SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo akaMOZU BLACKのTUBAGRA在庫分は完売しました

タイトルの通り、akaMOZU BLACKのTUBAGRA在庫分は完売しました。TUBAGRAオンラインショップでご購入いただけるのは少しリーズナブルなakaMOZU GRAY(RAW)のみとなります。

akaMOZU 台湾製MOZU 26インチホイール対応 テーパードコラム

 

また、GRAY(RAW)も非常に在庫数が少なくなっています。akaMOZU BLACKの新たな販売予定はありませんので、ご興味がある方はお早めにご検討ください。

 

akaMOZU BLACKをご購入できるのは、akaMOZUを置いてあるショップのみとなります。

 

 

ウィルバイシクル Will bicycle akaMOZU

Will Bicycle(ウィルバイシクル)

神奈川県相模原市中央区上溝5-3-16
TEL:042-760-8852

クルマでご来店される場合は、近所にあるダイエーの大きなコインパーキングを利用されることをオススメします。

 

 

小川輪業商会

小川輪業商会

〒154-0011
東京都世田谷区上馬2-1-1
TEL:03-3421-7184

近隣にコインパーキングは多数あります。

 

 

MTB&BMX PRO SHOP AST エーエスティ

MTB&BMX PRO SHOP AST(エーエスティ)

〒351-0101
埼玉県和光市白子1-24-21
TEL:048-461-2370

駐車場有り(2台分)

 

 

りんりん自転車館一之江店

りんりん自転車館一之江店

〒134-0015
東京都江戸川区西瑞江5-13-22
TEL:03-3877-1881

駐車場有り(2台分)

 

こう見ると分かりますが、購入できるakaMOZU BLACKは4本のみになったんですね。GRAYもかなり少ないですが…

上で紹介したショップにakaMOZUは置いてありますので、ぜひお手に取りご確認ください!

samo croMOZU275に乗って携帯ジャンプランプでX-UPにトライ

主にスケートパークライディングで使用しているSHAKA24のリアタイヤサイドが裂けて乗れない状態のため、必然的にcroMOZU275 5thの利用頻度が高くなっています。

とはいえ、近ごろは自宅でPC仕事が多くトレイルやDHコースなどでの遠出はできないため、空いた時間にちょろちょろと近所の多摩川河原で乗るばかり。

croMOZU275 5th 多摩川河原

釣った魚の体液が付着し日本一魚臭くて、回転系トリックでカーボンリム&チューブレスタイヤを痛めつけている27.5インチホイールMTBのcroMOZU275 5th

 

croMOZU275 5th 多摩川河原

ハンドル幅は720mm。このおかげで27.5インチホイールMTBとは思えない扱いやすさを実現しています。近々カーボンハンドルバーを導入予定ですが、入れたところで今の状態からは誤差レベルで大して軽くはならないんだよなぁ。

 

先日、スマイルバイクパークの4連ジャンプ4つ目で27.5インチホイールMTBとはいえ初めてガッツリX-UPが入ったので(ハンドルが180度以上回ること)、携帯ジャンプランプでもできないか朝活BIKEで試してみました。

かなり気合を入れてトライしたものの残念ながら一歩及ばず。

やっぱり滞空時間が足りなったか?いや、暑さで途中グロッキーにならなければ入ったハズ?うーん、どうなんでしょうか…

 

 

家の冷蔵庫が新しくしました。かれこれ15年くらい使い続けても壊れたりはしていなかったものの、奥さんはサイズ的に不満があって、この度思い切りました。

自宅 新しい冷蔵庫搬入

それで選んだ奥さん納得のビッグサイズ冷蔵庫は玄関からだと階段を通らないことが判明し、急遽クレーンを使って搬入することに。そのクレーン車が存外大きくてビックリ。軽く家の前の道に交通規制が入る程でした。

とはいえ、設置のおじさん達やクレーン操縦者のおじさんの手際が素晴らしく、ものの15〜20分で古い冷蔵庫の搬出から新しい冷蔵庫の搬入、設置は完了。自分はその様子を後ろから感動して見ているばかりでした。

