SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo BMXライダーが本気で『MTB』に乗ってみた!の動画を紹介

神戸の凄腕BMXライダーハルト君がTUBAGRAのSHAKAフレームで組まれた26インチホイールのMTBに乗って、本気で数々のトリックを行い、その様子を動画で紹介してくれています。

驚くべきは、彼が普段のBMXからSHAKA26に乗り換えた際、一切MTBに慣れるための練習を行わなかったこと。

ハルト君がBMXで乗っている感覚のままで、SHAKA26でもスムースにトリックを行えたんですね!彼もSHAKAの乗りやすさを絶賛してくれています。

 

 

SHAKA ストリートMTBフレーム
SHAKA26 BLACK(26インチホイール対応)は現在10,000円OFFで販売されています。在庫1本ですのでご興味ある方はお急ぎください。→SHAKA26 BLACK販売ページ

SHAKA24 マットクリア(24インチホイール対応)も現在10,000円OFFで販売されています。在庫1本ですのでご興味ある方はお急ぎください。→SHAKA24 マットクリア販売ページ

 

MTBストリートフレーム SHAKA2

テーパードコラムのサスフォークに対応しているSHAKA2も。

kai HiTaka Bike Check

お久しぶりです。
というか毎回この書き出しから始まっているような…

HiTaka proto フレーム pMOZU
さて、先日僕がテストを重ねているフレームが一般販売されることに。
皆様から多くの要望があったとのことで、非常に有難い限りです。

 

これからお買い求めになる方・検討されている方、バイクショップの皆様の参考になればということで、
僕のテストバイクの組み方をご紹介。

hitaka08
全体的に最新のトレンドを盛り込んで2020年代のMTBっぽくなるようにしつつ、
自分のバックボーンたる2010年代のストリートやフリースタイル感は残すように組んでみています。
コストもかけるべきところにはしっかりとかけるという自分史上初の贅沢な構成。
重量面では、軽量かつ強度も担保できる10kg前半に仕上げてみました。
では各部をスポット的に見ていきましょう。
 

hitaka02
バーはTUBAGRAだけではなく僕もイベントの協賛等でお世話になっているYurisさんが手掛ける、
コスパもデザインも最高なFormosaのF30カーボンバーを750mmにカットして使用。
ステムはIndustry NineのA318ステムの30mmリーチ。各部の滑らかな仕上げやネジ穴の精度の高さは流石といったところでしょうか。
ブレーキレバーは古き良き時代のXTR。現代でも使える造りの丁寧さは素晴らしいものがあります。

hitaka07
トップキャップはKazooさんの主宰するRipple製。
ライディングの時に一番目に入る部品だからこそ、バイブスが上がるものを付けたいですよね。

hitaka03
フォークはROCKSHOX Pike DJをチョイス。
エアーは160psiでコンプレッションは2~3クリック、リバウンドは10クリック戻しくらいだったかな。
とりあえずメーカーの推奨値はガン無視で使っています。
MarzocchiのBomber DJも使っていたので、そのあたりの比較記事はいつかまた。
タイヤは前後共にSchwalbe Billy Bonkersで、カタログスペックでは490gという軽量さを誇ります。
飛び道具的な性能をもった神タイヤではないですが、性能バランスが良くてこれといった弱点が見つからない優等生的なタイヤ。
僕は前後60psiくらいで運用中。

hitaka06
駆動系はBMX系のシステムを使用。
このバイクで唯一見た目を優先して重量増を無視している箇所。
クロモリのフレームには細身のクランクのほうがスマートな見た目になりますね。
軽さを求めるならアルミ・チタン・カーボンと選択肢はたくさんありますけど、
重量や性能だけじゃなく、いかに見た目にこだわりを持てるかもフリースタイルジャンルでは大事なことだと思っています。

hitaka10
ペダルはFireeyeのSkittlez。
世代を重ねるごとに完成度がどんどん上がっている、価格・見た目・性能の三拍子そろったお勧めのペダルです。

hitaka04
リアハブはIndustry NineのHydra SS(シングルスピード)ハブ。
690ノッチのハブが奏でるラチェット音はライダーのバイブスを限界までアゲてくれます。
高速になればなるほど高周波のような音に変化します。特にジャンプで離陸したときの空転時に響く音は至高の響き。
ちなみに回転の良さも異常に良くてスピードが全く落ちませんし、ハブ単体の重量もSSハブでは市場最軽量クラス。
シンプルな構造ゆえに手入れも簡単だし、補修部品も長期にわたってしっかり対応。
ノッチ数の細かさばかりに目がいきがちですが、総合的なスペックも価格に見合うものとなっていると思います。

