SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo 福島県玉川村体育センターで開催された「さるなしJAM」に参加 vol.3

MCの國分さんがJAMでライディングする際は、何とTUBAGRAライダーの森田君がKai君と一緒にMCをしていました。

さるなしJAM 玉川村体育センター 森田 Kai

ぶっちゃけここ数年、森田君はライダーよりもMCの方で活躍していることが多く、自分的にはやたらしっくり見えてしまったり。

 

ところがどっこい、HiTakaにフレームを乗せ換えた近頃の森田君は以前にも増して技がキレています。

さるなしJAM 玉川村体育センター 森田 HiTaka

玉川村体育センターのセクション内で唯一ストレートジャンプができる小さなBOXで、ここまでキレイに深くテーブルトップ(インバート)を入れられたのは森田君だけでした。

 

さるなしJAM 玉川村体育センター 森田 HiTaka

さらに膝を折りたたんだこんなエグいスタイルのテーブルトップ(インバート)も。これはカッコイイ!

 

さるなしJAM 玉川村体育センター 森田 HiTaka スーパーマン

さらに最近の森田君の伝家の宝刀、スーパーマンも!試走では一切繰り出さず、JAM本番になって初めて披露し周囲を驚かす策士っぷりもにくい!

 

さるなしJAM 玉川村体育センター 森田 HiTaka スーパーマン

とはいえ、小さいジャンプランプなので完全に足が伸び切らず本人は納得言っていない様子です。

 

次はさるなしJAMでのTUBAGRAライダーKai君のライディングを紹介します。

samo 福島県玉川村体育センターで開催された「さるなしJAM」に参加 vol.2

6月19日(日)福島県の玉川村体育センターで開催された「さるなしJAM -リベンジ- BMX&MTB PARK RIDE SESSION」、私の参戦記を紹介します。

ちなみに私は先週のスケートパーク練習で歩行がキツイ程の怪我を足に負っていて、観戦オンリーの予定でしたが、TUBAGRAライダーたち(特にKai君やYAMATO君)の熱烈な押しに負け、ハイクラスでエントリーすることに…

さるなしJAM 玉川村体育センター SHAKA24

怪我の上塗りしないようにと頑張りましたが…やっぱり無理でした(泣)

やっぱりこういう屈強なライダーたちに混じってJAMセッションに参加するの楽しすぎて、怪我をかばって乗るハズが、最後の自分のターンではテンション上がって可能な範囲の攻めになっちゃうんですね。

 

さるなしJAM 玉川村体育センター SHAKA24

決めるところは決めましたけど、帰りは両足にダメージ負って満身創痍に。でも、心の底から楽しめたので後悔はないです。

改めて、日頃の練習で出来たことは裏切らないな、と思いました。

 

 

今回さるなしJAMを開催してくれた國分さん(旧姓:市川さん 自転車業界の方ならご存知の方多いハズ)のライディング。

さるなしJAM 玉川村体育センター 國分さん

さるなしJAM 玉川村体育センター 國分さん

関東にいらっしゃった時からバイクコントロールが上手でしたが、久しぶりに見たライディングはスケートパークにも順応しており、セクションを大きく使ってダイナミックになっていました。

さるなしJAM 玉川村体育センター 國分さん

しかもMTBでありながら、グラインドトリックもガンガン繰り出して素晴らしいです!

 

明日はさるなしJAMハイクラスにエントリーしたTUBAGRAライダー森田君のライディングを紹介!

samo 福島県玉川村体育センターで開催された「さるなしJAM」に参加 vol.1

6月19日(日)福島県の玉川村体育センターで開催された「さるなしJAM -リベンジ- BMX&MTB PARK RIDE SESSION」に、TUBAGRAライダーYAMATO君と、息子を連れて参加してきました。

さるなしJAM 玉川村体育センター SHAKA24 koMOZU

前日22時過ぎに東京の家を出て、東北道を走って福島県に向かいます。途中のSAで仮眠をとりつつ、朝7時には開催地である玉川村体育センターに一番乗りで到着しました。

 

30分程、玉川村体育センターで待っているとスタッフの方たちが到着。中に入れてもらうと…

さるなしJAM 玉川村体育センター

従来体育館だったところにストリート・パークセクションを設置して室内スケートパーク化した空間が姿を表しました。学生の頃、体育館で体育をしていて「ここがスケートパークだったらなー」と夢想していた空間が、今目の前に拡がっているのです。それだけでテンションが上がるのでした。

 

