SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo 最近の自主練と息子の成長の様子、そしてCX-5にWAKO’Sディーゼル2施工

連日スマイルバイクパークでプライベートレッスン三昧ですが、空いた時間に積極的に自主練しています。

スマイルバイクパーク SBP croMOZU275

 

さらに今まで苦手だった4連ジャンプ 2個目のコブでX-UP練習も。

スマイルバイクパーク SBP croMOZU275 X-UP

今までどうしても入らなかったのですが、しつこく練習したら何とか入るように。27.5インチホイールMTBのなのに、ほとんど26ダートジャンプバイクみたいにエアートリックが入るcroMOZU275大好きです!

 

奥さんはだいたい仕事でウチの息子を1人家に置いておくことができず、職場(スマイルバイクパーク)に連れて来ることが多いです。

スマイルバイクパーク SBP koMOZU 叶大

そして自分がレッスンしている最中は同年代のキッズライダーと一緒に遊んで(スラロームやジャンプを走りまくっている)いますね。

 

スマイルバイクパーク SBP koMOZU 叶大

レッスンに夢中になっていると、凄いスピードで走り下りてくる息子。たまに「カッコイイ…!」とさえ思うほどに上達しています。

 

スマイルバイクパーク SBP koMOZU 叶大

どんどん雑に逞しくなっている息子(右側)。今後の成長が楽しみですね!

 

 

ちょっと前ですが、koMOZUライダーのカイト君のお父様に、愛車CX-5にWAKO’Sディーゼル2によるDPF装置洗浄の施工をお願いしてきました。

WAKO'S ディーゼル2 ワコーズ

これがWAKO’Sディーゼル2。価格は1本7,000〜8,000円。今回の洗浄ではこれを丸々1本使い切ります。

カイト君のお父様のところはWAKO’Sの代理店もされているとのことで、購入も全てお願いしました。

 

WAKO'S ディーゼル2 ワコーズ MAZDA CX-5

今回の経緯をザッと説明すると、CX-5などMAZDAのクリーンディーゼル車はエンジンで発生したススを走行中に延焼させ、ススの蓄積を防ぐDPF機構が備わっていまして、それは新車の状態だと200kmに1回、15分ほど発動。DPF発動の際は著しく燃費が悪化します。(通常18km/LならDPF発動時は12km/Lになる感じ)

ところが、長年乗っているとススはエンジン内にジワジワと蓄積し、DPF機構の発動サイクルは短くなっていきます。

ウチのCX-5は最近では130kmサイクルで発動していて、トータルで燃費の悪化が目立ってきたので、今回のディーゼル2の施工に踏み切ったのでした。

 

WAKO'S ディーゼル2 ワコーズ MAZDA CX-5

よく振ったWAKO’Sディーゼル2をエンジン後ろのDPF装置の差圧パイプ(と呼ぶらしい)に注入中。およそ2分ほどで全て入り切りました。

差圧パイプへのアクセスが非常に悪く、素人だとチューブの挿入が上手くいかず詰むと思います。間違いなくプロに依頼することがオススメ!

 

WAKO’Sディーゼル2を注入し終え、エンジンかけアイドリングし始めた直後、すぐに臭い白煙が。

しばらくしてDPF強制再生を開始すると噂に聞いていた凄い白煙が発生。普通の住宅街でやったら近隣から「何事ですか?」と思われる量ですが、開始2〜3分で収まります。

 

WAKO'S ディーゼル2 ワコーズ MAZDA CX-5

WAKO’Sディーゼル2によるDPF装置洗浄後、肝心の乗った感想です。

自宅への帰り道で既に走りが違うことに気が付きました。車が軽くなった?と錯覚するほどアクセルが軽い?加速の良さが段違い!
信号スタートでいつもの感覚でアクセル踏んだら一瞬でヤバい速度です。

施工から2週間ほど経って、DPF再生頻度の変化を以下に記します。

【DPF洗浄後のDPF再生頻度】

1回目 156km 都内渋滞多し
2回目 183km 高速〜郊外多め
3回目 155km 都内渋滞多し

加速は相変わらず快調そのもの!まずまずの効果と言えるでしょうか。

 

 

