Riders-Diary

カルチャーマガジン生涯 No.12と自分撮り朝練バンク

今回も、FIXEDライダーでありライターの84(ハチヨン、ハッシーと読み方複数)君が企画/編集/制作をしていてる「カルチャーマガジン生涯 No.12(フリーペーパー)」が家に届きました。

今回の読みどころは!宮城県石巻市でシルクスクリーンのプリント業を営むスケートボーダー、CREAM UNITED代表、松川 聖彦(まつかわ まさひこ)さんのロングインタビューです。

カルチャーマガジン生涯 No.12

読み応えがあり過ぎて、どこから話したら良いか迷うのですが、かれこれ20年以上前、自分がスケートボーダーだった頃に有名なだったスケートブランドCREAM GRAPHICSのコアな人物が、この松川氏だったとは!!全然知らなかったー!!

そして、ブランドが盛り上がっていく様とか、崩壊していく様なども赤裸々に書かれていて、更には氏が東日本大震災で被災し、全てを失って、そこから再興していく様子、気持ちの変化なども、とてもドラマチックで、重たいのですが、夢中になって読むことができました。

それにしても、被災した氏を支えたMTBライダーって誰なんだろう?(↓)

カルチャーマガジン生涯 No.12

とにかく、全編に渡って本当に読み応えがあります。

生涯はフリーペーパーですので、最寄りの取り扱いショップで無料でGETするか、自分も持ち歩きますので会ったら渡します。気軽に声をかけてください!無くなるの早いので、見つけたら早めのGETをオススメしますよ。

driveのまっさんや、TUBAGRAライダーjinkenさん、先日ピンクのバイクを紹介したMoMoIRo bike worksのモコちゃんこと中村さんのコラムも面白かったです!

 

今日も朝練バンクしました。いくぶん涼しかったのですが、10分以上立て続けに乗ったらいつもと同じ汗だくです。

今回は、スミスストールの瞬間を自分撮りしてみました。ストールなら、瞬間を切り取るのが難しい自分撮りでも、まぁ、すぐに撮れるだろうと思っていたのが甘かった!この写真、ちょっと上体が起きてあまり決まっていないこの写真を撮るのに、何と30分近くかかってしまったのです。

朝練バンクでのスミスストール

何度も書いていますが、まず、バンクの上の道は自転車通勤・通学・ランニングの人も通るので、自分撮りとは言え、一眼デジとストロボが置いてあると怪しさ満点です。なので、人が近くに来る度に、設置したカメラとストロボを撤去し、人がいなくなったらまた同じ場所に設置して、を繰り返すので、わずらわしさが半端じゃありません。

そして、ストールなんて、と思っていましたが、ベストなタイミングで撮るのが難しいこと難しいこと。結局、30枚くらい撮って、一番良かったタイミングが上の写真ですからね…

今振り返ると、すんげー時間を無駄にした気がします。でも、スミスストールの反復練習は死ぬほどできたので、それはそれで良かったとしよう…。釈然としないけど。

 

今夜は新横だぜー!!

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*