スタッフの方たちも集まり、いよいよ本日のJAMのセッティングが済んだようなので息子と私は受付を。

さるなしJAM 玉川村体育センター 参加賞

エントリー費は1人1,000円で、このような参加賞をいただけました。中身は(画像左から)同じ福島県にあるしんちパンプトラックのパンフ、サイクルビレッジたまかわのパンプ、そして玉川村名産のフルーツ「さるなし」を使って作られたプリンとジュースです。

 

さるなしJAMのMCは國分さん(下の画像右側の方 旧姓:市川さん 過去にスポーツバイクの輸入代理店の営業をされていたのでご存知の方は多いハズ)と、TUBAGRAライダーのKai君の2人です。

さるなしJAM 玉川村体育センター 國分 Kai

今回のさるなしJAMは國分さんを中心とされたスタッフの方たちの頑張りで実現されました。本当にありがとうございます!

 

試走時間は長めに設定されており、その間にヘトヘトになるくらいセクションを乗ることができ、初めてこのパークを訪れた我々でも充分慣れるほどでした。

途中で激しい通り雨が降ったものの、中で乗っていたライダーたちのほとんどは気づかなかったほど。こういった点でも室内パークのメリットは計り知れないと実感しましたね。

 

お昼過ぎ、試走時間も終わり、いよいよJAMスタートです。最初はロークラスから。ウチの息子、人生初のスケートパークJAMに参加です。

さるなしJAM 玉川村体育センター koMOZU

一緒にセッションするのはこのパークのローカルBMXキッズたち、他は各地から来た「え、ハイクラスの間違いじゃないですか?」と思える上手な大人のBMXライダーたち。

 

息子はまともにスケートパークセクションを走るのは今回が初めてだったので、試走時間にクォーターパイプからの下り方を覚えてもらいました。

さるなしJAM 玉川村体育センター koMOZU

そして現時点で安心して走れるラインを決め、JAMセッションでは基本的にそれをトレースすることに専念。とはいえ、セクションに慣れてきたのと、他のキッズたちの走りに触発され、大きなクォーターも早々にこの高さでターンできるまでに。

 

クォーターをあの高さでターンできると、その後に飛ぶBOXジャンプへの進入スピードを上がり、コンスタントにバックサイドまで届くようになりました。

さるなしJAM 玉川村体育センター koMOZU

最後のランではだいぶ余裕も出てきたので、何か技をやるように提案すると… ワンフットを決めた息子。初めてのスケートパークJAMセッションの走りとしては良く頑張った内容でした!

 

今回のJAMでは基本的にBMXライダーのエントリーが多いのですが、若手で1人MTBで頑張っていたのが長野?から来た鈴木君。

さるなしJAM 玉川村体育センター 鈴木 バックフリップ

何と今回のJAM初のバックフリップを決め大注目を浴びていました。小さなBOXジャンプなのにスゴイ!

 

さるなしJAM 玉川村体育センター 鈴木 バックフリップ

パークセクションのこなしは慣れていないようでぎこちないものの、BOXジャンプのトリックの多彩さで魅せていましたね。

 

さるなしJAM 玉川村体育センター ロークラス 表彰式

その甲斐もあってロークラスで優勝した鈴木君。おめでとうございます!賞品は玉川村名作の高級ブランド米!

 

明日はさるなしJAMハイクラスの様子を紹介します。TUBAGRAライダーが多数登場するのでお楽しみに!

samo さるなしJAM -リベンジ- BMX&MTB PARK RIDE SESSIONに参加するにあたり

次の日曜日、福島県の玉川村体育センターで開催されるスケートパークイベント「さるなしJAM -リベンジ- BMX&MTB PARK RIDE SESSION」に参加する予定です。

さるなしJAM -リベンジ- BMX&MTB PARK RIDE SESSION

TUBAGRAライダーのKai君とOBの伊織君が主催側にいて(もちろん乗ると思います)、森田君とYAMATO君もエントリーするので、結構なTUBAGRA率になるのでは?と今からワクワクしていますね。

 

自分もエントリーするか迷っていますけど、何にしてもここ最近スケートパークで全然乗っていなかったので、今週はパーク練習にしっかり取り組むことにしました。

月曜日は城南島海浜公園スケートパークに行き、お昼前に1時間練習してきました。パークで乗るの久しぶり過ぎるため、今日のところは「慣らし」オンリーで。

やっぱりかなり身体が忘れていることに気付かされます。エアターンとか最初踏切のタイミング間違って危ない目にあったほどでした。今後も頻繁に乗らないと駄目だと本当に痛感。