最近のBIKE&FISHはこの時期の風物詩であるシーバスのバチ抜けパターン。

BIKE&FISH エリテン エリア10で釣れたバチ抜けシーバス

BIKE&FISH エリテン エリア10で釣れたバチ抜けシーバス

良サイズがコンスタントに釣れて最高に楽しいです!

samo croMOZU275で楽しむ河原ライフ

以前、TUBAGRAオリジナル・ポータブルジャンプランプを土手に斜めに置いてヒップ気味に飛び、テーブルトップを入れることに凝っていると紹介しましたが、依然として継続しています。

多摩川河原 croMOZU275  携帯ジャンプランプ

だいぶ慣れてバイクは傾くようになったものの、まだ80度で水平まで10度足りません。その10度が難しいという…

今後も継続して行きます!バイクが水平を当たり前にできるまで!

 

携帯ジャンプランプ ポータブルジャンプランプ

そんなことでTUBAGRAオリジナル・ポータブルジャンプランプ。ジャンプ練習に最適ですので是非ご検討ください!近場のちょっとしたスペースで、自分のペースで体力が続く限り反復練習することができます。

 

また、風が強すぎたり、ポータブルジャンプランプを持ち出す余裕がない場合は、トレイルライディングのトレーニングでこんな練習もよく行います。

多摩川河原 croMOZU275

河原の土手にある階段横のスロープを助走無しのゼロスタートでしっかり登り切ること。これを10本くらい繰り返すと程よく身体が温まって寒い冬のちょっとした時間の有効活用に最適なのです。

 

そんな遊びが近所でできる、最新のMTBパーツを装着できる27.5インチホイール用アクションライディングフレーム、croMOZU275オススメ!
croMOZU275 6th
croMOZU275 FORMOSAアルミクランク

かれこれ4年間、雨の中でも構わず毎日乗りまくりフレームには錆が出てきていますが(ちゃんと手入れしていればこんなに錆びません)、依然として最高の相棒だったり。

 

 

新500円硬貨。初めて手にした時は手の込んだ造形にテンション上がっていましたけど…

新500円硬貨

コンビニが近くにないコインパーキングに車を停めた際、財布に新500円硬貨と万札しかないと精算できなくて詰みます。

なので新500円硬貨を手にしたら、コンビニやスーパーなどで積極的に使って100円硬貨にくずすように。

 

 

多摩川、春の風物詩(とはいえまだまだ完全に冬…寒い)バチ抜けパターンで釣れたシーバス。

BIKE&FISH エリテン エリア10で釣れたバチ抜けシーバス

BIKE&FISH エリテン エリア10で釣れたバチ抜けシーバス

80cm以上のランカーや、70cm後半が気軽にバカスカ釣れるからとてもテンション上がります。

samo 親子でスマイルバイクパークを楽しんでいます

たいてい私の土日の過ごし方は、朝から夕方までスマイルバイクパーク小田原フォレストバイクでMTBインストラクター業をしている場合が殆どです。

比率で言うと月1〜2回レッスンがある小田原フォレストバイクより、スマイルバイクパークの方にいる率が高いですね。

レッスンであまり疲れなかった場合、その後に残って自分の練習をすることが多いです。

スマイルバイクパーク SBP croMOZU275

スラローム上半分はスピード殺さずとにかく寝かせようと意識し…

 

スマイルバイクパーク SBP croMOZU275

下半分はノーブレーキで曲がり切るようにします(何度かぶっ飛びかけた)。

たいてい、自分が練習する時間帯はクローズギリギリで、他に人がいない・少ないので、ひたすら反復練習。これでどうやったら転ぶか、上手くバイクを倒して格好良く曲がれるかを検証し、自分を上達させると共に、そこで得た知見をレッスンに活かしていますね。

 

そして我が家が奥さんは土日仕事である場合が多いので、殆ど息子もスマイルバイクパークやフォレストバイクに連れてきています。

スマイルバイクパーク SBP koMOZU 叶大

息子はたいてい、フィールドに乗りに来ている年が近いキッズライダーと一緒に遊び走っていて、結果的にジワジワと上達しています。

スマイルバイクパーク SBP

近頃ご一緒することが多いガクホ君はバニーホップがしっかりできるので、スラロームコース下の小さなコブで格好いいハイエアー!