自宅 新しい冷蔵庫

そんなこんなで新しい冷蔵庫です。冷凍庫の収納力が格段にアップしたので、今後は奥さんの希望であるコストコなどで大量に食材を買い込み冷凍保存、を有効活用して行く予定。楽しみ〜☆

 

 

朝活BIKE&FISH。先日、息子と河原サイクリングしてて通りがかった岸辺が気になり、朝一でそーっと近づき足元にダウンショットリグでワームを投入。

多摩川 朝活BIKE&FISHで釣れたスモールマウスバス

数回誘ったら30cm弱のスモールマウスバスが。狙いがドンピシャで嬉しい!

samo スマイルバイクパークでTUBAGRAライダー太一君とセッション

今日はスマイルバイクパークにTUBAGRAライダーの太一君が来る、というので自分も行くことに。

スマイルバイクパーク SBP 4連ジャンプ 太一 モトウィップ

スマイルバイクパーク SBP 4連ジャンプ 太一 テーブルトップ インバート

4連ジャンプでセッションしたり、彼のライディングを撮影したりしました。

 

前回、4連ジャンプの4つ目のリップを調整し、今日もさらにいじったので、だいぶ飛びやすくなっていましたね。

太一君に360にトライしてもらっています。もうちょい加速して突っ込めばバックサイドに届きそう。

 

スマイルバイクパーク SBP スラロームコース 太一

太一君はスラロームコースのタイムアタックも積極的に行っていました。最終的にコースレコードを更新したみたい。

 

TUBAGRAライダー太一君のakaMOZUバイク

今回、彼が乗っていたのはakaMOZUです。この写真とはハンドルバーとステムが変わっている模様。

 

飛びやすくなった4連4つ目のリップで自分はX-UPにチャレンジ。24や26インチホイールのMOZUバイクでは普通にできていましたが、27.5インチホイールのcroMOZU275では物理的に大きすぎて入れることができなかったのです。

ですが、ハンドルバーをカットして幅720mmにしたcroMOZU275 5thならば、バッチリX-UPが入るんじゃないか?と積極的にトライ。

スマイルバイクパーク SBP 4連ジャンプ X-UP croMOZU275 5th

ハイ!ご覧の通り180度は入りました!正面から見ると腕が「X」字になっていますね。

この写真は太一君のお母様に撮っていただきました。本当にありがとうございます!

croMOZU275 5thバイク MOZUヘッドバッジ

まさか27.5インチホイールMTBでX-UPができるとは!いやー、嬉しいです。

 

今日ご一緒したSさんはもともとシクロクロス出身のライダー。最近、MTBにも乗り出してスマイルバイクパークに通い、4連ジャンプの2個目まで安定して飛びきれるようになっていました。今回、4連の戻りのライン飛び切りにチャレンジです。

スマイルバイクパーク SBP 4連ジャンプ 須藤さん

2個目を飛んだ後、バームの途中から鬼コギして3個目にアプローチ。

スマイルバイクパーク SBP 4連ジャンプ 須藤さん

何回もトライしていましたが、今日のところは拳分リアタイヤがバックサイドに届かず非常に惜しかった!次回はきっと飛べますので、懲りずにトライしてみてください。

samo YAMATO君がFULLCLIPのショルダーバッグを使ってみました

本日は横須賀にある影山輪業 横須賀 上町店にお邪魔してきて諸々打ち合わせ。

そのついでに影山輪業にサポートされているTUBAGRAライダーYAMATO君にcroMOZU275 5thに乗ってもらい軽く撮影させてもらいました。

croMOZU275 5th YAMATO君 斜め刺しバニーホップ

上の写真はcroMOZU275 5thでの平地からのバニーホップです。ガッツリ入った斜め刺しがエグい!どう見ても90cm以上は飛んでいますね。

 

FULLCLIPのショルダーバッグ MONK HT モンクHT

今回のライディングでは、FULLCLIPのミニショルダーバッグであるMONK HT(エータックIX)を身に付けて行ってもらっています。

 

