SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo TUBAGRAストリートトライアルライダー太一君が競技トライアルを引退

TUBAGRAのストリートトライアルライダー太一君が、この度、競技トライアルを引退することとなりました。

引退すると決めた経緯、決意、今後のことなど太一君にインタビューしたので、ここに紹介したいと思います。

太一君 TONE ver.2 バニーホップ180 ドロップ

太一君の競技トライアルの今までの戦績

・トライアル全日本選手権 ミニメ、カデット、ジュニア26インチクラスで優勝

・アジア選手権ジュニア26インチクラス優勝

・アーバンサイクル世界選手権ジュニア26インチクラスで7位

 

 

競技トライアルを引退すると決めた経緯

自分は今年高校3年生となり、来年大学受験があるため、そろそろ真剣に受験勉強に取り組むことになりました。

そんな中、新型コロナウイルスの影響で高校の授業数が激減したものの中間・期末テストは通常通り行われるため、テスト勉強は今までになく忙しいものに。

また、そんな状況でアルバイトもあるため、日々の生活の中で大会を見据えたトライアルの練習をする時間を捻出することがかなり難しくなりました。(補足:太一君のレベルになると練習は複雑な地形を有する山奥や、高難易度のセクションが完備されたトライアルパークなど遠方になる)

さらに年内のトライアルの大会の開催もコロナの影響で見込めないため、現在、自分の中で競技トライアルを続けるモチベーションの維持も難しくなりました。

そんなことから、少なくても受験が終わり生活が落ち着くまでは、自分は競技トライアルを引退しようと決意しました。10年も真剣に取り組み続けたことなので、中途半端にはできないですし。

ただストリートトライアルやマウンテンバイクはTUBAGRAライダーとしてそのまま続けます。バイクに乗らなくなる訳ではないので安心してください。

それと、運転免許を取得したら自分でクルマを運転し、競技トライアルに復活すると思います。(今までは両親に頼りっぱなしでしたが)今回の引退は、それまでの充電期間と言えるかも知れません。

 

太一君 TONE ver.2 アブバカ

競技トライアルの一番の想い出

小学生の時に日本シリーズ戦でなかなか表彰台に上がれず、必死に練習して初めて表彰台に乗ったことでしょうか。

 

競技トライアルをやってよかった点

10年間トライアルをやっていたからこそ、自転車に乗る上での様々な技術や感覚が得れたことですね。

 

競技トライアルで大変だった点

身体が大きくなっていくに連れて、成長度合いが少なくなり何を練習すればいいのか、どういったトレーニングをすればいいのか分からなかったこと。

 

2017Jシリーズトライアル表彰台 太一君

 

本格的に競技トライアルをやってみたいキッズライダー、そのご家族にアドバイスはありますか?

自分はお子さんが小さい頃からトライアルを始めることはとてもいいと思います。トライアルを小さい頃から始めることによって自転車のコントロール能力がとても高まります。

最近のトライアルをやっている若いライダーはクロスカントリーと両立してトライアルをやっている子がとても多いと感じています。トライアルの技術はトライアルだけではなくクロスカントリーなどの他の競技にも生きてくるからそのようなライダーが多いのだと思います。

小さい頃にトライアルをやり、他の競技に転向したとしてもトライアルで鍛えた技術が幹となり必ず生きてくると思うので、これから自転車競技を極めたいと言う方にはトライアルを始めることをオススメしたいです。

 

多摩川河原 西窪友海 NINJA RIDER 忍者ライダー

西窪友海君は日本のストリートトライアル界でどんな存在ですか?

教科書のような存在だと思います。例えばサポートしてもらったものをその物の何が良いのか、どういう時に便利なのか、これを使うとどう言ったことが出来るのか、などをしっかりとアピールし宣伝しています。それはサポートされている全てのライダーが完璧に出来ている訳では無いと思います。

だからこそしっかりとサポートされたものを宣伝する、自分の映像に組み込むなどのことをしていて自分も見習うべきことがあると感じています。

 

サタジュク トレイル 太一君 バニーホップ

今後太一君が目指す方向性を教えてください

これからは競技からは少し離れ、自分の色んな自転車に乗れるスキルを活かして行きたいと思っています。

やはりトライアルができるライダーは居てもそのスキルを他に活かせる人は多くないと考えているので。

だからこそ自分のオールマイティなところを活かし、色んな人をアッと驚かすことができたらいいと思っていますね。

これからの尾又太一をよろしくお願いします!