 

スマイルバイクパーク SBP koMOZU 叶大

まだバニーホップがしっかりできないウチの息子は勢いで飛んでいるので高さが出ていません…(汗)

 

スマイルバイクパーク SBP koMOZU 叶大 ワンフット

それでも得意技のワンフットのメイク率、技の格好良さはどんどん上昇中。

 

スマイルバイクパーク SBP koMOZU 叶大 シーソー

スマイルバイクパークで最近人気の山頂スキルパークでシーソーも。

 

スマイルバイクパーク SBP croMOZU275 シーソー

自分もトライ。ガクホ君が撮ってくれたので、全力カメラ目線でやってみました。

 

 

先日、息子と一緒に東京湾でナンバー1の人気と言われているボートシーバス(スズキ専門の釣り船)「GLORY」に乗ってきました。既に2022年の予約が全て埋まっているという超・超・超人気ボートシーバスです。

東京湾ボートシーバス GLORY

どうしてこの船に乗れることになったかと言うと(普通ならいくらお金を積んでも乗れない)、以前スマイルバイクパークでレッスンしたお子さんのお父様がガチなシーバスアングラーで、その後輩さんがGLORYの船長さんで、急遽、私を招待してくれたのでした。

そして前日、他に乗船される方が1名キャンセルとなり「ならばウチの息子を乗せることは可能でしょうか?」と聞いたところ、快くOK!ということで、急遽ウチの息子もこの贅沢過ぎる体験をできることに!

 

真冬の夜の東京湾、湾奥からスタートし、神奈川の沿岸から千葉の沿岸まで高速ボートで行ったり来たり。極寒の東京湾を縦断する移動はとても寒く辛いものでしたが、スポットに到着すると辛さが吹っ飛ぶのは釣り人だからでしょうか?

東京湾ボートシーバス GLORY 叶大

早速、息子がGLORYの最年少記録を更新!わずか8歳にして、一人でルアーをポイントに投げ、リールを巻き、魚をかけファイトし、ランディングまでしっかり行った、という点で周囲の大人たちを驚かせていました。しかもこの日、一番大きなサイズのシーバスをかけていましたし。

 

東京湾ボートシーバス GLORY

自分は今回バラしが非常に多かったのですが、知人のオリジナルジョイントミノーを使ったら4キャスト4キャッチと、人生初めて入れ食いモードを体験!船としては今日はトータル80匹を釣り大満足で終えることができました。

息子と共にスゴイ体験をさせていただき、本当に感謝しています!

samo 26ストリート・ダートジャンプ用MTBフレーム 【ShinMOZU】¥110,000(税込)

テーパードコラムサスフォーク対応クロモリ製ストリート・ダートジャンプ用マウンテンバイクフレーム。
重量2.34kg、エンド形状はMTB規格(135mm/10mm)、リアセンターは26インチホイール最適値355~360mm前後、3カラーから選択可能。ヘッドチューブやBBなどは切削済で出荷。


(さらに…)

samo 三度!トップ山岳ランナーのRedBullアスリート上田瑠偉選手とサタジュクトレイル

今回のサタジュクアテンド・トレイルも、日本トップ山岳ランナーで世界でも活躍するレッドブルアスリートの上田 瑠偉選手と三度(みたび)一緒に走ることに。

サタジュク トレイル croMOZU275

ちなみに、先週もサタジュクで同じトレイルにルート確認で走りに行き、あまりの極寒で手足が動かなくなるアクシデントがあり、今回は必要以上に寒さ対策をして来たのですが… 意外とポカポカ陽気でむしろ暑くて困るほど!

 

という訳で今回は好条件のトレイルを上田選手も含め大勢で攻めることに。

サタジュク トレイル croMOZU275

サタジュク塾長でSportsbikeshop Bikingの佐多さんがアテンドし、croMOZU275で軽快に走っていきます。

 

サタジュク トレイル レッドブルアスリート 上田瑠偉選手

上田選手は、前日、私がスマイルバイクパークでレクチャーしたドロップオフを早速活用。何度も上手く飛び降りられていました!

 

サタジュク トレイル croMOZU275

佐多さんの安定したドロップオフ!

