SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo スマイルバイクパーク関係者でかすみがうらドッグ&MTBパーク

先日、再びかすみがうらドッグ&MTBパーク(通称KDMパーク)に行ってきました。今回はご一緒したメンツがスペシャルで…

何とスマイルバイクパーク関係者が勢揃いだったのです。というか乗りに来ていたライダーはスマイルバイクパーク関係者のみで、実質スマイルバイクパークの雰囲気がまんま移植されたような不思議な空間でしたね。

かすみがうらドッグ&MTBパーク koMOZU 叶大

上の写真でスラロームコースを走るキッズ達も全員スマイルバイクパークの常連で、先頭から

・koMOZUに乗るウチの息子(小1)
・koMOZUに乗るカイト君(小1)
・TUBAGRAライダーでkoMOZUに乗るリュウ君(小2)
・ヨツバサイクルのミナト君(小3)

というメンツ。

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク LEVO

こちらはスマイルバイクパークスタッフの栗生さん。愛車であるeMTBのSPECIALIZED LEVOに乗り上りも軽快でした。

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク

そしてスマイルバイクパークスタッフの藤井さんも。ジャンプレーンとスラロームコースを走り込んでいました。

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク ヨツバサイクル ミナト君

ヨツバサイクルのミナト君と、お父様による親子トレイン。2人とも上手なのでとても格好いいです。

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク ヨツバサイクル koMOZU リュウ君

TUBAGRAライダーでkoMOZUに乗るリュウ君。今回は序盤でジャンプで転倒し本調子では無かったです。

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク ヨツバサイクル koMOZU カイト君

急成長中のkoMOZUライダーカイト君と、お父様による親子トレイン。

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク ヨツバサイクル koMOZU カイト君

カイト君のお母様とカイト君による母子トレインも。後ろからカイト君が煽りまくっています(汗)

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク

スマイルバイクパーク常連のみなさまもかすみがうらドッグ&MTBパークのスラロームコースの走りやすさに大絶賛!

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク

そんなかすみがうらドッグ&MTBパークのコースをすべて作り上げたスタッフの「おそとまん」こと小林さん。

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク

カイト君(正面)のお父様とミナト君のお父様もこの笑顔!

 

みんなでジャンプレーンもガッツリ飛びました。前日かなりの大雨が降ったことでジャンプのボトムに泥が貯まり、お昼過ぎにだいぶ乾いたものの緩さは抜けず加速感はかなり犠牲に。

かすみがうらドッグ&MTBパーク croMOZU275

なのでバックサイドに着地して鋭いプッシュをしてもボトム部分で失速してしまい、なかなか気持ちよく飛べませんでした。

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク croMOZU275

そんな状況もあり、自分は色んなエアートリックにチャレンジするも、どうしても上手く飛べずにせいぜいハイエアー程度しか決めることができませんでした。この規模のジャンプを飛び慣れていない弊害が思い切り出てしまいました。とても悔やまれる〜(泣)

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク koMOZU 叶大

koMOZUプロトに乗るウチの息子も小さいジャンプレーンで頑張りましたが… せいぜい1個目でバックサイドに届いたのみ。まだまだ修行が足りません。

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク ヨツバサイクル ミナト君

ヨツバサイクルのミナト君も真ん中のラインで最初こそ苦戦していたものの、すぐに順応し2個目まで安定して飛べるまでに。

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク ヨツバサイクル koMOZU カイト君

koMOZU乗りのカイト君も真ん中のレーンで頑張るも、なかなか2個目がバックサイドまで届かず。あまりにも悔しくて一人悔し泣きをしていた程でした。

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク ヨツバサイクル

croMOZU275に乗るカイト君のお父様も真ん中のレーンに苦戦されていました。ボトムが緩くなければ絶対に飛びきれたと思います。

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク

かすみがうらドッグ&MTBパーク

スマイルバイクパーク常連ライダーたちも、いつもと状況が違うジャンプに苦戦中。とはいえ、ボトムが緩くないベストコンディションなら余裕で飛べますよ!

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク Satooさん X-UP

TUBAGRAライダーでkoMOZUに乗るリュウ君のお父様、SatooさんによるX-UP。210度くらい入った完璧なカタチです。

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク おそとまん ノーフット

一番小さいレーンでノーフットをするKDMパークスタッフの「おそとまん」こと小林さん。

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク おそとまん ノーハンド

「おそとまん」こと小林さんによる華麗なノーハンド!カッコイイ!!