===================================

 

インタビューはここで終わりです。

という訳で、TUBAGRAとしても今までと何ら変わりなく太一君をサポートし続けますので、どうぞよろしくお願いします!

 

24" Street Trial Frame TONE ver.2 バイク

太一君のシグネチャーフレームである、24インチホイール・ストリートトライアル専用の「TONE Ver.2」も絶賛発売中。ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。※現在納期3ヶ月となります

TONE」のネーミングは、「T=太」+「ONE=一」から来ています。実は…(笑)

 

24" Street Trial Frame TONE ver.2 バイク

24" Street Trial Frame TONE ver.2 バイク

【バイクチェック】
フレーム:TUBAGRA TONE ver.2
ヘッドバッジ:Rui & Aguri Fine Jewelry製 MOZU GOLD 径40mm
フロントフォーク:Full Marks – Street 24/26 肩下410mm
ホイール:前後BONZのリム
フロントハブ:ECHOのトライアル用ハブ
リアハブ:HOPEのPro4
タイヤ:前後 Continental Air King 24×2.4
ハンドル:Inspired 3インチバー
ステム:TRIALTEC 35度 90mm
ブレーキ:前後HOPE
ローター:SHIMANO RT-86
クランク:TRIALTEC 175mm
ペダル:TRIALTEC
チェーンリング:TRIALTEC ギア比はフロント22のリア15
シート:Inspired
シートポスト:BMX用?
シートクランプ:TIOGA

samo ここ最近のMTBインストラクター業はすべて雨の中

今年は梅雨がなかなか明けませんね。MTBインストラクター業でもその影響は強く出ていまして…

小田原フォレストバイク croMOZU275 MAZDA CX-5

先日、小田原フォレストバイクでバニーホップの講師を行いました。始まる超然はこんな晴れ間でしたが、まさかその30分後には土砂降りの雨!

 

私が講師を務めるバニーホップ基礎講習は舗装路でのレッスンがメインなので、比較的まとまった雨でも実施されます。あまりにも雨が強い場合は収まるまで雨宿りしますが。

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

上の写真を見ると、パッと見で汗がまっているようですが、ザーザー降っている雨の水滴が速いシャッタースピードで止まっているように映っています。

 

講習が終わった後、フォレストバイクでスタッフをしているTUBAGRAライダーYAMATO君が通りがかったので、私のcroMOZU275に乗って簡単なデモライドをしてもらいました。

小田原フォレストバイク croMOZU275 YAMATO バンクバニーホップ

ちょっとしたバンク状の地形でバニーホップを入れて飛んでもらいました。雨のせいでモヤがかかっていますね。

 

小田原フォレストバイク croMOZU275 YAMATO バンクワンフット

バニーホップワンフット。バニーホップが上達すると、このようなジャンプトリックとの複合技もできるようになります。

 

 

続いてスマイルバイクパークでプライベートレッスンを行う際も、雨が降ったり止んだりでした。

スマイルバイクパーク プライベートレッスン キッズレッスン

関東ローム層の路面は雨が降るととても滑りやすくなるので、滑りづらい走り方を伝授したり、無駄に転ばないに気を配るのが大変だったり…

スマイルバイクパーク プライベートレッスン キッズレッスン ファイアークラッカー

コースが濡れすぎて、もはや危険な場合は平地で障害物を使ったファイアークラッカー練習にレッスン内容を変更したり。

 

もうすぐ8月ですし、一刻も早く梅雨が明けてくれることを祈ります。もう雨の中でのMTBインストラクター業は嫌だ。やっぱり晴れのまともな路面状況でMTBに乗りたいですからね!

 

 

完売して永らく経っていた、インテグラルヘッド対応の下玉押し一体型リジッドフォーク「ENMA FORK」(新品)が岡安製作所の倉庫より発見されました。

ENMA_FORK_PR

TUBAGRAオリジナルリジッドフォークENMA FORK(エンマフォーク)

奇跡のLAST1本をオンラインストアに掲載。早い者勝ちですので、欲しい方はお早めに!