 

乗った感じの写真が少なすぎてアレなので、さっき飛んできました。こんなかんじ。
ともかくプッシュ/パンピング、ジャンプはTUBAGRA製フレーム史上最もやりやすいと思います。
hitaka09

 

細かいスペック一覧です。
hitaka01
Frame: TUBAGRA HiTaka Prototype
Fork: Rockshox Pike DJ
Bar: Formosa F30 width750mm
Stem: Industry Nine A318 30mm
Grip: Cinema Focus Grip
Brake Lever: Shimano XTR BL-M950
Headset: Nukeproof Neutron Headset
Headcap: Ripple
Seat: Mutiny Cockpit Pivotal Seat
Seatpost: Fireeye KEBAB- NF
Crank Set: Mutant bikes Bionic Cranks 165mm
Sprocket: Dartmoor Trance 25t
BB: Spanglish BB 22mm (DIY)
Chain: HKK Vertex Trackracer Chain
Pedal: Fireeye Skittlez Pedal
Front Tire: Schwalbe Billy Bonkers 26×2.10 60psi
Front Tube: Maxxis Fly Weight Tube
Front Rim: TNI ED30 32h
Front Hub: Bitex MFT15
Rear Tire: Schwalbe Billy Bonkers 26×2.10 60psi
Rear Tube: Maxxis Fly Weight Tube
Rear Rim: TNI ED30 32h
Rear Hub: Industry Nine Hydra Single Speed Hub 12t
Rear Brake: Avid BB7S
Brake Rotor : KCNC Razor 160mm
Spoke: SPIM Race

samo 猛暑でギリギリライディング&レッスン

午前中のことなのですが、比較的涼しい橋の影の中で練習しようとcroMOZU275に乗って近所の多摩川河原に行くと、狙ってた場所に工事車両が止まっていて叶わず。

多摩川河原 croMOZU275 バニーホップ ストレート刺し

仕方ないので炎天下でやったら10分で滝汗出て頭フラフラになって終了。光化学スモッグ注意報も出ていてかなり危険な暑さでした。

 

暑さで危険と言えば、先日のスマイルバイクパークのプライベートレッスンも相当でした。レッスンを受ける方たちは定期的に日陰で休んでもらうので安全ですが、講師の私は基本的に炎天下に出ずっぱりなので…(汗)

スマイルバイクパーク SBP MAZDA CX-5

いつもはレッスンの合間に15〜30分の休憩を取るのだけど、今回に限ってはスケジュールの都合で合間の休憩は一切無し。

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

この日は4人の子供たちを教え、子供の方が走るバイクと並走したりして大人と比較しかなり運動量があるので、流石に後半は限界が来て危なかったです。

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

暑い中でも皆さんしっかり上達して良かった!

 

 

そういえば、多摩川河原の川崎側に今年になって広大な舗装路ができました。

多摩川河原 croMOZU275 舗装路 ダートコース

元々は砂利が敷かれていましたが、かなりの距離をとても滑らかなアスファルト舗装に変更され、とにかく道幅があるのでスケートボードがいても接触リスク少ないし、住宅も遠いからオーリー音で苦情も来ない。色々できるスペースが誕生しましたね。

 

 

10年以上使ってきたシャーホースが劣化断裂したため、新しいシャーヘッドとホースを買ってきました。

シャワーヘッド

最新のシャワーヘッドは節水効果もあって色々スゴイ!取り付けもメチャ簡単!