 

ちなみにウチの息子が装着しているニーシンガードは私のエルボーガード(大人用)なのです。

かすみがうらドッグ&MTBパーク koMOZU 叶大

幼稚園〜小学校低学年の子供の体格にはちょうどピッタリなんですね。

ベルトで止めるタイプのプロテクターはズレやすいですが、この履くタイプは滅多にズレないのでオススメです。

 

とまぁ、こんなスマイルバイクパークの雰囲気満載のかすみがうらドッグ&MTBパークでした。前日の大雨でジャンプレーンの路面が緩かったのが残念でしたけど、それ以外はかなり楽しめたのでは?

次はみんなでキャンプ泊もやりたいですね!!

 

 

ここのところのBIKE&FISHで釣れるのはコイ科の魚ばかりになっています。

BIKE&FISH ジャークベイトで釣れたマルタウグイ

この時期に定番のマルタウグイ。ジャークベイトで釣れました。

 

BIKE&FISH エリア65で釣れたマルタウグイ

そして今回、近所で一番釣っているウグイ。家からMTBで3分のスポットで毎晩釣れています。ヒットルアーはエリア65!

 

BIKE&FISH エリテンで釣れたドイツゴイ

最後に昨日釣れた激レアなドイツゴイ。調理しやすいように品種改良され、最初からウロコが少ない皮膚になっています。

さすがにコイ科ばかりは飽きてきたので、そろそろシーバスかナマズ、スモールマウスバスを釣りたいですね。

samo ハードでアドベンチャーだったサタジュクアテンド・トレイルで「担ぎ」を知る

先日、サタジュク(Facebook)アテンドのトレイルに行ってきました。今回は参加メンバーeMTBでなく全員ペダルバイク縛りで。

今回行ったのは、かなり急斜面で距離のある上りをやっとこさ登りきった後、階段状となった根っこ地帯の上りが数百メートル続くというハードでツラいルート。

ただ、そんな登りの先には極上で極悪、アドベンチャー要素満載の脳内物質ドバドバルートが待っているという…(汗)

サタジュクアテンドトレイル 担ぎ

という訳で階段状となった根っこ地帯をヒーヒー言いながら登っていく訳ですが、ここをバイクを押し上げると相当に体力を消耗するため(eMTBだと重たくてその疲労度も倍に)、ここでサタジュク佐多さんから驚きの「バイクの担ぎテク」を伝授していただくことに。

この担ぎはバックパックにバイクの左右の真ん中くらいに位置するフレームを引っ掛け支える方法なのですが、驚くほどバイクの重さを感じず笑ってしまうくらい楽チンなのでした。

 

サタジュクアテンドトレイル 担ぎ croMOZU275

バイクを担いで木の根っこ地帯を登っていきます。普通にハイキングするみたいにヒョイヒョイ軽快に歩いていけてビックリ!

 

サタジュクアテンドトレイル 担ぎ croMOZU275

特に自分や佐多さんが乗っているcroMOZU275はホイールベースが短いので、樹木や茂みでバイクが引っかかりそうな幅が狭いルートもバイクの向きをあまり気にせず行けてかなり助かりました。(昨今のホイールベースが長いトレイルバイクだとかなり大変)

今回の件で「担ぎテク」の習得で担ぎが必要なルートが一切怖くなくなりましたね。この方法を知った今では、むしろ積極的に担ぎが必要なルートを行ってみたいとさえ思っています。

 

登りきった後はご褒美タイム。とはいえ、気を抜くと大変なことになるハードさはサタジュククオリティ。

サタジュクアテンドトレイル 大野さん

ワイズロード東大和店 店長の大野さんのライディング。

 

サタジュクアテンドトレイル 佐多さん croMOZU275

サタジュク塾長佐多さんのライディング。

 

サタジュクアテンドトレイル 森山さん

ご近所MTBライダー森山さんのライディング。

 

サタジュクアテンドトレイル 山崎君

若きサタジュク塾生、山崎君のライディング。

 

サタジュクアテンドトレイル croMOZU275

そして自分のライディング。このルートはトレイルの色々な要素が含まれた、とても攻め甲斐のあるセクションがあって楽しめます。

 

サタジュクアテンドトレイル 佐多さん croMOZU275

倒木が60cmくらいの高さに折り重なってルートを塞いでいて、普通ならバイクを降りて担いでクリアーするのですが、まずはcroMOZU275に乗る佐多さんが乗り越えて行きました。