 

 

先日、セオサイクル葛西店よりご注文いただいていた、大量の26インチリム、ハンドルやステムの各カラーを納品してきました。

セオサイクル葛西店

あいにくの雨模様なのに修理や新車購入のお客さんが絶えずスゴかったです!お近くの方は是非足をお運びください。

 

 

朝活BIKE&FISHは増水・濁流の中でシーバス58cm弱。

多摩川河原 朝活BIKE&FISH エリアテン エリテンで釣れたシーバス

雨・増水・濁流ばかりの状況下での釣りはいい加減飽きてきましたね。

samo リュウ君が乗るkidsMOZU 2ndテストフレームが組み上がりました

最年少TUBAGRAライダーのリュウ君(7歳 小学2年生)が乗るkidsMOZU(仮名称)2ndテストフレームが組み上がりました。

リュウ君 kidsMOZU

フレームカラーは彼が好きな色で自家塗装。

リュウ君 kidsMOZU

リュウ君 kidsMOZU

ホイール径は20インチ。このシルエット、小さいけど完全にMOZUですね。

 

リュウ君 kidsMOZU

ハンドルバーはヨツバサイクル MX HANDLE BARを入れてハンドル位置を高めにしてあります。

 

リュウ君 kidsMOZU

リュウ君 kidsMOZU

フォークは中華製カーボン。フロントホイールはお父様がトライアルライダーのSatooさんだけあってトライアル用の肉抜きリムを使用。キッズバイクにはオーバースペックかも知れませんが、油圧ディスクブレーキが採用されています。

 

リュウ君 kidsMOZU

リアセンターは最短で270mm。通常の20インチホイールを履いたキッズ用MTBのリアセンターは340〜360mmあるので、kidsMOZUがどれだけ短いかお分かりかと。ここまで短くすることで、小学校低学年の児童の体格でも容易にバニーホップができるのです。

 

リュウ君 kidsMOZU

フレームのシートチューブに「TUBAGRA」、チェーンステーのプレート部分に「RYU」と描かれていますね。

 

リュウ君 kidsMOZU

リアブレーキも油圧ディスクを採用。エンドプレートはまだ後ろに引けるだけの充分なクリアランスがありますが、それはさらに太いタイヤも余裕をもって履くためです。

 

リュウ君 kidsMOZU

ヘッドチューブにもさり気なく「RYU」の文字が。

 

早速、kidsMOZU 2ndテストに乗るリュウ君のライディングを撮影してきました。

リュウ君 kidsMOZU バニーホップ

新バイクになってまだ数日ですが、この高さはコンスタントにバニーホップで飛べるようになっています。

 

リュウ君 kidsMOZU ファイアークラッカー

こんな小さな根っこをキッカケにファイアークラッカーをするリュウ君。なかなかの高さです。

 

叶大 ヨツバサイクル ファイアークラッカー

リュウ君のバニーホップやファイアークラッカーを見て触発されたヨツバ20に乗る息子(6歳 小学1年生)。何度も得意なファイアークラッカーをしますが、リュウ君と同じように飛べずに泣くほど悔しがっていました。

リュウ君とは体格が違うし、ライディングスキルも違うし、フレーム(バイク)も違うので、それは仕方がないんだよ。もっと練習しましょう!

 

今回のリュウ君のライディングの極め付けはコレ。

リュウ君 kidsMOZU ファイアークラッカー

この凸にファイアークラッカーして結構な高さをバンバン飛べるようになっていました。このバイクに乗り慣れたらどうなることやら… 楽しみです!

 

撮影が終わった後、リュウ君と息子で辺りを走り回って遊んでいました。そして触発されてこの高さの階段下りに目覚めた息子!

30回くらい走り降りていました。

リュウ君、数ヶ月後にはバニーホップでドロップしてそう…(汗)

 

 

今回の朝活BIKE&FISH。ここ最近は梅雨とは思えない豪雨で多摩川は増水・濁流状態となっています。

多摩川河原 朝活BIKE&FISH エリアテン エリテンで釣れたシーバス

そんな中、限られたスポットで四苦八苦して何とか1匹を絞り出しています。シーバス68cmとなかなか良サイズでした。

samo 梅雨の晴れ間にガッツリとMTBインストラクター業

さすがに梅雨だけあって雨が多く、なかなかMTBに乗れない日々が続きますが、わずかな晴れ間はだいたいMTBインストラクター業を行っています。

 