 

サタジュク トレイル

ご近所MTBライダー森山さんの飛距離のあるスピーディーなドロップオフ!

 

サタジュク トレイル

トレイル大好きライダーTamiさんのドロップオフ。普段はもっと飛べるのですが…

 

サタジュク トレイル

ファットバイク国内最速の岩崎さんのドロップオフ。岩崎さんのライディングは高度に安定していてハードなセクションも危なげなくクリアしちゃいます。

 

サタジュク トレイル

はせぴょいさんのドロップオフ。こちらも安定していましたね。

 

サタジュク トレイル

マキシマさんのドロップオフ。やはりサタジュク重鎮メンバーだけあってドロップオフも安定して決めます。

 

サタジュク トレイル

最近サタジュクに参加することが増えたトーイ君。ちょっとフォームが危なげですが、何とかドロップ成功。

 

サタジュク トレイル croMOZU275

そして私のドロップオフ。本当はしっかりバニーホップ入れてキレイに刺しを入れたかったけど1〜2回のトライではタイミング合いませんでした。このセクション、ソロで来て一人で何時間もガッツリ練習したい!

 

サタジュク トレイル レッドブルアスリート 上田瑠偉選手

写真では伝わりませんが、凄く細いルートに岩のドロップオフが追加されたセクションを進む上田選手。

サタジュク トレイル レッドブルアスリート 上田瑠偉選手

クリアするかに見えましたが、最後の方でフロントが流れあわや転落しそうに。ギリギリ樹木に掴まりセーフ!

 

今回のルートは登りにかかる時間が1時間半と長く、その分、下り始めたら楽しみが盛りだくさんでお腹いっぱいになりました。

サタジュク トレイル 集合写真

全員無事に走り終えることができて、本当に楽しかったです!またご一緒しましょう!

 

 

朝活BIKE&FISHは最近シーバスばかり投稿していましたが、クロダイもだいたい毎日釣れています。

朝活BIKE&FISH シャッドで釣れたクロダイ

50cmとギリギリ年無しサイズ。よく引いて楽しかった!

samo トップ山岳ランナーのRedBullアスリート上田瑠偉選手にプライベートレッスン!

何度もサタジュクアテンド・トレイルでご一緒している日本トップ山岳ランナーで世界でも活躍するレッドブルアスリートの上田 瑠偉選手にスマイルバイクパークでプライベートレッスンを行いました。

Redbull レッドブル アスリート 上田瑠偉 スマイルバイクパーク SBP

上田選手は何度も高難易度なトレイルを走られていることで短期間の内に上達し、速度域も高くなっているものの、その分、転倒した際のリスクは大きくなるので、やはりこの段階でしっかりMTBのテクニックを習得された方が安全と、私の方から提案させていただいたのです。

 

Redbull レッドブル アスリート 上田瑠偉 スマイルバイクパーク SBP

まずはダート走行の基礎として、急斜面の下り方。

 

Redbull レッドブル アスリート 上田瑠偉 スマイルバイクパーク SBP

下ったら登りましょうということで急斜面の登りも。上田選手は脚力・持久力は全く問題無いので(というか常人離れしている)正しいフォームさえ習得されれば、いきなりMTB上級者レベルの登坂力が。

 

Redbull レッドブル アスリート 上田瑠偉 スマイルバイクパーク SBP

トレイルでは結構使用頻度の高いドロップオフの仕方も。スマイルバイクパークでは安全にドロップオフ練習ができるセクションもあるので、そこを何度も納得できるまで反復練習してもらいました。

 

次はプッシュプルの動きを養うパンプトラックの走り方。

Redbull レッドブル アスリート 上田瑠偉 スマイルバイクパーク SBP

過去に習得されたとのことでしたが、最初はリズムがなかなか合わず、改めてしっかりレクチャー。

 

その次は初トライというスラローム走行です。

Redbull レッドブル アスリート 上田瑠偉 スマイルバイクパーク SBP

Redbull レッドブル アスリート 上田瑠偉 スマイルバイクパーク SBP

Redbull レッドブル アスリート 上田瑠偉 スマイルバイクパーク SBP

やればやるほど明らかに上達し、速度域も上がるので、上田選手が楽しみつつも集中的に練習されたのがスラロームでした。体力はズバ抜けているので、走り下ってコース上部に戻るのも全然疲れず、常にハイパフォーマンスで走ることができるのも上田選手の強みでしょうか。