水の出方が超絶気持ち良くて、日常的に使うものだけにかなりハッピーな気持ちになりました。幸せは案外近くにあるのかも…。

 

 

1回目のワクチン接種後に軽く真夏のDAYトップBIKE&FISH。

BIKE&FISH POPXで釣れたクロダイ

ワクチン効果か知らないけれど開始5分で釣れました。クロダイ45cm!

北九州では散々トライして釣れなかったのになぁ(T_T)

samo croMOZU275復活!北九州に行っていました

重力技研にcroMOZU275のサスフォーク X-FUSION STREATをオーバーホールで出していてかれこれ1ヶ月。

X-FUSION STREAT RL2

ようやくX-FUSION STREATが戻って来ましたのでcroMOZU275に戻す作業を行いました。

 

およそ1ヶ月ぶりに乗るcroMOZU275は軽い。とにかく軽い!

X-FUSION STREAT RL2 多摩川河原 croMOZU275

croMOZU275が不在だった際のメインバイク、eMTBにしては激軽な部類のSPECIALIZED LEVO(18kg)と比較しても、ヒョイヒョイ持ち上がるしヒラヒラ走れます。このダイレクトさがとても気持ちいい!!

 

久しぶりに乗るアシストのないMTBはダイレクトでとにかく楽しいです。

X-FUSION STREAT RL2 多摩川河原 croMOZU275 バニーホップ

実は今日、1回目のワクチン接種し終わったばかりで激しい運動は控えなきゃいけないのですが、ついついバニーホップしてしまいました!

刺しの甘いストレートバニーホップだけだから「激しい運動」じゃないですし。(←屁理屈)

 

 

先週は1週間丸々、奥さんの実家のある北九州に行っていました。今回の北九州では息子と1つ目標を立てていて、その1つは南方にしかいないセミ、クマゼミを手づかみで捕まえることに。(実は最近、関東でもクマゼミを見られるようになってきています)

北九州 奥さんの実家 クマゼミとアブラゼミの幼虫の抜け殻

奥さんの実家の庭で見つけたセミの抜け殻。右上がクマゼミで、左下がアブラゼミです。クマゼミの方が一回り大きいですね!

 

抜け殻があるということは成虫もいるはず!と奥さんの実家から少し離れた樹木の多い公園で探してみるも、いるのは何故かアブラゼミばかり。アブラゼミなら東京にもたくさんいる訳で…(汗)

北九州 奥さんの実家 クマゼミ

諦めて奥さんの実家の裏のなんてことない児童公園に行くと… 息子でも手が届く高さで樹木にたくさん止まっているじゃないですか!

 

北九州 奥さんの実家 クマゼミを手づかみで捕まえた叶大

短時間に3匹も手づかみで捕獲を成功し満面の笑みの息子!早速、今回の北九州の目標を達成してしまいましたね。ちなみに捕まえたクマゼミはすべてリリースしました。

 

 

奥さんのお父様に国指定天然記念物、平尾台〜千仏鍾乳洞に連れて行ってもらいました。

国指定天然記念物 平尾台 千仏鍾乳洞 叶大

想像以上にハードコアで頭上注意な箇所は入り口から数え切れず、閉所恐怖症の人なら卒倒する激狭ルート、キンキンに冷えた流水に膝まで浸からないと通れないルートもあったりと、かなりの体験型アトラクションでしたね。

いやぁ面白かったです!

 

奥さんの実家から自転車で10分の距離にちょっとした堤防がありまして、例年ならアジがたくさん釣れるのですが…(汗)

北九州も連日の大雨で大量の雨水が堤防内にも充満しており、塩分濃度が低いとかでアジはほとんど沖に避難して全然釣れません。

北九州 奥さんの実家 ジグヘッドワームで釣ったシーバス

その代わりに釣れまくったのがシーバスです。写真はこの場所ではとてつもない大物の74cm!