昨日は小田原フォレストバイクでジャンプの基礎講習を行いました。

小田原フォレストバイク croMOZU275

それにしても今回は「高温☆多湿☆無風」でキツかったです。でもまだまだ序の口で、来週あたりからいよいよ夏本番。

こんな状況下で週3〜4日、1日に2〜4組のレッスンをするので、暑さ対策を真剣に考えないと本当に危険ですね。

 

今回受講された方は既に数々のジャンプスクール経験があり基礎はしっかりしていて「教えること無いんじゃ…」なんて思いましたが、見ていくと改善点が。

小田原フォレストバイク croMOZU275 3連ジャンプ

それらをしっかり克服しノーズダイブと刺しエアーをマスターされました。

 

スマイルバイクパークでも頻繁にレッスンを行っています。

スマイルバイクパーク プライベートレッスン キッズレッスン ヨツバサイクル

この日、受講されていたお子さんがヨツバサイクルの話題のニューバイク「YOTSUBA Zero 22 8s」に乗っていました。店頭よりもフィールドで先に見るとは…。

 

 

夕方、息子を学童から連れ帰った後に、近所の多摩川河原に携帯ジャンプランプを持ち込みジャンプ練習を行いました。

多摩川河原 携帯ジャンプランプ ヨツバサイクル ジャンプ練習する叶大

まだちゃんと踏み切れてないなくて、勢いで抜けているだけです。

さて、息子にはちゃんとジャンプを教えたことないのだけど、そろそろ本腰入れるべきでしょうか?

 

息子のジャンプ練習後、自分のジャンプを息子に撮ってもらうと…

多摩川河原 携帯ジャンプランプ croMOZU275

シャッターを切るタイミングや構図がズレまくりで結局立て続けに20回くらい飛び… 疲れから踏み切りミスって息子のバイクに当たりそうになった瞬間の写真がこちら(↑)です(汗)

 

 

小田原フォレストバイクでいただいたエナジードリンク「SHONAN GOLD ENERGY」。

SHONAN GOLD ENERGY

帰宅し冷やして飲んでみたところ…すっごく美味しかった!

「幻のミカン」と呼ばれる「湘南ゴールド」が使用されているとのことですが、今まで飲んできたこの手の国産エナジードリンクの中で一番自分好みでした。

 

 

自分のBIKE&FISHはcroMOZU275の河原の移動だけでなく、河岸のスポット付近ギリギリまで乗車して行きます。

多摩川河原 朝活BIKE&FISH croMOZU275

そうなると、路面は少しも平坦ではなく、激坂下りや登りなどトレイルに使えるテクニックをたっぷり養えるんですね。

たまに濡れた路面で止まりきれず川にドボンしてますが。

 

最近の梅雨雨で近所を流れる多摩川は常に増水&濁流状態。

多摩川河原 朝活BIKE&FISH エリア10 エリテンで釣れたシーバス

むしろそんな状況の方が魚がいる位置を特定しやすく、そんなところに大きめのヨタヨタ泳ぐミノーを流すとホラこの通り。シーバス60cmでございます。

samo kidsMOZU(仮名称)2ndテストフレームが完成しました

先日、いつもTUBAGRAのフレームを制作いただいている岡安製作所にお邪魔しました。7歳のTUBAGRAライダーであるリュウ君が乗るkidsMOZU(仮名称)の2ndテストフレームを受け取るために。

岡安製作所 kidsMOZU 2nd フレーム制作 溶接

岡安製作所 kidsMOZU 2nd フレーム制作 溶接

岡安製作所 kidsMOZU 2nd フレーム制作 溶接

仕上げにVブレーキ台座を溶接している岡安さん。フレーがとても小さいのでトーチ(溶接器具)を当てるのも一苦労です。

 

岡安製作所 kidsMOZU 2nd

kidsMOZU(仮名称)2ndテストフレームが完成しました!

今回はリュウ君に好きなカラーに塗装してもらうので、無塗装の状態での受け取りとなります。

 

 

kidsMOZU 2nd
kidsMOZU 2nd
kidsMOZU 2nd
kidsMOZU 2nd

kidsMOZU(仮名称)2ndテストフレーム。クロモリ製。

一般的な20インチキッズ用MTBより50〜70mm短いリアセンターの1stより、さらに15mmリアをショート化。

BBハイトも1stより10mmアップ。

筋力の少ない低学年の児童でもバニーホップや回転系トリックが容易にできるフレームを目指します。

 

製品版はさらに軽量なアルミ製を予定。何とか価格を下げ、某キッズバイクからパーツ全移植できる内容を目指します。

 

 

 

 

近所に住む釣り仲間がハンドメイドで作成したオリジナルのジョイントミノー、釣れまくりです!