 

サタジュクアテンドトレイル croMOZU275

そして自分も倒木にファイアークラッカーして飛び越せないかトライしましたが、すぐにフロントが落ちてしまい普通に越えただけとなりましたね。まだまだ実力不足した。。

 

何度も冷っとするポイントをクリアーしつつヒャッハーと走り抜けて行きます。

サタジュクアテンドトレイル 大野さん

ワイズロード東大和店 店長の大野さんのドロップオフ。

 

サタジュクアテンドトレイル 佐多さん croMOZU275

サタジュク塾長佐多さんのドロップオフ。

 

サタジュクアテンドトレイル 森山さん

森山さんのドロップオフ。

 

サタジュクアテンドトレイル 山崎君

山崎君のドロップオフ。

 

サタジュクアテンドトレイル croMOZU275

そして最後は自分のドロップオフでした。森山さん撮影してくれてありがとうございました!

 

今回のサタジュクアテンド・トレイルライドは登りもいっぱいでかなりの疲労度でしたが、濃い内容で満足度もかなり高かったです。

サタジュクアテンドトレイル 集合写真

天気も良くて暖かく、そこら中で木々の花も咲いていて「春」がいっぱいで景色もバッチリ!ご一緒したみなさま、お疲れ様でした!

帰りのクルマで足が吊りそうになった時は焦りましたが(汗)

 

 

そういえば、akaMOZU 2nd WHITE(TUBAGRA在庫分)完売しました。

akaMOZU 2nd white

残るはサタジュクの佐多さんが切り盛りしている東京都板橋区の環状七号線沿いにあるお店「Sportsbikeshop Biking(スポーツバイクショップ バイキング)にある1本のみでしょうか。

 

 

そしてここに来て委託している倉庫の奥からakaMOZU 1st GRAY(RAW)が2本発見されました。

akaMOZU 1st GRAY RAW

残り2本を格安でオンラインショップで販売しております。これが本当に最後なので、ご興味のある方はお早めに!

 

 

 

トレイルから帰って夕飯までのわずかな時間、近場で30分BIKE&FISH。

BIKE&FISH エリア65で釣れたニゴイ

またもやウグイ釣ろうとエリア65のドリフト&トゥイッチを繰り返していると、ググンと来る激しいアタリが何度もあるも、なかなか乗らず。

それでも繰り返し通すとようやく乗ったのは何とニゴイ64cm!ファイトも激しくてかなり満足しました!

samo スマイルバイクパークでジャンプのコソ練

先日、ちょっとスマイルバイクパークに寄る用事があって、せっかく来たしとcroMOZU275に乗り軽くジャンプ練習。

スマイルバイクパーク croMOZU275 X-UP

4連ジャンプの1個目のコブで深いX-UPやテーブルトップ(インバート)が入るか試してみました。

 

動画も撮りましたのでご覧ください。

結果は「突き詰め次第で結構行ける?」

1個目のコブからガッツリとエアートリックを入れることができれば、その後のコブでも更に色んなエアートリックを入れることができてカッコイイ!今後、積極的に入れて行こうと思います。

 

 

夕方、雨の中で45分間BIKE&FISH。

BIKE&FISH ジャークベイトで釣れたウグイ

釣り仲間から誕生日プレゼントでいただいたジャークベイトで細かくトゥイッチしていたら、鋭いアタリから激しいファイトを楽しませてくれたのはウグイたち。

BIKE&FISH ジャークベイトで釣れたウグイ

45分間に5バイト3キャッチ2バレでした。アグレッシブで面白かったです!

samo かすみがうらドッグ&MTBパークに家族キャンプしてきました

この土曜、日曜は家族キャンプでかすみがうらドッグ&MTBパーク(通称KDMパーク)に行ってきました。

かすみがうらドッグ&MTBパークは2021年3月1日にグランドオープンしたMTBコースを有し、犬を連れての宿泊・利用もOKの、全く新しいキャンプ場となります。

もちろん、キャンプ泊無しのMTBパーク走行のみでの利用も可能です。むしろ自分が行った日は、そういった利用者の方が多かったくらいでした。

かすみがうらドッグ&MTBパーク 家族キャンプ croMOZU275 koMOZU

今回のキャンプは夜から天気が崩れ翌日まで激しく雨が降るとの予報から、我が家はテントの設営は見送り車中泊をすることに。※雨で濡れたままテントを撤収した場合、すぐにテントを干して乾かさないとカビが生えたりして大変なのです…