 

北九州 奥さんの実家 ミノーで釣ったシーバス

続いて70cm弱も!こんなサイズが釣れるなんて本当に聞いていなくて(アベレージは30cm)釣り上げるのにかなり苦労しました。

 

北九州 奥さんの実家 ミノーで釣ったシーバス ヒラセイゴ

これが本来ここでのアベレージサイズです。ちなみにこいつはヒラスズキで、自分は今回ヒラスズキ釣ったの初めてでした。

samo 夏休みのお知らせとオリンピックのMTB効果がついに!

先日、スマイルバイクパークでお子さん2名(兄弟)のプライベートレッスンを行いました。

自分はレッスン前に必ず「どうしてレッスンを受けたいと思ったの?」と子供たちや親御さんに動機を聞くのですが、すると「オリンピックのMTBの競技を見て格好いいと思ったから」という答えが。

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

オリンピックのMTBクロスカントリーは自分もネットでのライブ中継を最初から最後までしっかり観て、知り合い達とTwitter上でリアルタイムで盛り上がっていましたが、日本人選手がメダルを獲った訳でもなく、一般的な盛り上がりはそれ程高くなかったように思います。

例えば、オリンピックのスケートボード(ストリート)みたいに男女揃って金メダルを獲ったなら、日本中に憧れる子供たちが多数出現するのでしょう。
スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

それとは違い、だいぶマイナー気味だったMTBの競技を観て、「やってみたい!」と思ってくれたこの兄弟の存在をとてもありがたいと思うのでした。はい、しっかりダート走行基礎やパンプトラック、スラロームコースの走り方をレクチャーしましたよ!

 

レッスン後、少しだけ4連ジャンプで最近練習中のキャンキャンにトライ。

スマイルバイクパーク SBP levo キャンキャン

前回の初トライ時よりも、わずかに高いエアーで余裕を持って決められるようになってきました。まだまだ上手くなれるので頑張るぞ!

 

 

最近のBIKE&FISHで自分のブームになっているのが毛鉤でのオイカワ釣りです。さらに言うと、婚姻色が強く出たオイカワのオスを猛烈に釣りたくて仕方がないのです!

多摩川河原 BIKE&FISH オイカワ釣り

それで、かれこれ数日で150匹以上釣っていますけど(すべて即リリース)良サイズは何匹が釣れるものの、なかなか目当ての魚に出会えあせん。

 

それでも頑張ったところ、ついに念願の色濃く婚姻色が出た立派なオスが!

多摩川河原 BIKE&FISH オイカワ釣り

やったー!!と思い、浅瀬に誘導してピント合わせで一枚撮ったところで針が口から外れて逃げたー!!

あーーーーー!!!!自分の中ではキレイに写真を撮ってから、ようやく「釣れた!」になるので、今回のはノーカンに等しいですね。ああ、またやり直しか…(泣)

samo スマイルバイクパークダートジャンプジャムは再び延期です

2021年8月29日(日)に開催予定のスマイルバイクパークダートジャンプジャムは、昨今の全国的な新型コロナの新規感染者数の増加を考慮しまして、再び延期することとしました。

緊急事態宣言 開催延期 スマイルバイクパーク SBP ダートジャンプジャム スラロームジャム

楽しみにされていた皆様、度々申し訳ありません!開催日が決まりましたら改めて告知いたします。

 

 

家からMTBで1分の多摩川河原の公園にある左下の白ポッチを使ってバニーホップするの本当に難しい。跳ね上がりが唐突過ぎて、なかなか思い切り刺せません。

多摩川河原 SHAKA24 バニーホップ ファイアークラッカー

それにしても日中は本当に暑くて30分が活動限界でした。

上の画像の後ろに小さく映るスケートボーダー達は去年の緊急事態宣言からずーっといる河原のローカル達。ゴミも散らかさずマナーも悪くないので、長らくこの場でスケートできています。

日本中のスケートボーダーたちがみんなこんな感じでマナーが良いと最高なんですけどね!

 

 

そしてこれまた家からMTBで1分の多摩川川岸でこの夏はクロダイが釣れます。しかもトップウォータールアーで!