 

ジャンプにもトライしてもらいました。

Redbull レッドブル アスリート 上田瑠偉 スマイルバイクパーク SBP

短時間にジャンプを完全習得するのは難しいですが、飛べる仕組みを論理的に理解してもらい、安全なシチュエーションで前後輪がしっかり浮くまでトライ。

 

Redbull レッドブル アスリート 上田瑠偉 スマイルバイクパーク SBP

最後はオマケとして、スマイルバイクパークで最近人気の山頂スキルパークでシーソーを体験してもらい、今回のレッスンを終了しました。

今回でかなりMTBのテクニックは確かなものになったかと思います。お疲れ様でした!!

 

 

多摩川、春の風物詩(とはいえまだまだ完全に冬ですが)バチ抜けパターンで釣れたシーバスです。

BIKE&FISH エリテン エリア10で釣れたバチ抜けシーバス

ようやくこの季節が来ましたか!寒さに震えながらも何とかキャッチ!嬉しい!!

kai HiTaka mk2.1組んだよの話

はい、どうもKaiです。
いつもどおりの不定期連載コラムみたいな本記事ですが…

今回は僕が開発に携わるHiTakaフレームの3本目のプロトタイプを組んだお話。
ちょうど前のポストでサモさんが当フレームについて触れていますね。

開発経緯やバイクチェックは以下をご覧ください。
新フレーム開発プロジェクト開始
HiTaka Bike Check

PXL_20220131_042750468
さて、3本目となるとかなりいい感じに仕上がりつつあります。
SNSなんかでは書きましたが、ジオメトリ―はほぼ完成の域。

あとはフレーム各所のしなりなどを含めた剛性感であったり、
ガセットの入れ方を工夫してより高い強度を求めたり、
所有欲と実用性の双方を満たすハードウェアの実装だったりと、
フレームとしての完成度を上げるべくテストを実施中です。
(やりたいこと・やるべきことはたくさんあるんです…!)

mk2(2本目)の仕様のものは販売しているようなので
完成が待ちきれないよ!という方は先行しているmk2を楽しんでいただくのも◎。

 

P1149099
何度も書いていますが、特筆すべきは汎用性の高さ。
乗れば乗るほどに、特定フィールドの専用機というよりも次世代の万能フレームといっても過言ではないと感じております。
よく五角形や六角形のチャートで各領域での得意不得意をあらわしたりしますが、
あれでいうと高い水準で全てのバランスが取れていると言えば伝わりやすいでしょうか。

 

20211211_NewSagae-106
Sagae Skatepark Photo by Naoki Gaman

ストリートやパークではShakaやMozu系列と比べても特に遜色ありませんし、
(WTPケイリョウがBMXからでも違和感なくトリックが出来るとのこと)

 

20210605_Shinchi_PT_Day1-162
Shinchi Pumptrack Photo by Naoki Gaman

バームやリップでの粘りが必要なDJやパンプなどのバイクパーク的なフィールドでは完全に上位互換な性能を誇ります。
(これはTUBAGRAの森田さんをはじめ、信頼できる実力派ライダーの皆からの声)
まぁ要するにどこで乗っても最高に気持ちがいいってことですね。

 

最後に…HiTakaは敢えてBBを低くし、リアも伸ばしています。
誤解を恐れずに書きますが、BBが高くリアが短ければ、一事が万事乗りやすくなるわけではありません。

例えばフロントアップやバニーホップの動作についても平地で簡単に上がる=限界値が低い(許容量が少ない)ということなので、同じ動きをより高い速度域や多様なシチュエーションでやろうとする場合にはこの限界値(許容量)が高く設定されていることが肝要です。

当然、プッシュ・ロール・コーナリングといったバイクコントロールに必要な普遍的かつ基礎的なスキルの習得についても、
設計的に懐の深いフレームのほうがその本質を掴みやすいのです。

高い速度域でのフロー感、すなわち「いつものライドのその先」を見据えるのであれば、HiTakaが間違いなく皆さんを遥かなる高みへと誘ってくれることでしょう!