 

また、今回は奥さんが仕事で忙しくキャンプ場への到着が14時過ぎと遅れたため、諸々準備を済ませてガッツリ乗り始めたのは15時過ぎとちょっと遅めでした。そのためMTBコースを走りに来ていた方たちが続々と帰られるタイミングとなり、殆ど一緒に乗ることができなくて残念でしたね。

あと、キャンプ場の各施設の写真を撮ろうとするも、その頃には日が陰って薄暗い写真ばかりになってしまうので断念。基本的にライディング写真ばかりですのでご了承ください。

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク 家族キャンプ 犬と遊ぶ叶大

ドッグラン内で他のお客さんが連れてきた犬たちと一緒に遊ぶ息子です。

他にも結構ワンちゃんはいて「犬を飼われているMTBライダーの方たちって結構いるんだな」という感想を持ちました。

 

 

このかすみがうらドッグ&MTBパークをコツコツと作り上げているのがこの方(↓)。

かすみがうらドッグ&MTBパーク 家族キャンプ おそとまん 小林さん

かすみがうらドッグ&MTBパーク 家族キャンプ おそとまん 小林さん

通称「おそとまん」こと小林さん。

かすみがうらドッグ&MTBパーク 家族キャンプ おそとまん 小林さん

小林さんはMTBインストラクター兼コースビルダーで、施設内でMTBスクールを行う際は講師役に、パーク内に絶妙にレイアウトされたMTBコースの造成・整備もされています。

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク 家族キャンプ おそとまん 小林さん

ビッグジャンプも華麗に飛んでエアートリックを入れる程の実力の持ち主です。

 

 

そんなかすみがうらドッグ&MTBパークのコースレイアウトは以下の通り。

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク コースレイアウト
ジャンプからスラローム、パンプトラック、そして距離のある外周トレイルと、MTBパークに必要なコースは殆どすべて揃っています。ドロップオフの効率的な練習ができるコースもありましたね。

私が走ってみた感想としては、その内容も「なんちゃってMTBコース」ではなく、ガチなMTBライダーが走ってもバッチリ楽しめるもの。

 

さらに初心者への配慮も徹底されていて、ここはMTBを始めたばかりや、これから始めようかな〜と思っている方たちにも積極的に訪れて欲しいと思いました。

 

 

TUBAGRAのWebサイトをチェックされている方なら気になるのがジャンプの内容でしょうか。動画に撮りましたのでご覧ください。

私が飛んでいるのは一番大きなエキスパートレーン。意外とリップが立っているように見えますけど、実際はとても自然に飛べて気持ちが良いですね。

キッズやMTBを始めて間もないライダーがジャンプ体験できるレーンもありますので、幅広い層が安心して楽しめます。

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク 家族キャンプ croMOZU275

軽く飛んでもこの高さ。関東近郊では一番安心して大きく飛べる連ジャンだと思います。

 

スラロームコースでわずかな時間ですがご一緒したみなさまのトレインを撮らせていただきました。

かすみがうらドッグ&MTBパーク 家族キャンプ

スラロームコースは程よい斜度とバームの高さ、絶妙なレイアウトから、ちょっと走れる方ならスタートからゴールまでノーブレーキで走ることができます。

かすみがうらドッグ&MTBパーク 家族キャンプ

かなりの気持ちよさでゴールしたら、最後のバームを飛び出したその勢いを利用し、スタート地点までの登りを加速して行くことができてちょっと楽チン。

かすみがうらドッグ&MTBパーク 家族キャンプ

なので、このスラロームコースはノンストレスで何十周もしてしまうこと間違いなし!自然とバーム走行が上手く速くなれますよ!

 

他のお客さんが帰られ辺りが薄暗くなった頃にようやく息子と妻もMTBに乗り出しました。

ちょっと寂しい雰囲気で、2人とも数本走って止めちゃうのかと思いきや… スラロームコースを気に入ったのか、2人揃って20本以上走り込んでビックリ!