長財布やスマートフォン、工具一式やハンディタオルなどを収納することができる、ちょっとした外出の荷物を持ち運ぶにはちょうど良いサイズ感。

FULLCLIPのショルダーバッグ MONK HT モンクHT 装着するYAMATO君

FULLCLIPのショルダーバッグ MONK HT モンクHT 装着するYAMATO君

このショルダーバッグのもう1つのポイントとして、FULLCLIPのバッグの特徴でもあるストラップの素早い伸縮操作を可能にする「ジェットグライド機構」が備わっていることでしょうか。

FULLCLIPのショルダーバッグ MONK HT モンクHT 装着するYAMATO君

ストラップについているドローコードを片手で操作することで、一瞬でストラップを緩めたり締めたりすることができます。

 

MONK HTを装着したままcroMOZU275 5thで回転系トリックをしてもらいました。

ここまで動ける27.5インチホイール専用バイクはcroMOZU275 5thだけじゃないでしょうか。

 

 

今日の朝活BIKE&FISH。昨夜の豪雨とは裏腹に若干増水しているのみで意外と川は落ち着いていました。

多摩川 朝活BIKE&FISHで釣れたウナギ

釣れたのは「またお前かー!」シリーズ。すぐにリリースです。

そう言えば、バイブレーションルアーを大きなノゴイに持っていかれました。今週3回目だよ(T_T) こんなにコイってルアーを襲ってくるもの?

samo croMOZU275 5thでちょっとしたスケートパークライディング

今日はMOZUフレームを作ってくれている岡安製作所に用事があり埼玉県川口まで。途中、新見沼大橋スポーツ広場スケートパークに寄ってSHAKA24でレールグラインド中心のトリック練習をみっちりする予定でしたが…

TIOGA PowerBlockのサイドに裂けてチューブが出た

まさかグラインドを数発行ったことでリアタイヤのサイドウォールが大きく裂け、中のチューブがはみ出て一瞬でバーストしてしまいました。(写真は以前のもの)

 

仕方がないので一緒にクルマに積んでいたcroMOZU275 5thに乗り換えパークライディングすることに。27.5インチホイールMTBで大きいし、山用のブロックタイヤを履いているしで、あまり楽しめないと思っていたのですが…。

新見沼大橋スポーツ広場スケートパーク croMOZU275 5th クォーターパイプ バニーホップ フェイキー

まずはランプフェイキー。きっかけになるクォーターでのホップを刺しバニーホップでやってみると、これがなかなか面白い!

思い切り刺しを入れたかったのですが、そうすると着地でバックドロップしそうでビビって深く刺せ無かったのが残念でした。

 

新見沼大橋スポーツ広場スケートパーク croMOZU275 5th クォーターパイプ 横飛び出し 180

そしてSHAKA24では当たり前にやっているクォーターパイプ斜め飛び出しの180をやってみると、着地の衝撃が結構すごくて、ちょっとしたカーボンリム+チューブレスタイヤの耐久テストになってしまいました。空気圧は2.3barで当然問題ありませんでしたが、着地した直後とかフロントのスポークがパキパキ言って明らかにヤバ目。結構トライしましたが、壊れなくて良かったです。

 

上の動きをまとめた動画です。どうぞご覧ください。

そんな訳で、croMOZU275 5thでもスケートパークを問題無く遊べることが分かりました。もちろんSHAKA24ほどの自由度はないですが、ちょっとしたライディングを楽しむには十分過ぎる程でしたね。

 

 

朝活BIKE&FISH。先日の西日本を襲った台風の影響で大雨が降り、その影響で多摩川は増水していましたが、若干それも落ち着いてきたところ。

croMOZU275 5th 多摩川河原

ここ1週間くらいスモールマウスバスが釣れていなかったので、完全にターゲットをスモールマウスバスに絞って狙ってみました。

多摩川 朝活BIKE&FISHで釣れたスモールマウスバス

うん、狙った通りに出ました!サイズは30cmくらいでナイスファイト!ああ〜、癒やされました。

samo 猛暑復活の土日の過ごし方

ここのところ再び猛暑復活で、日中は凄まじく暑くて自転車に乗るどころではない気温になっています。

であれば、夕方だったら涼しいのでは?と、近所の多摩川河原の公園でSHAKA24に乗ってストリート練したところ…

SHAKA24 多摩川河原サイクリングコース

わずか30分弱で取り返しがつかないくらい汗だくになりました。やっぱり今の季節は乗るには向いていないですね!