多摩川河原 朝活BIKE&FISH 知人作成オリジナル ジョイントミノーで釣れたシーバス

シーバスはもとより。

多摩川河原 朝活BIKE&FISH 知人作成オリジナル ジョイントミノーで釣れたスモールマウスバス

スモールマウスバス。

多摩川河原 朝活BIKE&FISH 知人作成オリジナル ジョイントミノーで釣れたナマズ

ナマズも釣れて、ついに多摩川フィッシュイーター御三家をコンプリートしました!

 

ただ、その後、大きなシーバスをかけ岸際の草に巻かれ、そのままラインブレイク!唯一無二のこのジョイントミノーをロストしてしまいました(泣)

現在、新たなミノーを作成していただいておりますが… 早くこれで釣りしたいです…!

samo 城南島海浜公園スケートパークでエアターン修行してきました

昨日は貴重な梅雨の晴れ間、雨上がりで水たまりあるし城南島海浜公園スケートパークはガラガラだろう!

と思って行ったらスケートボーダーの方たちが大勢ひしめき…

城南島海浜公園スケートパーク クオーター エアターン SHAKA24

練習したかった技はひとまず置いといて、エアターンで高さを出す練習にスイッチ。

もっと高さを出したいけど、さらに早くクォーターに突っ込むの超怖いです(汗)

 

城南島海浜公園スケートパークの名物、中途半端に高いミニランプ(コーピング高2.1m)でも高いエアターン修行してみました。

城南島海浜公園スケートパーク ミニランプ エアターン SHAKA24

って駄目だ全然高く飛べない(泣)

プッシュしてスピードが上がっていくと恐怖心で思い切り踏み切れないんですよね。反復練習して目と身体を慣らせなきゃいけません…

 

上の動画はこちらです。

 

城南島海浜公園スケートパーク SHAKA24

スケートパークで最高に楽しいライディングを提供してくれるSHAKA24バイク。

 

 

先日、富士見高原で開催されたエンデューロイベント「ENS is YOURS!」のタイム計測にアクション系ハードテイルバイクのTUBAGRA croMOZU275で参加されたサタジュク塾長佐多さん。

ENS is YOURS! タイム計測

最新のフルサスバイクに混ざりつつ、なんと10番目のタイムを叩き出して周囲を驚かせていました。

ENS is YOURS! タイム計測 サタジュク 佐多さん croMOZU275

サーキットで4WDターボ車にFRのドリフト車で挑む感じでしょうか?何にしてもカッコイイです!

 

 

croMOZU275 6th

croMOZU275のマットクリアー(特色)は現在在庫が1本のみ、即納できる状態にあり、いつでもオンラインストアから購入できます。

 

 

先日のスマイルバイクパークで慕ってくれている常連の女の子ライダーに良いところを見せようと、さり気なく上達している息子(6歳)。

スマイルバイクパーク ヨツバサイクル 叶大

身体のこなしが既に「乗れてる」ライダーになっています。

 

 

今日の朝活BIKE&FISHは雨の中。まー梅雨ですし。

序盤にPOPXでナマズ水面爆発2回あるも全てミスバイト(泣)

続いてジョイントミノーで流れをドリフトさせてたら大きなシーバスかかるも合わせた瞬間バレ!昨日コイがかかった時にフック伸びたの忘れてた!!

多摩川河原 朝活BIKE&FISH 知人作成オリジナル ワームで釣れたスモールマウスバス

気を取り直し深場ゲリシュリでスモール28cm。嬉しい!

