすとや」のイラストはみふねたかしさんという1人のイラストレーターの方が描いていて、商用フリーなため、自治体の掲示板や広報誌、警告看板、飲食店、テレビ番組内、ネットのニュースページなど、今やいたる所で利用されており、おそらく日本に住む方なら間違いなくどこかで目にしているハズ!

いらすとや風サモ

最近の自分は確定申告の書類作成で忙しいのですが、忙しいが故に現実逃避で、ついついIllustratorとPhotoshopを駆使してちゃちゃっと30分で「いらすとや」風の自分を描いてしまいました。

まー、FOXのヘルメットとTシャツが特徴的なので、それで自分って分かるかな?と息子に見せたら「パパだ!」と言っていたので、どうやらOKのようです。

 

 

夜は息子と奥さんが、奥さんの実家がある北九州に帰省するため、羽田空港にクルマで見送ってきました。

羽田空港 珠魅と叶大を見送る

年に2回は帰省しているので毎度のことではありますけど、数日間2人がいないのは猛烈に寂しいです。

自転車に乗り放題にはなるんですけどね。

kai 動画今昔物語-味噌味

ひとつ前のサモさんのポストでも取り上げられているTHE RISE。

もう皆さんはご覧になりましたか?

ライディングもさることながら、ツアーを目一杯楽しんでる様子がビシビシ伝わってきます。

海外ではこうしたカッコいいフィルムを定期的にドロップするチームが複数あります。

RISEとかVVCとか。

日本でも皆さんご存知の特攻野郎AチームなKNS.Loが楽しい映像を届けてくれています。

 

手前味噌ながら、TUBAGRAでも2007年に”tb1”というDVDを発売。

当時僕はまだチームに在籍しておらず、ディスプレイの向こう側で、

様々なセクションを攻めるTUBAGRAやblkmrktチームのライダーへ

憧憬の念を抱いていたのはいい思い出。

 

さらに手前味噌を塗りたくりますが、そのtb1から約10年後に、

ほぼ現在の体制のTUBAGRAチームで”tb2”を制作。

こちらは時代に合わせてweb媒体での公開でした。

これもまた色々あって良い思い出となっていたり。

 

誰もが手軽に映像を発信できる現代。

ともすれば粗製濫造ともなりかねない昨今の自転車の映像を取り巻く環境の中、DVDで販売するだけのクオリティが保たれている作品はなかなかありません。(自省…。)

翻って、今ほどweb動画が盛んでなかった時代。

シーンの発表の場がセルDVDだった(web発信の時代と被ってるものもありますが)日本のmtbストリートの黎明期~発展期の映像は一見の価値があると思います。

 

North Shore ProductsによるSunrise Street

TKC ProductionsによるOutwardBoundやVM00、

agm filmsによるVol.0とか。

 

10代とかの若いライダーにも是非見てほしいですし、僕もまた見たい。

すでに入手困難なものもありますが、発見したら是非手に取ってみてください。

 

 

あ、手前味噌ながら…tb1はまだ在庫があるみたいですよ!

samo 愛用しているヘルメットを紹介

今日は曇の天気予報が外れて1日中雨だったのでMTBライディングは無し。いや、屋根のあるパークに行けばバッチリ乗ることはできたのですが、今日は朝から区役所や税務署、司法書士さんの事務所などに行く用事がたっぷりあったので諦めました。

 

という訳で今日はライディングネタが無いので、改めて自分が愛用しているヘルメットの紹介をしようと思います。

 

bern BRENTWOOD

bern バーン BRENTWOOD

スケートパークやダートジャンプトレイル用にかれこれ6年使っているヘルメット。一見シンプルでオーソドックスな形状なのですが、bernのこれは独特の造形・ラインが入ったデザインで、モダンな感じもある点が気に入っています。ちなみに、このカラーはもうラインナップになくて、それもまた気に入っています。

 

 

FOX METAH HELMET

FOX METAH HELMET

購入して10ヶ月ほど、主にcroMOZU275に乗ってアクションライディングをする際、トレイルや公道を走る際に使っています。デザインがだいぶ主張していて張り出しが多く、ガッチャマン度が向上していて、当初は公道で被ったら悪目立ちするのでは?なんて思いましたが、意外に大丈夫みたい。むしろ、これくらい主張している方がMTBっぽくて?自分も気に入っていますね。

 

基本的にヘルメットは1回でも転倒し、地面や障害物に強く頭を打ったら、それ以降は衝撃吸収の機能は失っているので、そのタイミングで新しい物に買い替えています。

ということは、bernのヘルメットを被ってから6年間はパークやダートジャンプトレイルで転倒し頭を打っていないことで、さらに末永くそのような事がないように使い続けられたら、と思いました。

FOXの方は、1つ前に被っていたKABUTOのヘルメットをツリーライド失敗で後頭部を連続2回強打したため廃棄し、新たに購入。こちらもそのような事がないよう末永く使えたら、と思います。

samo The RiseのThe Partymaster Tour 2017の動画が見応えある!