かすみがうらドッグ&MTBパーク 家族キャンプ koMOZU 叶大

普段スマイルバイクパークのスラロームコースを走り込んでいる息子は一瞬で順応し、下りでもモリモリこいで加速するコマネズミみたいな走りで激速でした。

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク 家族キャンプ 珠魅 LEVO

最初ぎこちなかった奥さんも何か楽しかったようで、ひたすら反復練習することでスムースに走れるように。eMTBのLEVOに乗っていたことで、ゴールして再びスタート地点まで戻るルートで全然疲れなかったことも功を奏していたのかも知れません。

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク 家族キャンプ koMOZU 叶大

最後は暗すぎてコースが見えず危険な状態となってやっと終了となりました。息子や奥さんは少なく見ても20〜25周はスラロームコースを走ったのではないでしょうか。何はともあれ楽しんでもらえて良かったです!

次回はもっと早い時間に来て大勢の人たちと一緒に走りたかったなぁ!!

 

MTBにガッツリ乗った後はすぐにバーベキューしてお腹を満たし、近くにあるスーパー銭湯でひとっ風呂浴びて戻ってきた頃にはまとまった雨が。あとは車中泊でしっかり就寝し、翌朝、大雨になる前に急いで撤収して帰路につきました。

 

そんな初めてのかすみがうらドッグ&MTBパークでしたが、初日は到着が遅れて数時間しかライディングは楽しめず、翌日も雨で何もできなかったものの、かなりの充足感を得られることができて大満足。次回も行きたいですね〜。

そうそう、補足もしておくと、最新のキャンプ場だけあってトイレはキレイで全部ウォッシュレット。24時間利用ができるシャワーもあってアウトドアフィールドが慣れない方も安心です。

 

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク(通称:KDMパーク)

〒315-0066
茨城県かすみがうら市中佐谷字飯塚後1136
TEL:0299-57-2322

営業時間
春(3~6月)9:00~17:00
夏(7~8月)9:00~18:00
秋(9~10月)9:00~17:00
冬(11~2月)9:00~16:00

定休日:水曜・木曜

カーナビによっては上記住所が出てこない場合があるので、Googleマップで隣にある「つくば犬たちの森ドッグラン・キャンプ場」と入力するとしっかり表示されます。

料金など詳しくはかすみがうらドッグ&MTBパーク公式WEBサイトをご覧ください。

 

 

朝活BIKE&FISHで釣れたクロダイ。

朝活BIKE&FISH シャッドで釣れたクロダイ

今年は本当に厳しい日が多く、何とかかろうじて1匹を釣れている状況です。もっと楽して釣りたいなぁ…(汗)

samo 小田原フォレストバイクに大型デュアルパンプトラック「Bamboo Pump」が!

小田原フォレストバイクで近日中にオープン予定の新しい大型デュアルパンプトラック「Bamboo Pump(バンブーパンプ)」を試走させていただきました。この名称の意味ですが、元々は竹(Bamboo)が生えていた場所に作られたので、このようになったものと思われます。

小田原フォレストバイク 新コース デュアルパンプトラック

パッと見よく分からないかと思いますが、上の写真はスタート台からの風景です。つまり左右同じコースが展開している、デュアルパンプトラックとなっているのです。

 

小田原フォレストバイク 新コース デュアルパンプトラック

コース幅もあるので初心者やお子さんでも安心して走れますし、バームも十分な高さがあるので、上手いライダーが高速で走っても飛び出す心配はありません。

 

このパンプトラック試走動画がこちら。何回も走って飛んで動画繋げるの大変でしたがご覧ください。

知り合い同士で同時にスタートして競争するもよし、自由度の高いコブの配置なので人と違う走り方を極めるもよしで、かなり走りごたえのあるパンプトラックでしたね。オープンが楽しみです!2021年3月27日(土)オープン決定!

 

 

そんな小田原フォレストバイクでは午前中にバニーホップ基礎講習を行いました。

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

最初に平地バニーホップを習得して…

 

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

その後は倒木を活用し、バニーホップの応用テクニックであるファイアークラッカーを習得。

 

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

最後に小田原フォレストバイク内の実際のコースでバニーホップ・ファイアークラッカーで飛ぶ実践編を行って終了です。

今回の講習会に参加されたみなさま、無事バニーホップ習得おめでとうございます!