勿論ストリートトライアルやBMX的なストリートライディングなどアップBBが有利なシチュエーションは依然として存在するので、ご自身の目指すライディングスタイルやフィールドにあわせたTUBAGRAフレームをお選びいただけばと!

それでは!

samo ウィルバイシクルにHiTakaあります

神奈川県相模原市にあるMTBプロショップ、ウィルバイシクルさんに現在、パンプトラック・ダートジャンプ専用フレームHiTaka Proto(マットクリアー)が置いてあります。

HiTaka proto pMOZU パンプトラック専用MOZU

開発ネームpMOZU、そしてこのフレームを企画発案・テストをしたのは、福島県のワールドレベルのパンプトラックフィールド「しんちパンプトラック」管理人でTUBAGRAライダーKai君。彼が命名した正式名称は「HiTaka(ハイタカ)」です。

 

このフレームのコンセプトは以下の通りです。

 

パンプトラック・バイクパーク・ジャンプトレイル等の幅広いフィールドでMTBを楽しむ為に2020年代最新のジオメトリーを模索して開発された、フリースタイル用マウンテンバイクフレーム。

 

ウィルバイシクルで見ることができるのは、2ndテスト(Mk2)をベースに一般販売用にまとめたプロトタイプとなります。

 

「浅いパンピングでもバイクの加速に身体が追いつかないくらいスピードが出る」

 

この1文だけで、HiTaka protoの尋常ではない性能がお分かりいただけるかと思います。

 

 

各部詳細となります。

HiTaka proto pMOZU パンプトラック専用MOZU

ヘッドチューブは上の画像のようにシェイプされたものとなり、ガゼットも従来の角パイプからより力を逃す形状に。

 

HiTaka proto pMOZU パンプトラック専用MOZU

シートチューブはシムをかませて27.2mmのシートポスト対応となります。従来よりも30gの軽量化を実現。

 

HiTaka proto pMOZU パンプトラック専用MOZU

チェーンステーのプレートはギリギリまで外側に取り付けられ、詰めた状態で26×2.3のサイドブロックが大きくないタイヤの装着を可能としています。

 

HiTaka proto pMOZU パンプトラック専用MOZU

リアハブは26インチ用フレームでは一般的な135mm/10mmに対応しています。ディスクブレーキはインターナショナルスタンダード方式を採用。

 

 

HiTakaとakaMOZU(ShinMOZUも同じジオメトリ)の横からの画像を縮尺合わせて並べてみました。

HiTaka proto pMOZU パンプトラック専用MOZU

形状やサイズ感がこんなに違います。

 

 

【スペック】

素材:カイセイ製クロモリパイプ(MOZUシリーズ特注ダブルバテットチューブ使用)

重量:2.3kg

ヘッド:
・上側1-1/8″セミインテグーテッド ヘッド圧入直径44mm
・下側1.5″セミインテグーテッド ヘッド圧入直径44mm

BB:ユーロタイプ/シェル幅68mm

シートポスト:27.2mm

シートクランプ:31.8/32mm

ブレーキ:ディスクブレーキに対応

ヘッドアングル:69度(100mmストロークサスフォークインストール時)

シートアングル:74.5度

BBハイト:12.5mm下がり

フロントセンター:650.8mm(100mmストロークサスフォークインストール時)

リアセンター:26インチホイール仕様 最短370mm

リアハブ規格:MTB対応(135mm/10mm)

フレームカラー:ブラック、ホワイト、マットクリアー(特色+3,300円)

販売価格:¥110,000(税抜) ¥121,000(税込)

 

基本的に26インチプレイバイクのパーツを殆ど移植することが可能ですので(ヘッドパーツなどは買い換えが必要な場合も)、そういったバイクをお持ちの方は余計な費用をかけることなく組み上げることができるかと思います。

 

ウィルバイシクル Will bicycle akaMOZU

ウィルバイシクル Will bicycle

ウィルバイシクルの店内です。このショップの凄いのは、限られた空間にグラビティ系のパーツ(のみ?)が凄まじいまでの密度で所狭しと収まっていることでしょうか。

 