 

最後に廻ったスポットで流れ込みの際を丁寧に3gジグヘッドワームで打っていたらググン、ギュイーン!とラインが走り鬼合わせしてファイト突入。

多摩川河原 朝活BIKE&FISH 知人作成オリジナル ジグヘッドワームで釣れたナマズ

10分かけてランディングしたのは今年一番大きなナマズ76cm!

samo 小田原フォレストバイクの新コース「忍者トレイル」を走ってきました

先日、小田原フォレストバイクで午前中にバニーホップ基礎講習が終わった後、スタッフの方から「新しくできた忍者トレイル(NINJA TRAIL)を走ってみませんか?」とオススメいただいたので、早速、午後イチで走ってきました。

※本来なら雨のウェット路面のコースは走行NGなのですが、今回は正式な許可をいただき走行しております

 

忍者トレイル(NINJA TRAIL)」は小田原市いこいの森内に2020年7月11日(土)にオープンした800mのコース。デザイン、造成は世界的に活躍するトレイルビルダー浦島氏が行っています。彼はフォレストバイクの他のコースもデザイン・造成していますね。

小田原フォレストバイク NINJA TRAIL 忍者トレイル

忍者トレイルのスタート地点はフォレストバイクの敷地外にある「わんぱくランド」のすぐ脇にある第三駐車場の奥にあります。フォレストバイクの駐車場からはMTBで2〜3分で行ける距離にあるので、道に迷わなければあっという間に到着することができるでしょう。

※この辺りは意外とクルマの往来が激しいので、道路を渡る際は十分注意してください!

 

小田原フォレストバイク NINJA TRAIL 忍者トレイル

スタートしてすぐバームとパンプ天国!木々の間や地形の勾配をとても上手く利用してコースが作られています。

 

小田原フォレストバイク NINJA TRAIL 忍者トレイル croMOZU275

バームのサイズも適正で、多少のウェット路面でも安心感たっぷりで勢いよく走り抜けることが可能。

 

小田原フォレストバイク NINJA TRAIL 忍者トレイル croMOZU275

バームとバームの間にパンプがあるレイアウトもあり、バニーホップを入れて踏み切れば次のバームに飛び込んで行くことも。

 

小田原フォレストバイク NINJA TRAIL 忍者トレイル croMOZU275

コースを進めば進むほど、バームやパンプの配置がとても絶妙で、テンポが良いことに気付かされます。

 

小田原フォレストバイク NINJA TRAIL 忍者トレイル

コース半ばにある大きめのテーブルトップ。横から見ると結構な長さですが、リップの角度は寝ているので、高さよりも距離を飛ぶジャンプとなり、バックサイドへの無理なく届くかと思います。バックサイドまで届かなくても、広いテーブルに着地することになるので破綻することなく進んで行くことができます。

もちろんテーブルトップの横には通常のバームで走り抜けるコースもあるので、ジャンプが苦手な方は飛ばなくても大丈夫。

※この日は雨のため飛び出し面が相当ゆるくなっていたのでジャンプは見送りました

 

小田原フォレストバイク NINJA TRAIL 忍者トレイル croMOZU275

小田原フォレストバイク NINJA TRAIL 忍者トレイル croMOZU275

先程のテーブルトップを飛ばなくても、コース上にはちゃんと踏み切ればガッツリ飛べる地形がたくさんあります。ジャンプが得意な方はガンガン宙を舞って進んで行きましょう!

 

小田原フォレストバイク NINJA TRAIL 忍者トレイル croMOZU275

そして忍者トレイル終盤は大きめの下り斜面を一気に下ります。ここは路面が乾いていれば上のバームから飛び出してドロップできそうですね。次の機会に試してみたいな。

 

小田原フォレストバイク NINJA TRAIL 忍者トレイル croMOZU275

下りセクションを走り終えると、木の根っこが横に走るスタート地点まで戻るための登り区間が待っています。ここの斜度がちょうどよいハードさで、「あ〜、確かにトレイルだ!」と思わせてくれますね。

XCレーサーには歯ごたえのある登りで、先程までの左右上下の動きのある下り区間と合わさって、昨今のハードでアクロバティックなXCコースに対応した練習ができるのではないでしょうか。

あと、最近どんどん増えているeMTBライダーにはグイグイと制覇できる登りで、このコース全体が大いに楽しめる内容になっています。

 

という訳で、小田原フォレストバイクの新コースである「忍者トレイル」。是非、次の機会に走りに行ってみてください。800mがあっという間で、何周でも走りたいと思わせてくれます。

エンデューロ系のハードテイル、フルサスバイクならトータルでかなり楽しめること間違いなし!