 

TUBAGRAライダーYAMATO君の盟友で小田原フォレストバイクのスタッフ&インストラクターの江越君。

小田原フォレストバイク 3連ジャンプ モトウィップ 江越君

元々ジュニアのXCレーサーでMTBテクニックや体力もバッチリなのですが、ここにきてどんどんジャンプも上手くなり死角が無くなって来ています。

 

 

今朝、息子(小1)の乳歯が1本初めて抜けました。

乳歯が抜けた叶大
乳歯が抜けた叶大

子供のこういった成長を見る度に感動しちゃいますね。

 

 

数日ぶりの食事。月曜歯医者で治療した奥歯が化膿し、常時歯痛と偏頭痛に悩まされて、日常生活もままならない状態に。

奥さんが作ってくれたかた焼きそばお好み焼き

火曜はツバを飲み込むのでさえ激痛で何も食べられなくなり、水曜は痛くてフォレストバイクの講師業を休もうかと思うほど。
この2日間はゼリー飲料5袋しか口にしていませんでした。

そして今朝、ようやく痛みが落ち着いてきていきなりコレ。奥さんが昨晩作ってくれた「かた焼きそばお好み焼き」

超美味い。涙が出そうな程に美味い!(泣)

 

 

2日前の朝活BIKE&FISHでは自分の中で試行錯誤中のシーバスのマイクロベイトパターンを試す。

朝活BIKE&FISH 月下美人 ジグヘッドワームで釣れたシーバス

すったもんだの後、月下美人ジグヘッドワーム遅巻で50cm弱!

 

その後、ここのところ歯痛にグロッキーだったとはいえ、なんと2日間、魚が釣れていません。今年はほぼ毎日釣れていたのに!まー季節の変わり目は仕方がない。

知人作成オリジナル ジョイントミノー カレグラ55

ご近所アングラーセーヤさんよりいただいたオリジナルジョイントミノー カレグラ55(無塗装)で、何とか打破したいと思います。

samo スマイルバイクパークでバニーホップレッスン

先日のスマイルバイクパークでのプライベートレッスンはとてもユニークでした。

今回、受講されたOさんのご要望はトレイルでも使えるバニーホップの習得。

さらに26インチ・フルリジッドハードテイルバイクと、29インチフルサスバイクの2台をご持参だったので、両方で同じようにバニーホップできるようになってもらいました。

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン バニーホップ講習

最初は26フルリジッドハードテイルバイクで正しいバニーホップのフォームを習得してもらいます。

 

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン バニーホップ講習

その後29フルサスバイクに乗り換えバニーホップ。ハードテイルと微妙にフロントアップや踏切の感覚が変わりますが、基礎がしっかり出来ていればすぐに順応可能です。

 

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン バニーホップ講習

その後に応用編として、トレイルで活きるファイアークラッカー(意図的に前後輪を倒木や木の根、岩などに当ててその反発を活用してバニーホップする応用テクニック)を26ハードテイルバイクで覚えていただき…

 

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン バニーホップ講習

すぐに29フルサスでも習得していただき、今回のレッスンは完了です。

家の近所でこれらの反復練習を行えば、すぐにトレイルなど実戦でご活用いただけます。是非トライしてみてください!

 

また、26インチ・フルリジッドハードテイルバイクで楽チンにバニーホップをされたいのであれば、低くて遠いハンドル位置を、ショートステムとハイライズバーに交換することをオススメします。

TUBAGRAオリジナル ショートステム 29STEM 突き出し29mm MURAMASA BAR

TUBAGRAでは突き出し29mmの極短ショートステムと、3インチハイライズバーをセット販売しているので、よろしければご利用ください。

 

 

暖かくなって春めいてきたスマイルバイクパークでは、常連ライダー達が積極的に新トリックの練習をしていました。

スマイルバイクパーク SBP 4連ジャンプ

常連ライダーの1人コッシー君はワンフットインバートを。

 

スマイルバイクパーク SBP 4連ジャンプ

この方はハンドルバーを700mmまでカットしてX-UPの練習を何度も何度も繰り返していました。あと少しで180度回りますね!

TUBAGRAとしてはエアートリックを大推奨しているので、こういう状況は本当に嬉しく、全力でバックアップしたいと思います。

 

 

スマイルバイクパークの4連ジャンプをしばらくサボり気味だった息子(小1)。

スマイルバイクパーク SBP 4連ジャンプ koMOZU 叶大

「1個目をバックサイドまで飛ばないと帰れないよ」と言ったらすぐ飛べてしまって…(汗)次はもっと厳しい条件出すか。

 

スマイルバイクパーク SBP 4連ジャンプ koMOZU カイト君

koMOZUに乗るカイト君(小1)は2個目のバックサイドに届くチャレンジを何度もしていました。あと10cmくらい飛べば届く惜しい状況まで来ています。

 