Will Bicycle(ウィルバイシクル)
神奈川県相模原市中央区上溝5-3-16
TEL:042-760-8852
営業時間:12:00 〜18:00
定休日:水・木・第三日曜日

クルマでご来店される場合は、近所にあるダイエーの大きなコインパーキングを利用されることをオススメします。

samo サタジュクトレイルで久しぶりのアドベンチャーなルートを

先週に引き続き、今週のサタジュクアテンド・トレイルは、1年以上ぶりの登りが長くてハード、そしてアドベンチャー要素たっぷりの下りを有する濃密ルート。

サタジュク トレイル croMOZU275 Fullclip

登り途中の休憩地点でcroMOZU275とFULLCLIPのバックパック HEADFIRST。トレイルでの使用感をガッツリ確認のため持参しました。

それにしても、太陽はしっかり出ているものの、終始冷たい強風が吹き荒れ、標高があるところでは指先・足先が凍えて感覚がなくなりヤバかったです!

 

サタジュク トレイル croMOZU275

サタジュク塾長でSportsbikeshop Bikingの佐多さん。乗るバイクはcroMOZU275。寒さで序盤は動きが固かったですね。

 

サタジュク トレイル

ワイズロード東大和店の大野店長。前回と同じくハードテイルXCバイクでの参加です。「限界値が低いから速く走れない」とは言っていましたが、一般的に見て十分速いです(汗)

 

サタジュク トレイル

他のメンツが寒さにやられている中、防寒対策バッチリで最初から良い動きだったご近所MTBライダー森山さん。

 

サタジュク トレイル croMOZU275

たぶん一番寒さにやられていたのが自分です。この段階で手足の指先の感覚が皆無で、いつもならガッツリとバニーホップ入れてドロップするのに、今回はプチバニーが精一杯でした。

 

それにしても、今回走ったルートは本当に楽しかったです。登りは本当に長くてキツイのですが、下り始めてからは路面状況や景色がバンバン変わり、ボリュームたっぷりで全然飽きません。

 

今回のルートの特性を端的に表すのが下の写真です。

サタジュク トレイル croMOZU275

サタジュク トレイル

サタジュク トレイル

サタジュク トレイル

ライダーの右サイドは急な崖になっており、岩盤にタイヤ1個分通る僅かなルートを通過し、途中にドロップもあるというスリルたっぷりのタマヒュンセクション。まさにカモシカみたいに壁に張り付きながら走ります。

とても怖いのですが、クリアーできたら達成感が凄い!

でも、よくも悪くもこういったアドベンチャー要素がたっぷりあるのがサタジュク・アテンド・トレイルだったり。

 

サタジュク トレイル 集合写真

全員怪我なく走り終えて、安堵の気持ちで記念撮影。本当に無事に走り終えて本当に良かったです!凄く楽しかった!

佐多さん、またよろしくお願いします!

 
今年初めて釣れたランカー(82cm)シーバス。

朝活BIKE&FISH シャッドで釣れたシーバス

とても重たいファイトでしたが、何とか釣り上げられて達成感が凄いです。嬉しい!!

samo ポータブルジャンプランプの活用法

近頃、TUBAGRAオリジナル・ポータブルジャンプランプを土手に斜めに置いてヒップ気味に飛び、テーブルトップを入れることに凝っています。

初めてかつ数トライの時は全然テーブルトップ(インバート)入っていませんでした。

 

多摩川河原 croMOZU275  携帯ジャンプランプ

2回目の今回は多少慣れてきて、少し入り始めました。ですが!「この角度で飛ぶのならリアタイヤ水平にならなきゃ駄目だろ」ということで、もっと頑張ります!

 

携帯ジャンプランプ ポータブルジャンプランプ

こんな使い方もあるTUBAGRAオリジナル・ポータブルジャンプランプ。ジャンプ練習に最適ですので是非ご検討ください!

 

 

ここ最近の朝活BIKE&FISHは一見すると満潮の高水位で良い雰囲気なのだけど、完全ノーバイトばかりで攻め過ぎた結果ルアーロスト2と大惨事。

朝活BIKE&FISH シャッドで釣れたシーバス

それでも撤収間際、足元1mからシーバス66cm。ほとんど奇跡。

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2022 by Street MTB Team TUBAGRA