MTBストリート、ダートジャンプの世界的な凄腕ライダーが所属するチーム「The Rise」がツアーの動画をリリースしました。長さが30分近くあるものの、かなり見応えあって面白いので、よろしければご覧ください。

 

今日も午前中1時間オンリーでスマイルバイクパーク(通称:SBP)に行って来ました。

昨日の久しぶりのドライ路面のスラロームコースが超絶気持ち良かったにも関わらず、レクチャーメインで自分はほとんど乗れなかったため、欲求を満たすために。

そんな訳で、とにかく自分の練習をする気満々で乗り始めたのですが、走り方が分からず困っている人たちがいると放っておけず、結局現地にいた時間のほとんどをレクチャーに割いていました。

スマイルバイクパーク レクチャー

スマイルバイクパーク レクチャー

スマイルバイクパーク レクチャー

それでも、みなさま目に見えて上達され、とても喜んでいただけたので良かったです!

 

スマイルバイクパーク レクチャー

改めてSBPはロードバイクからの転向組、MTB初体験組が多いと実感します。彼らには「MTBって超楽しい!」と感じて帰路についてもらえたら嬉しいな。

 

レクチャーの合間に自分もスラロームコースで少し乗って自撮りしました。

スマイルバイクパーク サモ croMOZU275 スラロームコース カッティーズ

バーム直前でのカッティーズ(ノーブレーキでリアをドリフトさせるトリック)。トレイルだと路面を荒らしてしまうのでカッティーズはできませんが、SBPみたいなコースなら問題無く繰り出せます。ドライ路面だから決めやすくて気持ち良い!

 

スマイルバイクパーク サモ croMOZU275 スラロームコース 斜め刺しエアー

スラロームコースの最後のコブでハイエアーも。本当はもっと他のトリックの練習をしたかったのですが、今回は残念ながら時間が無くてできませんでした。次回はできるかなー?

samo 久しぶりにスマイルバイクパークで乗りました

今日は午前中、久しぶりにスマイルバイクパーク(通称:SBP)で乗りました。

先日までは積もった雪の影響で長らく閉鎖されていましたが、ここ数日の暖かさもあり完全ドライの最高コンディション!こんな好条件で乗ったのは昨年の秋以来でしょうか?

スマイルバイクパーク 個人レッスン Mさん

とはいえ、今回はレクチャーがメイン。ネットより依頼をいただいた50代MTBライダーのMさんに、スラロームコースを安全に、かつスムースに走れるようにしっかりレクチャーさせていただきました。

スマイルバイクパーク 個人レッスン Mさん

午前中の1時間半ほどは自分たち以外は誰もいなかったので、反復練習をしながらMさんの苦手なコーナーを重点的に攻めました。動画でライディングを撮影し、スローモーションでフォームや走行ラインを何度もチェックしながら走りを洗練させていきます。決して無理をせず、されど安全マージンを確保した範囲で攻める姿勢で。

その甲斐もあり、短時間でMさんのスラロームコースのライディングはかなりスムースになりましたね。

 

しばらくして他のMTBライダーの方たちも来られて、スラロームコースの走りが危ない感じでしたので、お話を聞くと、本格的なこのようなコースの走行は初めてとのこと。

スマイルバイクパーク レクチャー

ご本人たちの希望もありレクチャーをさせていただくと、すぐにコツを掴まれ、楽しく走れるようになっていたので一安心です。

 

ということから、自分は今回、乗ったとしてもレクチャーの参考ライディングがメイン。それでもドライな路面は加速して気持ちよかったな!

スマイルバイクパーク サモ croMOZU275 スラロームコース

Mさん、上の写真を撮っていただきありがとうございました!

 

スラロームコースだけでなく2連ジャンプでもジャンプのレクチャー。

スマイルバイクパーク レクチャー

2連を全部飛ぶのは基本ジャンプがしっかりできていないと危険なので、1個目は無理せず通過してもらい、2個目を目がけて飛んでもらいました。

 

自分も参考ジャンプを何度か。

スマイルバイクパーク サモ croMOZU275 2連ジャンプ

年末年始の凍結〜溶けてゆるゆる路面と比較すると、土が締まってドライで「何て飛びやすいんだろう!」と感動しまくりの2連ジャンプ。早く続きのジャンプを作りたいですね!

 

そんな訳で、今のスマイルバイクパークは久しぶりに極上ドライな路面なので、近日中に自分の練習でも遊びに行きたくなっちゃいました。色んなことを試してみたいです。

皆様もぜひ、スマイルバイクパークに遊びに行ってください!

 

スマイルバイクパーク

住所:〒206-0822 東京都稲城市坂浜734
電話:070-4474-4472
営業曜日:火・水・土・日(変更になる場合もあるので電話かFacebookでご確認を)
営業時間:8:30〜17:00
Facebook

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2018 by Street MTB Team TUBAGRA