BIKE&FISH POPXで釣れたクロダイ

近所でMTBのみならず、釣りでもエキサイティングできて最高の環境だったり。

 

近頃は日没時間も少しずつ早くなっていますね。SHAKA24が夕日に映えます。

多摩川河原 SHAKA24

こんなに広い空、キレイな夕焼けをだいたい毎日見ることができて、本当に良い環境に住んでいて幸せに思います。

 

 

横須賀在住のTUBAGRAライダーSHAKA26乗りのYAMATO君の新作動画のプレビュー版だそう。本編が楽しみです!

 

 

先日の夕方は仕事を急いで終わらせ息子と、そしてkoMOZU乗りのカイト君&ご両親と一緒にナマズ釣りをしてきました。

多摩川 BIKE&FISH ナマズ釣り カイト君 叶大

夕まずめにカイト君が担当するロッドが激しく曲がり、鬼アワセからファイトに突入!

カイト君にとっては初めての強烈な魚の引きで何度か負けそうになるも、ウチの息子もランディングを手伝い何とかキャッチしたのは65cmの立派なナマズ!

カイト君、おめでとう!!最高のファイトだったよ!!

ウチの息子はアタリは多くあるも乗らずで今回は凸。次、頑張ろう!!

samo 今年初のふじてんダウンヒルは

先週、スマイルバイクパーク常連ライダーたちと富士見パノラマに今年初のダウンヒルしに行ったことで、自分の中でダウンヒル熱が高まったため、今回はふじてんに行ってきました。

ふじてん levo MAZDA CX-5

すると、高速道路を下りたところでスマイルバイクパーク常連の小学生ライダー リク君とお父様のクルマと並走。まさかのリク君親子も今日ふじてんライドなのでした。

 

そしてふじてんに到着すると、駐車場でこれまたスマイルバイクパーク常連のTさん、Iさんにも遭遇!(この2人も別に示し合わせた訳ではなく現地で偶然遭遇したとのこと)

ふじてん ダウンヒル

そんな訳で、気が付けばスマイルバイクパーク常連ライダー達が5人揃って、先週の富士見パノラマで行った「出張スマイル」のふじてんバージョンとなったのでした!

 

ということで、今回初ふじてんというリク君と最初の1本は一緒に走ることに。リク君は初めての本格的なダウンヒルコースに戸惑っていましたね。小学生なら仕方がないことです。

ふじてん ダウンヒル

ところがその数時間後、お昼くらいに一緒に走ると、とてもスムースに走れるようになっているじゃないですか!すぐに慣れて今では楽しくて仕方がないといった様子です。そこはスマイルバイクパークを走り込んでいる効果が活きているように思いました。

 

ふじてん ダウンヒル

さらにはコース中にある大きなジャンプも物怖じしせず飛んでいくまでに。

 

ふじてん ダウンヒル

一方、お父様の方は、本来はリク君が乗るはずだった26インチダートジャンプバイクに乗ることとなり、サイズが小さくて本来のライディングを発揮できなかったように思います。(※今回リク君が乗っている27.5バイクは元々お父様が乗るバイクでした)

こりゃあ現状の27.5バイクはリク君に譲り、新たにご自身の最新バイクを購入するしか…!

 

ふじてん ダウンヒル

先週に富士見パノラマでご一緒したTさんも華麗に飛び走ります。富士見パノラマよりもふじてんの方がリラックス走れるとのこと。

 

ふじてん ダウンヒル

そしてここのところスマイルバイクパークで見ないと思っていたら、この夏はずーっとふじてんに通われていたIさん。

 

ふじてん ダウンヒル

今回のメンツで一番華麗にジャンプを決めていました。

 

そして自分のライディング。依然としてメインバイクであるcroMOZU275のフロントサスフォークがオーバーホールから戻ってきてないため、今回もeMTBのSPECIALIZED Turbo Levo SL Compで飛び走ることに。

ふじてん ダウンヒル levo

馬車道のラダードロップの前のダブルから、ドロップした後の溶岩ゴツゴツ?部分をステップダウンで飛び越すところ、そこからの曲がっていく連ジャンの流れが楽しすぎて楽しすぎて… 殆どこのルートばかり繰り返し走っていましたね。

とはいえlevoでのこのサイズのエアーは不慣れなため、思うようにエアートリックが決められず悔しい思いをしました。これはLevoでも通って下手くそな自分を鍛え上げないといけません!