 

そんな自分のSHAKA24ですが、近々フロントサスフォークがこちらに切り替わります。

X-FUSION STREAT RL2 ストレートコラム 80mmストローク

なんと27.5インチホイール専用サスフォークであるX-FUSION STREAT RL2です。普通このモデルはテーパードコラムですが、特別にストレートコラムに差し替わっています。さらにストロークは80mmに変更済。

どういった経緯でこのサスフォークをSHAKA24にインストールすることになったかは、近日中に詳しく語りたいと思います。

 

 

土曜日は午前中からスマイルバイクパークに息子と一緒に遊びに行ってきました。ただし現地は暑すぎて人もまばら。

スマイルバイクパーク コブの整備

せっかくの機会なので、スマイルバイクパークのスタッフの方と2人で、ほぼバンクだった4連最後のリップにRを付けました。おかげで簡単に高く飛べてバックサイドまで届くようになってます。

スマイルバイクパーク 4連 ストレート刺しハイエアー

試し飛びで軽く刺しを入れたハイエアーをしてみました。これくらいは簡単に飛べてしまいます。

もうちょい面が締まったら浮遊感たっぷりで色んな技が入るハズ!

 

そんな整備を小一時間行っていたところ暑さでフラフラに。作業を終えてスマイルバイクパークの受付エリアに戻ってみると、自販機に変わった飲料があることに気が付きました。

スノーピークと共同開発したというエナジードリンク「サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー」

有名なアウトドアブランドであるスノーピークと共同開発したというエナジードリンク「サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー」で、物珍しさから思わず購入。210円也。

「自然が育んだ素材」と「苦味と強炭酸による刺激」にこだわったという味は、一周回って普通の炭酸水っぽかったですね。

 

 

日曜日のお昼に息子の保育園の流しそうめん大会があったので、家族全員で参加してきたのですが… 暑さがヤバかった!

息子の保育園で流しそうめん大会

そうめん食べながら汗がしたたり落ちて止まらないのです。いやー、大変でした!

 

 

今年の4月くらいから1日1匹魚を釣ることが当たり前だった自分ですが、実はここ数日は朝活BIKE&FISHを頑張っても、まったく魚が釣れていませんでした。いわゆるスランプってヤツです。

多摩川 BIKE&FISHで釣れたマルタウグイ

ところが今朝は久しぶりに釣れました!シーバス(スズキ)狙ってのマルタウグイ50cm弱なので残念ではあるのですが、実はとても嬉しかったり。

ここ最近の状況は以下の通り。

4日前:シーバス60cmヒットも糸劣化切れバイブ消失
3日前:ノゴイ60cmヒットもテトラ潜られ糸切れバイブ消失
2日前:多摩川濁流で釣り休み
昨日:ノゴイ60cmヒットもテトラ潜られ糸切れバイブ消失
今日:マルタウグイ50cmGET

 

なぜに自分はシーバス狙っているのにコイ科の魚ばかり釣れてしまうのか!色んな人に聞くも、ここまでコイ科の魚ばかり釣れてしまうのは自分以外いないんですね。でも…、まー魚が釣れるのは嬉しいので、それはそれで良いか!

 

多摩川 BIKE&FISHで釣れたウナギ

そんなことを思っていたら、急流のテトラの中からウナギが釣れました。何かとても爽やか!資源保護のために魚体を極力痛めないように水際リリース!釣れてくれてありがとう!

samo 今年で5回目!保育園でMTB&トライアルショー

昨日は毎年恒例の千葉県は南房総市にある「白鳩保育園」でMTB&トライアルショーをしてきました。何と今年で5回目!毎回お呼びいただいて本当にありがとうございます!

ショーをしたライダーは、去年に続いて出場3回目のTUBAGRAライダーのYAMATO君と、今回初出演のTUBAGRAライダー大地君の2名です。MCは自分が行いました。ちなみにYAMATO君、初出演の時は高校生でしたが、今やもう二十歳になってしまいました。時の流れを感じますね!