 

 

先日、息子と映画「トップガン マーベリック」を観てきました。

トップガン マーベリック

座席番号、空いていたからつい選んでしまいました。恥ずかしい…(汗)ちなみに私はF-15を選びました。F-18は端過ぎたのでNG。

 

トップガン マーベリック F-14 トムキャット

近所の109シネマズ二子玉には字幕版しかなく、会話シーンは明らかに暇そうにしていた息子。飛行シーンは、そこは男の子なので食い入るように観ていましたね。

帰りに「好きな飛行機は?」と聞くとFA-18でなくF-14と即答。子供には可変翼が強い。

 

トップガン マーベリック F-14 トムキャット

映画館から帰ってきた後、勢いでAmazonで購入した1/72 F-14トムキャットが翌日にもう届きました。息子、大喜び。

 

トップガン マーベリック F-14 トムキャット

クオリティ高くてかなり満足です!

 

 

朝活BIKE&FISHではハードルアーでスモールマウスバスがよく釣れて嬉しいな。

朝活BIKE&FISH エリア65で釣れたスモールマウスバス

スモールマウスバスのファイトは本当に激しくて、40cm台で70cmのシーバスに匹敵するファイトをすることも。その分、釣り上げた時の満足度は高いです。

samo 昨今MTBやパーツの価格が値上がりしていますが

昨今の世界情勢による運賃・材料費高騰や円安の影響で日本に入ってくるMTBやパーツの価格の値上がりがスゴイことになっています。海外通販だって割安感がだいぶ損なわれていますね。

 

一方、TUBAGRAのフレームやパーツはどうなの?と問われれば、ちょうど世界的な値上がりを前に主要パーツたちの大量補充があり、幸いなことにしばらく値上げはなく従来の価格のままです!フレームもすべて国産なので価格に変化無し!

ENMA FORK Type N エンマフォークタイプN

MURAMASA BAR 2inch 2インチライズ 29STEM スペシャルセット

TB-RIM26 新グラフィック

 

という訳で安心してご購入ください!TUBAGRAパーツやフレームはオンラインショップからご購入できます。

 

とはいえ、いつかそれが免れない時が来るのは明白なので、今からビクビクしていますが。

 

 

 

samo TUBAGRAライダー森田君がスマイルバイクパークに遊びに来ました

日曜日、スマイルバイクパークにTUBAGRAライダー森田君が息子さんと一緒に遊びに来てくれました。

自分は午前中はみっちりレッスンでお昼前には終了し森田君と合流。心置きなく一緒に乗ることができました。

SBP スマイルバイクパーク 森田 HiTaka テーブルトップ インバート

そこで完璧に入った(バイクの傾きが90度以上)テーブルトップ(インバート)を見せてくれ、その場にいたみんなは大興奮!標準レンズで真正面から撮った写真で、盛りは一切無し!

 

SBP スマイルバイクパーク 森田 HiTaka テーブルトップ インバート

入ったように見えない角度から撮ってもこの入りっぷり。完璧です。

 

SBP スマイルバイクパーク 森田 HiTaka テーブルトップ インバート

連ジャンのどのジャンプでもしっかり入れています。これは1個目のジャンプをヒップ気味に。

 

全ジャンプをテーブルトップ(インバート)入れていくセッションを私も一緒にしましたが、もう大変過ぎて…

SBP スマイルバイクパーク croMOZU275 テーブルトップ インバート

私のテーブルトップ(インバート)の入り具合はこんな感じ。横からの写真で大して入って見えませんが、入っている角度は70度くらいでしょうか。

27.5インチホイールのcroMOZU275でトライしているので、物理的に大きくやりづらいのは否めませんが、それでも森田君にはあと20度は傾ける角度が足りていません(泣)

 

SBP スマイルバイクパーク 森田 HiTaka スーパーマン

そして森田君の十八番、スーパーマン!スマイルバイクパークの小さな4連ジャンプの4つ目で入れられるとは…!

スマイルバイクパーク 2020SBPダートジャンプJAM ハイクラス 決勝 アリエッティ君

そういえば数年前に開催したスマイルバイクパークのダートジャンプJAMで関西のTUBAGRAライダー、アリエッティ君もスーパーマンを決めていたんですね。

そういう意味で、このジャンプではスーパーマン入れられるの当たり前?いやいやいや…(汗)

 

SBP スマイルバイクパーク 森田 HiTaka 360

そしてここから森田君のエアートリックのデパートが炸裂。とにかく格好いい360!