 

そうこうしている内に、自分は仕事があるのでお昼過ぎに急いで撤収。3時間キッチリでしたけど、とても有意義で面白いふじてんライドでした。ご一緒したみなさま、本当にお疲れ様でした!!

 

 

 

朝活BIKE&FISHはトップも流しも巻きも不発。帰り間際にマルタウグイを狙おうと水際を覗くとクロダイ!

BIKE&FISH ゲイリーシュリンプで釣れたスモールマウスバス

ミノー系のルアーは全て無視されたので、手持ちの小さなエビ型ワームで釣れるかな?とノーシンカードリフトさせたら良型のスモールが横からサッと来て喰った!ナイスファイトの30cmジャストでした。

samo 猛暑なスマイルバイクパークのプライベートレッスン

先日の日曜日はスマイルバイクパークで朝から夕方までプライベートレッスンを行っていました。

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

さすがに8月に入ると夏休みなのでお子さんとお父さんといったご家族での参加が増えています。

 

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

全体的にはキッズが多めで、かなり暑い中だったのでこまめに日陰に入り水分を摂ってもらいながらレッスンを進行していきました。

レッスンを受講した全ての方たちが確実に上達し、とても嬉しそうで本当に良かったです!

 

 

それにしてもこの日はスッゴク暑くて、自分的には今季一番の辛さでした。特にお昼前のレッスンが終わった後の精神的・肉体的の負担はかなりのもの。

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン 猛暑 水浴び

とりあえず何とか受付に戻って水道水を頭から被り強制冷却。そして汗だくでびっちょりになったシャツを乾いたパリパリの物に着替えてリフレッシュ完了!

まだまだ夏はこれからなので、この調子でMTBインストラクター業を頑張りますよ!

スマイルバイクパーク小田原フォレストバイクで定期的にレッスン、基礎講習を行っていますので、お気軽にお申し込みください。

 

 

スマイルバイクパークでレッスンが終わった後、eMTBのSPECIALIZED Turbo Levo SL Compでエアートリックがやりづらいのですが、キャンキャンの練習をしました。

スマイルバイクパーク SBP levo キャンキャン

自分の中でやりづらかった4連ジャンプの2個目でようやく足を離せるようになりました!

まだエアーが低くてかっこ悪いですが、もっと高くキレイに決められるように頑張ります!というか早くcroMOZU275で決めたい!

 

 

メインバイクであるcroMOZU275のサスフォークオーバーホールが依然終わっていないため、今や完全に日常の足となったeMTBのSPECIALIZED Turbo LEVO SL Comp Carbon。

朝活BIKE&FISH eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon

最初こそ「キレイに使わなきゃ」と気を遣っていましたが、増水した河原を走った際、ズブズブと水に浸かった頃からタガが外れ始め…(汗)

BIKE&FISH POPXで釣れたシーバス

朝活BIKE&FISHで釣ったシーバスをホイールに乗せて写真を撮りまくるまでに。あー、もう魚臭いホイールになってしまったか。

samo 久しぶりに小田原フォレストバイクで講習そして息子が覚醒

ここのところ雨天でキャンセル続きだった小田原フォレストバイクで久しぶりにバニーホップとジャンプの講習会を行ってきました。

午前中はバニーホップ基礎講習です。

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

最初にバニーホップの仕組みを受講生たちに説明し、まずは平地でバニーホップをできるようになってもらいます。近頃はフルサスバイクでのご参加も増えましたが、殆どの方が30分以内にできるように。

 

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

バニーホップのカタチを覚えたら、次はトレイルなど実戦で使えるバニーホップの派生トリックであるファイアークラッカーを習得。意図的に前後輪を障害物に当てることによって、下り斜面でも簡単に高さ・距離のあるバニーホップをすることができます。

 