今年は地方紙にショーの告知が載り、保育園の子供たちだけでなく近くにお住まいの大人たちも来ていて、さらに観戦人数が増えていました。
毎度のことですが、MCを行うと常にマイクを握っているので、殆ど写真撮影はできません。様子を伝える写真は数少ないのですが、どうぞ御覧ください。

白鳩保育園でショーをする太一君

いつもは子供たちが乗って遊んでいる平均台を3本繋げて渡っていく太一君。ほぼ初見でクリアーする素晴らしいバイクコントロール。

 

白鳩保育園でショーをするYAMATO君

バニーホップ計測バー30cmを余裕たっぷりのバニーホップバースピンで飛び越すYAMATO君。

 

白鳩保育園でショーをするYAMATO君

毎年ショーをやっていて気をつけているのが、去年と同じことをせず、必ず新しい要素を追加すること。今回は色んなイベントに登場しているストリートバンクを持ち込みました。バンクバニーホップをするYAMATO君です。

 

白鳩保育園でショーをするYAMATO君

バー高140cmをバンクバニーホップで飛び越す太一君。子供たちも大きな声援で太一君やYAMATO君を応援してくれました。

 

 

ショーの様子を太一君のお母様が動画で撮影してくれていました。この動画を見ればだいたい全体の様子が収録されています。どうぞ御覧ください。

 

ショーはおよそ45分行いました。最後まで大きな歓声をいただき、大盛り上がりの中で終えることができて良かった!

トライアルとMTBストリートの「静」と「動」の2つの要素があると、観客を飽きさせることなく1時間くらいまで楽しんでいただくことができます。

 

ショーが終わった後はお馴染み保育園の子供たちと交流会。TUBAGRAライダーたちのバイクをみんな我先にと乗って楽しみます。ランバイクやウチの息子のヨツバサイクルも持ち込んでいて大人気でした。

そんなこんなで、今年もお誘いいただきありがとうございました!来年もまたよろしくお願いします!!

samo 2日連続トレイルライディングでした

「今週はスケートパークに通いまくる!」と言っていたくせに、昨日の奥さんとのトレイルライドに続き、サタジュクの佐多さんよりお誘いいただいたので2日連続でトレイルライドをすることになりました。

今回のトレイルは過去に一度、佐多さんアテンドで走っていて2回目となり、まさにその時乗っていたcroMOZU275 4thとの性能差を計るにはピッタリの条件となります。

トレイル サタジュク 佐多さん サモ 山崎君

今回一緒に走ったメンツ。左から佐多さん、トレイルライディング初体験の高校生ライダー山崎君、そして自分となります。

自分が乗るcroMOZU275 5thをはじめとして、みんな27.5インチホイールを装着したバイクですね。

 

それにしても今日のトレイルも暑かった!頂上付近まで舗装路を45分ほど登り、そこから山に入って下り多めのトレイルを楽しむルートなのですが、舗装路を登りきったところで全身汗だくになっていました。まー、汗だくは覚悟していたので大した問題では無かったです。

 

ちなみに、この舗装路の長い登りがcroMOZU275 5thで過去一番ハードな登り体験だったものの、30T-50Tのギア比の効果は絶大で、疲労が少なく登りきれたことが大きな収穫でした。

 

という訳で、下り多めのトレイルライディングがスタート。

トレイル サタジュク 佐多さん

トレイル サタジュク croMOZU275 5th サモ バニーホップ

ちょっとでも飛べそうな地形、岩の出っ張りや木の根っこを見つけたらファイアークラッカー(障害物に意図的に前後輪を当ててその反発を活用してバニーホップするテクニック)してしまうサタジュクの佐多さんと自分。

 

トレイル サタジュク 佐多さん バニーホップ

ただ今回、佐多さんはフルサスバイクでリアの反発を吸収されてしまい、鋭角的に高く飛ぶことができませんでした。「ハードテイルを持ってくれば良かった!」と何度もつぶやいていましたね。

 

トレイル サタジュク croMOZU275 5th サモ バニーホップ ファイアークラッカー

一方、自分は近ごろ細めの根っこを使ったファイアークラッカー練習をサボっていたため、このシチュエーションで上手くファイアークラッカーからの斜め刺しができずに大苦戦。ハードテイルなので高くは飛べていますが、決して納得の行くカタチではありませんでした。