 

SBP スマイルバイクパーク 森田 HiTaka アンターンダウン

アンターンダウンも。森田君のワンフットにしないスタイル。

HiTaka

そんな訳で森田君も今乗っているHiTakaです。今ならクリアーカラーが即納できます。ご購入はこちら

 

森田君の2人の息子さんも一緒にスマイルバイクパークで乗りました。

SBP スマイルバイクパーク 森田 HiTaka 親子スラローム

長男のK君は最初は怖がり気味でしたが、中盤以降は積極的に乗っていましたね。

 

SBP スマイルバイクパーク

次男のI君もランバイクでパンプトラックを楽しんでいました。

 

 

SBP スマイルバイクパーク koMOZU

koMOZU乗りのウチの息子もスラロームやジャンプ、パンプトラックを激走しています。

 

SBP スマイルバイクパーク koMOZU

koMOZU乗りのTUBAGRAライダー、リュウ君も安定して速く上手いです。

 

SBP スマイルバイクパーク koMOZU

そして最後にkoMOZU乗りのカイト君。彼の上手さもどんどん磨きがかかっていますね。

 

koMOZU
彼らが乗っているkoMOZUはこちらから購入できます。キッズの体格でも身体に負荷かからずバニーホップができますよ!

 

 

最近掲載していないので貯まりに貯まっているBIKE&FISHの画像。

朝活BIKE&FISH POPXで釣れたナマズ

POPXで釣れたナマズ。

 

朝活BIKE&FISH ゲイリーシュリンプで釣れたカワアナゴ

そしてエビ型ワームで穴撃ちして釣れたカワアナゴ。今季で一番大きな35cmでビックリ!

samo 息子の今季初ふじてんライド

息子の念願だった今季初ふじてんライドに行ってきました。(私は2回目)

ふじてん 叶大 DH ダウンヒル koMOZU croMOZU275

平日の月曜日でしたが、先週土曜に息子の小学校の運動会があり、月曜が振替休日になったのです。

 

ふじてん 叶大 DH ダウンヒル koMOZU croMOZU275

息子はおよそ半年ぶりのリフトでしたが、ちゃんと乗り方を覚えていて、率先して乗車位置に行き、バーの上げ下げもバッチリ。

 

ふじてんくらいの路面なら、20インチホイールでフルリジッド、VブレーキのkoMOZUでバリバリ走れます。

ふじてん 叶大 DH ダウンヒル koMOZU croMOZU275

ちょっとしたギャップで積極的にバニーホップ入れて飛び走る8歳児。ヨツバサイクルのフルフェイスメットも良い感じ!

 

自分は今季、ふじてんのコース中にある小さいジャンプでも積極的に技を入れて行こうと地道に練習。croMOZU275の機動力をフルに活かします。

ふじてん 叶大 DH ダウンヒル koMOZU croMOZU275

実は自分ふじてん史上最大のクラッシュをしまして前転顔着、胸部圧迫、降ってきたバイクが腰と足に激突と、満身創痍になりました。それが無ければもっと入っただろうか…

深く呼吸をすると胸が痛むので肋骨ヒビ入ったかも知れません。

とはいえ、ボロ雑巾みたく吹っ飛んで、しばらく立ち上がれない程のダメージ負った割には、その後にだいたいのコースは走れたし、スキルエリアの左側のジャンプも飛べたしで、軽症で良かったかな?

 

ふじてんのマティーズループで息子とトレイン。

ふじてん 叶大 DH ダウンヒル koMOZU croMOZU275

スマイルバイクパークのスラロームコースを走り込んでいるので息子はなかなかの速さですが、リアにピッタリついて煽りまくっています。

 

ふじてんスキルパークの1番大きいのの隣のジャンプに初トライ。

ふじてん 叶大 DH ダウンヒル koMOZU croMOZU275

余裕でバックサイドに届いていたので2個目、3個目も普通に飛べると思うのだけど、今日のところは無理せず撤収。

 

そんな訳で気持ちいい晴天の中8本走って最後はガッツリ撮影し、息子なりに楽しめたようです。

 

 

朝活BIKE&FISHは前日のMTBレッスン疲れでまったりと。

朝活BIKE&FISH エリア65で釣れたスモールマウスバス

3箇所目のスポットにて、エリア65で広範囲に探っていたら猛烈バイトからエラ洗いしまくりのスモール48cm!!疲れ吹っ飛びました!!

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2022 by Street MTB Team TUBAGRA