上にも述べた通り、XCバイクやeMTBでもバッチリ楽しめます。

 

 

MTBライダー板垣奏男君が忍者トレイルを走っている動画をご覧ください。このコースの魅力がとてもわかり易く伝わるかと思います。

 


フォレストバイク


〒250-0042
神奈川県小田原市荻窪(カーナビにはすぐ近くの「辻村植物公園」と入力すると正しいルートが表示されます)
TEL:080-4330-4030
営業時間:水曜日、土曜日、日曜日 10時00分~16時00分

samo 土日はMTBインストラクター業でフル稼働でした

土曜日は小田原フォレストバイクでバニーホップ基礎講習

フォレストバイク バニーホップ基礎講習

大雨が降ったり止んだりの悪条件な小田原フォレストバイクでしたが、5名のライダーが集まってくれて、みなさま真剣にバニーホップ習得に取り組んでいました。

 

フォレストバイク バニーホップ基礎講習

平地でバニーホップを習得された後は、倒木を活用したバニーホップの応用テクニック「ファイアークラッカー」を習得。

 

フォレストバイク バニーホップ基礎講習

しっかりバニーホップの動きを掴んだ後は、どなたも軽い力でファイアークラッカーを決められるようになります。

このテクニックはトレイルの木の根っこ、倒木、岩などの障害物で活用できますので、練習してしっかり身につけたら実際のトレイルで実践されてみてください!

 

 

日曜日はスマイルバイクパークでプライベートレッスン3件

スマイルバイクパーク プライベートレッスン キッズレッスン

スマイルバイクパークは前日の大雨の影響で路面はウェット。そんな中、朝一でキッズレッスンを行いました。

 

スマイルバイクパーク プライベートレッスン キッズレッスン

続く2件目もキッズレッスン。太陽が高くなり、蒸し暑さが増してかなりハードでしたが、スラロームコースをメインにたくさん上達してくれました!

 

3件目の方はMTB経験はゼロで、今後ガッツリ乗ってみたいとのことで、基礎テクニックからフィールドで役に立つ実践的なテクニックまでレクチャー。

スマイルバイクパーク プライベートレッスン

急制動〜激坂を安全に下るテクニック。

 

スマイルバイクパーク プライベートレッスン

下りの次は激坂を安定して登るテクニックも。

 

スマイルバイクパーク プライベートレッスン

障害物を活用したバニーホップの応用テクニック「ファイアークラッカー」もおまけでレクチャー!

 

暑い日に連続で複数のレッスンを行うと体力的にかなり厳しいですが、受講されている方たちが上達して喜んでいる姿を見ると頑張れちゃう不思議さ。

そして7月の土日、水曜はほぼMTBインストラクター業で埋まっているスケジュールを見て「人生、何がどうなるか先は読めないものだな〜」なんてしみじみ思うのでした。

 

 

今日の朝活BIKE&FISHは昨晩の大雨でTMGはスゴイ増水・濁流化してるかと思いきや意外と普通…

多摩川河原 朝活BIKE&FISH 知人作成オリジナル ジョイントミノーで釣れたシーバス

なのでいつものルーティンで5スポットを廻り(総移動距離12km)知人制作オリジナルジョイントミノーを打っていくと足元2mの距離からシーバス60cm弱!

samo リニューアルした新横浜スケートパークに行ってきました

先日、新横浜スケートパークがリニューアルオープンしました。遅ればせながら、TUBAGRAライダーYAMATO君とどのようにリニューアルしたか確かめるために行ってきまして、その内容をここに紹介したいと思います。

リニューアルした新横浜スケートパーク

まず、大まかなリニューアル箇所ですが、主に上の画像の中央の柱から右(従来は「鉄板セクション」と呼ばれていたエリア。雨に濡れると異様に滑る)となります。左は従来のまま。

あとは、正面のフラットエリアにBOXやレールがいくつか設置されたことでしょうか。

 

リニューアル前はそのままパークに入って乗るだけでしたけど(無料)、今はちょっと変わったので注意が必要です。

リニューアルした新横浜スケートパーク 受付

トイレのある建物に受付所が併設されまして、そこで入場の手続きを行います。手続きとは言っても難しいことは一切なく「今から利用します」と常駐しているスタッフの方に申告するだけ。

 