 

トレイル サタジュク 佐多さん バニーホップ ファイアークラッカー

ホント、サタジュク佐多さんとトレイルを走ると空中に浮いている時間がダントツに多くなりますね。

 

トレイル サタジュク 山崎君 バニーホップ ファイアークラッカー

トレイル初体験の山崎さんも木の根っこを使って見よう見まねのファイアークラッカー。どうしてもリアタイヤの反発を活用できずに苦戦していました。

彼はロードからスポーツバイクの世界に入り、ロングライドなどハードなライディングを多数こなしているためスタミナは凄まじく、長い登りでは自分や佐多さんを先行するほど。下りの経験を積めば更に万能なライダーになるんじゃないでしょうか。

 

トレイル サタジュク croMOZU275 5th サモ バニーホップ ファイアークラッカー

ルート終わり間際に見つけた倒木でファイアークラッカーをする自分。この頃には昨日のトレイルライディングの疲労も合わさってスタミナが完全に切れていて、リアの引き上げが不十分でした。それでもタイヤの反発だけでこれくらいは楽チンに飛べてしまうからファイアークラッカーって凄い!

 

トレイル サタジュク 佐多さん バニーホップ ファイアークラッカー

佐多さんも倒木でファイアークラッカーからのリア振り。ただ、やっぱり高さが出ませんでしたね。

 

トレイル サタジュク 山崎君 バニーホップ ファイアークラッカー

最後の最後でファイアークラッカーのコツを掴んできた山崎君。今回、彼が一番高く飛べた瞬間です。

 

という感じで今回のトレイルライディングは終了。久しぶりに「精魂尽き果てた」状態になりました。佐多さん、アテンドしていただきありがとうございました!

しっかし、いくらでも水分摂っても摂り足りない。塩分もちゃんと摂って体調崩さないように気をつけないと。

samo 奥さんと一緒にトレイルライディング

今週はスケートパークで乗りまくる!と言っておきながら、息子を保育園に送った後に奥さんが急遽仕事がお休みとなったため、2人でトレイルに乗りに行ってきました。

トレイル croMOZU275 5th KONA PROCESS 153 AL 珠魅 サモ

 

自分が乗るのはお馴染みcroMOZU275 5thで、奥さんは先日まで自分が乗っていた29インチフルサスMTBのKONA PROCESS 153 ALです。

トレイル croMOZU275 5th KONA PROCESS 153 AL

実は奥さん、トレイルライディングは完全に初体験。そのうえ気温は34度前後とかなりの暑さでタフな状況のため、奥さんに無理をさせないようなかなりセーブしたアテンドで走りました。それでも15分も走れば全身汗だく。

 

小柄なのにcroMOZU275 5thでバニーホップができちゃうくらいのポテンシャルを持つ奥さんは、普通の人ならたじろぐ急斜面を突っ込んで行ったり、木の根っこや岩、倒木のある難易度高いルートもグイグイ乗り越えて突き進んで行きます。

トレイル KONA PROCESS 153 AL 珠魅

しかも、足つきは極端に少なく走れていることに驚きを隠せませんでした。現時点でトレイルで最高のパフォーマンスを持つ29インチフルサスバイク、という機材的メリットがあるにせよ、ここまで走れるとは…!

 

自分は基本的に奥さんのアテンド優先で大人しい走りに徹します。

トレイル croMOZU275 5th サモ バニーホップ

ただ、それだけだと寂しいため、奥さんに軽くバニーホップしているところを撮ってもらいました。もっと高く飛んで斜めりたかったものの、まー、今日はそれが目的じゃないのでいいや。

 

そんなこんなで尾根まで上がり周辺を走り回った後、2人とも用事があったので、結局1時間半ほど乗ってから撤収しました。

 

帰り道、奥さんにトレイルを走った感想を聞くと、「景色が良くて癒やされるし、とても運動になるからまたやりたい!週1で通いたい!」ということで、非常に良い反応だったので自分も嬉しかったです。

まさかこのタイミングで夫婦共通の趣味ができるとは!

 

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2018 by Street MTB Team TUBAGRA