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

ファイアークラッカーができるようになったら、次はフォレストバイクのコース内トレイルで実際に行えるようになってもらいます。やはりMTBはトレイルが似合いますね。

小田原フォレストバイクでのバニーホップ基礎講習は、だいたい上記のような流れでバニーホップ、その応用トリックであるファイアークラッカー、そしてそれらを実際にトレイル内で実践するためのテクニックをレクチャーしています。

 

午後はジャンプ基礎講習です。

小田原フォレストバイク ジャンプ基礎講習

最初にジャンプの仕組みを説明し、高さ40cm程の広いバックサイドを有するキッカーを使ってしっかり踏み切れるためのテクニックをレクチャー。危なげなく安定してできるまで徹底して行います。

 

小田原フォレストバイク ジャンプ基礎講習

基本ジャンプができるようになったら次は3連ジャンプで連ジャンを飛ぶためのテクニックを伝授。バックサイドにノーズダイブするためのコツを分かりやすく説明します。

 

小田原フォレストバイク ジャンプ基礎講習

最後は3つ目のコブでハイエアーなど魅せるジャンプをするコツも。

 

今回もバニーホップ、ジャンプ共に殆どの方が怪我をせず、しっかりできるようになりました。受講されたい方はフォレストバイクのWebサイトFacebookからお申し込みください。

 

 

その日のフォレストバイクにはヨツバサイクルのミナト君、koMOZUライダーのカイト君、そしてウチの息子も来て大賑わいでした。(やかましいくらい)

小田原フォレストバイク ヨツバサイクル koMOZU

みんなで3連ジャンプやバンブーパンプトラックを飛び走りまくっていましたね!

その様子を見ていた多くの方たちから「まだ小さいのにスゴイ!」と言われまくっていたとか。

 

今回フォレストバイクに息子を連れて行ってビックリしたのは、現状かなり雑なものの3連ジャンプを最後まで飛びきれていたこと。(※途中ペダリングしているので完全クリアーではありませんが)

小田原フォレストバイク koMOZU 叶大

今まではいつも一緒に乗るスーパーキッズ達の勢いに押されて全然勢いが無かったのに。

彼の中で何かが大きく変わってきているのかも知れません。格好良かったよ。これからももっとたくさん練習してバンバン飛んでください!

 

ヨツバサイクルのミナト君は今回が小田原フォレストバイク初ライド。なのでお父様と一緒に初めて訪れた方が必ず受講するA1講習を受講していました。基本的なことばかりですが、気付きが多くてとても良かったそうです。

小田原フォレストバイク ヨツバサイクル ミナト君

初めて3連ジャンプを飛ぶミナト君。流石にすぐ順応してトリックをいくつか入れるまでになっていましたね。

 

小田原フォレストバイク ミナト君

ミナト君のお父様も華麗に連ジャンを飛んでいきます。

 

 

小田原フォレストバイク koMOZU カイト君

koMOZUライダーのカイト君もスムースに3連ジャンプを飛んでいきます。

 

小田原フォレストバイク croMOZU275 カイト君

そしてcroMOZU275に乗るカイト君のお父様も。最近ではハイエアーだけでなくワンフットも繰り出せるようになりました。

 

依然としてcroMOZU275のサスフォークがオーバーホール中で、eMTBのSPECIALIZED Turbo Levoに乗る私です。

小田原フォレストバイク levo

基礎講習が終わった後、連ジャンをSPECIALIZED Turbo Levoで飛んでいきます。重たいですけど基本的なことは問題なくできますね。

 

そんな訳で、自分は終日MTBインストラクター業ではありましたが、息子の飛躍を目の当たりにできてとても良い1日でした!

 

 

家からMTBに乗って1分で行ける多摩川で相変わらず釣れています。

BIKE&FISH POPXで釣れたスモールマウスバス

真夏の真っ昼間にも関わらず、トップウォータールアーでスモールマウスバスが。

 

BIKE&FISH エリテンで釣れたシーバス

ゲリラ豪雨の直後、増水・濁りのあるスポットで釣れたシーバス。

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2021 by Street MTB Team TUBAGRA