スマイルバイクパーク SBP 4連ジャンプ koMOZU カイト君

刺しのフォームも格好いいです。彼は短時間で急激に上達していて将来がとても楽しみなキッズライダーの1人ですね。

 

koMOZU01

カイト君やTUBAGRAライダーのリュウ君、そしてウチの息子(プロトタイプ)が乗るkoMOZUです。koMOZUの詳細はこちら

 

スマイルバイクパーク SBP 4連ジャンプ croMOZU275 カイト君のお父さん

一方、カイト君のお父さんもcroMOZU275に乗るようになってトレイルやジャンプをしまくりで上達スピードが凄いことに。

 

スマイルバイクパーク SBP 4連ジャンプ croMOZU275 カイト君のお父さん

27.5インチホイールMTBには思えない軽快な動きで刺しのスタイルもなかなかに。

 

croMOZU275 6th

croMOZU275は一時期パイプの調達が困難になっていて生産を止めていましたが、無事に解決して再び販売開始です。ご興味のある方は是非ご連絡ください!

 

 

相変わらず朝活BIKE&FISHでは毎日欠かさずに魚が釣れています。

朝活BIKE&FISH シャッドで釣れたクロダイ

シャッドで釣れたクロダイ。

 

朝活BIKE&FISH エリア65で釣れたシーバス

今季初トライのマイクロベイトパターンで釣れたシーバス。

samo 今回のサタジュクアテンドトレイルは新ルートを走りました

昨日は毎度お馴染みサタジュクアテンド・トレイルライドでした。

今回のトレイルのキーワードはほんわかサイクリング。そして私がまだ走ったことない新ルートに行く、ということで、楽しみ半分ドキドキ半分でしたが…。

サタジュクアテンドトレイル LEVO

今回はどのような登りがある分からないのでeMTBのSPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbonで行きました。実際にかなり長くて急勾配の登り坂をひたすら走ることがあり「eMTBで来て良かった!」と痛感。

 

ルートからは少し外れるのですが、登りチャレンジできる激坂があり、今回のメンツで3台のeMTB勢はフルパワーで挑みました。

サタジュクアテンドトレイル SANTA CRUZ Heckler

SANTA CRUZの最新eMTB Hecklerで来ていた井上さん。かなりの高さまで登って来られました。

 

サタジュクアテンドトレイル Scott

そしてサタジュク塾長でスポーツバイクショップ「Sportsbikeshop Biking(スポーツバイクショップ バイキング)」を運営する佐多さんもSCOTTのeMTBSCALE eRIDE – JAPAN SPEC LIMITEDでこの激坂登りにチャレンジ。

サタジュクアテンドトレイル Scott

するとはるか上まで登っていってしまいビックリ!

自分もトライしたものの手前の丸太のちょい先が限界でした…(汗)

 

キツイ登りの後はヒャッハーな下りが待っていましたね。とはいえ、快楽度に比例して難易度もそこそこ高く、しっかりトレイルを乗れる人じゃないと冷っとするシーンもかなり多いと感じました。

サタジュクアテンドトレイル

安定した速さと巧みさを見せる佐多さん。

 

サタジュクアテンドトレイル

佐多さんに負けず劣らず速いワイズロード東大和店 店長の大野さん。

 

サタジュクアテンドトレイル

ワイズロード東大和店スタッフの井上さん。以前ご一緒した時と比較して格段にライディングが上達していてビックリしました。

 

サタジュクアテンドトレイル

サタジュクの若き塾生 山崎君。

 

サタジュクアテンドトレイル

サタジュク古参メンバーマキシマさん。

 

サタジュクアテンドトレイル croMOZU275 阿部さん

前回に続いてcroMOZU275で参加されたkoMOZUライダーカイト君のお父様。トレイルは通算2回目で今回のルートを走りきったのですから、今後の飛躍的な上達が期待されますね!

 

サタジュクアテンドトレイル 集合写真

そんなことで全員、大怪我することなく戻ってこられて一安心。お疲れ様でしたー!!

 

 

そんなカイト君のお父様の石杭でのファイアークラッカー動画をご覧ください。

ハードなトレイル走ってヘロヘロになってもcroMOZU275なら軽く飛べちゃうんですね!