リニューアルした新横浜スケートパーク 紙チケットバンド リストバンド

そうするとフェスやライブなどで見る紙製のリストバンドを渡されるので、腕など目につくところに巻き付けます。これだけ。

リストバンドはナンバリングされており、入場時間で管理しているようですね。

 

そんなこんなでパーク内に入り、リニューアルの目玉であるコンクリートパーク型エリアに行ってみました。

リニューアルした新横浜スケートパーク

壮観です。まさか新横がこんなゴージャスに生まれ変わるとは、かつて仕事終わりに週3で新横に通っていた当時の自分は夢にも思わなかったでしょう。

平日の午前中とはいえ、スケートボーダーやインラインスケーターが何人もいて、順番に乗っていくのですが、何せ自分もYAMATO君も初めてなので乗り出すタイミングが分からない。

とりあえず最初の数分間はすでに乗っているスケートボーダーたちの走りを観察し、自分たちが入るタイミングを見計らいました。

 

そしてYAMATO君が乗り始めるも、早々にSHAKA2 26のリアタイヤがパンク!さらに替えのチューブの持ち合わせは無し…

リニューアルした新横浜スケートパーク YAMATO SHAKA24 テイルタップ

仕方がなく私のSHAKA24に乗ってもらいYAMATO君はライディングを再開。コンクリのRの角度は場所によって全然違うので、エアターンしやすいのか、フライアウトした方が楽なのかを、最初はしっかり見極める必要があります。

 

YAMATO君、私のSHAKA24に慣れてくると構わず色々なトリックをおり混ぜてきます。

リニューアルした新横浜スケートパーク YAMATO SHAKA24 エアターンバースピン

エアターンバースピン。

YAMATO君が乗るSHAKA2 26も、私が乗るSHAKA24のジオメトリはリアセンターが20mm違う程度で他はほとんど同じ。

 

そうこうしているうちに、新横浜ローカルのMTBライダーたねこ君が到着。

リニューアルした新横浜スケートパーク たねこ君 指差しワンハンド

ウォールやエアーが異様に高いライダーで、得意のワンハンドを披露してもらいました。

彼のライディングはTwitterなどで何度も見ていて会いたいライダーの1人でしたが、なかなか今まで会う機会がなく、今回ようやくその願いが叶いましたね。

 

たねこ君からチューブをいただき復活した愛車のSHAKA2 26に乗るYAMATO君。

リニューアルした新横浜スケートパーク YAMATO SHAKA26 モトウィップ

リニューアルした新横浜スケートパーク YAMATO SHAKA26 バースピン

大きなエアーでバースピンも余裕です。

 

リニューアルした新横浜スケートパーク YAMATO SHAKA26 エアターンインバート

そしてコンクリートパーク型エリアに戻ってエアターンインバート!格好良く決まりました!

 

リニューアルした新横浜スケートパーク YAMATO SHAKA26 エアターンインバート

ただ、他のセクションでも行おうとすると、撮影ポジションが遠すぎてこんな写真になってしまいます。(こんな構造のパークなので場所によっては近くに寄ることが難しい)

次回は200mmの望遠レンズ持ってこないと駄目ですね…

 

自分は前日、大師河原公園スケートパークで乗りすぎてヘロヘロでしたが、こんな魅力的なパークを前にして乗らないことなんて無理!

リニューアルした新横浜スケートパーク SHAKA24 ダブルペググラインド

ということで、新しく設置されたハンドレールでダブルペググラインドをしてみました。このレールが高さや距離が程よくて、さらに良く滑るので、ストレスゼロで楽しむことができます。グラインドデビューしたい方はこのレールがオススメ!

 

リニューアルした新横浜スケートパーク YAMATO SHAKA26 レールライド

YAMATO君は難易度高いレールライドを披露。よくこんな細いレールの上に飛び乗れますね…(汗)

 

という具合にリニューアルした新横浜スケートパークで乗ることができました。今後、さらに乗り込んでやれることを増やしたいと思います!

近々また行きますよ〜!

 

 

朝活BIKE&FISHは梅雨の大雨で多摩川は常時、増水・濁流だったり。

多摩川河原 朝活BIKE&FISH 知人作成オリジナル ジョイントミノーで釣れたシーバス

シーバスを釣るにはその方がポイントを絞りやすくてメリットが多いのですが。知り合い制作のオリジナルジョイントミノーで65cm!

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2020 by Street MTB Team TUBAGRA