 

 

多摩川に春を告げる魚、マルタウグイ。

朝活BIKE&FISH マルタウグイ

ようやくウチの近所で釣れ始めました。いや〜、そろそろBIKE&FISHがいっそがしくなるぞ〜(汗)

samo かなり久しぶりのスケートパーク

久しぶり(半年ぶりくらい?)にスケートパークに乗りに行きました。城南島海浜公園スケートパークです。

するとエアターン下手くそになり過ぎていて、さらにリアホイールの空気圧も少な過ぎて乗り出して30分も経たずにゲシってコーピングにリム打ちパンク。そして撤収することに(泣)

 

パークと言えばSHAKA24。下の写真は数年前のもの。

城南島海浜公園スケートパーク SHAKA24 シクロワイアード撮り

でも久しぶりのパークは楽しかったのでまた行きます!

samo 市原市総合公園 スケートコート オリプリランドでTUBAGRAライダーたちが

日曜日、市原市総合公園 スケートコート オリプリランド(市原スケートパーク)にTUBAGRAライダーのAKIRA君、YAMATO君、太一君、藤本さんの4人と、フィッシングバッグや小物、アパレル、サイクリングアイテムを作るFULLCLIPのマネージャー平垣さんが合流し、一緒にセッションをしました。

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク

滅多に無いTUBAGRAライダーが揃って乗るのはとても楽しかったです。お互いの相乗効果で凄いライディングがバンバン観られるスペシャル感が半端ない!

 

とはいえ、市原スケートパークは乗らない人間はパーク内に一切入れないので、撮影者である自分は200mmの望遠レンズでパーク外からフェンス越しに撮影する以外なく、臨場感ある写真や動画が全く撮れなかったのが残念でした。

 

という訳で、そんな望遠レンズで撮ったTUBAGRAライダーたちの写真をご覧ください。

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク AKIRA SHAKA24

ヒップで高いエアーをするAKIRA君。乗るバイクは4ペグにしたSHAKA24

 

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク YAMATO SHAKA26

ヒップをリアを振りつつ飛ぶSHAKA2 26に乗るYAMATO君。

 

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク

ヒップを飛ぶFULLCLIPのマネージャー平垣さん。

 

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク 太一 TONE Ver.2

中央にあるバンクを凄まじく高い斜め刺しバニーホップで飛ぶTONE Ver.2に乗る太一君。

 

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク AKIRA SHAKA24

バンクにあるモヒカンレッジでスミスグラインドをするAKIRA君。

 

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク YAMATO SHAKA26

バンクにあるモヒカンレッジでペダルグラインドをするYAMATO君。アウトする際に180もしていましたね。

 

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク YAMATO SHAKA26

ハンドレールでクランクアームグラインドを決めるYAMATO君。このトリック、安定して決めるの結構難しいのですが、2回連続で決めてくれました。

 

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク AKIRA SHAKA24

安定したフットジャムを決めるAKIRA君。殆ど失敗せずに決めます。

 

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク 太一 TONE Ver.2

回転途中にテイルタップする太一君。彼はトライアラーですがパークもとても上手です。

 

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク 太一 TONE Ver.2

チームメイトのYAMATO君の目の間でノーズマニュアル〜タップ。フロントブレーキも効果的に使うのがストリートトライアルの面白いところですね。

 

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク AKIRA SHAKA24

AKIRA君のBOXジャンプでのトボガン。

 

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク AKIRA SHAKA24

このBOXジャンプを飛ぶには正面にあるクォーターパイプでこれくらいのエアターンができないとバックサイドに届きません。

 

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク 藤本 akaMOZU

そんなBOXジャンプでakaMOZUに乗る藤本さんのターンダウン。

 

TUBAGRAライダー藤本さんのakaMOZU

akaMOZU 藤本さん

本はBLACKでしたが、ミスティグリーンにリペイントされたフレームに、ポリッシュカラーのTB-RIM26が合わさり、とても上品な雰囲気に仕上がっています。

 

TUBAGRAライダーが一堂に会してライディングする企画、とても面白かったし刺激的だったので近々またやりたいですね。

 

 

現在テスト中のご近所アングラーのセーヤさんオリジナルのクロダイ専用シャッド(鮎カラー)。今のところ下のモデルで釣れてます。

セーヤさんオリジナルシャッド 鮎カラー

今日のガッツリ雨が降っている中での朝活BIKE&FISHでも使ってみたところ…

朝活BIKE&FISH セーヤさんオリジナルシャッドで釣れたクロダイ

それぞれ違うシチュエーションで51cmと50cmが!これもうバッチリ釣れるシャッドです。

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2021 by Street MTB Team TUBAGRA